menu 検索する ×閉じる

1〜20件 / 全44件

< Back   Next >

VARIOUS - Soul Sega Sa ! Vol.2 Indian Ocean Segas From The 70's : LP

最高!アフリカ大陸東、インド洋に浮かぶ島々(モーリシャス、レユニオン、セーシェル)アイランド・ミュージック集、大好評のシリーズVol.2です。

500年前には誰もいなかった無人島にヨーロッパからは移住者マダガスカルやアフリカ本土からは奴隷が持ち込まれ、パーカッションと歌、踊りでプランテーション労働の疲れを癒してたのが原風景。そこから発達したのがこのセガというこの島々の音楽。インド航路の真ん中だったためにレコード時代にはジャズ、ソウル、ロックンロール、さらにはキューバやブラジルの音楽までも入ったそうです。さらにエレキ・ギターやエレピも導入され、この混血としか言いようのないごった煮サウンド集が出来上がりました。妙に熱いけど抜けの良さともってかれるポリリズムはやっぱり島音楽だからでしょうか。ラジオ的にトリップできる曲並びもいいです。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CHOUK BWA & THE ANGSTROMERS - Vodou Ale : LP

これは使える!ハイチといえばのアフロ・カリブのブードゥー教のポリリズムとダブ・エレクトロニクスの融合したプロジェクト。

シュク・ブワは、ゴナイヴェ地方出身のメンバーを中心に結成されたミジック・ラシンを演奏するグループ、そのゴナイヴェ地方はヴードゥーの聖地だそうで、その儀式やコミュニティで演奏される音楽にベルギーのダブユニット、THE ANGSTROMERSのエレクトロニクスが絡みます。余計なフュージョンはせず、コール&レスポンスとポリリズムの嵐にダンスミュージック・フレンドリーなBASSが抜き差し。DJセットに組み込めそうな危ない曲満載、さらにEDITもしたくなるような、、なかなか摩訶不思議で想像力を掻き立てる楽曲集。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Vodou Ale
A2.Move Tan
A3.Odjay - Nati Kongo
A4.Rårå
B1.Sali Lento
B2.Kay Marasa Dub
B3.Peleren
B4.Negriye
B5.Fidelite

RECOMMENDED再入荷

MADALITSO BAND - Wasalala : LP

MADALITSO BAND Wasalala

LES DISQUES BONGO JOE (SWI)
LP // BJR029
2690 yen (税込)

これも珍しやアフリカの小国のマラウィの2人バンドMADALITSO BAND、スーパー長閑な快活サウンド!Nyege Nyegeのリスナーもこのあたり押さえてください。

楽器を買う金がなくての自家製の1弦スライドベース、4弦ギター、牛革のフットドラム、そして2人の豊かな声のハーモニー、すばらしや。2017年にザンジバルの音楽フェスティヴァル、サウティ・ザ・ブサラ(Sauti Za Busara)に参加し話題になり、ヨーロッパのフェスでも大いに受けたとか・屈託のないグルーヴはNyege Nyegeの元ネタ的でもあります。EDITなんかも良さそう。理屈抜きの豊かなオーガニック・アフロ・グルーヴ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RUSTEM QULIYEV - Azerbaijani Gitara : LP

これは珍しい!アゼルバイジャンのギター・レジェンドの録音集1999-2004。異形のアラビック・ギター、、このアクが癖になります。ワールドミュージックのベテラン筋にも絶賛の盤が入荷です。

ジョージアの東、東ヨーロッパと西アジアの交差点に位置する位置するアゼルバイジャンの音楽!ってもすぐ浮かびませんが、このRUSTEM QULIYEVはご当地のギター・レジェンド。1969年生まれ、7歳で伝統撥弦楽器サズを弾くようになる。ロシアでのソ連兵役中にギターと出会い、アゼルバイジャンに戻ってからはすぐにギタリストとして有名に。1990年代初頭、カラバフ紛争の影響で故郷を追われ首都バクーに移住しそこで彼のギター演奏が開花。テレビに出演したり地元の小さなレーベルから数多くのカセットテープを録音。Rüstəmのギター演奏はアゼルバイジャンの伝統音楽だけでなく、ボリウッドのディスコ・チューンやアフガニスタンのポップ・ソングからイランの路上音楽やスペインのフラメンコまで、世界中のスタイルをレパートリーに取り入れてたらしいです。ピーター・バラカン氏も絶賛ってことで玄人筋から絶賛の嵐でしたが、確かにこんなギターは聴いたことない。。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ENSEMBLE MINISYM - Moondog - New Sound : LP

