menu & search

THE VENETIANS Son Sur Son

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

オーストラリアの80sバンドTHE VENETIANSのキラーなエレクトロニック・ポップの83年のデビューシングルB面曲「SON SUR SON」がアナログ再発。ANDREW WEATHERALLが匿名的に2 VERSIONのリミックス、〈MUSIC FROM MEMORY〉からのリリースがベストセラー中のインドネシアのZATUAのリワーク(sample3)とても良い。

83年のデビューシングル「Sound On Sound」のB-SIDE、メインのボーカルを抜いた別バージョン「Son Sur Son」をANDREW WEATHERALLとZATUAのリミックスを収録して12インチ・リリース。オーストラリアのバンドで、THE JAMとの仕事でも名高い英国の名プロデューサーヴィック・カッパースミス=ヘヴンが録音に絡んでいるようです。ANDY WETHERALLは共に8分超えの2ヴァージョン。気合のリミックスです。ZATUAもめちゃ良くて80sシンセサイザー・ポップ、和物ブギーにもつうじるような名曲へと仕上げてます。推薦! (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1. Original sample
A2. A.W. Edition Uno sample
B1. A.W. Edition Due sample
B2. Zatua Rework sample

The Venetians were formed in late 1982 as a studio concept band after Rik Swinn (lead vocalist) arrived in Sydney with master tapes of tracks he recorded in England with engineer / producer Vic Coopersmith-Heaven (Cat Stevens, The Rolling Stones, The Vapours, The Jam). He read a newspaper advert placed by two musicians looking for a lead singer.

Within weeks Swinn formed a touring band and enlisted David Skeet on guitar, bass guitar, synthesiser and vocals; and Peter Watson (ex-Scandal, Extractors) on guitar, bass guitar, synthesiser and vocals. Drummer Tim Powles (ex-Ward 13) joined next and keyboardist Matthew Hughes (ex-Gotham City) completed the line up of the Venetians. They released their first single, "Sound on Sound", in April 1983 - original copies of which go for upwards of £150 on Discogs.

This 12" includes the original plus remixes by Andrew Weatherall & Zatua (Music from Memory).

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×