menu & search

1〜20件 / 全563件

< Back   Next >

RICHARD HOROWITZ - Eros in Arabia : LP+DOWNLOAD CODE

RICHARD HOROWITZ Eros in Arabia

FREEDOM TO SPEND (US)
LP+DOWNLOAD CODE // FTS004
2390 yen (税込)

Jon HassellのコラボレーターでもあるRichard Horowitzの1981年作のアルバムがRVNG Intl.傘下のFreedom To Spendからリイシュー!これは素晴らしいです!!

Jon Hassellの提唱したFourth World「未知なる空想世界」がありますが、Richard Horowitzの81年作のこの作品も例外ではなく壮大な音楽の旅へ連れて行ってくれるようなものです。David Byrne、Brian EnoなどともコラボをしてきたRichardはJon Hassellと録音、ツアーも共にしたようでJonからの影響が色濃く現れています。モロッコのドラムの上でシンセサイザーProphet-5とフルートを使いJon Hassellのような幻想的なメロディを奏でていくA2「Eros Never Stops Dreaming」や、ボーカリストSussan Deyhimとのコラボ曲のA4「Queen Of Saba」、アルバムの中では少し異色な超絶自動演奏ピアノの作曲家コンロンナンカロウに向けて作られた(?)A6「23/8 For Conlon Nancarrow」などを収録。中でもアルバム最後に収録された20分超えの名曲「Elephant Dance」は特に素晴らしい。大推薦です! (日野)

RECOMMENDED再入荷

TASHI WADA with YOSHI WADA and FRIENDS - Nue : LP

ROBERT AIKI AUBREY LOWE & ARIEL KALMAやKAITLYN AURELIA SMITH & SUZANNE CIANI、BLUES CONTROL & LARAAJIなど素晴らしい作品をリリースしてきた〈RVNG INTL〉のFRKWYSシリーズ14作目はTASHI WADA with YOSHI WADAによる作品!TASHIのシンセ、そして父の恍惚とするバグパイプの響きは高揚感を産み感動的でもある。これは素晴らしい。

〈EM RECORDS〉でもお馴染み、サウンドアーティストYOSHI WADAとその息子TASHI WADAによる作品が〈RVNG INTL〉からリリース!この作品では基本的に作曲はTASHI WADAによるもので、曲によってはYOSHI WADAとの共作もあります。最近ではライブメンバーとして同行することもあるJULIA HOLTERもアルバムに参加!長尺1作品を1枚のアルバムとしてリリースするようなこれまでの形とは変わり、片面5曲ずつという聴きやすくメリハリのある作品であり、YOSHI WADAワールドに入っていく為の最初の一歩としてもいいかもしれません。大胆なダイナミクスでドラマチックな構成であり、感動を呼ぶ素晴らしい作品。推薦させていただきます!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CARL STONE - Electronic Music from the Eighties and Nineties : 2LP

2016年にリリースされた「Electronic Music From The Seventies And Eighties」から2年。その続編としてリリースされる2LP「Electronic Music from the Eighties and Nineties」は、80年代-90年代に制作された曲を集めた全4曲の作品となります。1曲に持つストーリーが深く、それぞれが独立した大曲なので、4曲で1枚のアルバムというよりは4枚のアルバムを聴いているような感覚となります。

LAURIE SPIEGEL/DON CHRISTENSENやJACQUELINE HUMBERT & DAVID ROSENBOOMなどのリリースをしている〈UNSEEN WORLDS〉からCARL STONEが再登場です。最初に奏でられるループから少しずつ10〜20分かけて構築していき、次第に音がより複雑に、そしてエモーショナルに展開して引き込まれるように聴いてしまうような感動的大作アルバム。A面では一聴して奇妙な響きの声のようなサウンドのループが続いていき、次第にそれに合わせたオルガンのコードが重なり合って気づけば最初の声のループが意味を成していくのが後になって分かります。続くB面では響きを抑えたオルガンのループにさらにオルガンが足されていき、ディレイ処理やドローンが加えられたり倍速になるなどの展開が加えられ、最終的に壊れたクラシックのサンプリング音が入り込んでこれまで構築したものを破壊するようなもの。C面は弦楽器の弓の細かな重なりに笛の音が足され、それがループしさらに重なり合ってエフェクトがかけられていき、その後ループが無くなりまた弦の響きに戻って静かに曲が終わっていく。最後の曲はガムランの音を電子ノイズが入り込んだ荒いカットアップがされ、そこにわざと邪魔するような電子音が入り込んでいく。そしてそれが連続的に重なりドローンになり、最後の最後で入ってくる女の人の歌う声に感動を与えられアルバムが終わります。CARL STONEのエモーショナルな方面が詰まったような、凝縮された内容の一枚。推薦です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

