menu & search

APIENTO Down That Road

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

90年代のイギリスのダンスカルチャーの最重要レーベル〈JONIOR BOY'S OWN〉や〈GUERILLA〉のA&Rもつとめ、現在はオンラインの音楽メディア testpressing.org を運営しているシーンのベテランPAUL BYRNEのソロリリース。〈WORLD BUILDING〉からの第2弾!

FUTURE TIMESのMAX DとともにBEAUTIFU SWIMMERSとして活動してきたARI GOLDMAN主宰のレーベル〈WORLD BUILDING〉から。PHANTOM ISLANDからのLEXXとAPIENTOがそれぞれAサイド、B-SIDEを担当したEPにもフィーチャリングされていたL.A.のシンガー/ミュージシャンHARRIET BROWN(INNOVATIVE LEISURE)をフィーチャリング。メンタルなリリック、ダビーでアブストラクトなシンセサイザー、ミッドテンポで、じっくり世界を描きます。ソウルフル・ジャニー。聴いてください。B-SIDEは、 Apiento & Tepper Dubbed ItとPadapella。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1. Down That Road
AA1. Down That Road (Apiento & Tepper Dubbed It)
AA2. Down That Road (Padapella)

Apiento returns to World Building for another soulful journey!
Hot on the heels of the smash "Things You Do For Love" seven inch.
"Down That Road" features the ultra smooth vocals of Los Angeles' Harriet Brown. An intimate London by L.A. via D.C. connection.
Brown's contemplative lyrics meet Apiento's rainforest synths & massive low-end pressure. Patient dancers are rewarded half-way w/ a dope sunrise acid bass. Serious smiley face biz! Multiple mixes (w/ a trippy ambient dub & a cute padapella), you know how we do. Ending 2019 the same way we started w/ another one from bad man Apiento!

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×