menu 検索する ×閉じる

1〜5件 / 全5件

< Back   Next >
  • 1

ARIEL KALMA - Nuits Blanches Au Studio 116 : LP

これまでBernard ParmegianiやPhilip Glass、François Bayleなどの未発表曲を収録したアルバムなどをリリースし、重要なレーベルとなってきた〈TRANSVERSALES DISQUES〉が次に紹介するのはARIEL KALMAの未発表曲集!GRM在籍時に録音した膨大な曲の中から選曲したものとなります!

パリで生まれ育ったARIEL KALMAがインドでの長い旅を終え、GRMのレコーディングアシスタントとして働いていた時に暇を見つけては録音を溜めていた70年代中期〜後期の曲を集めた未発表アルバム。ディレイするサックスにオルガンのベースをオーバーダブしたまさにARIELサウンドのA1、フィールドレコーディングにシンセや声を重ねた幻想的な幻想的ドローンのA2、遠くで鳴っているようなドンカマリズムに哲学者/ライターの友人のポエトリーが乗るA3など様々な手法を試しています。B面ではピアノを土台とした構成になっており、B1では約14分にもおよぶ長編の爪弾かれるピアノ曲、そしてB2ではピアノとサックスが幽玄に絡んでいく神秘的な曲でアルバムを締めくくられています。知られざるGRMの歴史が垣間見える1枚。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PHILIP GLASS - Music In Twelve Parts : Concert A Paris 1975 : 2LP

PHILIP GLASSの初期作品であり、比較的シンプルにミニマルを追求した名作「Music In Twelve Parts」の未発表演奏音源がリリースとなりました。演奏、録音のクオリティは素晴らしく、JON GIBSON、JOAN LA BARBARAなどが演奏メンバーに含まれています。

集中して聞かなければ気づくことが出来ない徐々に変化していくような作曲作品で、万華鏡のような輝かしくも不思議な音楽。作品は71年から74年にかけて作曲され、こちらは75年のパリの公演のライブ録音となりフレッシュな状態での良い演奏となります。もちろんタイトルのとおり12パートある作品ですが、今作では1,2,3,11,12のパートに加えて演奏を交えて恐らく説明的であると思われるグラスのインタビューも収録。グラスは後期になっていくと舞台作品などの為もあり、コンセプチュアルで難解な作品が多くなりますがこの頃はもっと本能的に作曲しているように思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRANÇOIS BAYLE - ELECTRUCS ! : LP

1958年にフランス音楽研究グループGRMが創設されて60年、INA-GRMにて22年間所長を務めたFRANÇOIS BAYLEの未発表作品がめでたくリリースされました!!

16台以上の多種多数のスピーカーを使った特殊な音空間を作り出すシステム/演奏法である「アクースモニウム」を作り出したことで知られるフランソワベイル。これまで〈INA-GRM〉や、自身のレーベル〈MAGISON〉から数々のリリースをしてきましたが、ロストテープ発掘やレアなレコード再発を手がける〈TRANSVERSALES DISQUES〉から貴重な未発表音源が発売される事となりました。このレコードには多数の短い曲が収録されていますが、大まかに言うと4つのパートに分かれています。まずA面は「Electrucs (1974)」[20:41]、B1-B5は「Cinq Dessins En Rosace (1973)」[13:41]、B6「Foliphonie」[3:19]、そしてBERNARD PARMEGIANIに捧げられたラストトラック「Marpège」[3:15]。説得力のある、空間を意識した電子音楽に脱帽。スピーカーで聴くほうが効果的であるかと思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PHAROAH SANDERS - LIVE IN PARIS (1975) : LP

スピリチュアルジャズ巨匠レジェンド、ファラオ・サンダース1975年パリでの秘蔵ライブ音源が初めて世に出された!!!「The Creator Has A Master Plan」「Love is Everywhere」といったマスターピース名曲群のエレガントな名演に完全にうっとり包まれる。

1975年11月17日、Pharoah Sanders QuartetによるStudio 104 - Maison de la Radio, Parisでの演奏録音。スピリチュアル・エレガント・ソウルフル漆黒アストラル宇宙広がる70年代半ばのカルテットによる凜としたシャープでアツい名演。オリジナルテープからのマスタリング・オフシャル・リリース。ライナーノーツと貴重な写真も交えた豪華見開きゲートフォールドジャケット・デラックスエディション・ヴァイナルLP。全6曲。トラックリストからもぜひともどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD PARMEGIANI - Memoire Magnetique, Vol. 1 (1966 ? 1990) : LP

フランス音楽研究グループGRMでも最も重要な人物の一人であり電子音楽の巨匠であるBERNARD PARMEGIANIによって1966-1990年の間に作られた曲群で構成されたアルバムです!!

一般的に想像するようなドエクスペリメンタルな電子音楽とは少し変わり、このリリースではパルメジャーニのポップな一面が聴けるもの。それもほぼ1分から2分の曲、長くても4分の曲から成り立っていて、心地よく聴けてしまう。とは言ってもやはり実験的ではあるんですが、手弾きのシンセ(陶酔しながら弾くシンセのジャケットも良い)やパーカッションなどの生楽器もとても効果的に響いていて素晴らしい。こちらシリーズ1作目のようですが、続く作品にも期待です! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

1〜5件 / 全5件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×