2021年現在に至っても謎が解き明かされていない唯一無二の音楽家、MOODDOGの『A New Sound of an Old Instrument』(79年作)をフランスはナントのグループ、ENSEMBLE MINISYMが再構築。どこにも属さない不思議な室内楽。これは面白い。

先ずはムーンドックの作品『A New Sound of an Old Instrument』(79年)のジャケアートワークからトリビュートしてますね。さらに、このアルバムのオルガンのための音楽や同時期にヨーロッパで作曲された作品を新たな楽器編成で演奏。それはムーンドッグ自身も生涯を通じて、自身の作曲物に定期的に楽器編成を変えることで新たな色を与えてきた事へのトリビュート。リリースから少し経ってますが時折思い出すなんとも不思議な作品。入荷です。少し長いですがメンバーのテキスト(面白い)も添えておきます。 (Shhhhh)

ムーンドッグ 知られざる伝説

"橋" ルイス・ハーディン(ムーンドック本名)が自身に生涯につけた数多くのあだ名の一つです。もちろん明らかに"ムーンドッグ"も有名だが。だが、後者が彼の芸名であり作曲のサインに使った名前なら "橋"は彼のインディアンの名前だ。彼を代表する名前であり、彼の特殊性を際立たせる名前でもある...

1916年にアメリカで生まれ、1999年にドイツで故人となったムーンドッグは、橋の役割を果たしていた。新世界と古代世界の架け橋だった。彼の足はアメリカにしっかりと植え付けられ、彼の心は紛れもなくヨーロッパに近く、彼は時に「亡命中のヨーロッパ人」と定義するほどでした。彼の作品のユニークさは、バロック音楽のカノンとネイティブアメリカンのダンスの部族的な脈動との稀に見る真摯な混ざり合いによって特徴づけられるこの二重のアイデンティティから生まれる。それによって、時間を超えた架け橋となる。"今日は昨日の明日であり、今である" "マンハッタンのホワイトカラー労働者の中の北の戦士 "ビートニクの前のビートニク "であり、最初のダルマ・バムの一人。現代のクラシック作曲家であり、彼のミニマリズムと現代音楽は、中世やルネサンスの文様から派生したものであった。彼は自身が生まれた世紀を旅して、オルガンからコンピュータまで、数十種類の楽器のために書かれた1000の作品を残しました。それによって美学の間の架け橋となった。これは本当の意味でのクラシック音楽ではないし、彼の作品はメロディーとハーモニーの点でクラシックの文章から借りているかもしれないが、リズムの手順は新しい。サックスが即興演奏を想起させるようなフレージングで厳格であっても、実際には対位法で書かれているので本当の意味でのジャズではない。これもポップではなく、単純で素朴なメロディのひとつひとつに、彼の作品の核心にあるこの交配の科学から生まれる信じられないほどの複雑さが隠されているからだ。

ムーンドッグはやがて建築家になった。ユニークな作品の建築家。
彼が残した何百もの楽譜の編集作業が十分に行われていないためか(その中にはまだオリジナルの点字が残っているものもある)、あるいは、博学と大衆の間で選択したくないという彼の強い意志のためか、カテゴライズされることを拒んでいます。しかし、少数の愛好家の粘り強い努力のおかげで、今、世界はこの輝かしい先駆者を再発見しつつある。

Amaury Cornut (ENSEMBLE MINISYM) 2017年10月

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - DEVENDRA BANHART - Fragments Du Monde Flottant : LP

おお!!!!!まさかの入荷!!!!デベンドラ・バンハートによるセレクト集。彼のフェイヴァリットアーティストたちのデモ音源を集めたこの視点。コンピレーションという考えやレコード文化の外側から来ました彗星のような一生聴ける一枚です。

正式録音よりデモが好きだというデベンドラによるキュレーションの素敵な作品。ARTHUR RUSSELL 、VASHTI BUNYAN(sample1)、Helado Negro、Diane Denoir & Eduardo Matteo(sample2)、Rodrigo Amarante(sample3)らのデモ音源。音楽家たちによる本番に向けた録音ではなく、スタジオでコーヒーでも飲みながらリラックスしたり、試行錯誤の合間の息抜きであったり、プロデュースされる前の生の音楽家の息遣いがそのまま収録されています。ある意味、本当の音楽家の素の姿を垣間見ることができるし録音文化をも超越した、かつサブスクにも収録され得ない、レコードでしか体験できない素晴らしき音楽愛を感じるアイデア。全編アコースティックで音楽家たちのリラックス感も伝わり安眠効果までありますzzz。。。アートブック集も出している彼によるドローイングがなんとも味がありディスプレイにも是非。スーパー大推薦。 (Shhhhh)

