menu & search

1〜1件 / 全1件

< Back   Next >
  • 1

VARIOUS - KING COYA, CHANCHA VIA CIRCUITO... - El Camino De Leda - A Tribute To A Leda Valladares (1919-2012) : 2LP

ZZK周辺のモダン・フォルクローレのアーチストによるアルゼンチン・フォールクローレの民俗音楽研究家LEDA VALLADARES (レダ・バジャダーレス)へのトリビュート・アルバム。みんないいし、KING COYAの天才ぶりに嬉しくなる。躍動、リズム、ミックスワーク...ディレイの残しかたとか、ディテールもどこまでも最高。レーベルと交流のあるSHHHHHにコメントもらいました。

“エレクトリック・フォルクローレ”の最新レポート。

アルゼンチンのfertil discosというレーベルがあります。
チャンチャ(ビア・シルキート)、ニコラ・クルス以降を感じさせるプロダクションと、ブエノス郊外でislaという小さなエレクトリック・フォルクローレのフェスティバルを展開している、サン・イグナシオ。そして、ZZK Recordsからもアルバムを出している、El Remolonらによるレーベルです。

この度、彼らがアルゼンチンの伝説的フォルクローレ蒐集家、レダ・バジャダーレスのトリビュートアルバムを発表しました。

シーンのパイオニアであるチャンチャやキングコヤの新曲。ZZKからも作品を出してたトレモールとフォルクローレ歌手ソエマ・モンテネグロのデュオ、次世代でも飛び抜けている女性トラックメイカー、バルダ。レーベル創始者イグナシオ、ジン・ジェレイ、個人的にも期待なウジといった次世代のエレクトリック・フォルクローレのメンバーが勢ぞろいです。参加メンバーはおそらく全員アルゼンチン人。

Voodoohopのような、奇々怪界南米欧州サイケデリックのスロー・ハウス/テクノ風味よりは、”エレクトリック・フォルクローレ”というジャンル名がどうやら確立されたブエノスアイレスからの最新のリポート。

参考記事(英文)
https://daily.bandcamp.com/2019/01/09/electronic-folklore-list/

レダ・バジャダーレスが蒐集していた名もなき人々の土着の歌。フォルクローレのミスティックで霊的な音像をそのままに、2019年のいま、この音をダンスミュージック風にアップデートして提示する彼らのメッセージを感じてください。

昨年Spiral Recordsから発表された、シルビア・イリオンドのレダ・バジャダーレスのトリビュート作と聴き比べてもいいかもです。

余談ですが、今作は昨年ミナス・ジェライスの奥地で執り行われたVoodoohopで宿が同室で仲良くなった、サン・イグナシオからのお願いでディストリビュートを担当してます。部屋割りしたトーマッシュの勘というかなんというか、、、自分が平日所属する会社で諦めかけたアルゼンチン音楽作品の紹介(レダ・バジャダーレスのCDも輸入してましたよ。)をこういう形でまたできるとは嬉しいです。(Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

1〜1件 / 全1件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×