menu & search

1〜20件 / 全52件

< Back   Next >

JOE McPHEE - Nation Time : LP

JOE McPHEE Nation Time

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV164
---- yen (税込)

後のインプロヴァイズ音楽家たちに影響を与えたマイアミの伝説のサキソフォニストJOE McPHEEの名盤!71年アルバム!

オリジナルは, Joe McPheeの自主レーベルCjRecord Productionsからリリースされ、フリージャズ有数のレアアイテムとして知られる1970年の12月 ヴァッサー大学のアフリカ研究センターでのライヴ録音。重量級のグルーヴのうねりとサックスの咆哮。他界したコルトレーンやジミ・ヘンドリックスにつうじるの魂の音楽。ジャンルを超えてアヴァンギャルドなエンターテイメント、音楽のただただ熱い情熱の時代の素晴らしい結晶です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

RICHARD PINHAS - Iceland : 2LP

RICHARD PINHAS Iceland

SUPERIOR VIADUCT (US)
2LP // SV53
2650 yen (税込)

フランスの重要なバンドの一つであるHELDONのギタリストであるRICHARD PINHAS(リシャールピナス)が大手〈POLYDOR〉からリリースしたソロの初期名作Iceland。凍えるような冷たさとHELDONからの流れの宇宙的空間。プログレッシブには行かずに内面へ向かう張り詰めた緊張感のある作品です。それもレコード2枚目は片面プレスであり、初のレコードリイシューとなる「Wintermusic」というボーナストラックを収録。それも25分もの長尺トラックで内容も素晴らしい!

HELDONが解散した年と同じ年に発表されたこのIceland。RICHARD PINHASの創造性がバンドから完全にソロへ向かい、良い意味で主観的なリシャールワールドに連れて行かれるアルバムです。BRIAN ENOとROBERT FRIPPに影響を受けたと言われるリシャールですが、壮大なシンセワークとサステインの伸びた丸く透き通ったギターサウンドは確かに近く、しかしタイトル曲のパーカッションの入ったパートやエモーショナルなシンセシーケンス、そしてカオティックなサウンドまで交わるこのアルバムは独創性の溢れたリシャールの素晴らしさが溢れた作品であると感じます。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ALICE COLTRANE - Lord Of Lords : LP

ALICE COLTRANE Lord Of Lords

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV150
2650 yen (税込)

USレーベル〈SUPERIOR VIADUCT〉によるALICE COLTRANEのリイシューが続いていますが、こちらは72年に発売された20人以上ものビッグバンドを従い行われた演奏。女性的パワーに満ち溢れた圧巻の録音です。

60年代後期から70年代初期の作品が重要だと言われているアリスコルトレーンですが、〈SUPERIOR VIADUCT〉はそのラインを着実にリイシューしてきています。ストリングスの作曲や構成について熟した時期に出したこのLord Of Lordsは、もはやジャズという枠を軽く飛び越えた大作。即興の部分はエッセンスとして構成され、ストリングスで弾かれるテーマを拡大したような歪さがありますが、ジャズというフォーマットなんてどうでもよくなる音楽的パワーに圧倒されます。B1の10分を超えるタイトル曲では曲が始まってから5分以上経ってから唐突にオルガン即興が始まり、そしてまたストリングステーマの大きな波が即興をさらっていく自然現象のような曲。その後に続くのは優しさに溢れるラストトラックGoing Homeで感動のまま締めくくり…。アリスコルトレーンの精神世界にどっぷりと浸かる事ができる名作です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RAUL LOVISONI - FRANCESCO MESSINA - Prati Bagnati del Monte Analogo : LP

1979年にイタリアの名門レーベル〈CRAMPS RECORDS〉よりリリースされたRAUL LOVISONIとFRANCESCO MESSINAによる美しいハープの響きの作品。イタリアのレーベル〈DIE SCHACHTEL〉でも再発されていましたがそれも高騰していて、〈SUPERIOR VIADUCT〉から再度リイシューされました!

