menu & search
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ブロークンビーツ〜ダブ、テクノのリミナルな境界線を切り取る注目のベースミュージック専科〈WELL STREET〉からコンピレーション第2弾!〈PAR AVION〉中核のHENRY GREENLEAFに加え、〈BANOFFEE PIES〉からの作品で知られるKEPPEL、今作がデビューとなるBOX 5IVEなどの実力派集結です。

UKベースシーンの中でも独特な動き方をしている〈WELL STREET〉新作。その詳細が掴めていないBOX 5IVEが反響を生かした「Silicate」(sample1)。無重力なパーカッションでリズム遊び、最後の最後にヴォーカルサンプルを投入してきたKEPPEL「Taken For Granted」(sample2)。催眠サイエンスなシンセワークと無音ブレイクで別世界スケープを展開したHENRY GREENLEAF「Snide」(sample3)。繊細な音響構築でダブテクノとブロークンビーツの境目を突いたFORMANT VALUE「Polycausa」まで、全4トラック、どれも試聴から外せないクオリティに頭を抱えました。素晴らしい。 (Akie)

▼ Tracklisting

A1. Box 5Ive  -  Silicate sample
A2. Keppel  -  Taken For Granted sample
B1. Henry Greenleaf  -  Snide sample
B2. Formant Value  -  Polycausa sample

Well Street keep up the heat as one of the most inventive labels operating in the liminal space between techno, dub and rhythmic mysticism. These various artist releases are also a perfect introduction to some essential new talent, and that's clear from the off with the snaking, echo chamber pressure of Box 5ive. Keppel's "Taken For Granted" is a distinctive slice of crooked 21st century soul that sports a whiff of early Kimbie / Blake in the vocals and overall attitude. Henry Greenleaf's "Snide" is a taut drum track that teases as much as it delivers, and Formant Value trips out into a meditative soundscape of pattering percussion and spacious atmospherics.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×