menu 検索する ×閉じる

空間現代 Tentei

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

空間現代3年振り新作リリース。バンド単独としては〈Editions Mego / deologic Organ〉より発表した『Palm』に続く3年振りの新作は、活動の拠点である京都の空間現代のスタジオ兼ライブハウス「外」にて録音され、ミックスまでメンバーが手掛けた初の作品であり、レーベル「Soto」として初レコード・リリース。ジャケット写真は村田啓、デザインは盟友・石塚俊。

空間現代が運営するライヴハウス「外 soto」のレーベル第1弾として新作アルバムがリリースされました。変拍子、複合リズム。 「編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲をスリーピースバンドの形態で演奏。 これによるねじれ、 負荷がもたらすユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。」 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Shitti   (06:37)sample
A2.Ksidmr   (02:38)sample
A3.Enkin   (04:34)sample
B1.Asdmt   (04:00)sample
B2.Kassai   (07:25)sample

Kukangendai is a three-piece band from Japan. They released their self-titled debut album in 2009, following it up with Kukangendai 2 in 2012. In 2013, the band launched the Kukangendai Monthly Remixes series, which invited a string of artists, including Zs and Mark Fell, to produce remixes of the band’s work. The series was later compiled into the album Remixes in 2015.
In 2016, the band opened their own studio-cum-venue, Soto, in Kyoto, moving their activities from Tokyo to Kyoto.
2018 saw the vinyl release of Zureru, a collaborative album by Kukangendai and Ryuichi Sakamoto. In 2019, Palm – the band’s first non-collaborative studio album in seven years – was released on Ideologic Organ, a sublabel of Editions Mego headed by Sunn O)))’s Stephen O’Malley.
Collaborative projects to date include Rap Phenomenon, an album produced with rap group Moe and ghosts, live performances with Keino Haiji and with poet Gozo Yoshimasu, and theater productions with the Chiten theater company.

http://kukangendai.com/

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×