menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

AKI TSUYUKOのニューリリース「LEO」円盤さんからレコード到着しています。アナログ・オンリーでのリリース。JIM O'ROUKEも魅了した国内屈指の音楽家。独特の妖力。魅力ある一枚。是非。

フィールド・レコーディングを使用した冒頭から、電子オルガンが多層な音世界を描いていく。不協の軌道、虫の音、それぞれの音がポリフォニーとして奇妙な調和をして、おとぎばなしのファンタジーのような異世界へ誘うようです。B-SIDEはさらに実験度高い。このレコードにまつわる円盤からの解説を併載しています。アートワークの女性は、若き日のご本人、日舞の時の写真だそうです。メチャクチャいいジャケ。小津安二郎の魅力と出会った時のような日本人で良かった感を感じています。スローミュージック、実験音楽、サイケデリック音楽好き、全ての音楽ファンにおすすめしたい。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A.Mirrorsample
B.Villagesample

孤高の鍵盤奏者、アキツユコの新作。円盤からは「EMPTY TALK」に続くアナログ作品ですが、今回の作品は彼女にとっても異色の、そして、新たな一歩を感じさせる一枚になっています。
片面1曲のロング・トラックで、実際にはB面の演奏も連続性があり、これまでの彼女の静謐な作品群を思えば、ノイジーな側面も表出し、振幅の大きいドラマティックな時間が体験できるものになっています。
さらに、驚きは初めて作品に本人のヴィジュアルがメインで登場したことでしょう。あまりに人前に出ず、かつてはライヴすらほぼ皆無に等しかったため、childiscの竹村延和が創造した架空のキャラクターで、実在すら疑っている人までいたほどですが(’10年代以降は頻繁にライヴをやるようになっていました)、本作ではついにジャケット顔出し、ただし、ご覧の通り、日舞の発表の時に撮った写真とのことで、バッチリ和メイクが施されております。
また本作品の製作過程がまた特別です。
Drag City/MOIKAIでの「音楽室」、Thrill Jockyからの「Hokane」(国内では共にchildiscから)と、海外からの注目も高い彼女ですが、本作のきっかけになったA面は、アメリカ、オレゴン州ポートランドにあるギャラリー・ヴァリフォームからの委嘱で製作されたものでした。このギャラリーは「音を展示する」という異色のコンセプトで運営されていますが、そこに「展示」するために様々な音源を折り重ねて作られた作品でした。
作品は展示のために作られたものの、その後の扱いは考えておらず、せっかく作ったものなので、ちょっと聞いてもらいたい、と、高円寺円盤で行われていた彼女の演奏会「アキツユコの部屋」で、会場を真っ暗にして同作品を再生、そして、音源のエンディングにかぶせるように即興的に演奏を引き継ぎ、合計約1時間の組曲として演奏されました。
「アキツユコの部屋」は、それまで録音によるアウトプットしかしてこなかった彼女が、ライヴでの音楽表現を模索するために高円寺円盤で2016年から2020年にかけて不定期に行っていたシリーズ・ライヴで、その手法を探りながら様々な形で演奏が行われてきましたが、この日のライヴはその白眉というもので、その演奏を元にB面の「Village」を新たに録音し、作品化したものです。
日米のリアルのスポットという現場があってこそ生まれた作品で、創作の過程と場所が生んだ表現の在り方としてもユニークな形を提示できたと思っています。発表は、その両スポットがデジタルから距離を置くことをテーマにしているためアナログのみでの発売となっています。

All songs written, played & recorded by AKI TSUYUKO
録音 1991-2020年
マスタリング 大城真
デザイン 松井一平
監修 円盤

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×