menu & search

1〜20件 / 全555件

< Back   Next >

JUANA MOLINA - Halo : 2LP

JUANA MOLINA Halo

CRAMMED (BEL)
2LP // CRAM 275 DLP
3490 yen (税込)

先日東京で行われたテリーライリー&ジェフミルズとの共演も記憶に新しいフアナモリーナの7thアルバム。インディファン以外にもオススメできる侮れないアルバム。

C1(sample3)のようにインディーファンにも届くような曲がありながら、ところどころエクスペリメンタルで最終的にポップにまとめているのがすごい。感情的という訳ではなく、淡々としながら音楽的な響きを追求しているのが良く、抜き差しのセンスが抜群。そういう点で言えば坂本慎太郎にも通ずるのかもしれません。ドラムマシン(or電子ドラム?)の使い方が絶妙で、録音も素晴らしくLOWの響きは特に良い。音楽の喜びが伝わる全12曲。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JAN JELINEK / COMPUTER SOUP - Improvisations And Edits, Tokyo 26.09.2001 : LP

日本のCOMPUTER SOUPとJAN JELINEKによって2001年に作られた即興エディットアルバムがJAN JELINEKのレーベルから再発です!!!!JAN JELINEKの名盤「Loop-Finding-Jazz-Records」のリリースも同じく2001年となっており、それとかなり近い質感ですがもう少し電子音響的に落とし込んだものです。これまでもっと話題になってもおかしくなかった作品!価値ありです。

虹釜太郎氏の〈360° RECORDS〉や〈SOUP-DISK〉などからリリースし、OVALなど海外アーティストから支持を受けWIRE MAGAZINEにも載るなどして話題となった日本のジャズ〜電子音響グループCOMPUTER SOUPが2001年にJAN JELINEKと作った即興エディット作品がJAN JELINEKが自身のレーベル〈FAITICHE〉よりめでたくリイシュー!!当時の繊細な電子音楽が一周回ってバッチリくる。世界が誇るJAN JELINEKですがASUNA、MASAYOSHI FUJITA、そしてCOMPUTER SOUPなど日本人とのコラボを積極的に行ってて嬉しくなります。JAN JELINEKの名盤「Loop-Finding-Jazz-Records」、そしてこれまた素晴らしい新作「Zwischen」と合わせて聴いていただくのがいいかと!推薦です!!tracklistからもどうぞ! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BAPTISMA - Pes EP : 12inch

BAPTISMA Pes EP

DISK (GER)
12inch // DISK16
---- yen (税込)

!!祝!!DON'T DJとYPYのツアー名古屋編@SPAZIO RITAにて出会った菊永洋一 aka BAPTISMA!DON'T DJがBAPTISMAのライブを見て惚れ込み即リリースのオファー、そして満を待して〈DISK〉から待望のデビューです!!ベース鳴りの良いトライバルなダンスミュージックが脳内トランスを引き起こす。HODGEのリミックスも流石です!

名古屋の重鎮BAPTISMAがついにDON'T DJのレーベル〈DISK〉よりデビュー!まずA面1曲目(sample2)はゆっくりとした重くダークなリズムの中、ガムランや笛が奏でられる神秘的なトラックでEPの雰囲気を印象付けています。続く2曲目では四打ちキックに複雑なリズムパターンのパーカッションが乗り、トランスを誘うミニマルトラック。B1(sample1)はズブっとドープなリズムにMOHAMMAD REZA MORTAZAVIをも思わす爽快でメロディックなパーカッションと深いリバーブのアンビエンスが空間を埋めるハイライトの一つとなるトラック。ラストトラックとなるHODGEのリミックス(sample3)では、BAPTISMAの呪術的パーカッションを切り取り空間を意識してシンプルに配置。HODGEとBAPTISMAの対比が面白く、そのコントラストがこのEPを鮮やかなものにしています!推薦させていただきます!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SAM KIDEL - Silicon Ear : LP

