menu 検索する ×閉じる

Gonno & XTAL Sugar Mix Tape Vol.1

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

東京の次世代ハウス/テクノ代表旗手 Gonno と XTAL が主催するパーティー『Sugar』からミックステープが登場。【SoundCloudでのStreaming / Downloadリンク付属】

TRAKS BOYSや(((さらうんど)))、JINTANA & EMERALDSのメンバーとしても知られるDJ/トラックメイカー、XTAL と、国内外で活躍する Gonno 。両氏ともに普段のダンスミュージック中心のプレイスタイルにプラス、 '自分たちが好きなあらゆる音楽を恐れずにプレイすること。同時に、ダンスミュージックのDJとしての感覚を生かし、仮に明確なビートがない曲をプレイするにしても、グルーヴを感じさせるようなセットにする' というパーティーのコンセプトを基に、A面XTAL(sample_1)はトリップ・ホップ / ダブ→モダンソウル→オルタナティブロック→90sハウス と繋がる、氏のルーツが盛り込まれたドラマチックな展開。B面のGonno(sample_2)は、'昔のミックステープのようなざっくりとした始まり方を意識した'とのことですが、まるでブースでDJを交代したかの様な感覚になる90sハウス引き継ぎでクイックにスタート。心地よいグルーヴが45分ほどキープされ多幸感に満たされながら、終盤は静かな電子音楽→オルタナロックで着地。これは現場で味わいたい。『Sugar』は、このミックステープをリリース後にまずは東京で再開予定とのことです。関東圏の皆様が羨ましい!! (AYAM)

【Gonnoプロフィール】
ジャパニーズ・ハウス/テクノを代表するDJ/プロデューサーとして国内外で活躍。 これまでにInternational Feel、Beats In Spaceなど海外のレーベルを中心に数々の作品を発表し、近年ではベルリンのOstgut Tonより Nick Hoppnerとの共作“Fantastic Planet””Lost”2作のEPをリリースしている。またJeff Millsや石野卓球のリミックス、JUNYA WATANABE MAN FALL/WINTER 2022のコレクションムービーで使用された瀧見憲司とのJamiroquai”Virtual Insanity”のリエディットワークも話題を呼んだ。 2015年にリリースされた2ndアルバム”Remember The Life Is Beautiful”はPitchforkやResident Advisor等の海外メディアでも紹介され、日本のMusic Magazine紙に年間ベストディスクにもランクインされた。 2018年にはドラマー/パーカッショニスト増村和彦とのアルバム”In Circles”で、アシッディかつメロディックなシンセサイザーとアフロ・ビートを通過した生ドラムの実験性の高いコラボレーションを発表。ライブアクトとして現在も精力的に活動している。 その幅広いキャリアから成る物語性溢れるDJプレイは世界各地で評価が高く、ベルリンBerghain12周年(Panorama Bar)やクロアチアDekmantel Selectors等の国外イベントに出演、近年ではヨーロッパ以外にもアメリカ/オセアニア/アジア等へのツアーも精力的に行う。その傍らBoiler RoomやDekmantelPodcast,Dimensions、Beats In Spaceなどのポッドキャストシリーズにも不定期にDJミックスを提供している。

【XTALプロフィール】
95年からDJを開始。川崎工場地帯の某工場屋上にて行われているインダストリアル・レイブ・パーティー「DK SOUND」で、k404とのTraks BoysとしてレジデントDJを務める。バンド(((さらうんど)))、Jintana & Emeraldsのメンバーとしても活動中。2020年5月に最新アルバム『Aburelu』を自らのレーベル「Cizima」よりリリース。


**パーティー「Sugar」について**

まずはこのミックステープの元になっているパーティー「Sugar」について説明させてください。

「Sugar」はDJのGonnoとXTALによるパーティーで、第一回は2019年12月7日に、XTALの地元である長野市はNeon Hallにて開催されました。その後コロナ禍の影響もあり、残念ながら開催できていませんが、このミックステープをリリース後にまずは東京で再開予定です。

Gonno、XTAL共に普段は、House / Techno / Discoなどダンスミュージックを中心にプレイするDJですが、「Sugar」のコンセプトは、そうしたダンスミュージックをプレイするのは勿論、自分たちが好きなあらゆる音楽を恐れずにプレイすることです。同時に、ダンスミュージックのDJとしての感覚を生かし、仮に明確なビートがない曲をプレイするにしても、グルーヴを感じさせるようなセットにする、ということも意識しています。

**パーティー名の由来**

- 90年代アメリカのオルタナティブ・ロックバンド「Sugar」から。前身バンドHüsker Düの話をするファンは多いが、Hüsker DüのBob Mouldが後に結成したこのSugarについて話せる人はお互いに周りにいなかったため、両者が親交を深めるきっかけになった。
- 山下達郎の在籍したバンド「Sugar Babe」より。Gonnoは初めて自分の意志で買った音楽が山下達郎、XTALも山下達郎ファンクラブのメンバーであり、これもお互いの音楽的共通項。
- Gonno、XTALが出演したパーティーに遊びに来た友人が「二人のDJを聴くと脳内にセロトニンが分泌される気がする」と話したことがあり、セロトニン→甘いもの→砂糖という連想から。

そんなパーティー「Sugar」の内容を紹介するべく制作されたのがこの「Sugar Mix Tape Vol.1」です。

**ジャケットイラストについて**

ジャケットのイラストは、イラストレーター[箕輪麻紀子](http://makikominowa.com/)氏が担当。もともとGonno、XTAL両者の出演するパーティーにも遊びに来ていた箕輪氏が、Sugarのコンセプトを、キュートであると同時にワイルドな状況を感じさせるイラストに落とし込んでくれました。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×