イタリアのアバンギャルドシーンの中で中心人物であるRAULとFRANCESCOによるこの作品は、伝説的レーベル〈CRAMPS RECORDS〉のカタログの中でも一際美しい作品であり愛され続けている1枚。MOOGやEMSシンセなどで作られた背後に潜んだ空間に広がるシンセサイザーに断片的に爪弾かれるハープの調べを鳴らしていく約23分の大曲Prati Bagnati Del Monte Analogo。その後はシンプルにハープのアルペジオの美しさを堪能するHula Om。そしてシンセサイザーかと思うようなグラスハープの響きの上にメディテーショナルな歌声を乗せていくAmon Ra。瑞々しい美しさに溢れていて、今のアンビエント/ニューエイジの流れとは無関係に輝き続ける本当に素晴らしい作品。〈DIE SCHACHTEL〉は別ジャケットでの再発でしたが、〈SUPERIOR VIADUCT〉はオリジナルの美しいジャケットのままでのリイシューというのも嬉しい! (日野)

RECOMMENDED新入荷

JOHN COLTRANE / ALICE COLTRANE - Cosmic Music : LP

ジョン・コルトレーンの死後にアリス・コルトレーンが自主リリースした「Cosmic Music」が再発。

「Manifestation」と「Reverend King」は、ジョン・コルトレーン最後の録音と言われる1966年2月2日のサンフランシスコでのクインテットでの録音。残りの二曲は、彼の死後、アリス・コルトレーンがリーダーとして録音したごく初期の音源。IMPULSEからのジャケットとは別のオリジナルのColtrane Recording Corporationからのリリース時のジャケットでの再発。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ALICE COLTRANE - A Monastic Trio : LP

ALICE COLTRANE A Monastic Trio

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV020
---- yen (税込)

夫ジョン・コルトレーンが亡くなった翌年にリリースされたALICE COLTRANEの1STソロ。ALICE COLTRANEがバンドリーダーとして初めてリリースした作品でありPHAROAH SANDERSも参加しています。

夫JOHN COLTRANEへ捧げられたALICE COLTRANEの初めての作品。A面のピアノ曲は厳かで悲しさが充満しているのに対し、B面のハープでの演奏では美しい思い出を振り返っているようにも聴こえます。Monasticとは(修道士、禁欲的な)などの意味がありますが、ハープの調べは天上にも昇るような開放的サウンド。アルバムの中でもA3「I Want To See You」には胸が締め付けられる…。アメリカの信頼のレーベル〈SUPERIOR VIADUCT〉による素晴らしい仕事。 (日野)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

JON GIBSON - Visitations : LP

JON GIBSON Visitations

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV068
2490 yen (税込)

NYCアヴァンギャルド70sの名盤!JON GIBSON.

Terry Riley「In C」 Steve Reichの「Drumming」,Philip Glassの「Einstein on the Beach」といった歴史的なプロジェクト、LA MONTE YOUNG, ARTHUR RUSSELLやMOONDOGの作品にも参加していたNYC前衛シーンで活躍したJON GIBSONの名作! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

KEVIN HARRISON - Inscrutably Obvious : LP

失われた80年代のイギリスのDIYシーンの中からUSの重要レーベル〈SUPERIOR VIADUCT〉が発掘。いくつかのパンク、ダブバンドなどで演奏していながら、BRIAN ENO、ROBERT FRIPPやMANUEL GOTTSCHINGなどに影響を受けたというKEVIN HARRISONによる宅録音源を収録したLPを再発です!

オリジナルは80年にカセットで発売され、その翌年にレコードでリリースされた今作。ギターの残響音とシンセサイザーの神秘的でNEW AGE、アンビエントな響きの曲やドラムマシンにセッション的に重ね合わせていき、変わった裏声をダブ処理したようなアプローチなどしていたりしていてとても面白い。ギターにショートディレイをかけて水の滴りのような実験的な曲なども混在していて、衝動をそのままパッケージした輝きがあります。CHRIS & COSEYやTHE NORMALなど好きな方にお勧め! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SCIENTIST - In The Kingdom Of Dub : LP

SCIENTIST In The Kingdom Of Dub

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV163
---- yen (税込)

KIng Tubbyの一番弟子にして右腕ダブマスター・レジェンドScientist初期を代表する1枚で、1981年リリースの中毒性の高いミニマル・モノクロームなダブ名作にして激レアとなっている「In The Kingdom Of Dub」がUS信頼リイシューレーベルSUPERIOR VIADUCTより祝LP復刻。(レゲエ便り2019.01.16)

絶妙な黄色と雷ジャケも神々しい一枚。スライ&ロビーによるドラム&ベース、ギター、ピアノ、オルガン、パーカッションには、The Revolutionaries, The Aggrovators and The Soul Syndicateのメンバーらが参加、録音はジャマイカ、チャンネルワン・スタジオ。Roy Cousinsプロデュース。禅問答のような全12ダブを収録。丁寧に丁寧に構築された錬金術のようなダブの施しが哀愁と共に実に効いてくる。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MONITOR - Monitor : CD

MONITOR Monitor

SUPERIOR VIADUCT (US)
CD // SV016
---- yen (税込)

〈ATA TAK〉からもリリースされたLAFMS重要人物STEVE THOMSENのバンドMONITORの唯一のアルバムがリイシュー!!!