SAM KIDEL Silicon Ear

LATENCY (FRA)
LP // LTNC015
2590 yen (税込)

現行の尖った実験電子音楽のリリースをしている〈ENTR'ACTE〉や〈THE DEATH OF RAVE〉から作品を発表し、EL KID名義やYOUNG ECHO、KILLING SOUNDの一員としてブリストルのクラブカルチャーの中心にもいるSAM KIDEL。エクスペリメンタルとクラブミュージックの橋渡し役として重要なポジションの彼にピッタリなレーベル〈LATENCY〉から納得のリリースです!

A面B面1曲ずつ収録された作品であり、A面は「Mimetic Hacking(擬態のハッキング)」とSAMによって名付けられた手法によって行われた東京のライブを収録されています。ランダムに打ち鳴らされるグロッケンシュピールや控えめなキック、そしてパーカッシブなシンセが完璧に配置された長く聴き続ける事ができる強度のあるパターン(sample1)。それはBEATRICE DILLONやMARK FELLなどを引き合いに出したくなる素晴らしさです。A面後半(sample2)は引き続きパーカッシブなシンセを基調にしながら印象的なシンセのフレーズを聴かせていく。一方B面はメルボルンで開発されたという盗聴イベントのパッチを元に音楽的要素を加えてプログラミングして作られたもので、電子音楽の未来に見える過剰なデータが入り混じったようなディストピアコラージュ、そしてエモーショナルなシンセがカオスを音楽的にまとめあげた秀作。やはり〈LATENCY〉は今回もバッチリです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LOIDIS (HUERCO S) - A Parade : 12inch

LOIDIS (HUERCO S) A Parade

ANNO (US)
12inch // ANNO-002
---- yen (税込)

【再プレス】最近ではPENDANT名義などでアンビエント方面を打ち出していた多才HUERCO S.が久々にダンス方面に帰ってきました。これまでの流れも感じさせるミニマルダンストラック。

HANK JACKSONのニューレーベル〈ANNO〉からの第2弾のリリースとなるのは話題の渦中であるNYのプロデューサーHUERCO S.の変名LOIDIS。前作のHANK JACKSONの12"も良かったですがこちらもやはり良い。それにしてもHUERCO S.のダンス方面のトラックを待っていた人も多いのではないでしょうか。アンビエントを基調にしつつ落ち着いたテンションでリズムを置いていき、ひとつのループでも延々と聴いていられます。SOTOFETTの遊び心と少しリンクする、ダンスと実験を共存させる〈ANNO〉の方向性には賛同します。5/11、12にはANTHONY NAPLESやLOW JACKなどと共にC.Eプレゼンツの来日公演もあり! (日野)

RECOMMENDED再入荷

BLACK MERLIN - Kode : 12inch

BLACK MERLIN Kode

DIE ORAKEL (GER)
12inch // ORKL12
1590 yen (税込)

陶酔的ミニマルがクセになる〈BERCEUSE HEROIQUE〉や〈MANNEQUIN〉からリリースしてきたBLACK MERLINの新作12インチ!ROMAN FLÜGELやEDWARDなどリリースしている〈DIE ORAKEL〉からのリリースとなります。

恐らくモジュラーシンセを使っていると思いますが、無駄な音の無い完璧な音作りでひとつひとつの音の質も素晴らしい。ゆっくりとだけ変化していくすごくミニマルな展開ですが、音自体が良いので延々と聴き続ける事ができ、それゆえのトリップ感があります。土台がしっかりしていれば華美な事をしなくてもいい、というかシンプルに聴かせる方が良いと思える良い例。TOM DISSEVELTやKID BALTAN、DAPHNE ORAMやDELIA DERBYSHIREの初期電子音楽のポップサイドが好きな方から、DON'T DJの〈DISK〉など追ってる方などにもお勧めできます。45回転のレコードですが、33回転で聴いてもハマります。 (日野)

RECOMMENDED再入荷

SERPENTE - Parada : LP

SERPENTE Parada

ECSTATIC (UK)
LP // ELP044
---- yen (税込)

〈WHERE TO NOW?〉などからもリリースしているOndnessの別プロジェクトSERPENTEが〈ECSTATIC〉よりデビュー!ジャンクさを持ちながらインテリジェンスもあるレフトフィールドダンストラック集!〈PRINCIPE〉やBUTTECHNOなど好きな方などにもお勧めしたい。良いです!!

