menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

シカゴ、デトロイトサウンドのコンパイルなど、ハウスミュージック、ディープハウスのオーソリティとしても知られれる信頼のベテランDJ DEEPと、Roman Poncet名義でも共作してきた近年のパートナー、テクノ〜ハウスシーンを股にかけ活躍しているTRAUMERが2021年にスタートしたTATUMの12インチ。ストックしました。

共に「Batu」というタイトルでの両者のスプリット。DJ DEEPは、エレクトロニックと70s black Jazz、アフロジャズのエッセンスがミックスされていて、電子ピアノな鍵盤、パーカッションを軸に、立体的な音像と、コンプレスされた中低域、厚みのグルーヴがじわじわと効いてくる流石のトラック。TRAUMERサイドは、より音数を絞りながら跳ねたグルーヴ。9分強に渡って展開するジャズ・テックハウス。こちらも長くプレイされそうなトラック。共に現時点でもバイナルオンリーです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.DJ DEEP - Batusample
B1.TRAUMER - Batusample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×