menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

21世紀の音楽シーンに多大な影響をもたらしたザ・シネマティック・オーケストラ2007年リリース名作『Ma Fleur』がヴァイナル初収録となる3曲を追加収録したクリア・ヴァイナルで再発!!クリアヴァイナル2LP+DLコード付き。アートプリント4枚封入。

内省的フォーキーSSW・ポストクラシカル・アンビエント・イマジナリー・サイケデリックなチルアウト・ダウンテンポ傑作。音楽家ジェイソン・スウィンスコーを中心に結成、99年のデビュー以来ジャズをベースとした実験性の高いスリリングなエレクトロニック・サウンドや壮大なストリングスのアレンジで人気を博すザ・シネマティック・オーケストラが、21世紀の音楽シーンに多大な影響をもたらした2007年にリリースされた歴史的名作『Ma Fleur』をクリア・ヴァイナルで〈Ninja Tune〉より再発。今回のリイシュー盤はヴァイナルには初収録となる「Flowers」、「Talking About Freedom」、「Colours」の3曲が追加収録の全14トラックを収録。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

A1.To Build A Homesample
A2.Familiar Groundsample
A3.That Home
A4.Child Songsample
B1.Music Box
B2.Ma Fleursample
B3.Prelude
B4.As The Stars Fallsample
C1.Into You
C2.Breathesample
C3.Time and Space
D1.Flowerssample
D2.Talking About Freedomsample
D3.Colourssample

生楽器を全面にフィーチャーした美しいサウンドで、彼らの果てしない音楽的可能性を改めて証明した最高傑作の呼び声高い本作は人生における「愛と喪失」をテーマに、架空の映画のサウンドトラックとして制作された。ジェイソンと脚本家との間で幾度となく楽曲のやり取りを重ねるというプロセスを経て完成し、またそれぞれのシーンと曲を表現した抽象的、比喩的な写真も作品にフィードバックされている。
日常で起こりうる様々な場面での感情をシネマティックらしい繊細かつダイナミックなサウンドで見事に表現しており、また前作でも共演したソウル・ディーヴァことフォンテラ・バスやルー・ローズ等のゲスト・ボーカルが参加する事により、さらなる映像空間を聴く者の脳裏に鮮明に映し出していく。
痛いほど美しく、人生における「愛と喪失」をテーマに、聴く者の人生に様々な光と影を伝える傑作。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×