menu 検索する ×閉じる

SHANNON Let The Music Play (Remix)

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

'83年の後半、CHRISBARBOSAとMARKLIGGETTコンビが手掛け、瞬く間に世界中の音楽に影響を及ぼした、SHANNONのデヴューシングルにしてエレクトロ・フリースタイルの記念碑的シングル”Let The Music Play”のリマスター再発・180g重量盤!

ブルックリンのラジオ局「WKTU」のDJだったCHRIS BARBOSAが、”PLANET ROCK”に代表されるエレクトロファンクの生みの親・アーサーベイカーの影響下、シカゴのアシッドハウスにも先駆けて808のドラムパターンと303ベースラインを同期させることにより発明し、フリースタイル〜シャノンサウンドとも呼ばれセンセーションを巻き起こしたダンスミュージックの礎ともいえる、SHANNONによる'83年大ヒット”Let The Music Play”のリイシュー盤!<UNIDISC>の設立40周年を記念した、特殊エンボス加工のデラックス・スリーヴ&パープル・カラーヴァイナル仕様でストック。この機会に是非どうぞ! (DNT)

▼ Tracklisting

A1.Let The Music Play (Remix) (6:03)
B1.Let The Music Play (Original) (5:49)
B2.Let The Music Play (Dub Mix) (6:12)

A stone cold old-school classic right here, from the year of 1984. Forged within the furnaces of electro and freestyle, Shannon's sound was ubiquitous in post-disco clubland. Washington DC native Brenda Shannon Greene had a long career and released numerous records that soundtracked 1000s of clubbing experiences across the world, but 'Let The Music Play' was undoubtedly her calling card and still resonates today with it's clipped booming 808s, bubbling acidic bassline and soaring synth lines. An absolute masterclass that rocks for the b-boys, the fly girls and anyone within 2 feet of the dancefloor. Repressed here from master sources for Unidisc's 40th anniversary, an essential club anthem that everyone should own.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×