RIMARIMBA - The Rimarimba Collection : 4LP

RIMARIMBA The Rimarimba Collection

FREEDOM TO SPEND (US)
4LP // FTS005, FTS006, FTS007, FTS008
---- yen (税込)

【極少入荷!】限定250部のみのボックスセットが即SOLDOUTしましたが、カバーを新しくして再発されました!宅録ユニットRIMARIMBAが83年から88年にかけて作った4作品を〈RVNG INTL〉傘下のレーベル〈FREEDOM TO SPEND〉からリリース!!

今最も注目しているレーベルのひとつである〈FREEDOM TO SPEND〉からまたまたすごい作品がリリースされました。イギリス出身ROBERT COXを中心に80年代に活動していた知られざる宅録ユニットRIMARIMBAの作品が4枚組LPとなり再発!!!このボックスセットは83年リリースの1stアルバム「Below The Horizon」、84年2nd「On Dry Land」、85年3rd「In The Woods」、そして88年に作られた曲群をコンパイルした「Light Metabolism Number Prague」から構成されています。心地よいマリンバサウンドを基調に、歌心あるギターやシンセサイザーが相性よく絡み合っていく。ミニマルに構成されている曲や、突拍子の無い驚きのサウンド/展開の曲だったり、他にもドローンやサンプリングを使ったような実験的な曲など意欲的に作られています。1st、2nd、3rdはそれぞれ〈FREEDOM TO SPEND〉で一枚ずつ再発されましたが、4枚目の「Light Metabolism Number Prague」はこのボックスセットのみで販売されるようです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RIMARIMBA - On Dry Land : LP + Download Code

RIMARIMBA On Dry Land

FREEDOM TO SPEND (US)
LP + Download Code // FTS006
2190 yen (税込)

RIMARIMBAの4枚組限定ボックスセットが即完売となっていましたが、その中に収録されていた84年リリースの2ndアルバム「On Dry Land」が単発リリース。〈RVNG INTL.〉傘下の素晴らしい再発レーベル〈FREEDOM TO SPEND〉より!

イギリスの知られざるアーティストROBERT COXを中心に宅録していたユニットRIMARIMBA。日々の日記をつけているような、プレッシャーのようなものとは無縁であるかのように思える心地よさのある曲たち。RIMARIMBA特有のエレクトロニックなチープなマリンバのシーケンスはもちろん、コラージュ的に音が重なったエクスペリメンタルなものや、一つのハイライトであるB2(sample)ではドラムマシンにプログレ的にも聴こえるギターを重ねた曲などを収録。名作1stアルバムBelow The Horizonをさらに深く探求していったアルバムです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RIMARIMBA - In The Woods : LP + Download Code

RIMARIMBA In The Woods

FREEDOM TO SPEND (US)
LP + Download Code // FTS007
2190 yen (税込)

RIMARIMBAの4枚組限定ボックスセットが即完売となっていましたが、その中に収録されていた85年リリースの3rdアルバム「In The Woods」が単発リリース。〈RVNG INTL.〉傘下の素晴らしい再発レーベル〈FREEDOM TO SPEND〉より!

イギリスの知られざるアーティストROBERT COXを中心に宅録していたユニットRIMARIMBA。以前の作品に比べてデジタルディレイやプログラミングを取り入れた技術的にも進歩したというアルバム。特に1曲目(sample1)が素晴らしく、左右に飛び交うリズムにカラッとした音色での中東のようなスケールを用いたフレーズが良い。自分で演奏しようと試したものの、十分な演奏スキルが無かったためにプログラミングを用いたとのことですが、それでもどこか人間臭さがあり親しみやすいものとなっています。A面11曲、B面8曲の全19曲。Tracklistからも試聴可能です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