*スリーヴは全部で6種類ありますが、こちらで選ばせてください。

RECOMMENDED再入荷

LALALAR - ISYANLAR / YALNIZ OLU BALIKAR : 7inch

LES DISQUES BONGO JOEが送るイスタンブールのサイケデリック・バンドLALALAR。アナトリアの音楽の遺産を受け継ぎヘヴィーにアップデート。

ターキッシュ・サイケ3ピース・バンドLALALARのEPを〈LES DISQUES BONGO JOE〉がアナログリリース!70sカルト・ムーヴィーのサンプリングで幕開け、ヘヴィなベースとビート。B-SIDE「YALNIZ OLU BALIKAR」はメタル級の重量感とダンスビビートが強力。マントラ演歌ヴォーカルの濃厚ナビゲート。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

LALALAR - Mecnun / Hata Benim : 7 inch

LALALAR Mecnun / Hata Benim

LES DISQUES BONGO JOE (SWI)
7 inch // BJR45-016
1690 yen (税込)

LES DISQUES BONGO JOEが送るイスタンブールのサイケデリック・バンドLALALAR。アナトリアの音楽の遺産を受け継ぎヘヴィーにアップデート。2枚同時にリリースされたデビュー作第2弾です。

ターキッシュ・サイケ3ピース・バンドLALALARのEPを〈LES DISQUES BONGO JOE〉がアナログリリース!ファズなシンセサイザー、アラビック音階、ゆらめくギター。妖しいヴォーカル。念の強さが磁場を歪めます。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

MAMEEN 3 - Kudreda / Mamermaids : 7inch

MAMEEN 3 Kudreda / Mamermaids

LES DISQUES BONGO JOE (SWI)
7inch // BJR45-012
---- yen (税込)

BONGO JOEから、エレクトニックと、マラケシュ、サハラ、アラビア、トライバルビートのユニークなミクスチャー。モロッコとベルギーの混合MAMEEN 3の7インチ!

ライのシンガーでもあというベルギー在住のモロッコ人CHEB RUNNERと、〈EMOTIONAL RESPONSE〉や、〈KALAHARI OYSTER CULT〉、〈MUSIC FROM DREAMS〉等からのコンパイルシリーズ、「Elsewhere」で知られるDJ soFaによるプロジェクトMAMEEN 3。数、リズム、時間の感覚が独特です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A.Kudreda
B.Mamermaids

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - Léve Léve : Sao Tomé & Principe Sounds 70s-80s Vol.1 : 2LP

中部アフリカのギニア湾に浮かぶ、複数の島からなる旧ポルトガル領の島国サントメ・プリンシペの70~80年代に集められた楽曲集。タイトルの"Léve Léve"とはtake it easyという意味らしく、その通りの緩さ溢れるグレートなアイランド・ミュージック集。タイトルの"Léve Léve"とはtaike it easyという意味らしく、その通りのユルさ溢れるグレートなアフロ・アイランド・ミュージック集。

にしても気持ち良い〜、、ギニア湾に浮かぶポルトガル語を話すアフリカの2つの島、サントメ島とプリンシペ島は位置的に南米やアフリカ北西の音楽の島カーポヴェルデにもアクセスでき、そこで生まれた音楽ジャンル、"プクサ"はアンゴラのセンバやメレンゲ、ブラジルのアフォックス、カーボベルデのコラデイラ、カリブ海のダンスミュージックなどの響きを持ち、地元の方言と独特のリズムで歌われています。先に紹介したPEDRO LIMA率いるOs Leonenses、一番人気の
Africa Negraはガボン、ザイール、カメルーンの最新のレコードを聴き、中央アフリカのギター演奏からインスピレーションを得てフレージングを試し、島の外にも島の外にも熱狂的なファンがいたとか。週末は夜中まで本作収録のバンドが街の中心でライブをやって賑ってたようです。そんな当時のサントメ島の風景が感じれるホントに心地よい曲ばかり!最高〜! (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.AFRICA NEGRA - Mino Bô Bé Quacueda (7:38) 
A2.AFRICA NEGRA - Zimbabwe (3:21) 
A3.SANGAZUZA - Sun Malé (5:32) 
A4.OS ÚNTUèS - Chi Bô Sá Migu Di Védê (2:25) 
B1.SUM ALVARINHO - M'konvètá Dédo (4:21) 
B2.CONJUNTO EQUADOR - Madô (5:31) 
B3.TINY DAS NEVES - Cladênço Padê Cluço (6:55) 
B4.CONJUNTO MINDELO - Taji Océdo (3:04) 
C1.AFRICA NEGRA - Aninha (5:43) 
C2.PEDRO LIMA  - Nga Ba Compensadora (8:07) 
C3.SANGAZUZA - Cortição (4:08) 
C4.OS ÚNTUèS - Piquina Piquina (1:52) 
D1.CONJUNTO EQUADOR - Meu Di Plôcô (4:29) 
D2.SUM ALVARINHO - Tólá Muandgi (5:22) 
D3.PEDRO LIMA /OS LEONENSES - Esatela Licu (5:19) 
D4.AGRUPAMENTO DA ILHA - Bô Gossa So Txi (4:40) 

