menu & search

1〜20件 / 全595件

< Back   Next >

AKSAK MABOUL - UN PEU DE LAME DES BANDITS : CD

1980年にリリースされたAKSAK MABOULの2ndアルバム。まさに金字塔。いつ聴いても素晴らしいです。

もはや伝説と言ってもいいグループAKSAK MABOULの代表的なアルバムが〈CRAMMED DISCS〉から再発。単なるプログレッシブなものではなく、辺境なサウンドが足され遊びもある音楽的にも素晴らしい作品。それも1977-1980年のライブ音源や、'80年代に活動したTHE HONEYMOON KILLERSとしてのボーバストラックまで収録したCDインポート盤。ストックしました。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

AKSAK MABOUL - UN PEU DE LAME DES BANDITS : LP

AKSAK MABOUL UN PEU DE LAME DES BANDITS

CRAMMED DISCS (BEL)
LP // CRAM002LP
3366 yen (税込)

1980年にリリースされたAKSAK MABOULの2ndアルバム。まさに金字塔。いつ聴いても素晴らしいです。さらに別内容の約80分のCDやブックレットも付いた仕様です!!

もはや伝説と言ってもいいグループAKSAK MABOULの代表的なアルバムが〈CRAMMED DISCS〉から再発。単なるプログレッシブなものではなく、辺境なサウンドが足され遊びもある音楽的にも素晴らしい作品。それも1977-1980年のライブ音源や2015年の演奏も収録した約80分の太っ腹なCDやDLコード、ブックレットも付いた豪華仕様! (日野)

RECOMMENDED再入荷

KEIJI HAINO, JIM O'ROURKE, OREN AMBARCHI - In the past only geniuses were capable of staging the perfect crime (also known as a revolution) : 2LP

次々に重要作をリリースし、ここ数年で世界で最も重要なレーベルの一つとなったOREN AMBARCHI主宰の〈BLACK TRUFFLE〉の記念すべき50作目は灰野敬二、ジムオルーク、オーレンアンバーチトリオ!現在は新店舗を探し中である六本木SUPER DELUXEでの2015年のセッション。ギター、ベース、ドラムのスタンダードなロック(!)セッション、フルートやエレクトロニクス、オルガンを使ったものまで。

もはやお馴染みとも言える灰野、ジム、オーレンによる熟練のセッションの記録。これまでこの三人は様々な楽器を試してきていますが、こちらは割とスタンダードなロックトリオ(ジムは6弦ベースですが)が多め。現代音楽やドローン、アンビエントなどの作品も多いこの三人が奏でるロックサウンドが熱く滾る!!マスタリングはRASHAD BECKER、プロデューサーとしてSUPER DELUXEの店長MIKE KUBECKがクレジットされています。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FOODMAN - Dokutsu EP : 12inch

FOODMAN Dokutsu EP

HIGHBALL (UK)
12inch // HB001
---- yen (税込)

ロンドン拠点の新レーベル〈HIGHBALL RECORDS〉からレーベル第1弾リリースはFOODMANのフレッシュなEP!

日本人にフォーカスを当ててリリースしていくという〈HIGHBALL RECORDS〉。オープニングトラックは少し意外なミニマルに揺れていくオルガンサウンドが印象的なハウストラック。しかし飛び跳ねるようなリムや声ネタなどFOODMANらしい遊びが散りばめられています。フロア向けなのはA1とA3ですが、他のエレクトロやエクスペリメンタルな曲もすごく面白い。それも曲ごとに全く違うアプローチで、本当に多彩な12インチです。中でもB2は曲の構成も凝っていてリスニングにもいける好曲。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NO TONGUES - Les Voies Du Monde : LP

NO TONGUES Les Voies Du Monde

ORMO (FRA)
LP // AD-4671LP
---- yen (税込)

コントラバス二台、トランペット、サックスなどを使う4人で構成されるNO TONGUES。音だけを聴くと黒く土着的ですが、全員白人ミュージシャンで恐らくフランス人。民族音楽を元に作られたサウンドはアフリカやエキゾチックなサウンドを連想させながらも、インプロ音楽からの影響と思われるプリペアドベースを使った特殊な音色を使ったりジャズのフィーリングも持ったような面白いミックスが良い!

