menu & search

161〜180件 / 全226件

< Back   Next >

JEE JEE BAND - Glass Fish : CD

JEE JEE BAND Glass Fish

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1138CD
1944 yen (税込)

アジアン・ポップとオルタナ・ロックの融合!?! 米・韓・カンボジア混合のLo-Fi/DIYゆるふわポップ、ジー・ジー・バンド初フィジカル版アルバム!

ジー・ジー・バンドは2013年に釜山にて、マサチューセッツ出身の画家、マット・ジョーンズと釜山生まれのジー・ユン・リムによって結成されたバンドで、メンバーを固定しない流動的な編成をもつ。初のフィジカル版アルバムとなるこの『グラス・フィッシュ』の収録曲は、iPhone、ベッドルーム、スタジオと環境も場所もバラバラで制作され、録音に顔を出す面子はセバドーのボブ・フェイやYod Tapesのジョン・モロニー等のマサチューセッツ人脈。「マサチューセッツといえば、われらがKレコーズの所在地であるオリンピアと並ぶ、インディー/ロウファイの聖地」(解説より)。彼らに宿るDIYインディー魂が北米圏を飛び出し、東アジア文化を飲み込んで一層くだらなくパワーアップし、最新鋭のゆるふわ脱力感を供給する。

解説は織田一弘氏(VOX MUSIC)とByron Coley先生!

RECOMMENDED

SYNTOMA - Syntoma : LP

SYNTOMA Syntoma

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1134LP
2700 yen (税込)

「マートックに続き持田保先生(インダストリアル本著者)の選曲&解説で贈る、80sメキシカン・アンダーグラウンド草分けバンド、偉大なるシントマの活動を讃える作品集。ピコピコ・ラテン・シンセ・パンク、全曲メヒコ国外初登場!」

「ヴァセリンズがペヨーテ食べてサボテンブラザーズ化したようなキ・ラ・メ・キ・ポップチューンから、アステカ帝国時代への郷愁すら感じさせる哀愁ラウンジまで、KORGシンセサイザーとドラムマシンで突っ走る様はオリジナリティ過剰!」 持田保

「国民革命党の独裁体制化、若いもんが音楽をやるだけで血を見た70年代から活動するアレックス・アイス&ドリンク(本名アレックス・アイセンリング)が、メキシコ通貨危機のさなかの80年代初頭、シンセとドラムマシーンに熱情と怒りをぶつけ解放したのがシントマだ。シントマはアレックスと彼の妻シンシア・ナパーム、友人ベルナルド・ゴンザレスの3人組。アングラ臭漂うオーヴァードーズ感覚のエレクトロと、シンシアが怒ってまくしたてるラテン訛りメロディーのヴォーカルを、治安悪化の一歩をたどる乾燥しきったメヒコで放出。このバンドに影響され、メキシコで自主制作インディーとアンダーグラウンド・シーンが出現することに。本作は彼らのアルバム/シングル/未発表曲からコンパイル。CD 版はボーナス2 曲。幸運にも現存していたマスターテープ音源を元にマスタリングで高音質保証。」 EM RECORDS

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

SYNTOMA - Syntoma : CD

SYNTOMA Syntoma

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1134CD
2484 yen (税込)

「マートックに続き持田保先生(インダストリアル本著者)の選曲&解説で贈る、80sメキシカン・アンダーグラウンド草分けバンド、偉大なるシントマの活動を讃える作品集。ピコピコ・ラテン・シンセ・パンク、全曲メヒコ国外初登場!」

「ヴァセリンズがペヨーテ食べてサボテンブラザーズ化したようなキ・ラ・メ・キ・ポップチューンから、アステカ帝国時代への郷愁すら感じさせる哀愁ラウンジまで、KORGシンセサイザーとドラムマシンで突っ走る様はオリジナリティ過剰!」 持田保

