menu 検索する ×閉じる

KRUST Teoe Remixes #1 (Four Tet / Batu / Damian Lazarus Remix)

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ブリストル・ドラムンベースのリビング・レジェンドKRUSTがリリースした「The Edge Of Everything」のリミックスEP第1弾!BURIAL & THOM YORKEとの新作も話題のFOUR TETの圧巻のリミックス。ブリストル BATUとDAMIAN LAZARUS Remixes !

KIERAN HEBDEN、FOUR TETのアーリーデイズを思わせるような美しい音色、ベースの周波数、ハーフビートと倍速のビートも組み込んだリズミック・ドラムン・ベース。2020年を締め括る是非とも手にして欲しいFOUR TET。アフリカン・ベースやFOOTWORKあたりも通過した新たなFOUR TETサウンド。ポスト・ダブステップ、ベース以降の世代を代表するブリストルTIMEDANCE主宰のBATUはリズミック&ベース・サイエンス。こちらも素晴らしく現行ブリストルサウンド目が離せません!〈CROSSTOWN REBELS〉主宰のDAMIAN LAZARUSのリミックスはBPM125をベースにしたリミックス。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Negative Returns (Four Tet Remix)sample
A2.Space Oddity (Batu Remix)sample
B1.Keter the Heavenly (Damian Lazarus Re-shape)sample

Following the release of Masters At Work remixes of ‘Antigravity Love’, taken from electronic hero Krust’s critically-acclaimed album ‘The Edge Of Everything’, the A-list versions keep flowing with Four Tet, Batu and Damian Lazarus each re-working a different track from the LP.

Sparkling like stars with a pretty melody, Four Tet’s interpretation of ‘Negative Returns’ also packs a deceptively heavy punch, maintaining the original’s hurtling velocity, fuelled by a huge sub-bass engine.

The spiralling beat-and-bass science of fellow Bristolian Batu’s version takes ‘Space Oddity’ and deconstructs it like a cubist portrait, matching the main man himself in pure outside-the-box expression.

Crosstown Rebels boss Damian Lazarus maintains Krust’s epic adventure narrative, retelling the tale in his own words, taking recognisable parts from the original and transposing them into a groovy cosmic house odyssey.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×