menu & search

1〜3件 / 全3件

< Back   Next >
  • 1

BONNOUNOMUKURO - My Pretty Pad : CD

BONNOUNOMUKURO My Pretty Pad

φonon (JPN)
CD // SPF-009
2160 yen (税込)

関西のエレクトニック・ミュージック・シーンの才能ボンノウノムクロ。1STフル・アルバム。φononからのニューアルバム。

YPYのカセットレーベル〈birdFriend〉以降、ニュートーンでも自主リリースやWOODMANがエディットした音源などなどプッシュしてきたBONNOUNOMUKURO(ボンノウノムクロ)が、〈φonon〉から正規デビューアルバムをリリースです。MPCのサンプラーパッドから奏でる、関西らしいジャンクさとユーモアに、並外れた音への執念が産み出す濃密な音の世界。すごい! (サイトウ)

2019年 φononレーベル第1弾! 『MPCが織りなす騒音たちのタペストリー』
ディストピアの隙間から湧きでる音響子をムーディーなサウンドに紡いできた音の箱庭師「bonnounomukuro (ボンノウノムクロ)」は、神戸~関西を中心にグローカルな活動を続けるソロユニットだ。
2014~18年に制作された大量のトラックから、家口成樹のサポートで選りすぐられた楽曲をCDにパッケージ♪ 粉々に破砕~変調されたサンプルに、煩悩と本能が浸食され、気まぐれな挑発的エレクトロが炸裂する!
2018年初頭に発動した『φonon (フォノン)』は、EP-4の佐藤薫がディレクターを務め、CDメディアを中心にエレクトロニクス/ノイズ/アンビエント──系のアルバム作品をリリースしている先鋭的レーベルだ。
2019年のトップを飾り、平成を締めくくるCDリリースの1枚は、神戸の秘宝 bonnounomukuro (ボンノウノムクロ) の「My Pretty Pad」だ。
家口成樹の監修でφononよりリリースされたコンピレーション・アルバム「Allopoietic factor」への参加も記憶に新しい bonnounomukuro は、それまでにも日野浩志郎(YPY/goat)の birdFriend や虹釜太郎の ICERICE などのレーベルから、カセット/CD-R/データ配信──各種のフォーマットで多くの作品をリリースしてきた。
本作にも家口成樹をサポートに招き、未発表/新作合わせて13時間以上に及ぶ音源からセレクトされたという"だいたい妄想"の13トラックをCDパッケージに収録。
神戸某所の秘密のアジトに用意されたコックピットに座るだけで自動生成されるという、音と音楽の隙間に増殖する「軽み」と「細み」のギミック・グルーヴ……。初見はサイコパス(?)、その実態はゆるキャラ系(?)というbonnouワールドは、電子音のダイバーシティを体感させてくれる類い稀な空間である。

ライナーノーツ・家口成樹
ジャケットデザイン・MATERIAL

『後で評価されるんじゃなくて今発見してくれ! 』(日野浩志郎)

RECOMMENDED再入荷

Singū-IEGUTI - Diffraction : CD

Singū-IEGUTI Diffraction

φonon (JPN)
CD // SPF-006
2160 yen (税込)

『太古によみがえる未来のトリオ! 光も歪む、珠玉のノイズ・アンビエント』 佐藤薫(EP-4)監修による新レーベル「φonon (フォノン)」発動第三弾。PARA、EP-4 [fn.ψ]などで活躍する関西アンダーグラウンド・シーンの最重要人物・家口成樹が、広島県在住の兄弟エクスペリメンタル・ユニット"Singū" (シングー)と合体したプロジェクト"Singū-IEGUTI"のファースト・アルバム。

BASSO主宰の〈GROWING BIN RECORDS〉からデビューした、広島を拠点に活動する自然派音楽家/スペース・ギタリストKETA RAと、彼の兄KIYOによるインプロセッション・プロジェクト「singū」と、家口成樹のコラヴォレーション。〈φonon〉からのアルバム「Diffraction」、ストックしました! (サイトウ)

新レーベル「φonon (フォノン)」は、EP-4の佐藤薫が80年代に立ち上げたインディー・レーベル《SKATING PEARS》のサブレーベルとして2018年2月に始動。SKATING PEARSは当初カセットテープ・メディアを中心に多彩な作品をリリースしてきたが、φononは佐藤薫のディレクションによって主にエレクトリック/ノイズ系の作品を中心にリリースする尖鋭的なレーベルだ。 第三弾にラインナップされたCDの1枚は、EP-4 [fn.ψ]で佐藤薫とパートナーを組むシンセ/キーボード奏者で、ラップトップ・アーティストでもある家口成樹が、広島県在住のKIYO (drums)とKETA RA (guitar)の兄弟からなるエクスペリメンタル・ユニットSingūと合体したトリオ・プロジェクトSingū-IEGUTIの『Diffraction』。ファースト・アルバムとなる本作には、ユニークな音楽感性をもつ家口らしい穏やかで知的なアプローチと、プログラミングやエレクトロニクスのほかギターやドラムなど生楽器も取り込むSingūの柔軟性が織りなす、美しく精緻でアンビエント~エレクトロニカ色の濃い10曲を収録。2016年から17年にかけて行われた数回の即興演奏をもとに制作された。

▼ Tracklisting



RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Allopoietic Factor : CD

VARIOUS Allopoietic Factor

φonon (JPN)
CD // SPF-003
2160 yen (税込)

佐藤薫(EP-4)監修による新レーベル「φonon (フォノン)」発動第二弾。山本精一のPARA、自身のソロ・プロジェクトkruispuntなどで活動するほか、佐藤薫とEP-4 [fn.ψ]でも活動する家口成樹が編纂した10組のアーティストによるエレクトロ・コンピレーション!

家口成樹氏監修のもと関西のオルタナティヴなシーンのコンピレーション。こうやって形になると改めて関西シーンの先鋭の現在の充実ぶり、奥深さを感じます。海外に負けてない。今聴くべきと思います。遅ればせながらストックしました! (サイトウ)

■レーベル第二弾となる2セットの1枚にラインナップされたのは、シンセ奏者/サウンド・クリエイター/プロデューサーの家口成樹が選曲/編纂したコンピレーション・アルバム。PARAやEP-4、自身のソロ・プロジェクトkruispuntなどで活動する寡黙なる男が、その鋭い触覚で国内エレクトロ系アーティスト10組をチョイス。

若手からベテランまで含めたその10組のアーティストは──ZVIZMO/TURTLE YAMA/bonnounomukuro/Singū-IEGUTI/Yuki Hasegawa/4TLTD/Natiho Toyota/black root(s) crew/Radio ensembles Aiida/EP-4 [fn.ψ]──(収録順)

『Bluetooth=青い歯に噛み付かれたヘッドフォンを通して、あなたの身体にあらたな回路が繁殖してゆく音が聴こえる……大谷能生』

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

1〜3件 / 全3件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×