「国民革命党の独裁体制化、若いもんが音楽をやるだけで血を見た70年代から活動するアレックス・アイス&ドリンク(本名アレックス・アイセンリング)が、メキシコ通貨危機のさなかの80年代初頭、シンセとドラムマシーンに熱情と怒りをぶつけ解放したのがシントマだ。シントマはアレックスと彼の妻シンシア・ナパーム、友人ベルナルド・ゴンザレスの3人組。アングラ臭漂うオーヴァードーズ感覚のエレクトロと、シンシアが怒ってまくしたてるラテン訛りメロディーのヴォーカルを、治安悪化の一歩をたどる乾燥しきったメヒコで放出。このバンドに影響され、メキシコで自主制作インディーとアンダーグラウンド・シーンが出現することに。本作は彼らのアルバム/シングル/未発表曲からコンパイル。CD 版はボーナス2 曲。幸運にも現存していたマスターテープ音源を元にマスタリングで高音質保証。」 EM RECORDS

▼ Tracklisting

TAMAM SHUD - Evolution : CD

TAMAM SHUD Evolution

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1069CD
2484 yen (税込)

EM RECORDSが送る60年代末から70年代にかけて存在したオーストラリアのサーフ・シーンに纏わる音楽シーンの発掘シリーズ水中シリーズ!

『ポール・ウィティグ監督による60年代サーフ・ムービー古典『エヴォリューション』使用楽曲(*単独サントラ盤は存在しない)を軸に構成されたタマムシュッドのファースト・アルバム。1969年作。本物のサーファーで構成されたオーストラリアのアシッドロック・バンドであり、ひたすらディープにインタープレイを繰り広げる。
 ボーナストラックにはアルバム未収のEP盤「Bali Waters e.p」(1970年作)を収録。ゆったりとうねる大波のような「Bali Waters」はタリーのリーダー、リチャード・ロックウッドが参加した傑作インスト・チューン。オリジナル・ジャケット仕様。』

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

T.R. MAHALINGAM - Mali : Essential Recordings of Carnatic Bamboo Flute, 1969-70 : 2LP

EM RecordsとMeditations(京都)がタッグを組んだ、2010年最強。霊的合同リリース!

「マリ」の愛称で親しまれた、南インド古典音楽竹笛奏者T.R.マハリンガムの貴重な音源をEM RecordsとMeditations(京都)が共同でリリース。ラモンテ・ヤングもフェイバリットにあげた究極の霊的サウンド。アナログは見開きスリーヴ2枚組LTD。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

ALICIA BAY LAUREL - Music from Living On The Earth : LP

発表15周年記念初のアナログ化!名著、『地球の上に生きる』の作者が送る、一冊の本のように素敵なSSWアルバムです!

970年の出版以来、世界中で読み継がれる生活の書『地球の上に生きる(Living On The Earth)』。本作は、著者のアリシア・ベイ・ローレルが同書の音楽編として作ったファースト・ソロ・アルバムで、 あのジョン・フェイにギターの手ほどきを受け1960年代後半から70年代にかけて作曲し演奏し続けてきた自作曲を2000年に録音して発表したものです(※エム・レコードの日本盤CDは現在廃盤)。『地球の上に生きる』の手書き文字とイラストで表されたあの愛らしさと素朴な味わい、そしてメッセージを、そのままシンガー・ソングライター作品に移し替えた世界で、本と同じように末永く付き合いたい作品です。本をお読みでない方へも、もちろんお薦め致します。

発表15周年を記念してリリースされるこのLP版では、作者のアリシア・ベイ・ローレルを含め、多くの方々に喜ばれた日本盤CDの仕様を引き継ぎ、英語原詩と日本語訳詩を掲載します。また、今回は特別にアリシア・ベイ・ローレルによる書き下ろしストーリーをライナーに掲載し、音楽版『地球の上に生きる』の秘密が明かされます。

RECOMMENDED

JOHN GIBBS AND THE U.S. STEEL ORCHESTRA - Trinidad (Disco Mix) : 12inch

Disco Classic ! なんとHair Stylistics (中原昌也) リエディット!初回盤は、中原昌也氏によるイラストジャケです!

スティールパン・キラーディスコとして名高いJOHN GIBBSの「Trinidad (Disco Mix)」未発表ヴァージョンがEM RECORDSから再発!なんとHair Stylistics (中原昌也)のリエディット収録です!!オリジナルの爽快感を全く排除し、ロウなビートから、カットアップ・エレクトロ、ユニークな謎の盛り上がりをみせる。ズタズタなんだけど絶妙にディスコ感がちゃんと残されていて、へっぽこ・ストレンジいい味だしてます。ジャケの画もいいですね。 (サイトウ)

▼ Tracklisting


RECOMMENDED再入荷

JOHN GIBBS AND THE UNLIMITED SOUND OF STEEL ORCHESTRA - Steel Funk : CD

GARAGE CLASSICS「Trinidad」やHARVEY以降の世代にも愛されてきた「J'Ouvert」(sample_1)で知られるトリニダッドトバコ出身のJOHN GIBBSのフィリーディスコ傑作アルバム再発+α!

