menu 検索する ×閉じる

ROLAND ALPHONSO/ RAYMOND HARPER Roll On Charles Street / Raining Outside

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

スキンヘッズ、ネオ・スカから、現在の世代まで多大な影響を与え続けるスカのパイオニア、プリンス・バスターのレア音源を大阪ROCK A SHACKAがコンパイルした「Roll On Charles Street」からシングルカット!

改めて、SKA、プリンス・バスターの魅力に痺れる素晴らしい音源!ROLAND ALPHONSO、RAYMOND HARPERそれぞれ PRICE BUSTERが手掛けた秘蔵のレア音源。かっこいいものは永遠かっこいい。レーベルからのコメント以下。 (サイトウ)

アルバムのタイトルとなったローランド・アルフォンソによる 「Roll On Charles Street」はイギリスの某サウンドマンが秘蔵し ていたスペシャル。バスターの代表曲である「Rude Rude Rudie (Don’ t Throw Stones) 」と同時期にレコーディングされた、バス ターの真髄といえるキラー・インスト・スカ。カップリングはレ イモンド・ハーパーの黄昏れたトランペットが全編にフィーチャー された「Raining Outside」。両者ともに未発表。

▼ Tracklisting

A.ROLAND ALPHONSO - Roll On Charles Streetsample
B.RAYMOND HARPER - Raining Outsidesample

Roll On Charles Street: This is a spirited minor key track, with solos by Alphonso and Brooks.
Trumpeter Harper takes the honours on this one, his trademark vibrato well in evidence. His big hit for Buster was, as mentioned in the notes earlier, “Mighty Like A Rose”. He also cut the fearsome “African Blood” and aversion of the swing classic ‘Tipping In” under the name of Prince Buster & the Torchlighters.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×