KASSEL JAEGER - Le Lisse Et Le Strié : LP

KASSEL JAEGER Le Lisse Et Le Strié

LATENCY (FRA)
LP // LTNC017
2590 yen (税込)

若くしてフランス国立の伝説的音楽研究機関であるGRMのディレクターを務めるFRANÇOIS J. BONNET aka KASSEL JAEGERが〈LATENCY〉より新作のリリース!初期ではJOEY ANDERSONや〈WORKSHOP〉のオーナーEVEN TUELLなどのダンス作品などもリリースしてきた〈LATENCY〉ですが、最近は実験的な電子音楽にさらに傾倒していっています。もちろん今作も素晴らしい。

〈EDITIONS MEGO〉からの諸作、OREN AMBARCHIやJIM O'ROURKEとの共作なども作ってきた、もはやベテランの格にあるKASSEL JAEGERがフランスの気鋭なレーベル〈LATENCY〉からリリースというのが納得。​“smooth(滑らか、平面)”と​“striated(筋、縞)”という二つの拮抗する二つの探求をコンセプトに考えられたものとなっているようで、グリッドで作られるリズムとは全く異なりながらも有機的に蠢くような音が混在しています。フィールドレコーディングしたものを使っているかはわかりませんが、電子音が先に行き過ぎもはや自然の中で音を聴いているような感覚。これは素晴らしいです。推薦作。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARTINA LUSSI - Diffusion Is A Force : LP

MARTINA LUSSI Diffusion Is A Force

LATENCY (FRA)
LP // LTNC016
2590 yen (税込)

厳しい冷たさのアンビエンス、生々しいオシレーターの断片的な波形、そしてフィールドレコーディングやオーガニックな楽器音をプロセシングし作り変えた、スイスのサウンドアーティストMARTINA LUSSIによるセカンドアルバムがLATENCYから登場です。

現代美術の修士号も取得しているアートと音の境目に位置するMARTINA LUSSI。2014年にデビューEPを出した後は、スイスジュネーブで開催されている日本人のアヴァンギャルドなアーティストも多く出演するフェスティバル「LUFF」などでの演奏などを重ね、2017年に初めてのアルバムをスイスのレーベル〈HALLOW GROUND〉から発表。そして今作、彼女にとって大きな飛躍となる名レーベル〈LATENCY〉からセカンドアルバムのリリースとなりました。LAUREL HALO、SAM KIDELと続く〈LATENCY〉の流れからも納得な作品であり、内容はどんどん深くなってきています。〈LATENCY〉が元々持っていたある種のクラブ的要素はほぼなくなっていますが、背景の印象、アンビエンスサウンドはそのままでありまさにLATENCYサウンドと言えるもの。ギターなどの器楽音やフィールドレコーディングがプロセシングされたコラージュ的な要素を持ち、シンセサイザーやオシレーターの波を重ね合わせ、情報過多にならないバランスのスッキリした作曲が絶妙。BELLOWSやYVES DE MEYのリリースのように、よく見るとジャケットは写真でないという地味なトリックも。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SAM KIDEL - Silicon Ear : LP

SAM KIDEL Silicon Ear

LATENCY (FRA)
LP // LTNC015
2490 yen (税込)

現行の尖った実験電子音楽のリリースをしている〈ENTR'ACTE〉や〈THE DEATH OF RAVE〉から作品を発表し、EL KID名義やYOUNG ECHO、KILLING SOUNDの一員としてブリストルのクラブカルチャーの中心にもいるSAM KIDEL。エクスペリメンタルとクラブミュージックの橋渡し役として重要なポジションの彼にピッタリなレーベル〈LATENCY〉から納得のリリースです!

