menu 検索する ×閉じる

TASHO ISHI Dentsu2060

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

BRF名義の2016年の「BRF-KU EP」などで知られるTASHO ISHIが、WARPからのリリースで知られるミラノのLORENZO SENNIのレーベル〈Presto!?〉からリリースしたアルバム「Dentsu2060」のアナログ・リリース。

2019年にデジタルでリリースされたTASHO ISHIのアルバム「Dentsu2060」のアナログ届いています。圧倒的なエレクトロニクス、カットアップされた言葉。描かれる世界。圧巻の熱量に驚きました。現在のエレクトロニック・ミュージックの重要盤。先日の大阪でのライブも凄かったみたい。アナログのマスタリングはDubplate & MasteringのHelmut Erler。歪みの完璧な構図のアートワークのマジックと共にお楽しみください。 (サイトウ)

【インタビュー】Tasho Ishi 『Dentsu 2060』|人間不在の ...


▼ Tracklisting

1.Dentsu2060 (9:00)sample
2.Birdland (4:39)sample
3.W I N D C O A T (1:52)sample
4.Satoshi Nakamoto (6:48)sample
5.I Always Still Yakuza (2:20)sample
6.Children Of Bodom (5:10)sample
7.Window Of Honey Trap (5:56)sample
8.Chase The Rainbow (4:42)sample
9.Toshi (5:34)sample

東京の建物、ファッション、イルミネーション、広告。
それらによる不可抗力の刺激とストレスが無意識下に表出された「サイエンスファンタジーシンフォニア楽章」

Tasho Ishi のアルバム『Dentsu 2060』は、クラブミュージック、サウンドトラックの機能や手法を踏襲しながらも、クラブの外にある都市風景を描いた怪作である。
既存の文脈には収まりきらない作風ゆえに、耳になじまない違和感が残るが、それはすべてが最適化された世の中に対する違和感の表明でもある。アルバムは Warp からのリリースでも知られる電子音楽家 Lorenzo Senni 率いるミラノを拠点とするレーベル、Presto!? Records からリリースされた。
Tasho Ishi は、現在、多国籍企業のブランドやファッションのサウンドデザイナー・イメージコンサルタント・広告批評家と様々な顔を持ちます。2016 年に「BRF-KU」EP で BRF としてデビューし、TASHO ISHI 名義でランウェイ・ミュージック・キュレーターとして活躍しています。
〈Presto!?〉と〈Warp Records〉がサポートする 2 部構成イベント『Positive Feedback』では Donato Dozzy、Lorenzo Senni らと共に出演するなど、ライブ活動も活発な演奏が主軸なミュージシャンでもあります。
広告が主役の街で、スタイルはどこまで響くのか。
Dentsu2060 は、漂う虚栄心に満ちた都市の姿を忠実に再現した、緻密な作品です。
フィールドレコーディングとメロディックなライトポイントをシームレスに織り交ぜることで、2021 年に開催される東京オリンピックの式典や、トレンディドラマのライトアップされたサウンドトラックへの思いがけない反映を作曲しています。
彼の 9 つの作品は、都市の声を伝え、人工的な光の下で露出した新しい壮大な世界観を提供します。

« DENTSU2060 begins with the re-summoning of Tsuruta Kinshi, the satsuma-biwa player chosen by Toru Takemitsu for his rendition of “November Steps” - a hyper-corporate and hyper-intimate illuminated ensemble piece. SATOSHI NAKAMOTO is a documentary for the Shenzhen region, inspired by J.G. Ballard's "Crash", Satoshi Nakamoto's potential visage, and the voice of the polygonal dragon in the 1993 movie "Arcade". A speediness akin to merikari or digital payment infrastructure's high-octane overload.

WINDOW OF HONEYTRAP belongs to the modern tinder concréte continuum. Chase the rainbowbridge is inspired by Initial D, created through the prophet VS’ vector synthesis, and its therefore intended for drives on the Tokyo bayside. I ALWAYS STILL YAKUZA is a luxury field recording captured on floor 52 of the Park Hyatt Shinjuku. The ambience of the Lost in Translation bar scene, scented with reverb…»

Tasho Ishi is a sound designer, image consultant, and advertisement critic currently working for a major record label in Tokyo. He debuted as BRF in 2016 with “BRF-KU” EP and he is active under the same moniker in the Japanese fashion market as a runway music curator. We are proud to present Dentsu2060, his LP debut, as the fifth release under our “Ten Years of Tomorrow” motto.

In a city where advertising has the leading role, how long can a style resonate? Dentsu2060 is an intricate work, a true to life representation of the city in its drifting vanity. By weaving seamlessly field recordings and melodic light points, Tasho composes an unexpected reflection to the upcoming 2020 Tokyo Olympic ceremony or the illuminated soundtrack of a trendy drama. His 9 compositions channel the voice of his city, offering a new, spectacular world view - overexposed under the artificial lights

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×