menu 検索する ×閉じる

DADDY-KAN Jamaican Souldies Vol.1

RECOMMENDED

再入荷

ARROUND Wicked Sound Makerより2019年にリリースされた名作MIX「MORE TODAY THAN YESTERDAY」に続いて、DADDY-KAN自身のレーベルよりリリースされた2021年最新MIXCD「Jamaican Souldies Vol.1」!newtoneにも待望入荷いたしました。50-70年代ジャマイカン・ソウルディーズの色気とソウル哀愁に満ちたセレクト&MIX珠玉の音世界。大推薦盤MIXCDとさせていただきます。

80年代後半より都内を中心に活動するレゲエミュージック、ソウル、リズム&ブルース、ラテンまで、様々な音楽に精通するAmigo Gunshot CrewのセレクターDADDY-KANによる、50年代から70年代ジャマイカン・ソウルディーズ(Soul + Oldies)魅惑の音世界を華麗に紡いだ珠玉MIXCD。今作も氏の音楽の造形の深さを存分に感じさせてくれており、そして、それらChicano Soul / Lowrider OldiesとJamaican Oldies等を(今の音楽)感覚として丁寧に紡ぎ上げた極上激渋スウィート&レイドバック・メロウ哀愁の音世界が美しくかっこいい。そして、ルーディー・ジェントル美学やさしい。 (コンピューマ)

Amigo Gunshot CrewのセレクターDaddy Kanが2019年にリリースした「MORE TODAY THAN YESTERDAY -Brand New Vintage Gems-」に続きセルフ・レーベルより リリースする2021最新MIX CD。
Chicano Soul / Lowrider OldiesとJamaican Oldiesに共通する美学をレゲエ・セレク ターの側からいち早く見出し、色気と哀愁に満ちたセレクト&MIX&粋な身のこなしで 体現してきたDaddy Kan。
Chicano達が好んだSoulミュージック、Barrio OldiesやLowrider Soul、近年では Souldies (Soul + Oldies)などとも呼ばれる音楽と、Jamaican Oldiesはなんでこんなに 似てるんだろう。ザラついてるけど上品な街角の音楽、タフな日常の裏返しとしての究 極のスウィートネスと漂う哀愁、粋がりと情けなさ、そしてUSのR&B~SOULに憧れてい つつも隠せないローカル感と滲み出るオリジナリティ。Lowrider Classicsとなっている 曲と、ジャマイカのアーティストがカバーしている曲は驚くほど共通していて、やはりそ こにはマイノリティとしての似た視点、感性があるのではないだろうか。 このMIXはそのタイトル通り、JamaicanによるSouldies (Soul + Oldies)、つまりジャマ イカ人によるSoulチューンを上述の美学で貫いて、50sのDoo-Wopから70sのDiscoス タイルまでを華麗に紡いだ珠玉の決定盤だ。
現行Vintage Soulの中にもJamaican R&B Balladなどに通じる曲も増えてきた昨今、 NOWな1枚でもある。
最後に、この作品にはDaddy-KanのパーソナルなSpecial Dedicationがこめられてお り、Music Maniacsの戯言はさておいても、強烈に胸に迫る名作であると断言したい。 初代 彫作の最高のアートワークを纏った本盤、ぜひ手に取っていただきたい。
(NOOLIO)

DADDY-KAN
Amigo Gunshot Crew所属のセレクター&MC。都内を中心に80年代後半より活動。レゲエ・ミュージックのみならず、ソウル、リズム&ブルース、ラテンまで、 様々な音楽に精通。音楽への造詣の深さが伺える45を中心としたヴァイナル・プレイはジャンルを超えて聴くものを虜に。2019年にARRROUND Wicked Sound Makerより現行ヴィンテージ・ソウル&レゲエを網羅したミックスCD『MORE TODAY THAN YESTERDAY -Brand New Vintage Gems-』をリリース。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×