1929年から1995年の間のフィールドレコーディングを使い民族音楽学研究所(CNRS)によって作成された「Voices of the World: An Anthology of Vocal Expression」というアンソロジーアルバムを元に作られており、曲によってはその音源と共に演奏したり、他の曲も恐らく原曲から採譜し再解釈を加えた作曲を行っていると思われます。現地のプリミティブな感覚と、研究を元に再構築された知性と本能が交わった特殊な音楽。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Tarantismo: Odyssey Of An Italian Ritual : 2LP

Bjorn Torske & Trym Søvdsnes、LNS、Don’t DJらによるREMIX収録の豪華2枚組!病気を癒すために長時間倒れ込むまで歌い踊るイタリアのカルトな儀式のフィールドレコーディング(1954年-1960年)と、その音を使ったREMIXとなりますがどのREMIXも対照的な多幸感あるポジティブさがすごく良い…。何度も針を落としたくなるようなとても良いレコードです。

謎の病気に苦しむ人たちに向け、文字通り倒れるまで踊り歌い祈りを捧げるというイタリア辺境のミニマルなカルト儀式にフォーカスを当てたコンセプチュアルアルバム。1面が当時の現地録音、残り3面がREMIXとなっています。現地録音の面ではリミックスで多くサンプリングされた女性の歌声、脳を空っぽにしてミニマルに騒ぎ立てる熱狂的な祭りの一部を切り取ったようなものと高速ヴァイオリンソロ。この面も味わい深く1番ドラッギーでもあります。他REMIXは本当に甲乙付け難くいい曲ばかり。Bjørn Torkse & Trym Søvdsnesは湿気が漂う深いベースのグルーヴに過剰なリバーヴのサンプリングが添えられる温度高めなミニマル曲。SotofettとのWaniaからのコラボ作品などで知られるLNSはそれぞれピッチを外したパーカッションとベース、サンプリングの歌声、シンセが絶妙に絡み合い現地感も漂うリアルなダンス曲(sample3)。最も王道なアプローチのBottinのハウスREMIX(sample1)は、LNSとは逆に完全に調和されたものでじわじわと良さを感じていきます。一番の驚きはDon't DJのトラック(sample2)。スッカスカなシンプルなベース、スティールパンと歌声の完璧なコラボ。そしてそこに入り乱れるクラップの連打。聴いているとつい笑えてくるコントラストがくっきりした展開もいい。偶然ではありますが現在の状況とリンクするようなレコード。今は混乱と怒り、不安が充満していますが、こんな時だからこそこういうレコードを聴きたいと思うのは自分だけじゃないはず。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

GUERILLA WELFARE - THE NATURE OF HUMAN NATURE : LP

ドラムマシンにギターやベース、声などをオーバーダブしたもので、ダブだったり時折PILやTALKING HEADSっぽさも出てくる自由なアルバムで楽しい。宅録っぽいLo-Fiな質感のようで80年代の上質なポップセンスも兼ね備え、ありそうで意外に他に無いような特殊なもの。

BRIAN SCHULTZE、CURTIS RUPTASHという二人組による80年代から活動してるユニットGUERILLA WELFARE。残っている作品はDiscogs上のデータによると86年から91年の間に3作のみで、こちらのアルバムはそこから選曲したものとなります。リリースはVISIBLE CLOAKSの1stをリリースしたレーベル〈MUSIQUE PLASTIQUE〉による仕事。コラージュやギターのカッティング、ミニマルなベースラインなどが見事に絡み合い、きっちり計算されて作曲されたのが分かる丁寧な作品です。複数のアルバムから選曲されたというのもあり、多彩な作風でアプローチも様々でイマジネーションの湧くアイディアの宝庫でもあります。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SPF - Paul's Mccartney : LP

SPF Paul's Mccartney

DIGITAL REGRESS (US)
LP // DR39
2790 yen (税込)

JACKIE O MOTHERFUCKERのDAVE EASLICK、〈SUPERIOR VIADUCT〉のサブレーベル〈W.25TH〉からもリリースしているCUBE aka ADAM KEITHなどによるジャンクバンドSPF!

使えるものはなんでも使ったようなDIYなアイディアを感じるスカムロック!音楽的に合っている部分の無いへっぽこっぷりがクセになる。LAFMSやキャロライナーレインボー周辺を好きな人は要チェックです!! (日野)

RECOMMENDED

ASUNA & JAN JELINEK - Signals Bulletin : LP

ASUNA & JAN JELINEK Signals Bulletin

FAITICHE (GER)
LP // FAITICHE 19LP
2590 yen (税込)

長らくレコーディングセッションを重ねていた噂は聞いていましたがこの度待望のASUNA & JAN JELINEKの共作リリースです!!HUERCO S.周辺のアンビエント作を聴く人も要チェックです。