これまでは一部ダンスの要素を入れる事はあっても、基本的にはエクスペリメンタルな電子音楽を推し進めてきたOndness。SERPENTE名義ではストレートなダンス作品とは言えませんが、断然踊れる方向へ焦点を当ててきました。4/4のリズムだけど、それを意識させないような変なリズムを取り入れていてそれがすごく面白い。機械的なランダムっぽいシーケンスなのにどこか肉体的で、一部Burnt Friedmanのような部分も感じれます。いい意味でつかみどころのない、挑戦的で興奮できる曲たちです!Tracklistから全曲試聴可。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

EARTHEATER - IRISIRI : LP

EARTHEATER IRISIRI

PAN (GER)
LP // PAN086
2790 yen (税込)

ELE-KINGの2018年ベストで堂々の1位!NYベースのALEX DREWCHINによるソロプロジェクトEARTHEATERの新作がBILL KOULIGASの〈PAN〉からリリースされました。

バンドZSのメンバーであり、〈RVNG INTL.〉などからリリースしているスーパードラマーGREG FOXと共にGUARDIAN ALIENというバンドをしていたALEX。それと同時にギターと歌でパフォーマンスを行うEARTHEATERというソロプロジェクトをしていましたが、なんと大改革が起きてARCAやBJORK、YVES TUMORにもつながるようなアヴァンギャルド、ミュータントエレクトロニック、そしてポップさも兼ね備えた音楽になっている事に驚き!B4には先日京都で行われたフェスティバル「MAZEUM」でも出演していたMOOR MOTHERも参加しています! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CODE WALK - Distance : 12inch

CODE WALK Distance

PEDER MANNERFELT PRODUKTION (SWE)
12inch // PMCW001
1590 yen (税込)

デンマークコペンハーゲンの二人組ユニットCODE WALKによる2枚目となる12”がPEDERMANNERFELTのレーベルからリリース!ベース鳴りが素晴らしく、PEDERが気に入るのも分かる少し変なシンセ使いが面白い。

オープニングトラックではトリッキーなリズムが混じったトライバルなダンスチューン、続くA2ではジャングルの混じったレフトフィールドテクノや、他にもBPM150の狂気なハードテクノ、そしてアンビエンスで聴かせるアトモスフェリックなダンストラックなど全6曲のバラエティ溢れるEP。フロアに向けた即戦力なレコードであり、SURGEON、DOWNWORDS周辺など好きな方にもオススメできると思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FELICIA ATKINSON - The Flower And The Vessel : 2LP

フランスの重要なレーベルのひとつ〈SHELTER PRESS〉のオーナーであるFELICIA ATKINSONの新作アルバムが到着!妊娠やツアー中に感じる孤独などに影響されたという今作は、時間の感覚が失われるようなアンニュイで日常的な詩的なサウンド。約19分にもおよぶ壮大なラストトラックでは友人のSunn O)))のStephen O'Malleyが参加しています。

2017年のハイライトの一つであった前作アルバム「Hand In Hand」に続くソロ名義でのフルアルバム。日常のたわいもない瞬間に焦点を当てて拡大したような印象を受けます。詩の朗読やシンセサイザー、フィールドレコーディングに加え、マリンバやウッドベース、そしてギターなどの生楽器を過剰になりすぎない程度に丁寧に織り交ぜた独特なバランスの良さがすごく良い。それでも前作よりもすこし派手に、感情的に作られているように感じ、中でも1番大きな違いはラストトラック。Stephen O'Malleyのギターのフィードバックが情緒に溢れた素晴らしい演奏で、アルバムの最後を美しく飾っています。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

