menu & search

1〜6件 / 全6件

< Back   Next >
  • 1

UNKNOWN ARTIST ‎ - Thelma Hous / Leave Me This : 12inch

UNKNOWN ARTIST ‎ Thelma Hous / Leave Me This

BITTER END (UK)
12inch // GALL009
1790 yen (税込)

UKブリープのレジェンド・DJ PARROTによるブートレッグ・プロジェクト<BITTER END>の最新作は、フィリーとモータウンが出会ったTHELMA HOUSTONによる屈指の名曲カヴァー”Don't Leave Me This Way”のキラーリエディット!

いわずと知れたフィリー・ディスコの至宝・HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTESが、TEDDY PENDERGRASSとジョイントしてGAMBLE & HUFFのプロデュースでリリースした超名曲”Don't Leave Me This Way”のカヴァーで、IDJUT BOYSやNICK THE RECORDもいまだにプレイするモータウンソウルの女王・THELMA HOUSTONによるヴァージョンをブート・リエディット!重量感たっぷりに震わせるベースグルーヴ、ダークな雰囲気で中毒性の高いモダン・ブリープに仕上げた”Thelma Hous”と、原曲の後半部分のランニング・パートを長尺エクステンドした”Leave Me This”の2バージョンをカップリング! (DNT)

RECOMMENDED再入荷

UNKNOWN ARTIST - INCAPABLE : 12inch

UNKNOWN ARTIST INCAPABLE

BITTER END (UK)
12inch // GALL005
1790 yen (税込)

〈WEST END〉のパロディ・ロゴマークでお馴染み、MOONBOOTSが仕掛けるバレアリック専科〈AFICIONADO〉のリエディット・セクション〈BITTER END〉の第5弾、諸問題あってお蔵入りの欠番となっていた1枚がプレスされた模様。

UKブリープのレジェンド・DJ PARROT a.k.a. CROOKED MANのブートレッグ・プロジェクトというのが発覚した<BITTER END>シリーズの5作目。某UKベテラン女性ヴォーカリストと思しき”Incapable”(sample1)、ヘヴンリーなエコーがかったギターの湯加減いい塩梅なトロピカル・バレアリックな”Princess”(sample2)、しなやかなジャジー・インストゥルメンツの芳醇なスペースジャム、アープ・シンセで覚醒する至高のサイケデリック・ディープハウス”Feeling You Feeling Me”(sample3)、バラエティ豊富でお得な3トラック収録! (DNT)

RECOMMENDED再入荷

UNKNOWN ARTIST ‎ - ITCHICRICKITCH / PRINCESS (ASCENSION) : 12inch

〈WEST END〉のパロディ・ロゴマークでお馴染みの<BITTER END>レーベル第10弾リリース!

SWEET EXORCISTの片割れとしても知られる、UKブリープのレジェンド・DJ PARROT a.k.a. CROOKED MANによる覆面と噂されている<BITTER END>の最新作!”Don't Leave Me This Way”ネタのエディットに続いて、今回もクレジットはないですが、まさにDJ PARROTな仕上がりの、発色のいいブリープベースと蛙のケロケロ&ブラックマン・シャウトを組み合わせたモダンUKハウスな”Itchicrickitch”(sample1)と、お蔵入りの欠番となっていた当レーベル005番に収録のAA2”Princess”をアップデートしたアセンション・バージョン”Princess (Acsension)”(sample2)をカップリング。 (DNT)

RECOMMENDED新入荷

UNKNOWN ARTIST - Dimension Extension / Be There Again : 12inch

〈WEST END〉のパロディ・ロゴマークでお馴染み、MOONBOOTSが仕掛けるバレアリック専科〈AFICIONADO〉のリエディット・セクション〈BITTER END〉の第7弾。

表向きにアンノウン・アーティストと名伏せられていますが、正体は初期〈WARP〉で活躍した、CABARET VOLTAIREのオリジナルメンバー・RICHARD H. KIRKとのユニット・SWEET EXORCISTの片割れとしても知られる、UKブリープのレジェンド・DJ PARROT a.k.a. CROOKED MAN。〈STUDIO ONE〉のバックバンド・THE SOUL VENDORSもといSOUND DIMENSIONのクラシックス”Granny Scratch Scratch”をタフなビートでリワークした”Dimension Extension”、NORMAN CONNORSのカバーやTHEO PARRISHのプレイでもカルトな人気のオーストラリア産のブルーアイド・レディーソウル・RENEE GEYERの'77年作”Be There In The Morning”をリエディットした”Be There Again”の強力カップリング! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

V.A. - The Bitter End EP : 12inch

V.A. The Bitter End EP

BITTER END (UK)
12inch // GALL 001
---- yen (税込)

used

〈AFICIONADO〉から〈WEST END〉パロディーラベルも気になるフリーク・エディット!この感じあのUKレジェンド仕事?!

Moonboots等によるバレアリック専科〈Aficionado〉からエディットラインが派生!〈Bitter End〉という名のこのレーベル、ラベルからして〈West End〉のパロディーなのは言うまでもないんですが中身がとんでもない。LOOSE JOINTやWest End関連のディスコネタを使用しながらもフリーキーでエレクトロニックな音処理で軽く壁を飛び越えちゃった感アリ。誰がやってるかは不明なのですが反復するズレた電子音が狂った調子のB2「Patti Bell」とかまんまCrooked Manな気がするんですが…(※B-sideキズあり。音に支障はございません)

盤質(Condition) : VG/SLEEVE:VG+

V.A. - The Bitter End EP : 12inch

V.A. The Bitter End EP

BITTER END (UK)
12inch // GALL 001
---- yen (税込)

〈AFICIONADO〉から〈WEST END〉パロディーラベルも気になるフリーク・エディット到着!この感じあのUKレジェンド仕事?!

Moonboots等によるバレアリック専科〈Aficionado〉からエディットラインが派生!〈Bitter End〉という名のこのレーベル、ラベルからして〈West End〉のパロディーなのは言うまでもないんですが中身がとんでもない。LOOSE JOINTやWest End関連のディスコネタを使用しながらもフリーキーでエレクトロニックな音処理で軽く壁を飛び越えちゃった感アリ。誰がやってるかは不明なのですが反復するズレた電子音が狂った調子のB2「Patti Bell」とかまんまCrooked Manな気がするんですが… (TETSUO)

RECOMMENDED

1〜6件 / 全6件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×