menu 検索する ×閉じる

V.A SANTERIA, MYSTIC MUSIC FROM CUBA, 1939-1962 FOLK TRANCE POSSESSION - FON - YORUBA - IGBO - BANTU

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

アフロ・キューバのパーカッション音楽集、3CD。素晴らしい編集です。

ロングセラー、JAMAICA FOLK TRANCE(https://www.newtone-records.com/item/n_t0060403.html)のキューバ版出ました!サンテリアやアフロ・キューバンの音楽はなかなかDJ視点での解釈はないのですが、こちらはレゲエ・カリブ海音楽研究家、ブルーノ・ブルムによる編集。セリア・クルースの麗しき歌声など素晴らしき音の宝庫。Vinylカルチャーではフォローしきれないプロダクト、そろそろCDいいなと個人的にも思ってます。部屋に飾りたくなるアートワークとともに末長くどうぞ。(Shhhhh)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サンテリーアに代表されるアフロ・キューバのルーツ音楽の歴史的音源を集めた仏フレモー社の3枚組アンソロジーです。フォン族やヨルバ族、イボ族、バントゥー族がアフリカの地よりもたらし、儀式の場で用いられて、コール&レスポンスの歌唱やパーカッションのポリリズムにより、トランス状態に導いたりもする媒介となる音楽。米国の著名な作家/民俗学者ハロルド・クーランダーによる貴重な1940年のハバナでのフィールド録音にはじまり、アフロ・キューバン・ジャズ(キューバップ)にもその名を残すチャノ・ポソの歌と太鼓によるセッション的録音、あるいはミゲリート・バルデースやセリア・クルース、セリーナ・ゴンサーレス&レウティリオ、サブー+アルセニオ・ロドリーゲス、モンゴ・サンタマリア、カチャーオなど、全64トラックにわたり、ジャズを含むポピュラー音楽へと架橋され、吸収されていった様子も俯瞰していきます。ラストを飾るのはオーセンティックにコンフンント・フォルクロリコ・ナシオナール。監修・解説はフレモーのカリブ音楽ものを数多く手がけているブルーノ・ブルムが担当。キューバ音楽好きはもちろん、カリブ〜南北アメリカの音楽のアフリカン・ルーツに関心がある方もマストなアルバムです。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×