menu & search
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

SUFJAN STEVENSによるスコア、ピアニストTIMO ANDRESによる演奏のアルバム「The Decalogue」。スタンダードエディっションのアナログ入荷しました。

先鋭的で音楽的要素がつい良いことで知られる、ジョージ・バランシンが設立したニューヨーク・シティ・バレエ団の新しい振付師として活躍してきたジャスティン・ペックが手掛けた、『The Decalogue(モーゼの十戒)』の為の10のスコアをTIMO ANDRESが演奏したもの。ジャスティン・ペックとスフィアンは「Year of the Rabbit」以来関係の続くコラヴォレーターで、アイザック・ニュートンの「自然哲学の数学的諸原理」を元にしたバレエ作品「Princia」やBQEなどでも知られる。 (サイトウ)

The title of "The Decalogue" has a touch of the grandiose: it means "The Ten Commandments." Yet this score, composed by Sufjan Stevens for a dance work choreographed by Justin Peck that premiered with the New York City Ballet in May of 2017, is quiet and experimental. Stevens's piano score, as played and recorded by Timo Andres, sounds like etudes in the Romantic-modernist tradition, as if prompted by Debussy. With "The Decalogue," coming digitally, and on vinyl and CD, Sufjan is making—gently, without ostentation—new departures.

Standard edition LP includes 140-gram vinyl, jacket, and download card.

To purchase the songbook separately, click here.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×