menu 検索する ×閉じる

VARIOUS 日本の島音 - Island Sounds From Japan 2009-2016

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ALTZ、AqatukiやSpeak No Evil、関西勢も収録。日本の島音 - Island Sounds From Japan 2009-2016。入荷しています。

ロンドンで活動しているKay Suzuki氏がディレクターをつとめる〈TIME CAPSULE〉から、『レゲエ、ダブ、サーフミュージック等多様な"アイランド・サウンド"の影響を受けつつ独自の島国サウンドを作り上げた作品を集めた』アルバム「日本の島音」、アナログがリリースされました。 海外にむけた日本の音楽の紹介的な意味合いもありますが、スリーヴと帯のアートワーク、インサートシートでのコメント、重量盤、高音質45回転でのカットも含め愛あるレコード盤。是非手にとってみてください。 (サイトウ)

『自分が住むロンドンの周りのDJやレコード・コレクター達から昔から良く言われる台詞の一つが「日本人の作る音楽(レコード)はオリジナルの音楽のスピリットをリスペクトをしながら、更にその音楽性と音響を追求した独自の発展を遂げている」という事。日本のジャズに対する世界的評価はそれこそ60年代から確立されているが、ここ10年程は80年代のシティ・ポップからアンビエントに至るまで、日本の匠な音造りの評価は更に高まる一方である。ここに収録された作品は2009年から2016年の間にリリースされた主にバンド・サウンドに特化した比較的最近のアーティストが中心で、昨今の日本音楽ブームとは少し違う趣向になるが、どのアーティストも雑多な影響を受けつつも匠な音技術に優れ、最終的には彼等の環境と実験の結果産まれた独自の音世界を展開しているという点では個人的には前述したジャズや80年代の日本の音楽と同様、世界からの評価に値する素晴らしい作品だと思う。』


▼ Tracklisting

A1.Speak No Evil - Speak No Evilsample
A2.Aqatuki - Wakanourasample
B1.Altz - Orympia Rockssample
B2.Keiichi Tanaka - City of Alepposample
B3.Keiichi Tanaka - City of dub

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×