menu 検索する ×閉じる

MIKE SELESIA Flavor

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ディガー垂涎の幻の一枚だったプライベート・ジャズ・アルバムMIKE SELESIA 1976年の「Flavor」がアナログ再発。異色のフリージャズ、サイケデリック・インプロ「Castle Spook」も凄い。

オブスキュアなジャズ、レア・コレードの再発が続くポルトガルのMAD ABOUT RECORDSから再発されたUS西海岸70s産スピリチャル・ジャズ・レコード、指折りのレア盤MIKE SELESIAの「Flavor」。あまりジャズが盛んではなかったカリフォルニアのフレズノのサックス/フルート奏者、76年に300枚のみ自主プレスされ、ライブや地元のレコード点のみで販売されたのみ。60年代のコルトーレンや70年代のマイルスの血を受け継ぎながら、圧巻のグルーヴの「Brute Strength」(sample1)やコルトレーンのMR.PCのカバー筆頭に、フリージャズ、アフロ、ラーガ、サイケロックまで取り込んだ驚異のサウンド。日本のSHOUT!PRODUCTIONSからCD再発されたことはあるものの、アナログ再発は初、オリジナルは700ドルを超える値段をつけるレア盤です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Mr P.C.sample
A2.Brute Strengthsample
A3.Yusefs Waysample
A4.Silvers Serenadesample
A5.Castle Spook (Part 1)sample
B1.Eastern Ragasample
B2.Flavorsample
B3.Castle Spook (Part 2)sample

This is a cool jazz album all the way around. From the black and white hand-drawn to the fact that it came out of Fresno, California (not exactly a hotbed for jazz) to the handful of styles present (straight ahead, funky, free, and even a raga), this record’s got it going on. High-quality musicianship and some far-out stoner tracks make this album stand head and shoulders above most of its private peers. Original very limited issue (rumor has it that only 300 were pressed). This album was a very limited press that was handed out at their shows and sold to local record stores. Only together for nine months, Mike Selesia (who plays Sax and Flute) and the band recorded this album in one day presented this fascinating hybrid of early 60s Coltrane, early 70s Miles Davis

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×