WHODAT / VIOLA KLEIN - Workshop 26 : 12inch

WHODAT / VIOLA KLEIN Workshop 26

WORKSHOP (GER)
12inch // WORKSHOP 26
---- yen (税込)

2019年初リリースとなる〈WORKSHOP〉の新作はデトロイトベースのTERRI MCQUEEN aka WHODATと、ドイツケルン出身のVIOLA KLEINによる12”。今後さらに飛躍していくだろうVIOLA KLEINの注目の作品です。地味にすごいので是非じっくり聴いてみてほしい。

まずA面はクラシックな響きのシンプルなキックとハイハットに細かくチョップされた女性の声ネタがシンセ代わりに挿入されていくミニマルなハウストラック。しかし突然別のパターンとなると同時にBPMが落ち、またしばらくして元のBPM/パターンに戻っていくというのを繰り返しているというナチュラルに狂った曲!!元のトラックはWHODATが作っていて、VIOLA KLEINがエディットを加えたというものですが、常人には思いつかない思い切りのエディットに興奮。B面はVIOLA KLEINによる曲で、教会のフィールドレコーディング(?)の声ネタを繰り返していくもの。タムとタンバリンで表拍にリズムを置いていき、ベースや声サンプリングでダイナミックなグルーヴを作り出しています。パッと聴くだけではわかりづらいかもしれませんが、〈MEAKUSMA〉からリリースしているVIOLA KLEINの作品と同様に趣が深くすごい作品だと思います。これは簡単には作れません。推薦です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ZAZOU / BIKAYE / CY 1 - Noir Et Blanc : LP

ZAZOU / BIKAYE / CY 1 Noir Et Blanc

CRAMMED DISCS (BEL)
LP // CRAM025LP
---- yen (税込)

大名作、初めてのリイシューとなります!フランスの作曲家HECTOR ZAZOUとアフリカ人ヴォーカリストBONY BIKAYE、エレクトロニクスデュオのCY 1による奇跡的なコラボレーションアルバム。いつの時代にも色褪せないマスターピース!!!ダウンロードコードに未発表デモ曲が5曲、84年に作られたリミックス3曲も追加され、24ページのブックレット付き。既に持っている人も是非!!

老舗名レーベル〈CRAMMED DISCS〉などからリリースしているHECTOR ZAZOUがディレクションしたFRED FRITHも参加する83年の大名作!!エレクトリックなリズムに合わせてセンスよく配置された楽器が絶妙であり、淡々と歌いながらも突然入るオーバーダブされた美しい和音やメロディのポップさにハッとさせられる。アフリカ的でもあり近未来的でもあるようなどこにも無い音楽で、いつ聴いても素晴らしい!全リスナーにお勧めしたい大傑作です! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

METASPLICE - Mirvariates : 2LP

METASPLICE Mirvariates

THE TRILOGY TAPES (UK)
2LP // TTT066
4290 yen (税込)

〈BRUXIST〉からリリースした前作から約3年、METASPLICEの新作2LPがTTTからリリース!!TTTのこういうリリースは本当に好き。

どんどんリズムから音響の方へ行き、音数が減ってアブストラクトさが増していくMETASPLICE。もはやフロアからは遠ざかり、自分たちの中の美意識を信じて突き進む姿に尊敬。WILL BANKHEADもこの作品に関してツイッターで「少数限定のリリースは嫌いだけどこのリリースは多くの数を作るのが難しい」と言ってまして、それでも2LPにして出すところなどこの作品への思い入れを感じます。確かに広くはオススメできないかもしれないですが推したい作品で、昔よりもどんどん音楽性と可能性が広がっているように思えます。Ttacklistから全曲試聴できます。また日本に来てほしい!推薦です!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