RECOMMENDED新入荷

MERIDIAN BROTHERS - Cumbia Siglo XXI : LP

ユニークさとアヴァンギャルドが同居する南米の異端児、コロンビアMERIDIAN BROTHERSのニューリリースがLES DISQUES BONGO JOEから「クンビア21世紀」をテーマにあの世感どっぷりサウンド、アルバム・リリース!

FRENTRE CUMBIEROのMario Galeanoとともに、コロンビア、ボコダの音楽シーンを築いた奇才Eblis AlvarezのメインプロジェクトMERIDIAN BROTHERSの3年ぶりとなる待望の新作アルバムが到着しました!「Cumbia Siglo XXI(クンビア21世紀)」というタイトルは80年代に存在したというサイファイ・クンビア?バンド"Cumbia Siglo XX(クンビア20世紀)"にちなんでいます。SOUNDWAYからの前作「Donde estas Maria?」から、より電化、エレクトロニックなアプローチを展開しつつ、バンドのアンサンブル、リズムや空間性に多層な立体感がひろがり、ユニークなサウンドヴィジョンをうちだしています。コロンビアの濃厚な歴史、神話、ロマンス。。。ぎゅっと濃縮され、はなたれるサウンドのバイブ。情景。サイケデリック。MERIDIAN BROTHERS。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ORCHESTRE TOUT PUISSANT MARCEL DUCHAMP - Sauvage Formes : LP

これも不思議な音楽・スイスはジュネーブの14人の楽士による"マルセル・デュシャン管弦楽団"、オーケストレーションがプログレッシヴ過ぎずミニマルに音遊び。

2020年の話題の一つ、アクサク・マーブルの40年ぶりの再発とも呼応するハイセンスなユーロ・プログレッシブ・ポップ、またはJaga Jazzistを思い出しますね。坂本慎太郎のプレイリストにも上がった"Lost And Found"(sample 1)等オーケストレーションされた演奏の中にほろっとさせられる秀逸すぎるポップセンス、、、このスピード感に耳が乗ったら一気に魅力がわかるユニーク盤。こういうの待ってた方も多いんじゃないでしょうか。面白い〜 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Blow (5:16) 
A2.Sous Mes Yeux (2:36) 
A3.Across The Moor (6:53) 
A4.Bêtes Féroces (6:41) 
B1.The Unknown (4:15) 
B2.Lost And Found (3:23) 
B3.Danser Soi-même (3:43) 
B4.So We All (9:23) 

RECOMMENDED再入荷

THE MAUSKOVIC DANCE BAND - Repeating Night / Weather : 7inch

〈SOUNDWAY〉からもアルバムをリリースしたアフロ・ラテン・サイケデリックバンドTHE MAUSKOVIC DANCE BAND。BONGO JOEの7インチシリーズ名作01番!ALTIN GÜNや〈DEKMANTEL〉のBRUXASでも活躍する Nic Mauskovicを中心にしたバンド。

アフロ、カリビアンからニューウェイヴまで、HONEST JON'SやMISSISSIPI RECORDS, 仏LE SAULEあたりとも結びつきながら、レア音源から現行アーチストまでユニークなリリースをしているスイスの〈LES DISQUES BONGO JOE〉から7インチストックしました。レゲエ、アフロ、中南米/カリブ音楽にニューウェイヴ、ダブ感覚もミクスチャーされたユニークサウンド。最高なダンス音楽! (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

ALTIN GÜN - On : LP

ALTIN GÜN On

LES DISQUES BONGO JOE (SWI)
LP // BJR025
---- yen (税込)