大量のおもちゃを使った演奏やギターやオルガンのミニマル作などでも知られますが、100台以上の小型キーボードを使ったライブ作品「100 KEYBOARDS」が世界的に話題となり最近特に海外で評価が高まっているASUNA、そして言わずと知れた電子音楽の巨匠となりつつあるJAN JELINEKという期待のコラボ作!オープニングは13分を超える緊張感のあるしんとした瞑想ドローンであり、これがもう名作を予感させるもの。淡々と繰り返されるループと倍音豊かにレイヤーが重なる生き物のように姿が移り変わるA2や、冷たく冬を感じさせる無機質さを持ちつつどこか暖かみのある電子音から多幸感に向かうラスト曲も秀逸。 (日野)

▼ Tracklisting

A1.Relief, Pt.1 (13:21) 
A2.Pulsating Primary Structure (11:14) 
B1.Fountain (04:10) 
B2.How A Spiral Works (06:25) 
B3.Blinking Of Countless Lines (14:19) 

RECOMMENDED新入荷

THE POP GROUP - Y Live! : LP + POSTER

THE POP GROUP Y Live!

MUTE (Europe)
LP + POSTER // TPGYL1
3690 yen (税込)

THE POP GROUPの歴史的名盤デビューアルバム「Y (最後の警告)」から発売40周年として、「Y (最後の警告)」のリマスタリング盤、レア&未発表曲を収録したアルバム「Alien Blood」、そしてYのライブ盤が一挙に発売!こちらはそのライブ音源となりますが生々しく咆えるマークスチュワート、バンドの一体感がゾクゾクするものがあります。

スタジオでも相当な狂いっぷりのマークスチュワートの叫びがライブではさらに刺々しく、バンドは完成度高めなハイクオリティの演奏を繰り広げている良内容のライブ盤!音質は粗めですがバンド黄金期だと感じる鬼気迫るものがあり、その存在感、迫力にやられます。さらに、ライブの為に削られているダブ要素がさらにバンドのタイトさを際立たせていて、ライブ用に変えられたアレンジにもグッとくるものもあり!付属のポスターは当時のツアーポスターとなっていてそれもかっこいい! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

THE POP GROUP - Alien Blood : LP + POSTER

THE POP GROUP Alien Blood

MUTE (UK)
LP + POSTER // TPGAB1
3690 yen (税込)

THE POP GROUPの歴史的名盤デビューアルバム「Y (最後の警告)」から発売40周年として、「Y (最後の警告)」のリマスタリング盤、レア&未発表曲を収録したアルバム「Alien Blood」、そしてYのライブ盤が一挙に発売!まずは貼り付けられている動画「Kiss The Book」から是非!

録音の雰囲気が「Y」当時の空気感たっぷりで、それだけでも嬉しく感じてしまう。アルバム1曲目に収録されている「Kiss The Book」は1978年の「Peel Session」のみ聴けたものでしたが、このバージョンはこれまで公開されることのなかったスタジオバージョンとなっています。意外にもコーラスにポップさもあり、そこでもやはりギターとドラムの切れ味は素晴らしく、中には掃除機と思われる音が入っていたりと実験精神もあり。他曲は「Y」に収録されている曲の別バージョンや異なるミックスなどですが、「Y」の異なる側面を覗けるコレクターズアイテムとなっています。そして付属している大きなポスターがすごくかっこいいです! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - Eruption Compilation - Pudel Produkte 29 : LP

ドイツのハンブルクにある小さいながらも愛されている名クラブGolden Pudelが2018年に二日間に渡って開催された小さなフェスティバルから派生したコンピレーション。これはConrad Schnitzlerからの影響を受けて行われたパフォーマンス、音楽となり、中にはLena Willikensの別プロジェクト、Felix Kubin、電子音楽の大ベテランAsmus Tietchensなどが収録されています!

これ一枚でハンブルクのアンダーグラウンドシーンの一部がまとめられているようなもの。Golden PudelのレジデントDJであるNika Sonがキュレートし、ジャケットは同じくGolden Pudelのアートワークで有名なAlexSolmanが担当。ハンブルク在住の電子音楽史に名を残すAsmus Tietchensや、日本にも何度かツアーしているLes Trucsの別名義Carl & Sohn(片割れのTobenはレーベル〈MMODEMM〉主宰)やTintin Patroneなどベテランから若者まで収録。ミュージックコンクレート、コラージュ、ドローンなどでまとめられており、中でも一曲目(sample1)のFelix Kubinは手書きのグラフィックスコアをスキャナーで読み取り音に変換するというもので、コンセプトだけでなく音も素晴らしい。他にもNewtone企画で出演したLena Willikens & Sarah Szczesnyの映像と音楽のパフォーマンスユニットPhantom Kino Ballett(ここではConrad SchnitzlerにちなんでPhantom Con Ballettという名前)や、DEKMANTELに出演したりと人気DJになってきたPudelレジデントDJのPhuong-Danの貴重なパフォーマンスも有り。Golden Pudelのアングラ史を切り取った貴重な一枚です! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RICHARD HOROWITZ - Eros in Arabia : LP+DOWNLOAD CODE

RICHARD HOROWITZ Eros in Arabia

FREEDOM TO SPEND (US)
LP+DOWNLOAD CODE // FTS004
2390 yen (税込)

Jon HassellのコラボレーターでもあるRichard Horowitzの1981年作のアルバムがRVNG Intl.傘下のFreedom To Spendからリイシュー!これは素晴らしいです!!