REX ILUSIVII - SELECTED WORKS : 2LP

REX ILUSIVII SELECTED WORKS

VERSATILE (FRA)
2LP // VERLP 36
3290 yen (税込)

セルビアからブラジルに移り活動するも1999年に惜しくも亡くなったSUBA a.k.a REX ILLUSIVI。今年の2月に「WAYANG」というアルバムにより新たに日の目を浴びることとなりましたが、それに続いて別名義REX ILUSIVIIとして作られた曲を選んで作られた2LPの作品がこちらとなります!

1983年から亡くなる1999年までの間に曲をひたすら作り続け、500以上の作品を残したままこの世を去ったSUBA a.k.a REX ILLUSIVI。その間機材を新たにしながら様々なアプローチを試んでいたようで、このアルバムを聴くだけでもその方向性の広がりを感じる事ができます。それもオリジナリティもありアイディアも面白く、素晴らしい曲ばかり。その膨大さからセレクトするのに2年を費やしたそうで、オーナーの心意気や愛を感じるものです。Tracklistから全曲試聴可です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MADTEO - Unrescuable Dense Musik of the Blah Blahs : Cassette

狂った才能MADTEOが〈ORIGIN PEOPLES〉から2作目となるミックステープをリリース!

ミックスとは言え、MADTEO節バリバリな曇った怪しさは健在。ただのエクスペリメンタルやダンスミュージックとは違う、不穏な存在感が異質で最高。恐らく自分の曲も存分に盛り込んでいるのではないかと思います。MAD感漂うRAのインタビュー(https://jp.residentadvisor.net/features/3080)読んでこれを聴けばさらにダークなトリップ感も増し増し?ところで最近MADTEOがSNSで痛々しい怪我をアップしてましたが大丈夫でしょうか…。 (日野)

RECOMMENDED再入荷

RICHARD HOROWITZ - Eros in Arabia : LP+DOWNLOAD CODE

RICHARD HOROWITZ Eros in Arabia

FREEDOM TO SPEND (US)
LP+DOWNLOAD CODE // FTS004
---- yen (税込)

Jon HassellのコラボレーターでもあるRichard Horowitzの1981年作のアルバムがRVNG Intl.傘下のFreedom To Spendからリイシュー!これは素晴らしいです!!

Jon Hassellの提唱したFourth World「未知なる空想世界」がありますが、Richard Horowitzの81年作のこの作品も例外ではなく壮大な音楽の旅へ連れて行ってくれるようなものです。David Byrne、Brian EnoなどともコラボをしてきたRichardはJon Hassellと録音、ツアーも共にしたようでJonからの影響が色濃く現れています。モロッコのドラムの上でシンセサイザーProphet-5とフルートを使いJon Hassellのような幻想的なメロディを奏でていくA2「Eros Never Stops Dreaming」や、ボーカリストSussan Deyhimとのコラボ曲のA4「Queen Of Saba」、アルバムの中では少し異色な超絶自動演奏ピアノの作曲家コンロンナンカロウに向けて作られた(?)A6「23/8 For Conlon Nancarrow」などを収録。中でもアルバム最後に収録された20分超えの名曲「Elephant Dance」は特に素晴らしい。大推薦です! (日野)

RECOMMENDED再入荷

CRAIG LEON - Anthology Of Interplanetary Folk Music Vol. 2: The Canon : LP

SUICIDEやRAMONES、BLONDIEなどなどCRAIG LEONがプロデュースしてきた名盤は数知れず…。その彼が81年にJOHN FAHEYのレーベル〈TAKOMA〉からリリースした名盤デビューアルバム「Nommos」と2ndアルバム「Visiting」をまとめてアンソロジーVol.1として〈RVNG INTL.〉から2014年にリリース。そしてこちらはアンソロジー2作目となりますが2015年から2018年にかけて作られた新作となります!