A面B面1曲ずつ収録された作品であり、A面は「Mimetic Hacking(擬態のハッキング)」とSAMによって名付けられた手法によって行われた東京のライブを収録されています。ランダムに打ち鳴らされるグロッケンシュピールや控えめなキック、そしてパーカッシブなシンセが完璧に配置された長く聴き続ける事ができる強度のあるパターン(sample1)。それはBEATRICE DILLONやMARK FELLなどを引き合いに出したくなる素晴らしさです。A面後半(sample2)は引き続きパーカッシブなシンセを基調にしながら印象的なシンセのフレーズを聴かせていく。一方B面はメルボルンで開発されたという盗聴イベントのパッチを元に音楽的要素を加えてプログラミングして作られたもので、電子音楽の未来に見える過剰なデータが入り混じったようなディストピアコラージュ、そしてエモーショナルなシンセがカオスを音楽的にまとめあげた秀作。やはり〈LATENCY〉は今回もバッチリです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HARMONIOUS THELONIOUS - Unidentified Ensemble plays...Harmonious Thelonious : 12inch

DON'T DJと共にターンテーブルとドラムマシンで構成されたユニークなリズミックトリオTHE DURIUN BROTHERSのメンバーでもあるHARMONIOUS THELONIOUSのTTTから2作目となるシングル!独特のアフロと中東が混じりあったようなスケールを用いた呪術的でもミニマルトラック!!

TTTの前作の12”も良かったですがこちらも良い!DON'T DJとリンクするようなミニマルなダンスミュージックではありますが、この人は良い意味でもっと俗っぽくアクの強さもあり、中東的な弦楽器やシンセのスケールが不思議な快楽さを醸し出していて中毒になっていくようなものです。特に1曲目(sample1)が素晴らしく、控えめな4つのキックの後に入ってくる太鼓とマリンバの中間のような音をしたベースライン、そしてさらに次々重なるドラムのサウンドに次第に高まっていくようなトラックとなっています。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

HANS OTTE - The Book Of Sounds : 2LP

HANS OTTE The Book Of Sounds

BEACON SOUND (US)
2LP // BNSD 029LP
4190 yen (税込)

ドイツの作曲家、ピアニストであるHANS OTTEが84年に発売した12曲で構成されたピアノ集The Book Of Soundsをアメリカ〈BEACON SOUND〉がライセンスを取得して再発。ジャケットから名作感が溢れていますが、期待以上の素晴らしさです。CORNELIUS CARDEWのピアノ作など好きな方などにお勧めしたい名盤。

早くからJOHN CAGEやTERRY RILEYをドイツに紹介し、STEVE REICHのDrummingのドイツ初公演を行うなどアメリカの実験音楽をヨーロッパに広げた重要な人物としても知られるHANS OTTE。この作品の前作となる「On Earth」では震えるような音の繊細で素晴らしいノイズ、ドローン作品で、Discogsでも高騰しほとんど手に入らないような人気作ですが、こちらはもっと生活に身近な印象の全曲ピアノのみで構成されたアルバム。優しく美しい響きがじわっと体に染み込んでいくような不偏的で素晴らしい曲たち。推薦です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JEFF RESNICK - SAC : LP

JEFF RESNICK SAC

OUTERNATIONAL SOUNDS (UK)
LP // OUTERNATIOxNAL002
3190 yen (税込)

1978年にプライベートプレスされ、Discogsでも高額で取引をされていたJEFF RESNICKの作品がリプレス!

アフリカ系パーカッションを使ったりエレクトロニクスを使ったりと様々な方向からのジャズ/フージョンへの自由なアプローチが面白い。ジャズファンクなドラムであったりスムースジャズだったりと幅広く、要所要所に実験的な事を試しているのが良い。2017年から始まったフロムUKの新しいレーベル〈OUTERNATIONAL SOUNDS〉からの2作目となります。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ARIEL KALMA - Nuits Blanches Au Studio 116 : LP

これまでBernard ParmegianiやPhilip Glass、François Bayleなどの未発表曲を収録したアルバムなどをリリースし、重要なレーベルとなってきた〈TRANSVERSALES DISQUES〉が次に紹介するのはARIEL KALMAの未発表曲集!GRM在籍時に録音した膨大な曲の中から選曲したものとなります!

