menu 検索する ×閉じる

MAS AYA MÁSCARAS

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

カナダのTELEPHONE EXPLOSIONからユニークな一枚。ニューエイジ、南米フォルフォルクローレ、JUKE/フットワーク、エレクトロ・ベース。一言では言えないですが音楽性の高い素晴らしい音楽です。昨年のアルバムもめちゃくちゃ良かったモダン・クンビア歌姫Lido Pimienta もフィーチャリングしてます。

Not The Wind, Not The Flagというエクスペリメンタルバンド等、カセットをベースにリリースしてるカナダ、トロントのBrandon Valdiviaなるプロデューサーのソロプロジェクトだそうです。レーベルは、初期のWARPから、トラップ、フットワーク、デジタル・ダンスホールなども引き合いに出しながら紹介しています。南米の民族音楽へのアプローチ、サンディニスタで知られるニカラグアの民衆運動のキーマンのサンプリングなども使用しています。高橋悠治とも共演しているカナダの音楽家リンダ・カトリン・スミスと習練の成果も反映されているとのこと。コロンビア出身のシンガーLido Pimientaを迎えた曲も! (サイトウ)

▼ Tracklisting

A.MAS AYA - Momento Presente (06:20)sample
A.MAS AYA - Key (07:38)sample
A.MAS AYA - 18 de Abril (05:21)sample
B.MAS AYA - Villanueva (08:22)sample
B.MAS AYA /LIDO PIMIENTA - Tiempo Ahora (05:19)sample
B.MAS AYA - Quiescence (07:49)sample

Máscaras is anchored by Valdivia's deft and atmospheric production style that folds together intricate spiraling synths, balmy environments, and crisp drum programming, variously drawing from trap, footwork, early Warp-label gestures, and the digital end of dancehall reggae. Yet it's his love of organic instrumentation that truly cements his commitment to an eclectic, unclassifiable aesthetic. Although he's well-respected as a drummer—particularly in wayward rock and improvised music circles—Mas Aya often serves to showcase Valdivia's prowess as a wind player. His iterative but expressive playing on tin whistle, bansuri, quena (as well as other instruments such as the llamador, and thumb pianos) imbues these compositions with a warm, tactile quality. Lido Pimienta's vocal appearance on “Tiempo Ahora” builds upon this human presence, steering things temporarily into abstract R&B territory. Meanwhile, the sampled voices that Valdivia threads throughout the first side underscore his connection to hip hop production tactics, while referencing key figures within current and historical popular movements in Nicaragua.

Although the record is steeped in both rhythmic electronica and a wide assortment Latin American sounds both contemporary and ancient, according to Valdivia, aspects of it also reflect his training with with noted composer Linda Catlin Smith, whose lyrical quasi-stasis can be heard lurking in its mesmeric, recursive structures.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×