menu 検索する ×閉じる

1〜20件 / 全606件

< Back   Next >

NOT WAVING - Futuro (Music For The Waldorf Project) : 2LP

NOT WAVING Futuro (Music For The Waldorf Project)

ECSTATIC (UK)
2LP // ELP040
3650 yen (税込)

2555 yen(税込) 30%(1095yen) off
〈DIAGONAL〉の印象が強いかもしれませんが、古巣〈ECSTATIC〉から驚きのアンビエント/NEW AGEな作風のアルバムがリリースされました!2013年から2018年にかけて作られた20時間を超えるアーカイブの中から選ばれたもので、内容のある濃厚なアルバムとなっています。

これまでWAVE、エレクトロ、中にはインダストリアルな路線でPOWELLにも近い作風を残してきたNOT WAVINGですが、ここにきて舞台作品の為のコンセプチュアルなサウンドトラックをリリース。興奮を抑え、丸く心地よい音質のシンセのシーケンスが体に染み渡るような上質なサウンドがすごく良い。ラストD面を埋める17分にもおよぶトラックは特にエモーショナルな大曲。JAN JELINEKやHUERCO S aka PENDANT、BOARDS OF CANADAあたりを好きな人にもお勧めしたい。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MARK FELL x RASHAD BECKER x SOTE - Parallel Persia Remixes : 12inch

イラン人のベテランアーティストSOTEの前作アルバム「Parallel Persia」がヨーロッパで話題となりましたが、今作はそのアルバムのリミックス盤。それもRASHAD BECKER、MARK FELLがリミキサーという完璧布陣!特に約20分にも及ぶMARK FELLのリミックスが圧巻です!!

フレッシュなシンセサイザーとその残響音、グリッチ的に散りばめられた変則的なドラム、そして意外なタイミングで鳴らされるオリジナル音源からの生楽器音。それら全てが絶妙に絡み合い、20分があっという間に過ぎ去る超刺激的なMARK FELLのリミックス(sample1)は必聴!!この曲だけでも買う価値ありです。RASHADのリミックスはリズミックなアプローチに挑戦しながらも、まさにRASHAD印と言える自由にうねり回るシンセサイザーで曲の空間性奥行を深めていく。両者ともに複雑な展開の聴き応えがある曲に仕上がっています。対してSOTEは強烈な低音をブリブリ言わせながらディストピアの教会音楽のような旋律を鳴らしているインパクトのあるトラックになっています! (日野)

RECOMMENDED再入荷

MAX LODERBAUER - Donnerwetter : LP

RICARDO VILLALOBOSとのVILODやMORITZ VON OSWALD TRIOのメンバーとしての活動、SAMUEL ROHRERとのAMBIQなどなど数え切れない輝かしいキャリアを持つ大ベテランMAX LODERBAUERの新作!今作は盟友TOBIAS FREUNDのレーベル〈NON STANDARD PRODUCTIONS〉通称NSPよりリリース!

数々のアーティスト達から信頼されている縁の下の力持ち的な名サポート役という印象が強く、コラボなどの音源と比べるとソロ音源は少なめなMAX LODERBAUER。同レーベルNSPから2013年にリリースされた恐らく初となるソロフルアルバム「Transparenz」も素晴らしかったですが、それと同じ系譜で霧に包まれたしっとりと丁寧に紡がれた作品。ファーストアルバムや前作「Gleyland」と比べるとリズミックな要素よりもシンセサイザーの揺れや倍音を聴かせ、波に揺られるように音に浸る作品となっています。Wolfgang VoigtのGASにも近いですが、サンプリングというよりもシンセサイザーを生楽器のように使っていて、それがすごく人間味があるのが特殊。本当に細かなところにこだわりを持った丁寧な仕上がりで、巨匠のなせる業だと思えます。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - Reiten Presents ENSō 2020 : 2LP

VARIOUS Reiten Presents ENSō 2020

REITEN (GER)
2LP // RTNE01
4590 yen (税込)

2020年4月に栃木の採掘場で開催するはずだったフェスティバル「Ensō」の主宰であるレーベル〈REITEN〉が2LPコンピレーションを発表!フェスティバル開催に合わせてリリースする予定でしたが止む無くキャンセルとなり、出演を予定していたアーティスト達を主に集めた作品となります。Tobias.をはじめ、Tobias.のユニットRecent Arts、YvesDeMey、ENAやRennick Bell、Rabih Beainiなど実験的なエレクトロニクスを中心とした刺激的なアルバムに仕上がっています!!