Jon Hassellの提唱したFourth World「未知なる空想世界」がありますが、Richard Horowitzの81年作のこの作品も例外ではなく壮大な音楽の旅へ連れて行ってくれるようなものです。David Byrne、Brian EnoなどともコラボをしてきたRichardはJon Hassellと録音、ツアーも共にしたようでJonからの影響が色濃く現れています。モロッコのドラムの上でシンセサイザーProphet-5とフルートを使いJon Hassellのような幻想的なメロディを奏でていくA2「Eros Never Stops Dreaming」や、ボーカリストSussan Deyhimとのコラボ曲のA4「Queen Of Saba」、アルバムの中では少し異色な超絶自動演奏ピアノの作曲家コンロンナンカロウに向けて作られた(?)A6「23/8 For Conlon Nancarrow」などを収録。中でもアルバム最後に収録された20分超えの名曲「Elephant Dance」は特に素晴らしい。大推薦です! (日野)

RECOMMENDED再入荷

HANS OTTE - The Book Of Sounds : 2LP

HANS OTTE The Book Of Sounds

BEACON SOUND (US)
2LP // BNSD 029LP
---- yen (税込)

ドイツの作曲家、ピアニストであるHANS OTTEが84年に発売した12曲で構成されたピアノ集The Book Of Soundsをアメリカ〈BEACON SOUND〉がライセンスを取得して再発。ジャケットから名作感が溢れていますが、期待以上の素晴らしさです。CORNELIUS CARDEWのピアノ作など好きな方などにお勧めしたい名盤。

早くからJOHN CAGEやTERRY RILEYをドイツに紹介し、STEVE REICHのDrummingのドイツ初公演を行うなどアメリカの実験音楽をヨーロッパに広げた重要な人物としても知られるHANS OTTE。この作品の前作となる「On Earth」では震えるような音の繊細で素晴らしいノイズ、ドローン作品で、Discogsでも高騰しほとんど手に入らないような人気作ですが、こちらはもっと生活に身近な印象の全曲ピアノのみで構成されたアルバム。優しく美しい響きがじわっと体に染み込んでいくような不偏的で素晴らしい曲たち。推薦です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

GHÉDALIA TAZARTÈS - Diasporas : LP

GHÉDALIA TAZARTÈS Diasporas

DAIS (US)
LP // DAIS 021
2490 yen (税込)

フランスのスカムレジェンドGHÉDALIA TAZARTÈSによる記念すべき1stアルバム!延々と針飛びするような音の断片のループと唸る歌声がなにかの儀式をしているような呪術的世界を作り出す79年に発売された名作です。

まず1曲目(sample3)からオペラのような歌声の短いサンプルのループに自らもチベット僧のように唸るように声を重ねていく10分弱の曲で、集中して聴いていくと引き込まれサイケデリックにのめり込んでいくような魅力があります。狙っているのか偶然なのかは分かりませんが、編集されたフィールドレコーディングと変調させた声のバランスが絶妙であり、それがアカデミックなミュージックコンクレートのようにも気の狂ったただのおじさんの叫びのようにも聴こえてきます。世界を旅したタザルテスがクリエイティブな力を最初に注いだアイディアとインスピレーションの詰まった作品。 (日野)

▼ Tracklisting

Un Amour Si Grand Qu'il Nie Son Objet (9:38) 
A2.La Vie Et La Mort Légendaire Du Spermatozoïde Humuch Lardy (3:50) 
A3.La Berlue Je T'aime (3:00) 
A4.Casimodo Tango (2:50) 
A5.Reviens (2:05) 
B1.La Fin Du Prologue (4:40) 
B2.Ouverture Fragile (4:07) 
B3.Rien Qu'au Soleil (2:21) 
B4.Mourir Un Peu (4:46) 
B5.Rien N'est Assez Fort Pour Dire (2:56) 
B6.Une Voix S'en Va (2:03) 

RECOMMENDED新入荷

GUERILLA TOSS - Smack The Brick : 12inch

GUERILLA TOSS Smack The Brick

FEEDING TUBE (US)
12inch // FTR190
3050 yen (税込)

【デッドストック!】NNA TapesからのCASSETTEでリリースされていた録音のヴァイナル化!

