menu 検索する ×閉じる

CHARI CHARI Tokyo Modernology

2021年8月発売予定。予約受付中。(入荷時期が遅れる場合がございます。予めご了承ください。)

Kaoru Inoueによる自主レーベル ”Seeds And Ground” の復活作品となった、Chari Chari名 義としては18年ぶりとなるアルバム “We hear the last decades dreaming” からのリミック ス・シリーズ第2弾。
長いキャリアを経て国内独特のSlow Techno ~ Psychedelic ~ Tribal路線を推進し、海外か らも注目を集めるMamazuによる、永遠に登り詰めるような“Fading Away”渾身のリミッ クス。そして海外アンダーグラウンド・シーンの真の開拓者と言えるヴェテランChidaに よる、クラシックなHouse ~ Electroマナーかつ本場のソリッドな地下グルーヴが伝わって くるような“Tokyo 4:51”リミックス X 2ヴァージョン。そしてアルバムの人気トラックのひ とつである“In Exotic Haze”をKaoru Inoue本人がリワーク。
This is the “Tokyo-themed” 2nd EP in a series of remixes/reworks from Chari Chari’s new album “We hear the last decades dreaming” which was the first album in 18 years under the name of Chari Chari, a project by Kaoru Inoue who has been working as a DJ and producer for over 25 years.
Mamazu, who has been leading the unique Slow Techno / Psychedelic / Tribal genre in the domestic scene after a long career, is reworking “Fading Away” to the 100bpm Trance. Chida, a true pioneer of the overseas underground scene, made “Tokyo 4:51” into 2 versions with real grooves. “In Exotic Haze”, one of the most popular track from the album, is reworked by Kaoru Inoue himself.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×