LAFMS(LOS ANGELES FREE MUSIC SOCIETY)の重要人物であり、RICK POTTSやJOSEPH HAMMERとのバンドSOLID EYEのメンバーでもあるSTEVE THOMSENがやっていたバンドMONITOR。これまではSTEVE自身が運営していたレーベル〈WORLD IMITATION〉からリリースしたこのアルバムと7インチ、そしてLAFMSの名作コンピ「Darker Skratcher」に収録された1曲のみしか知っている限りではリリースが無いですがどれも最高なものばかりです。ストレートには表現しないで意外な音楽の組み合わせを狙ったような、そしてパロディのようでもある何かが抜けたような曲が多く、突然かき鳴らされる嫌がらせのような曲だったりNEW WAVEやパンクの要素も入ったりと一言では説明が難しいもの。そしてもちろん音楽的にも面白く演奏クオリティも高いアルバムです。B3にはMEAT PUPPETSが1曲提供しているのも面白い(因みにMEAT PUPPETSは〈WORLD IMITATION〉から7インチをリリースしています)。アメリカ〈SUPERIOR VIADUCT〉より! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PHILL NIBLOCK - Niblock For Celli / Celli Plays Niblock : LP

USレーベル〈SUPERIOR VIADUCT〉が巨匠PHILL NIBLOCKの初期作品をリイシュー!こちらは管楽器奏者JOSEPH CELLIを迎えて84年にリリースされた2枚目となるアルバムです。

PHILL NIBLOCKは1968年から作曲を始めましたが、録音作品をリリースし始めたのは80年代初期から。これは同じく〈SUPERIOR VIADUCT〉から再発されたPHILLの1stアルバムとなる「Nothin To Look At Just A Record」(82)に続いて2作目となります。この作品はJOHN CAGEやPAULINE OLIVEROS、ORNETTE COLEMANなどともコラボレートしている管楽器奏者JOSEPH CELLIの循環呼吸を使った演奏をオーバーダブして作られていて、この時から既にNIBLOCKサウンドが確立されている事がよく分かります。A面の「Second Two Octaves And A Fifth」は80年に8チャンネルテープレコーダーでハイトーンのオーボエを多重録音したもので、B面の「First Performance」は75年にイングリッシュホルンを使っていて中音域のドローンの上に高音のパルスがゆっくりとした周期で波打つようにして作曲された曲となっています。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PHILL NIBLOCK - Nothin To Look At Just A Record : LP

USレーベル〈SUPERIOR VIADUCT〉が巨匠PHILL NIBLOCKの初期作品をリイシュー!こちらはトロンボーンを使って制作された記念すべき1stアルバムです!2013年に〈SUPERIOR VIADUCT〉が再発しましたが、再度リプレスされました。

PHILL NIBLOCKのデビュー作であり傑作と言われる「Nothin To Look At Just A Record」。オリジナルはPHAROAH SANDERSなどをリリースするジャズレーベル〈INDIA NAVIGATION〉により1982年に発売されました。A面、B面共にトロンボーンを使って多重録音された長尺トラック2曲のみで、この時から現在まで約40年続くキャリアの中でこのフォーマットはほぼ変わらないまま。リズムもメロディも無く、しかし音階は長いスパンで揺れ動きながら時間が留まっているような感覚に。A面では単音だけのオクターブ移動、もしくは半音階をぶつける不協和音を鳴らし、B面では和音がメインとなっていますが、トロンボーンでしか出ないようなブルルルと震える低音を中心に聴かせているようにも聴こえます。歴史的に見ても革新的なPHILL NIBLOCKの初めてのレコードです。続く2ndアルバム「Niblock For Celli / Celli Plays Niblock」と併せて是非。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ALVIN CURRAN - Canti E Vedute Del Giardino Magnetico : LP

KEITH ROWEやCORNELIUS CARDEWの即興グループAMMに並び、偉大なグループMEVのメンバーであるALVIN CURRANによる75年の大名作「Canti E Vedute Del Giardino Magnetico」が再発!!静かに、そして自然に響くゴングと声、トランペットとシンセサイザーのドローンやバラバラに重なり合うアルペジオ、水や虫の声。どこを切りとっても美しい。歴史的名盤です。大推薦!!!!