BOSTONのアングラバンドシーンから出発し、現在ではNY拠点に活動するGUERILLA TOSSの12インチシングル。JAMES CHANCEやTHE SLITSなど引き合いに出したくなるようなアヴァンギャルドなポストパンクバンドです。DIGITALISやJOHN ZONEのTZADIK、GIANT CLAWとのスプリットをORANGE MILKからリリースして現在ではDFAとサインしているという経歴も面白い。(sample2)のDNA的な自由な発想の曲などすごく良いです! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

GENESIS BREYER P-ORRIDGE & CARL ABRAHAMSSON - Loyalty Does Not End With Death : LP

THROBBING GRISTLE、PSYCHIC TVのGENESIS P-ORRIDGEと、スウェーデンのバンドWHITE STAINSのリーダーであるCARL ABRAHAMSSONの二人による長いスパンで継続的に行われてきたコラボレーションの締めくくりとなるアルバム!

1990年に発表されたPSYCHICK TVとWHITE STAINSの共作アルバム「At Stockholm」からはじまり、CARL ABRAHAMSSONとジェネシスPオリッジが共にプロデュースを行ったTHEE MAJESTY + COTTON FEROXの名義の「Wordship」に続いてこちらが一連のコラボレーションを締めくくる作品となります。メランコリックでアンニュイなポエトリーと、それに寄り添うように鳴らされるサウンド。鳴っている音はドラッギーではないですが、聴いているとナチュラルに脳が溶けていくような特殊な感覚になっていく…。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

OPAL7 - 黒亜細亜 第七集 : CDR

OPAL7 黒亜細亜 第七集

KUROI BLACK (JPN)
CDR // KBCD-004
1100 yen (税込)

自作トラック集をリリースした黒いオパールの別名義OPAL7としてリリースしている「黒亜細亜」シリーズの七作目がこちら!

〈EM RECORDS〉からリリースした知られざるタイのヒップホップJUU & G. JEEが驚きでしたが、このMIXではさらに深くアジアのシーンに潜っていったもの。タイやベトナムの他にも中国やミャンマー、ラオス、インドなどをトラップやダンスミュージックを基点として作られたものであり、第六集からさらにディープになっています! (日野)

RECOMMENDED再入荷

黒いオパール - Abandoned Tribe : CD-R

黒いオパール Abandoned Tribe

KUROI BLACK (JPN)
CD-R // KBCD-003
1430 yen (税込)

関西でDJ/ライブアクトとして活動する黒いオパールの1stアルバム発売です!これまでのルーツを感じさせつつも挑戦的でドープなビート達を詰め込んだ「放棄された部族」と題された挑戦的作品。

ノイズ〜エクスペリメンタルなところからアジア縛りのDJ、そしてビートメイキングへと関西アンダーグラウンドシーンで変容しながら活動してきた黒いオパール aka OPAL7。最近では自分のトラックをDJに組み込んだりマシンライブもするようになってきましたが、自作トラックで構成された1stアルバムがついに発売です!ファニーで軽快な4曲目Bad House(sample2)、変則的ビートだけど一定のギターのハーモニクスでじっくりと踊れるタイトル曲Abandoned Tribe(sample3)、に加えてユーモアのあるシンセアルペジオなど多彩。実験的な方向性のBLACK SMOKER作品などを追っている人にもお勧めしたい作品です! (日野)

RECOMMENDED新入荷

EVA MARISALDI - ENRICO SEROTTI - Music First : LP

ポコポコとセンスある電子音のリズムやギターを重ねる常夏のポップ、透き通るような電子音ドローンなどなど、1996年から2006年にかけて作られた様々な曲を集めた作品。多彩な聴かせ方でアルバム通して素晴らしい!イタリアのレコードディガーによる信頼のレーベル〈ORBEATIZE〉より。

彫刻や写真、自動演奏のような動く作品や映像などを作るボローニャの現代美術家EVA MARISALDIの作品のために作られたものであり、音は電子音楽家/ギタリストのENRICO SEROTTIによるもの。ENRICOは80年代初頭に宅録のカセットをリリースしており、その作品はDiscogsで高騰。そして2017年に〈ORBEATIZE〉から再発されており、その作品はもっとポップ、ポストテクノ、ニューエイジな方向でしたが今作は比較的もっと落ち着いてじっくり聴ける作品。いたるところにセンスが溢れたもので、細かなサンプリング使いやディレイの使い方で飽きさせない作りになっています。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全595件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×