JOHN GIBBS のアルバム、ミキシング/エディット/ダブの魅力を味わえるダブ・ディスコ・ファン必須の名曲「J'Ouvert」のLou DeLiseによるゆるぎのない名リミックスも追加収録したアルバム再発!ジャケは 2YANGによる模写アートも味です! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

陰猟腐厭 - 抱握 : CD

陰猟腐厭 抱握

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1125CD
2268 yen (税込)

何かを超越した得体の知れない怪しさとカッコよさ。ポストポンク時代に横浜に現れた異端トリオ、陰猟腐厭(いんりょうふえん)の録音から発表まで29年を費やした衝撃の<新作>!
RECOMMENDED再入荷

DAVID ROSENBOOM - Brainwave Music : CD

『脳波の音楽』デッドストック!

アメリカの前衛音楽、実験音楽のパイオニアにして大学教授というデヴィッド・ローゼンブーム。一曲目なんか徐々に瞑想に入っていってアルファー波が開きまくる状態を記録電子音に変換。電子ドローンなんですが、これが異常に心地よい、驚異のサウンド! (サイトウ)


『実験・電子音楽家、デヴィッド・ローゼンブームの名を後世に刻む『脳波の音楽』(1976年発表)。これまで1曲のみ断片的にCDになっていたものを、本来の曲目とカッコ良すぎオリジナル・ジャケットで完全CD化。瞑想状況下の脳波を麻酔的トリップ倍音に電子変調したディープ・サイケデリック白昼夢作品「Portable Gold and Philosophers" Stones」、覚醒時の脳波をトリガーとしてテキスト素材を操作する音声コラージュ作品「Chilean Drought」、脳波とピアノのマジカルな二重奏「Piano Etude I」、そして初登場作品「Four Lines」を作者の意向で追加し、これをもってローゼンブームの探究したバイオフィードバック禅の環は閉じられる。実験音楽でも傑出した試みを貴重写真を交えた解説と併せて構成する2006年エディション。難しいものではありません。調和と可能性を追求するロックな精神を宿した作品です。』

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NICOLAS COLLINS - Devil's Music : 2CD

NICOLAS COLLINS Devil's Music

EM RECORDS (JPN)
2CD // EM1086CD
---- yen (税込)

used

EM RECORDS!ヴィラロボスもこんなのかけたら面白いのに!

ジョン・オズワルドも影響を受けたというNICOLAS COLLINS。アウトサイダーなミュージック・コンクレート、ミニマル・ミュージック!ATOM TMや最近のCARL STONEみたいな事を、サンプラーAMラジオ等を使ったDIYなアティチュードで、なんと80年代に既にやっていた!展開とか絶妙でほんと驚きです。ライナーノーツ、体裁も素晴らしいEM RECORDS渾身のリリース!!!
*帯、ライナーノーツありません。


当時のヒップホップDJに着想を得て、AM・FMラジオ放送を非合法サンプリングし回路内で次々とハッキング。容赦なくぶった切られたサンプリング音源が神経症的に突っ走る猛悪実験作品『デヴィルズ・ミュージック』!!!!
 高価な機器を一切用いず、ポータブルラジオを「世界で最も安価かつ強力なシンセサイザー」と捉え、独自のセッティングを施したサンプラーとデジタル・ディレイにつなげ、ループを組みながら演奏を展開。すると機材がぶち壊れたように音が反乱し暴走する!

 作品にはヒップ・ホップのサンプリング・テクニックがリズム面に顕著に表れており、出音でいえばターンテーブリストの始祖、あるいは「(スティーヴ)ライヒが疲れ果てた(フィリップ)グラスに出会う」(作家談)という趣ももつ。大作指向の作家やポピュラーミュージックを挑発するかのような元祖<回路内サンプリング音楽>といえるが、これがなんと1985年の録音とは!