パリで生まれ育ったARIEL KALMAがインドでの長い旅を終え、GRMのレコーディングアシスタントとして働いていた時に暇を見つけては録音を溜めていた70年代中期〜後期の曲を集めた未発表アルバム。ディレイするサックスにオルガンのベースをオーバーダブしたまさにARIELサウンドのA1、フィールドレコーディングにシンセや声を重ねた幻想的な幻想的ドローンのA2、遠くで鳴っているようなドンカマリズムに哲学者/ライターの友人のポエトリーが乗るA3など様々な手法を試しています。B面ではピアノを土台とした構成になっており、B1では約14分にもおよぶ長編の爪弾かれるピアノ曲、そしてB2ではピアノとサックスが幽玄に絡んでいく神秘的な曲でアルバムを締めくくられています。知られざるGRMの歴史が垣間見える1枚。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LAURIE SPIEGEL - Unseen Worlds : 2LP

LAURIE SPIEGEL Unseen Worlds

UNSEEN WORLDS (US)
2LP // UW22
3890 yen (税込)

電子音楽家LAURIE SPIEGELの名盤1stアルバムのThe Expanding Universe(1980年)が再発され再度注目される中、91年に発売された作品が初のレコード化リリース!1stに比べ、宇宙空間を漂うような抽象的でありつつカラフルさのあるサウンド。Philip Coner、David Rosenboom、Carl Stoneなどのリイシューなど手がける信頼の〈UNSEEN WORLDS〉による仕事です。

LAURIE SPIEGELの2作目となるUnseen Worldsは、前作で使っていたGROOVEというシステムから離れ、自ら制作したプログラム「Music Mouse」を使用して制作したアルバム。因みにこの「Music Mouse」はブラウザ上(https://teropa.info/musicmouse/)で音を鳴らすこともでき、MIDIに変換もできて今でも面白いシステムです。キューブリックの2001年宇宙の旅や、大野松雄の「そこに宇宙の果てを見た」などを連想するような果てしない空間の広がりを感じるような作品。アバンギャルドな方向でありながら、前作のようなカラフルさも感じれるところはLAURIE SPIEGELならではだと思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LAURIE SPIEGEL - The Expanding Universe : 3LP

1980年に発売されたLAURIE SPIEGELのデビューアルバムであり電子音楽の一つの金字塔であるThe Expanding Universeが再発!DAPHNE ORAMやDELIA DERBYSHIRE、他にもANDREW PEKLER & JAN JELINEKによるフェイクプロジェクトURSULA BOGNERなどのポップサイドな電子音楽を好きな人、またはDON'T DJのようなポリリズミックなサウンドを好きな人もハマりそうな作品です!推薦盤。

80年に発売された後は2012年に〈UNSEEN WORLDS〉から一度再発されたのみであったLAURIE SPIEGEL(ローリーシュピーゲル)のデビューアルバム!電子音楽のパイオニアの色褪せる事のない大名盤がこの度嬉しい再再発です!!初期電子音楽の脈絡からはもちろん、NEW AGE/AMBIENTや現代のポリリズミックなダンスものにもリンクするもの。中のたっぷりなライナーノーツには、実際に使用されたGROOVEというシステムについての解説もあり(英語)。まだ持っていない人は是非ゲットすべし作品です。推薦!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LAURIE SPIEGEL - The Expanding Universe : 2CD

LAURIE SPIEGEL The Expanding Universe

UNSEEN WORLDS (US)
2CD // AMIP-0156
2592 yen (税込)

1980年に発売されたLAURIE SPIEGELのデビューアルバムであり電子音楽の一つの金字塔であるThe Expanding Universeが再発!DAPHNE ORAMやDELIA DERBYSHIRE、他にもANDREW PEKLER & JAN JELINEKによるフェイクプロジェクトURSULA BOGNERなどのポップサイドな電子音楽を好きな人、またはDON'T DJのようなポリリズミックなサウンドを好きな人もハマりそうな作品です!推薦盤。

80年に発売された後は2012年に〈UNSEEN WORLDS〉から一度再発されたのみであったLAURIE SPIEGEL(ローリーシュピーゲル)のデビューアルバム!電子音楽のパイオニアの色褪せる事のない大名盤がこの度嬉しい再再発です!!初期電子音楽の脈絡からはもちろん、NEW AGE/AMBIENTや現代のポリリズミックなダンスものにもリンクするもの。中のたっぷりなライナーノーツには、実際に使用されたGROOVEというシステムについての解説もあり(英語)。まだ持っていない人は是非ゲットすべし作品です。推薦!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

WOO / NITE JEWEL - Intensity / P.S. : 7inch

WOO / NITE JEWEL Intensity / P.S.

DRAG CITY (US)
7inch // DC542
1190 yen (税込)

WOOとNITE JEWELという世代を越えた二組の良スプリット7インチが〈DRAG CITY〉より!