Musica Elettronica Viva aka MEVで知られるALVIN CURRANが75年にリリースしたデビューソロアルバム。これまでCDで再発されたりCDボックスセットで聴けることができましたが、レコードでの再発は1981年以降初めてとなるようです。耳を澄まして聴く小さな音や和音のドローンなど、丸く心地の良い音に溢れていてMEVのアヴァンギャルドさから比べると真逆のアプローチのようにも聴こえます。しかし、シンセサイザーの不協和音やミュージックコンクレート的な手法で使われているフィールドレコーディングなどを細かいところに散りばめた細かい仕事が秀逸。B面ではテリーライリーのようにおそらくテープマシンを使用したオルガン曲やシンセサイザーを用いて作られた虫の音などもあり。ただ単純なスピリチュアルな作品ではなく、即興演奏を通じてきた音の探求を活かして実験した素晴らしい作品です。大推薦とさせていただきます。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JOHN BENDER - Pop Surgery : LP

JOHN BENDER Pop Surgery

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV103
2590 yen (税込)

アウトサイダー/サイケデリック感も漂わせる、知る人ぞ知るローファイシンセ宅録アーティストのJOHN BENDERの1983年にリリースしたPop Surgeryを〈SUPERIOR VIADUCT〉がリイシューしました。THROBBING GRISTLEやLAFMSファンなどにも勧めたい1枚です!

〈SUPERIOR VIADUCT〉もJOHN BENDERの再発をするのはこれで3枚目となりますが、こちらは謎に包まれカルト感漂うレコードレーベル〈RECORD SLUTS〉により1983年に発売されたアルバム。彼はVELVET UNDERGROUNDやCAN、SOFT MACHINE、さらにはROBERT ASHLEYなどから影響を受けているらしいですが、このアルバムも方向性が定まっておらず、LO-FIで謎なハーモニクスのエフェクトをかけられた調子っぱずれなボーカルがあったりとアウトサイダー感が止まらない!それが逆にすごく面白く、オフィシャルインフォにも書いてありますがTGの「20 Jazz Funk Greats」など好きな人には一度聴いてみてほしい怪作です! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CHARLES MINGUS - The Black Saint And The Sinner Lady : LP

これは興奮無しでは聴けないでしょう!ジャズジャイアントCHARLES MINGUSが11人編成のバンドで録音し、63年に〈IMPULSE!〉から発表した作品「黒い聖者と罪ある女」。作曲・オーケストレーションが特に素晴らしい、ジャズ史上に残る名盤の一枚!

CHARLIE PARKER、DIZZY GILLESPIEのサイドマンとして知られていき、作曲家/バンドリーダーとしての才能を次々と発揮させていったベーシスト/ピアニストであるCHARLES MINGUS。この作品ではベース、ドラム、ピアノ、ギターに4人の金管楽器(トロンボーン・トランペット・チューバ)、そしてリード楽器3人という大編成バンドでの録音であり、ジャズに則ったプレイというよりは曲の素晴らしさが全面に出ているようなもの。CHARLES MINGUSはゴズペルやデュークエリントンから影響を受けていて、それが関係していると思える甘く溶けるような管楽器のコードでの構成や、スパイス的に入れられる不協和音のセンスが素晴らしすぎます。A面は3曲に分かれていますが、B面は長尺1曲(曲名表記は3つのパートに分かれています)。〈SUPERIOR VIADUCT〉のジャズ方面のリイシューにもリスペクト!!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LIQUID LIQUID - Optimo : 12inch

LIQUID LIQUID Optimo

SUPERIOR VIADUCT (US)
12inch // SV090
---- yen (税込)

80s NO WAVE/NYC ポストパンク・ファンク・バンド、LIQUID LIQUIDのEP名作3種が重量盤再発!これで何度目の再発だろう。何度でも売ります。