  ※2001年にフィリップ・シャーバーンは『デヴィルズ・ミュージック』を「テクノのための初期の鋳型」とよんでいる。
 本作は「Devil's Music」オリジナルLPの音源に、その"リミックス"版とされる「Real Landscape」(87年作)と、発展型である「The Spark Heard ‘Round The World」(未発表曲)を追加した2枚組デラックス版。CD版にはエクストラ・プログラムとして「Devil's Music」を自ら実験できる最新ソフトウェア版(Mac/Win対応)と貴重な1987年のライブパフォーマンス映像も追加収録。LP版は見開きジャケットの2枚組仕様。』
▼ Tracklisting

盤質(Condition) : VG+/SLEEVE:VG+

NICOLAS COLLINS - Devil's Music : 2LP

NICOLAS COLLINS Devil's Music

EM RECORDS (JPN)
2LP //
---- yen (税込)

used

ヴィラロボスもこんなのかけたら面白いのに!アウトサイダー・ミニマルの極北!

ジョン・オズワルドも影響を受けたというNICOLAS COLLINS。アウトサイダーなミュージック・コンクレート、ミニマル・ミュージック!ATOM TMやCARL STONEみたいな事を、サンプラーAMラジオ等を使ったDIYなアティチュードで、なんと80年代に既にやっていた!展開とか絶妙でほんと驚きです。ライナーノーツ、体裁も素晴らしいEM RECORDS渾身の2009年リリース作!


当時のヒップホップDJに着想を得て、AM・FMラジオ放送を非合法サンプリングし回路内で次々とハッキング。容赦なくぶった切られたサンプリング音源が神経症的に突っ走る猛悪実験作品『デヴィルズ・ミュージック』!!!!
 高価な機器を一切用いず、ポータブルラジオを「世界で最も安価かつ強力なシンセサイザー」と捉え、独自のセッティングを施したサンプラーとデジタル・ディレイにつなげ、ループを組みながら演奏を展開。すると機材がぶち壊れたように音が反乱し暴走する!

 作品にはヒップ・ホップのサンプリング・テクニックがリズム面に顕著に表れており、出音でいえばターンテーブリストの始祖、あるいは「(スティーヴ)ライヒが疲れ果てた(フィリップ)グラスに出会う」(作家談)という趣ももつ。大作指向の作家やポピュラーミュージックを挑発するかのような元祖<回路内サンプリング音楽>といえるが、これがなんと1985年の録音とは!

  ※2001年にフィリップ・シャーバーンは『デヴィルズ・ミュージック』を「テクノのための初期の鋳型」とよんでいる。
 本作は「Devil's Music」オリジナルLPの音源に、その"リミックス"版とされる「Real Landscape」(87年作)と、発展型である「The Spark Heard ‘Round The World」(未発表曲)を追加した2枚組デラックス版。CD版にはエクストラ・プログラムとして「Devil's Music」を自ら実験できる最新ソフトウェア版(Mac/Win対応)と貴重な1987年のライブパフォーマンス映像も追加収録。LP版は見開きジャケットの2枚組仕様。』
▼ Tracklisting

盤質(Condition) : VG+/SLEEVE:VG+

KUUPUU - SOUS JUJU : 2CD

KUUPUU SOUS JUJU

EM RECORDS (JPN)
2CD // EM1111
2940 yen (税込)

北欧の天才アヴァン女子!クープーことヨナ・カランカのデビュー作から最新作まで10周年ベスト・コレクション!

「クープーはフリーフォーク・ブーム真っ只中の2000年代初頭に十代でデビューし、個性的なアーティストのひしめくフィンランドの中でも突出した才能で世界を驚かせた。姿勢・作風は一貫して実験性の高いものでありながら、現代最前線ポップとしても成立(その点でかつての暴力温泉芸者を彷彿とさせる)。

彼女は全くの独学で音楽を始めているが、最初から<エレクトロアコースティック>である点が重要で、新しいポップ・ミュージックの担い手として、ニューミュージック作家としての評価は世界でも揺るぎない。音楽のみならず、画家・オブジェ作家としても才能を発揮するマルチ・アーティストだ。

音楽作家としては既に通算で十数枚のリリースがあるのだが、大半がハンドメイド/極少部数制作のカセットやCDRの自主流通ゆえ最初から入手が難しく、よほど熱心なリスナーでない限り全容がつかめなかった。特に日本では長らく未発売であったためかなりの時差がある。

