menu 検索する ×閉じる

1〜9件 / 全9件

< Back   Next >
  • 1

SJUNNE FERGER'S EXIT - Childrens Mind LP : LP

SJUNNE FERGER'S EXIT Childrens Mind LP

STRANGELOVE (NZ)
LP // SL106LP
2990 yen (税込)

NZ発信のオブスキュア音源発掘レーベルよりスェーデンのLate 70s シンセサイザー・ジャズファンク/フュージョン。

ハイライトの一つ、ブレイクビーツのマシーンビート、シンセサイザー、Childrens Mindと、そのレアなシングルB- SIDEの「Night Rituale」筆頭に、ジャズをルーツに電子音楽、センセ、アヴァンギャルドポップ、ニューウェイヴのマニアックな音源。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SCRIBBLE - Selected Works 1983-86 LP : LP

SCRIBBLE Selected Works 1983-86 LP

STRANGELOVE (NZ)
LP // SL108LP
3190 yen (税込)

オーストラリアのニューウェイヴ、シンセサイザーポップ、シンガーJOHANNA PIGOTTTOとTODD HUNTERによるSCRIBBLEのコンピレーションがNZのSTRANGELOVEから。

Johanna Pigottと長年のコラボレーターであるTodd HunterのプロジェクトSCRIBBLE。ドリーミーなエレクトロニックポップをコンパイル。謎めいた雰囲気、A1「River」曲は、空想上のアンティポードのバレアリックな雰囲気を醸し出していて、ブリスフルな夜明けを演出するような「Mother of Pearl」は、DJ Harveyを夢中にさせるだろうとレーベルはコメントしています。「B4」では、地元のマエストロHystericがリアレンジ(sample1)。ヒプノティックなシンセサイザーディスコ。是非チェックを。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

VARIOUS - Kiwi Animals : Future/ Primitive Aotearoa : LP

オブスキュなニュージーランドのNZ発信のマニアックな音源発掘レーベルSTRANGELOVEから。

NZのキーレーベルFLYINH NUN等で活躍したNZの奇才CHRIS KNOXやKIM BLACKBURN、HEADLESS CHICKENS、PZポストパンクPROPELLER関連のBLAM BLAM BLAM、BALLARE等を含むNZのニューウェイヴ、エクスペリメンタルポップ、アヴァンギャルドの最深部をコンパイルしたSTRANGELOVE、渾身のリリース。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VIOLA RENEA - Syguiria Lady : LP

VIOLA RENEA Syguiria Lady

STRANGELOVE (NZ)
LP // SL107LP
3290 yen (税込)

関西のアンダーグラウンド・シーンに、足跡を残すバンドVIOLA RENEA(ヴィオラ ・リネア)の音源の再発がニュージーランドのオブスキュアレコード発掘レーベルSTRANGELOVEからアナログリリースされました!ポストパンク、ニューウェイヴ、レゲエ、ダブ、アフリカンなリズムと、アヴァンミュージック、民謡の影響や、奇妙な祝祭感も垣間見れる、詩的世界が面白いです。歌、言葉すら意味で理解することを超越している。素晴らしい遺産。

京都の「ゼロ・レコード」と並んで、関西の80sアンダーグラウンドシーンを形成したレーベルのひとつ西宮の「かげろうレコーズ」を運営していた今村空樹率いるVIOLA RENEAのレアな音源。大阪の〈ファンタン ラトゥール レコーズ〉からリリースされた85年、解散後のアルバム。ファンタン ラトゥールを受け継ぐ、現在のレーベル〈きょうレコーズ〉から再発されたCDが、STRANGELOVEからワールドワイドにアナログリリース。TOLERANCEやSYMPATHY NERVOUS、VANITY関連の復刻、PALE COCOONの再発に続いて、海外からも注目されていおる日本の80sアンダーグラウンドシーンから、マニアックな再発。短命のバンドですが、ネット上には当時のメンバーによる回顧や、かげろうレコーズのディコグラフィなどが今も残されています(参照、引用させてもらいました)。独特の世界観に魅了される。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DWART - Electricidade Estética : LP

DWART Electricidade Estética

STRANGELOVE (NZ)
LP // SL103LP
---- yen (税込)

雑踏音に混じり合う電子音楽、川のせせらぎに溶けるバレアリック・ポップ。FRANK HARRISやARVOを復刻してきた〈STRANGELOVE〉が、80年代ポルトガルのカウンターカルチャーにおける音楽に着目!実験音楽デュオDWARTの初期未発表音源/ライブ音源を編集しアナログ化!アヴァンギャルドでありながら郷愁的なポップフレイバー、独特。