【リプレス!】新鋭サイケロックAltin Gün!スイスの辺境発掘復刻ライン〈BONGO JOE〉からデビューアルバムが到着。トルコ民謡をはじめとするオリエンタルサウンドとファンクグルーヴの邂逅。

MAX CILLAの再発が記憶に新しいスイスの発掘復刻最前線〈BONGO JOE〉から注目のサイケデリックファンクバンドAltin GünのデビューLPが登場!トルコ、タイ等あらゆるオリエンタル伝統音楽と西洋のロック、ファンクグルーヴに昇華した新進サウンド。アナログオルガンとワウギターが作り上げるサイケデリア。グルーヴィーなベースが強烈。押さえておきたい現行サイケ・エキゾサウンド。トラックリストからも是非。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MAX CILLA - La Flute Des Mornes Volume.1 : LP

カリビアン・フルート、アフロ・カリビアン・フォークロア。素晴らしい一枚。西インド諸島マルティニークのMAX CILLA。81年のアルバムをBONGO JOEとフランスのSOFA RECORDSが共同で再発です!言葉失う素晴らしさ。

フランス領西インド諸島のマルティニークのバンブーフルート奏者MAX CILLA達による1981年にリリースされた脅威の一枚。世界には、まだまだ聴いたことの無いすごいレコードがある。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

YĪN YĪN - Haw Phin : 7inch

YĪN YĪN Haw Phin

LES DISQUES BONGO JOE (SWI)
7inch // BJR45-017
---- yen (税込)

クリアンビン以降のオルタナロック∞エスニック/スパイス風味が聴いた不思議なインスト・ロック。DJ的即戦力!

タイ音楽のルクトゥン/モーラムの旋律をオルタナロック風にダンサンブルに解釈、というのはクルアンビンの本歌取りではありますが、どんどんソティフィスケートされていく彼らに対して、このオランダはマーストリヒト出身のYIN YINはタイ音楽の絶妙なイナタさとアジアの匂いを残してくれてるいい塩梅のインストゥメンタル。グルーヴにアジアの湿度あり。クラブのメインフロアではないが酒場やみんなのパーティのいい場面で映えそうないいB面感、踊れる、つまり最高です。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A.Haw Phin (3:22) 
B.Chông Ky (4:33) 

RECOMMENDED新入荷

PEDRO LIMA - Maguidala : LP

PEDRO LIMA Maguidala

LES DISQUES BONGO JOE (SWI)
LP // BJR039
2690 yen (税込)

ナイジェリアの対岸サントメ島の英雄PEDRO LIMA(1944~2019)の全盛期の85年録音が再発。繊細でミニマルなアレンジとアフロルンバ影響下のなんとも言えないホッコリ感の素晴らしき一枚。

"サントメ島の声"まで言われた彼の音楽。サントメ島はコンゴ共和国の対岸でもあり素晴らしきアフロルンバの影響下で、さらにナイジェリアのアフロビートの長尺なミニマル感とも掛け合いなんとも緩い普遍的でビューティフルなダンスミュージックが彼によって作られました。2019年亡くなったそうですが国葬レベルだったといいます。アフロルンバの良作もそろそろ再発の波が来そうですがこれあたりから?リピート確定の気持ちよさ!西アフロ入門としても是非。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Maguidala
A2.Sãma Nanzalé
B1.Cxi Compa Sá Cá Batéla
B2.Lionensi Sá Tindadji

RECOMMENDED新入荷

YIN YIN - The Rabbit That Hunts Tigers : LP

クルアンビンの本歌取り?いえいえこっちも面白い〜!ちょいと話題のYIN YINです。

B級感なら負けません、タイのモーラムやルクトゥンの現地録音に入ってる牛のモ〜って鳴き声まで入れ込む演出の細かさにグッとこざるを得ない、、、イナタかっこいいぜYIN YIN(ジンジンと読むのでしょうか)。ジャケのアートワークといいなかなかの曲者。やはり、おしゃれなクルアンビンにはないのはグルーヴにまとわりつくアジアの湿気でしょうか、油断してるとたまにウルッときます。。酒場やみんなのパーティのお供に。全曲いい。ラテンのサボールではなく、アジアのコク? (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Nata Ni Thale
A2.Pingpxng
A3.One Inch Punch
A4.Lotus
A5.Thom Ki Ki
A6.On Yiep
A7.Alpaca
B1.Kroy Wen
B2.Sui Ye
B3.The Rabbit That Hunts Tigers
B4.A Ballad For Chong Wang
B5.The Sacred Valley of Cusco
B6.Dis Kô Dis Kô

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全44件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×