本コレクションは2003年のデビュー作を含む入手困難な初期作品から、未発表曲、最新アルバム『シーサー (Sisar)』[EM1112LP]のリミックスまで新旧あわせた全31曲を収録し、各曲への作家自身の解説も掲載(貴重!)。初体験者からコアなファンまで、クープーを知るための最良の1枚である。

本作のディスク1には「暗がりにある暖かい有機的質量」(Pitchfolk)と評され、フリーフォークと冠されていた初期の作品を収録。ディスク2ではテープ編集、エレクトロニクスを取り入れ、作風が刻々と進化して行く現在までの状況がわかる。」※本作タイトル『スース・ジュジュ』は魔術師の弟子(あるいは魔除けの守り)といったニュアンスの英語の造語。

▼ Tracklisting

JOHN GIBBS AND THE UNLIMITED SOUND OF STEEL ORCHESTRA - Steel Funk : LP

GARAGE CLASSICS「Trinidad」やHARVEY以降の世代にも愛されてきた「J'Ouvert」(sample_1)で知られるトリニダッドトバコ出身のJOHN GIBBSのフィリーディスコ傑作アルバム再発+α!

JOHN GIBBS のアルバム、ミキシング/エディット/ダブの魅力を味わえるダブ・ディスコ・ファン必須の名曲「J'Ouvert」のLou DeLiseによるゆるぎのない名リミックスも追加収録したアルバム再発!ジャケは 2YANGによる模写アートも味です! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

CORKY CARROLL & FRIENDS - Laid Back : CD

CORKY CARROLL & FRIENDS Laid Back

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1093CD
2376 yen (税込)

EM RECORDS、UNDERWATERシリーズ第6弾!

これは素晴らしいでしょう!モノホンサーファー謹製!スヌープとは間逆のウエストコーストレイドバックに脱帽ならぬ脱力(チルアウト)!コーキー・キャロルの特別書き下ろしライナー収録。CD版は見開き仕様。 (住友)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PIP PROUD - A Fraying Space : LP

PIP PROUD A Fraying Space

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1121LP
2700 yen (税込)

パンク・ロッカー出現以前にパンク・ロッカーでいること、あるいは、平和というメッセージに冷笑的な意味を含ませるヒッピーを想像してみよ。それは1960年代のシドニーで、メディアとその偽善性をののしり、全ての偽りを切り崩す音楽を作ったピップ・プラウドのようになることに他ならない。(デヴィッド・ニコルズ、解説文より抜粋)
▼ Tracklisting

RECOMMENDED

INRYO-FUEN - Early Works 1980-82 : LP

INRYO-FUEN Early Works 1980-82

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1127LP
2700 yen (税込)

陰猟腐厭『初期作品集 1980-82』。

『1978年結成、先日29年ぶりの新作『抱握』[EM1125CD]を発表した横浜の即興トリオ、陰猟腐厭(いんりょうふえん)は、日本の地下音楽シーンですら極左・異端の存在であるが、その由縁が本コレクションで徹底的に開示される。こんなバンド、当時そして今も他にいるだろうか? 「シュールレアリスムの”自動記述”の音への転換」という発想が出発点である彼らは、東京/横浜アンダーグラウンド・シーンで活動し、1980年〜82年にかけ精力的に録音を行い、3作品を発表した。この『初期作品集』はそれら諸作全てをマスターテープから起こし直し、編集カットされた未収録部分も拡大収録し、高音質でリマスターした決定版である。また、今回の発売にあたり、『妥協せず』以外の5作品に初めて“曲名”を付けた(理由は作品解説参照)。』

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

BHARAT KARKI & PARTY - International Music : LP

BHARAT KARKI & PARTY International Music

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1088LP
---- yen (税込)

インクレディブル・インディアン・ファンク!

EM RECORDSから遂に出ました、70sインドもの!インド人がムーグ使ってるってだけでも驚きですが、超絶ドラミングとパーカッション、リバーブががったベースの産み出すやんちゃなグルーヴに完全ノックアウト。スゲー!ハンドパワー出まくりのサイキック・ジャケも含めて、 謎すぎる珍盤!! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

161〜180件 / 全226件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×