menu 検索する ×閉じる

ELLEN FULLMAN In The Sea

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ロングストリングインストゥルメントと名付けた多数の引き伸ばしたピアノ線を使い、複雑で美しい倍音を奏でるELLEN FULLMANの初期作品が〈SUPERIOR VIADUCT〉より再発されました。いつまでも聴くことのできるタイムレスな名作。持っておいて損はありません!

再発盤も現在は入手が難しくなっている〈SUPERIOR VIADUCT〉から再発された1stアルバム「The Long String Instrument」(85年)に続いて、87年にカセットでセルフリリースされた「In The Sea」、「Work For Four Players And 90 Strings」が2LPとして1作品にまとめて再発されました。波を漂うように倍音が重なり変化していく、飽きることなく聴き続けることのできるドローンが本当に素晴らしい。多数の自作楽器を作り、微分音での作曲をしたHARRY PARTCHに影響されてこのロングストリングインストゥルメントを作ったということですが、それが全く違うアウトプットとして現れているのも面白い。推薦盤です。 (日野)

Ellen Fullman began developing The Long String Instrument in her St. Paul, Minnesota studio in 1980 and moved to Brooklyn the following year. Inspired by composer and instrument builder Harry Partch, Fullman's large-scale work creates droning, organ-like overtones that are as unique in the world of sound as her vision of the instrument itself.

Along with her 1985 debut album – appropriately titled The Long String Instrument – Fullman's only output in the 1980s would be two self-released cassettes, In The Sea and Work For Four Players And 90 Strings, recorded in 1987 at an unfinished office tower in Austin, Texas. This double LP collection features music from both cassettes as well as a previously unreleased piece from 1988 at De Fabriek in Den Bosch, Holland.

Ethereal and exquisitely paced, these rare recordings capture minimalism's quiet radiance. Within a musical landscape that has seen the rise of contemporary drone practitioners like Ellen Arkbro and Kali Malone, Fullman is sure to find a legion of fans.

Superior Viaduct is honored to present this long overdue archival release that marks a particularly vibrant period of Fullman's pioneering and timeless work.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×