86年リリースのポルトガル電子音楽コンピに収録された実験ポップ「Mate」以外の音源は公式リリースされておらず、ほとんどの音源が公式未発表。その貴重な音源をリマスタリング&編集した今作。ピアノやトランペットで紡ぐバレアリックなニューエイジに流水音を大胆に取り入れた「Aqua Alta」(sample3)や、中国の雑踏をサンプリングしたシンセポップ「Keep In Touch (Far East Mix)」(sample1)など、実験的な歪みはありながら郷愁を感じるポップネスも同居する不可思議な音体験。STRANGELOVEの狙い目はいつも素晴らしいな。 (Akie)

▼ Tracklisting

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRANK HARRIS & MARIA MARQUEZ - Echoes : LP

FRANK HARRIS & MARIA MARQUEZ Echoes

STRANGELOVE (NZ)
LP // SL104LP
---- yen (税込)

初期デジタルシンセサイザーのマイスターFRANK HARRISと、ベネズエラのシンガーMARIA MARQUEZがコラボレーションした貴重音源の編集盤が〈STRANGELOVE〉の第3弾として登場!パーカッションの一打、水を掻く音、一音一音が浮き立つ音響で繰り広げられるニューエイジ/エスノポップ!牧歌的な歌声とアナログシンセの交わりで比類なき世界観を形成。

ARVO・LENA D'ÁGUAを復刻したNZの重要再発レーベル〈STRANGELOVE〉から初となるLP。本作は80年打半ばにHARRISの自主レーベルから発表したシングルと未発表曲をコンピレーションした一枚。伝統とメロディ、テクノロジーを融合させたと謳われるとおり、MARIA MARQUEZに宿ったベネズエラ伝承音楽と、FRANK HARRISが操るプリミティブな電子音楽、そして遊び心溢れるフィールドレコーディングが組み合わさり、ボサノバ・ポップス・ジャズ・ニューエイジといったジャンルにひとくくり出来ないサウンドに。トラックリストからも是非! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ARVO - Bikini / So Deep : 12inch

ARVO Bikini / So Deep

STRANGELOVE (NZ)
12inch // SL102
1890 yen (税込)

80sオーストラリアの歌姫DEBORAH GRAYとROY NICOLSONによるマジカルでエアリーなカルト・シンセサイザー・ディスコ/ウェイヴ。

LENA D'ÁGUAの「Jardim Zoológico」でスタートしたニュージーランドのディガーによるレーベル〈STRANGELOVE MUSIC〉の第2弾!「シンデレラの魔法―思いどおりの貴女になれるカンタン魔術!」「 別れたボーイフレンドをヒキガエルにする方法」等の本も出版している世界的に有名な現役の魔女でもある女性シンガーソングライター、デボラ・グレイが80年代にシンセサイザー奏者ROY NICOLSONプロデュースで製作した84年のシングルBIKINIと、恐ろしいプレミアがついている同年のアルバム「Luna」に収録曲の「So Deep」のカップリング再発。B-SIDEにはGrowing Bin Recordsから新作をリリースしたパリのSHELTERによるリミックスと、シンセサイザーディスコ定評のあるメルボルンHysteric(Public Possession/Bahnsteig 23)のインストゥールメンタル・リミックス(sample2)をそれぞれ収録。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LENA D'AGUA - Jardim Zoológico : 12inch

LENA D'AGUA Jardim Zoológico

STRANGELOVE (NZ)
12inch // SL101
---- yen (税込)

リプレス&一般流通始まりました。ニュジーランド/ベルリンの新しいレーベル〈STRANGELOVE MUSIC〉からポルトガルの最初の女性ロックシンガーと言われるレーナ・ダグアの東洋的な雰囲気とラテンの感じが入り交ざった80sエレクロニックな2曲をカップリング再発!

A-SIDEは83年の「Jardim Zoológico」。レゲエ的なオフビートのギターとシンセサイザー、NEWWAVE, AFRO、ユーロポップ、ラティーノ、ブラスやリズムの感じもかっこいい様々な要素が入り混じったポルトガル語シンセ・ロック。B-SIDEは、YMO/細野晴臣あたりにも通じるようなトロピカル・シンセサイザーをバックに、〈BETTER DAYS〉あたりの和物にハマってる人も是非チェックしてみてください。「TAO」とうタイトルといい東洋を意識したニューエイジな感じも曲に出てると思います。現在もブルーノ・ペルナーダスや、NIAGARAと〈PRINCIPE DISCOS〉あたりのユニークな才能を産み出し続けているリスボンの地の、80sサウンド。マニアックな一枚。TIM SWEENEYが〈BEATS IN SPACE〉でSANO KEITAからの代わり際一曲目にA-SIDEをプレイ。B-SIDEもグッド。どっちもいい。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

1〜9件 / 全9件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×