2014年のリイシュー後、Moogfest、Boiler room、Tusk festivalなどに出演しNommosの再現ライブを行うことでさらに注目を浴びていくこととなったCRAIG LEON。リイシュー後もMOOGと弦楽器アンサンブルとの作品、Berlin Music Ensemble演奏のオーケストラ作品を残していますが、アンソロジーVol.1に続くような作風のソロ作は恐らく30年以上ぶり。シンプルに聴こえて複雑に絡み合ったリズム、そしてそこに重なるシンセサイザーの響きがとても壮大で、初期作品と比べて空間的にとても広がりのある流石の出来。リズムの無いドローン曲もクオリティもバッチリ。素晴らしいです! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PAVEL MILYAKOV a.k.a. BUTTECHNO - Eastern Strike : 12inch

PAVEL MILYAKOV a.k.a. BUTTECHNO Eastern Strike

RASSVET (RUS)
12inch // RASSVET002
---- yen (税込)

自身のレーベル〈RASSVET〉からの二弾目となるPAVEL MILYAKOVの新作12"。今の〈WARP〉直系、時代を捉えたサウンドです。

ロシアのファッションブランドGosha Rubchinskiyに向けて制作されたPAVEL MILYAKOV a.k.a. BUTTECHNOによるトランスのループを使った中毒性のあるミニマルトラック。ダイレクトにLORENZO SENNIからの流れを感じてしまいますが、次を予測させないこの人のセンスはいつも面白い。B面はコラージュ感のあるダンストラック(sample3)でこれがまた素晴らしい!程よいスペースを残しながらサステインの短いジャンクなサウンドを散りばめグルーブが溢れています。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BUTTECHNO - ZCAPRI : 12inch

BUTTECHNO ZCAPRI

ZODIAC 44 (GER)
12inch // ZCAPRI
---- yen (税込)

モスクワ拠点にしながらもTTTなどからリリースしノリに乗っているBUTTECHNO、LUCA LOZANO & MR. HO主宰の<KLASSE WRECKS>傘下の<ZODIAC 44>からのシングル!

ポコポコと左右にシンセが飛び交ウィキッドなテクノのA2や、珍しくBPMの早いストレートなテクノトラックのB1、CONRAD SCHNITZLERが得意とするドンカマのショートディレイをかましたようなサウンドがクールなB2など変幻自在。やはり中でもゲートがかかった特有の歯切れの良いグルーブにセンスよくアシッドベースを足すA1(sample1)がナイス! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TASHI WADA with YOSHI WADA and FRIENDS - Nue : LP

ROBERT AIKI AUBREY LOWE & ARIEL KALMAやKAITLYN AURELIA SMITH & SUZANNE CIANI、BLUES CONTROL & LARAAJIなど素晴らしい作品をリリースしてきた〈RVNG INTL〉のFRKWYSシリーズ14作目はTASHI WADA with YOSHI WADAによる作品!TASHIのシンセ、そして父の恍惚とするバグパイプの響きは高揚感を産み感動的でもある。これは素晴らしい。

〈EM RECORDS〉でもお馴染み、サウンドアーティストYOSHI WADAとその息子TASHI WADAによる作品が〈RVNG INTL〉からリリース!この作品では基本的に作曲はTASHI WADAによるもので、曲によってはYOSHI WADAとの共作もあります。最近ではライブメンバーとして同行することもあるJULIA HOLTERもアルバムに参加!長尺1作品を1枚のアルバムとしてリリースするようなこれまでの形とは変わり、片面5曲ずつという聴きやすくメリハリのある作品であり、YOSHI WADAワールドに入っていく為の最初の一歩としてもいいかもしれません。大胆なダイナミクスでドラマチックな構成であり、感動を呼ぶ素晴らしい作品。推薦させていただきます!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

1〜20件 / 全555件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×