menu 検索する ×閉じる

PRINS THOMAS Traens

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

RUNNING BACKから、PRINS THOMASのニューアルバム「Træns」!THOMAS流のトランス・アプローチ。DJとして充実ぶりが伺えるダンスフロアサウンド。

ROMAN FLUGELのシングルに続いて、PRINS THOMASもシンセサイザー・サウンド、ダンスミュージックのトランスミュージックとしての側面を追求したエレクトロニック・アルバムをリリース。アナログは10曲で構成された「Traens」。メロディック・トランス、シンセサイザー。面白いことになってますね。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Træns 1sample
A2.Træns 2sample
A3.Træns 3sample
B1.Træns 4sample
B2.Træns 5sample
C1.Træns 6sample
C2.Træns 7sample
C3.Træns 8sample
D1.Træns 9sample
D2.Træns 10sample

"It’s no big secret: The elements of trance music have always played a vital part in the music of Prins Thomas. In fact, there are scholars who argue that these stylistic attributes were the ramp that shot his disco into space. But let’s not pour hot coffee onto the cold one. When the king they call Prins sent a loose bunch of tracks to Gerd Janson to get some sort of feedback, it was like an epiphany: the calling for the missing link between „Logic Trance“ compilations of yesteryear and the honey for the strobe light bees of today has finally been answered. Naturally, it’s not all ice cannons and glow sticks, endorphins and euphoria. The private and poetic Prins stands just one step behind the sweaty one - in alphanumeric track list order. If there has ever been something like thinking-(wo)mans-trance, this is the album for it.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×