70年代から活動し、〈PALTO FLATS〉や〈DRAG CITY〉などから再発されもう言わずと知れた(?)LOFIな兄弟ユニットWOO。そして同じく〈DRAG CITY〉や〈MEXICAN SUMMER〉からリリースし、昨今ではOMAR SにフューチャリングされたNITE JEWELという新旧のスプリット7インチ。アタックの無いリズムに乗せてピアノやギター、笛などが重ねられ、日曜午後のアンニュイさと優雅さを漂わすWOOの曲がポップサイドなGHEDALIA TAZARTESというように感じてしまう。もう片面のNITE JEWELは古いドラムマシンにシンセのバッキングを重ね、泣きのギターソロを重ねる曲が時代を超えてWOOとリンクする! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

EVOL - GRM TRAX : 4CD

EVOL GRM TRAX

ALKU
4CD // GRM TRAX
---- yen (税込)

最高なのがきました!数々の先端電子音楽、ミュージックコンクレートの歴史を作ってきたフランスの伝説的な施設INA-GRMにて録音したEVOLの大ボリューム4CD作品!!!!ミニマルサイケデリックアシッドな金太郎飴的トラック集!!

どこで録音しても同じなのでは…!?と思いつつもGRMの素晴らしい機材で録音したぶっとくぶっとびな安定のEVOLサウンドが最狂!全曲10分ずつのトラックが1枚につき7曲収録された全28曲4枚組CDBOX!地獄のようなミニマル感ですが、地味にフィルターを開閉したりしていて(中には10分の間変化が分からないものもありますが)聴いているとだんだん脳がオープンになり心地よくなってしまう。一人で音に浸ってほしいですが、クラブで爆音で長時間聴きたいという気持ちも。玄人のみにお勧めする悪夢のエターナルミュージック。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

RAINER VEIL - Vanity : 2LP

RAINER VEIL Vanity

MODERN LOVE (UK)
2LP // LOVE112
3190 yen (税込)

〈MODERN LOVE〉からのシングル盤リリースから約5年、初めてのフルレングスアルバムのリリースとなるRAINER VEIL!これまでのアトモスフェリックな空気感と比べて、キリッとエモーショナル&レイヴ感の増したサウンドが良い!!

冒頭からド派手シンセのコードが響き渡るエモーショナルさが全開で、シンプルに爽快なオープニングトラック(sample2)が強くアルバムのカラーを印象づけています。続く2曲目の透き通るようなシンセのアルペジオも良いですが、ジャングルをベースとしたリズミックなリズムワークも注目です。トリッキーに鳴らされるランダムなキックとハイハット、クラップが作り出すグルーヴと繰り返し鳴るディレイで広がるダビーなシンセのB1(sample1)などもばっちり! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

BURNT FRIEDMAN - Explorer Series Vol.4 : 2LP

BURNT FRIEDMAN Explorer Series Vol.4

NONPLACE (GER)
2LP // NON48
3090 yen (税込)

30年以上のキャリアの中で独自にリズムへの探求を推し進めていったBURNT FRIEDMANの2枚組の集大成アルバムがすごいです。リズムとメロディが複雑に絡み合う唯一無二のグルーヴ。しかし難解ではなく、スッと体に染み込んでいくようなキャッチーさも持ち合わせている深い音。推薦です!!

ATOM TMとのベテランデュオFLANGERをはじめ、MOHAMMAD REZA MORTAZAVIとのYEK、元CANのJAKI LIEBEZEITとのデュオなど、逸脱した方向から独自のリズムを掘り下げていったBURNT FRIEDMANが待望のアルバムをリリースです。中央ヨーロッパの伝統音楽、民族音楽と向き合い、エレクトロニクスとの融合、そしてこれまで培ってきたリズムメソッドを組み合わせて作られた全10トラック。1曲1曲に深い歴史を背負っているような説得力です。それぞれ短いトラックで片面10分弱の余裕のあるカッティング、ダイナミクスを残した匠なミックス・マスタリングも素晴らしく、ふくよかなベースやパーカッションの音がリアルに響くこれぞプロフェッショナルと言えるような作品。時代に関係なく聴き続けることになるアルバムです。これを聴かずしてなにを聴く!推薦です! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全563件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×