menu 検索する ×閉じる

TAUT + TAME Visionaries

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

架空の惑星「プリズモス」を舞台にした物語、ローファイな変則ビートに屈折エレクトロ〜IDMエレクトロニカを奏でる2人組・TAUT + TAMEによる、7つのストーリーからなるデヴュー作「Visionaries」。

<BLACK ACRE>や<HOUNDTOOTH>からリリースするユニット・SNOW GHOSTSのメンバーと組んでいたハードコアバンドから転向した、<BEAT CONCERN>レーベルの首謀・MATT FLAGとD. CROWHURSTによるデュオ・プロジェクト・TAUT + TAMEによる処女作「Visionaries」。<WHERE TO NOW?>あたりの実験的、フューチャリスティックなエレクトロニック〜クレイジーなEBMエレクトロまで、全7トラックを収録!鮮やかなオレンジ色のカセットテープ限定品。 (DNT)

▼ Tracklisting

1.Introsample
2.Hydronsample
3.Mode 2 Cravexsample
4.Cerratorsample
5.Spektral Knightssample
6.Ektariansample
7.Exit Visionssample

In 1987, 13 episodes and a well curated toy line for a new science fantasy franchise Visionaries: Knights of the Magical Light dropped into the world, blowing the mind of a then 6-year-old Taut + Tame. The story, set on the fictional planet of Prysmos, is a futuristic society where all technology and complex machinery suddenly cease functioning and its citizens are forced to rely on ancient magic to survive. The Visionaries are knights who are split into two factions: the heroic Spectral Knights and the evil Darkling Lords who battle each other continuously for no apparent reason than showing off their abilities to change into holographic creatures (Holograms were more than enough of a draw in 1987, story line was superfluous to need).

After years of playing in bands and whilst learning how to use Ableton, Taut +Tame decided to write the soundtrack to the Visionaries world as he remembered it, resulting in this debut tape. Bit crushed soundscapes with dubbed out breaks that move into lo-fi electro, stuttering arpeggiated basslines and pad sounds ripped off Legowelt sample packs.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×