menu 検索する ×閉じる

CONTOURS Balafon Sketches

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ガムラン、バラフォンなどを使ったミニマル、ポリリズミック。ユニークなサウンドテクスチャー。CONTOURSによる「Balafon Sketches」。アナログ入荷しています。

〈RHYTHM SECTION INTERNATIONAL〉や〈SHALL NOT FADE〉でもリリースするプロデューサーでもあり、パーカッショニストストでもあるCONTOURSが、ポストパンクシーンをベースに活動してきたミュージシャンで画家、楽器製作者でもあるSETH SUTTONや弦楽器奏者などが参加しています。アフリカン・ポリリリズムをベースに、電子音のアアンビエンス。打ち込みも交えながら展開しています。昨年カセットで自主リリースしたものがアナログ化されました! (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.CONTOURS / SETH SUTTON - Balafon A (3:34)sample
A2.CONTOURS / ABEL SELAOCOE / CALLUM CONNELL - Keld (6:00)sample
A3.CONTOURS / SIMMY SINGH - 45npr (4:57)sample
A4.CONTOURS / SETH SUTTON - Room Cycle (6:46)sample
B1.CONTOURS / SETH SUTTON - Balafon B (6:02)sample
B2.CONTOURS / BEKA REID / SETH SUTTON - Eastern Bells (5:17)sample
B3.CONTOURS - Okutama (7:00)sample

イギリスはマンチェスター/ストックポートを拠点に打楽器奏者/プロデューサーとして活動するTom Burfordによるプロジェクト、Contours。

昨年カセットとしてリリースされた作品がレコードとして再発売。

元々は仲間たちとのライヴセッションとして始まったBalafon Sketches。アフリカの木琴バラフォン、東南アジアのガムランなどの打楽器のポリリズムを軸に、サックスやフルート、バイオリンといった生楽器と、シンセサイザーやエフェクト、ドラムマシン、さらに自作の弦楽器が有機的に溶け合います。第四世界、クラシックなミニマリズム、スピリチュアルジャズ、アフリカのリズムに影響を受けた実験的セッションを分解し、深く全身に染みわたっていくような音響世界を構築した極上の一品。

Balafon Sketches began as a series of live jams in Cumbria. Percussionist and producer Contours & instrument builder, musician, painter and ceramicist Seth Sutton experimented with balafons and a gamelan alongside Sutton’s homemade string and percussive instrumentation. The tracks’ foundations were built running these elements of tuned percussion through delay and reverb pedals, experimenting with interlocking polyrhythms and the overtones and textures created by the raw recordings.

Contours built upon these recordings utilising a range of live instrumentation such as synthesizers, drum machines and other organic percussion. He worked alongside several instrumentalists: cellist Abel Selaocoe and saxophonist/ flautist Callum Connell feature on ‘Keld’, violinist Simmy Singh on ‘45npr’, and violinist Beka Reid on ‘Eastern Bells’.

Balafon Sketches sees the coming together of electronic and organic instrumentation. It crosses musical traditions that makes for a sonic journey, taking as much influence from African rhythmic practice as it does from minimalism, electronic music and the transcendental nature of ambient music and spiritual jazz.

This release is the organic output of spontaneous experimentation with friends, and was entirely recorded in our homes in Manchester and Cumbria.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×