LARRY LEVAN、PARADISE GARAGEも、現代音楽/前衛音楽も、パンクも、ヒップホップも身近に存在していた熱い時代、80s NYCを象徴するパンク・ファンク・バンドLIQUID LIQUIDの伝説のエド・バルマンの99 RECORDSに残した3枚のEP再発。NOWAVE象徴的名曲「Optimo」、GRANDMASTER FLASHによるサンプリングで著名な音楽史に名を残す名曲「Cavern」筆頭に、今だに痺れる永遠の名曲群。名盤。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ALAIN GORAGUER - La Planete Sauvage : LP

ALAIN GORAGUER La Planete Sauvage

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV058LP
2590 yen (税込)

ご存知、フランスのカルト・アニメーション作家ルネ・ラルーの1973年の代表作にして大傑作「ファンタスティック・プラネット」のサントラが2014年にUSでは初のアナログ化となるSuperior Viaductより丁寧なリイシュー化がされるも、すぐに完売してしまっていたので、今回のリプレスはうれしい限り。

その不思議でシュールでファンタスティックで奇妙な世界観と脳内妄想SF宇宙の作風は、ジャンルと世代を超えて、現在、そしてこれからの未来へ影響を与え続け、そのアブストラクトでサイケデリック・ドープな美しい音楽も、J Dilla、Madlibなどヒップホップ・アーチストはもちろん、ジャンルを超えて数多くのアーチスト達に影響を与え続けている名作アニメーション「ファンタスティック・プラネット」、そしてサウンドトラック。いい音と音圧でアナログに刻まれております。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

FAUST - The Faust Tapes : LP

FAUST The Faust Tapes

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV118
---- yen (税込)

FAUSTが〈VIRGIN〉と契約して73年にリリースしたThe Faust Tapesを〈SUPERIOR VIADUCT〉がリイシュー!BRIDGET RILEYによるジャケットも素晴らしいです!

CANやNEU!と共にジャーマンロックの代表的バンドであるFAUSTは〈POLYDOR〉と破格の大金で契約して2枚のアルバムを残した後、〈VIRGIN〉と契約を結んで3枚目としてリリースしたのがこのThe Faust Tapes。デモテープの素材を集めてコラージュして作られたらしく、ジャンク〜サウンドアート〜SSWまで包括したようなとても変な作品です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JOHN BENDER - Plaster Falling : LP

JOHN BENDER Plaster Falling

SUPERIOR VIADUCT (US)
LP // SV102
---- yen (税込)

LO-FIでありアウトサイダー感も漂うJOHN BENDERが1980年に作った2ndアルバム!USの素晴らしいレーベル〈SUPERIOR VIADUCT〉からの再発となります。

80年にリリースした1stアルバム「I Don't Remember Now / I Don't Want To Talk About It」と同時期に作られ、翌年発売された2ndアルバムがこちら。オリジナル版は音楽ファンから今でも高値で取引されていて、このへんてこなヴォーカルやすごくカッコイイドンカマリズムがクセになる!1stアルバムから比べると派手さがないものの、アングラ感がありつつ音楽的に洗練されているように感じます。無意識かは分かりませんがSUISIDE的な勢いあるクールなトラックがあったり、ジャーマンロック的ミニマルさも垣間見えていたりしながらもやはりどこかおかしく無視できない作品です! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TAKEHISA KOSUGI(小杉武久) - Catch-Wave : LP

マグネティック・ライブ・エレクトロニック・ブルース!光速をもつ音と沈黙、音速を持つ光と影。小杉武久の1975年の記念すべき初のレコード作品「キャッチ・ウェイヴ」がデジタルリマスター再発アナログ化!

ライヴ・エレクトロニクスな電子音とヴァイオリン、そして声、光と風によるインプロヴィゼーションによるコズミック・ドローン。まさにキャッチ・ウェイヴな音の記録。震えるかっちょよさ!ジム・オルークをはじめ世界中のミュージシャンから絶大なるリスペクトを誇る音楽家であり、フルクサスにも参加、ジョン・ケージ、デヴィッド・チュードアらとマース・カニンガム舞踏団の音楽監督も務め、伝説のタージ・マハル旅行団の中心人物であり、最高にかっちょいいロックな音楽家である小杉武久の1975年の幻だった伝説の作品のデジタルリマスター再発アナログ化!キャッチ・ウェイヴ!!!ボアダムズファンにとっても永遠のマスターピース。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

1〜20件 / 全52件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×