menu 検索する ×閉じる

SELTENE ERDEN Scorched Erden

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ダンスビートから離れ、KASSEM MOSSE作品史上でも最と言っても過言ではないほど旋律的なアンビエント/エレクトロニクス作品に仕上がっています。推薦!GEORGIAやEVEN TUELLらも参加するレフトフィールド要所〈YOUTH〉にて、〈TTT〉などでお馴染みの奇才KASSEM MOSSEが9年ぶりに”SELTENE ERDEN”名義を復活、アルバムにて帰還です。

〈FXHE〉〈WORKSHOP〉からの作品、近年はBEATRICE DILLONとのコラボレーションでもその名を轟かせるKASSEM MOSSEが2011年に〈MULE ELECTRONIC〉より一度のみシングル発表した知る人ぞ知る名義”SELTENE ERDEN”を再始動!FMシンセシスが回転しながら旋律を描き出す「Mythril Shard」(sample1)に始まり、数多くのアーチストが90年代電子音楽、レトロフューチャリスティックなエレクトロニクスを再考する中でも今作は”アンビエント”での特異なアプローチ。試聴外ですが、70年代フレンチエレクトロニクスにも通じるメディテーショナルな電子音操作が際立つ「Twinkling Titanite」など精密な音造り、何と言っても旋律的な音作のKASSEM MOSSEを聴くことができる一枚。。フィジカルはCD媒体のみの限定生産、レーベルから直卸、レーベル既に完売のため再入荷は当分ないので探していた方はお早めに、トラックリストからも是非! (Akie)

▼ Tracklisting

1.Mythril Shardsample
2.Pavis Schemasample
3.Twinkling Titanitesample
4.Belseliumsample
5.Passage Jewelsample
6.Rhodochrositesample
7.Temporal Earth Stonesample
8.Rising Coresample
9.Water Prismitesample
10.Palestonesample

Kassem Mosse blesses Youth with a gorgeous ambient album under his Seltene Erden alias making up for a noticeable absence from the release schedule in recent years.

‘Scorched Erden’ marks Kassem Mosse’s full solo debut with Youth after the ’Silica Gel’ cut on their ‘Sports’ CD in 2019. Reviving the Seltene Erden handle last used in 2011 on a 12" for Mule, the modern house auteur yields some of his most preciously melodic works to date, focussing his interests for retro-futuristic and otherworldly sounds into a form of crystalline, iridescent ambient that shimmers shades away from the likes of uon and Huerco S., the jazzier ambient end of Actress and ‘90s Move D, and the lushest Hassellian 4th World dimensions.

To be honest this is the sort of Kassem album we’ve wanted to hear for ages, seeing him leave the dance for dust and follow his nose into properly aetheric alternate head spaces, showing off that personalised, hybrid analogue/digital soundsphere and tactile design tekkers that we’ve come to love since his earliest turns in the ‘00s. He sucks us right in with the lush FM synth fronds of ‘Mythil Shard’ and, through enigmatic processes, keeps us there until the gravelly slosh of ‘Palestone’, via stunning pieces of GRM-like sound design in ‘Twinkling Titanite’, and the 0PN-like ‘Passage Jewel’, or the spiralling helixes of ‘Rising Core’ with a gripping sense of narration that marks this album, and him, out for soundtrack purposes.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×