menu 検索する ×閉じる

EL-QUANGO Lost Moments

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

新レーベル"search of MANY"を立ち上げ、リリース第一弾としてロボ宙をフィーチャリングした傑作7インチ「TODAY」をリリースしたばかり、元KING OF OPUSメンバー/レーベル"WKOV"を主宰するEL-QUANGOが、レゲエ愛を経たレイドバック&メロウ・ロマンチックな好調リリースの続いているNOOLIO主宰の注目人気レーベルARRROUND WICKED SOUND MAKERより最新MIXCDをリリース!!!

ARRROUND Wicked Sound Makeは、レーベル・オーナーNOOLIO自身によるレイドバック・クルージン&メロウな数々のMIXはもちろん、ピーチ岩崎によるラテン/サルサ、DADDY-KANによるヴィンテ-ジ/レゲエ/オールディーズ/ソウル、Ayu-Chan-Chingによる南アフリカ・タウンシップ/ディープハウス、そして、 KEN KEN&ICHIHASHI DUBWISE、ASUKA ANDOによるラヴァーズ/ダブと続く、、、彼を取り巻くレゲエ愛、音楽愛に満ち溢れた素敵な音楽人脈から丁寧に織りなされるナイス人間味溢れる名作MIXCDの数々。そんな素敵レーベルARRROUND Wicked Sound Makerから新たに登場するのは、NOOLIOとも古くから親交があり、1990年代初頭より下北沢スリッツのスタッフやKING OF OPUSのメンバーを経て、マイペースで活動を続けてきたレーベル"WKOV"主宰EL-QUANGOによる、BPM100前後を中心とした、レゲエ/ダブ、ポストパンク、エレクトロ、ニューウェイヴ・ディスコ、ダウンテンポ、ゆるやかな心地いい音風景がふわりと繋がっていく、様々な思いや気持ちダンディズムが詰まった、イマジナリーにして”LOST MOMENTS”なグルーヴミックス。中盤には、先日リリースした〈Search of MANY〉からの7インチ、ロボ宙とのファースト・リリース「TODAY」の未発表ヴァージョンも収録。そして、冒頭には、故マジアレ太カヒRAW(ADS/スマーフ男組)による必殺QYロウビート宇宙がロボ宙の言葉と共に深く心に浸透する。 (コンピューマ)

「ゆるやかなリズム、ビートはキープ」──DJカルチャーが用意するのは、穏やかな生活のための空気感も あるのだ。そんなことを感じる本作は、昨夏、新レーベル〈Search of MANY〉を設立したEL QUANGOによるミ ックス。1990年代初頭より、下北沢スリッツのスタッフやKING OF OPUSのメンバーを経てマイペースに活躍 してきた、その音楽性がじわりとにじみ出ているのではないだろうか。
ミックスの頭を飾るのは〈Search of MANY〉の第一弾となった7インチをリリースしたロボ宙のMC、実はこの イントロのビート、EL QUANGOとも生前親交のあった故マジアレ太カヒRAW参加の秘蔵音源。マジアレ太 カヒRAWと言えば、14年の時空を超えて、2007年のアルバムがまさかの2021年にLP化で再発見&フレッシ ュな衝撃を与えたスマーフ男組のメンバー。そんな彼の貴重な音源からスタートするのだ。ここにはじまる1 時間はブレイクビーツやエレクトロ、レゲエ、ダウンテンポのグルーヴがダブのベースラインを伴って進み、 適度にダンサブルで適度にリラックスした、アゲすぎず落とし過ぎずなライトさも忘れない。その塩梅の良 さが心地いい空間を作り出す。中盤には、前述の〈Search of MANY〉のロボ宙とのファースト・リリース、その 未発表のヴァージョンも収録されている。ちなみにこの曲のもともとのトラックはジャパニーズ・テクノ黎明 期よりPC-8やInterferonなどで活躍したハゼモトキヨシ、そのアクチュアルなプロジェクト、Sigh Societyの作 品を元に作られた“ヴァージョン”で、7インチではロボ宙によるラップのAサイドと、インスト・ヴァージョンと なるBサイドにわけられていた。ここではその両方の要素で構築されたエクステンデッドで未発表のロング・ ヴァージョンが収録されている。またミックス最後にはKING OF OPUSこと、最近では本人名義でのギター・ア ンビエントなども発表した朋友、Naka Tomizawaのメロディカによるこちらも未発表音源となるアウトロを 収録、残像をかき消すかのようにして本ミックスは終わりを告げる。 OFFをONする、そんなゆるやかさとダビーな余韻が交叉する、マイペースへと“戻す”ミックス。生活と仕事、 日常と非日常、リラックスと緊張、そんな高低差がどこまでも地続きになってしまったポストコロナ禍の、パー ソナルなチルアウトを引き寄せるダウンテンポ・ミックスとも言えるかもしれない。 聴き終えると、おそらく反芻するように、ロボ宙のリリックが頭をループするだろう──「今日はどんな日に?」
(河村祐介)



冒頭のフリースタイル具合にやられたのも束の間~自分の中に存在するニューウェイビィ~な部分が完全に目を覚まして、気がつけば記憶と時間がDUBWISEされ てました。ひんやりとハッとさせられ静かに刺さる珠玉のMIX。
KEN KEN(KEN2D SPECIAL/URBAN VOLCANO SOUNDS)



例えばダンスミュージックの12インチのB面2曲目に入っているような、レコードディギンの岩間に隠れた徒花 だが奇跡的に普遍的な魅力を持つ楽曲たち
通底するDUB感覚 サブスクAIからは導けない音楽愛に満ちたこのMIXは形にして残すべきだと思いました。
NOOLIO(ARRROUND Wicked Sound Maker)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×