ベルリンに拠点を置く若く気鋭なアーティストKosei Fukudaにより運営されるレーベル〈REITEN〉。これまではKosei本人の作品を中心にリミックス12”などをリリースしてきた〈REITEN〉ですが、今回はフェスティバルに向けて様々な実験的電子音楽家たちを集めたコンピレーションとなります。集まったアーティスト達はそれぞれが自由に実験しながらも、Kosei自身の編集力も相まって自然と全体がうまくまとまったとても良い作品に仕上がっています。オープニングトラックのKosei自身の曲は霧の粒子を感じ取れるようなアトモスフェリックなバックグラウンドの中で、隙間を空けたキックを打ち鳴らしながらじっくりと興奮させていくトラック(sample1)。トリッキーなリズムでかく乱させるRennick BellやYves De Mey、生音のコラージュやドローンで組み立てたRabih BeainiやLemna、不穏な電子音とポエトリーが強烈な印象を与えるRecent ArtsやYuji Kondoなどなど、テクノのシーン周辺で活動しながらも尖った表現をしている日本とヨーロッパの作家をひとつのコンピレーションにまとめたという事も意味のあるもの。彼らが一同に集まり栃木の採掘場で音を鳴らしていたはず、というのを考えながら聴くのもワクワクします。いずれリベンジ開催してほしい! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JERRY PAPER - Like A Baby : LP

JERRY PAPER Like A Baby

STONES THROW (US)
LP // STH2401
2590 yen (税込)

〈NINJA TUNE〉などからリリースする気鋭のバンドBadBadNotGoodのメンバーであるMATTY TAVARESと共にプロデュースを行った今作。エレクリックなドリーミーポップからバンドに昇華され、極上のポップスへと進化を遂げてきたJERRY PAPERですが、これを聴いているとまだまだ過小評価されていると思えます。

くねくねしたパフォーマンスやそのビジュアルの個性の強さに隠れてしまいがちですが、この人はやはりすごいです。ギターやベース、パーカッションやシタールまで自分で演奏しプロデュースも行うという天才肌。前作と同様にMATTY TAVARESとの共同プロデュース、そしてバンドサウンドでのアルバムとなっています。基本的に2、3分のポップスにまとめられていて、さらっと全て聴けてリピートしてしまう中毒性もあり。彼の盟友でもあるHOMESHAKEやMAC DEMARCOなど好きな人には一押しです。大阪の才能BIOMANとの共作とか聴いてみたい。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

RICHARD HOROWITZ - Eros in Arabia : LP+DOWNLOAD CODE

RICHARD HOROWITZ Eros in Arabia

FREEDOM TO SPEND (US)
LP+DOWNLOAD CODE // FTS004
---- yen (税込)

Jon HassellのコラボレーターでもあるRichard Horowitzの1981年作のアルバムがRVNG Intl.傘下のFreedom To Spendからリイシュー!これは素晴らしいです!!

Jon Hassellの提唱したFourth World「未知なる空想世界」がありますが、Richard Horowitzの81年作のこの作品も例外ではなく壮大な音楽の旅へ連れて行ってくれるようなものです。David Byrne、Brian EnoなどともコラボをしてきたRichardはJon Hassellと録音、ツアーも共にしたようでJonからの影響が色濃く現れています。モロッコのドラムの上でシンセサイザーProphet-5とフルートを使いJon Hassellのような幻想的なメロディを奏でていくA2「Eros Never Stops Dreaming」や、ボーカリストSussan Deyhimとのコラボ曲のA4「Queen Of Saba」、アルバムの中では少し異色な超絶自動演奏ピアノの作曲家コンロンナンカロウに向けて作られた(?)A6「23/8 For Conlon Nancarrow」などを収録。中でもアルバム最後に収録された20分超えの名曲「Elephant Dance」は特に素晴らしい。大推薦です! (日野)

RECOMMENDED再入荷

ULLA - Tumbling Towards A Wall : LP

ULLA Tumbling Towards A Wall

EXPERIENCES LTD (US)
LP // ULLA01
---- yen (税込)

Special Guest DJ (uon, Caveman Paradise)が運営する新レーベル〈EXPERIENCES LTD〉からの第一作目のリリースは、HUERCO Sの〈WEST MINERAL〉からもリリースしているULLA(aka Ulla Straus)の新作アルバムとなります!今の時代を代表するメタ的なアンビエントの新解釈。要注目です。

あえて高音域をぼかしているがキラキラして眩しくもある、まるで水の中から音楽を聴いているような浮遊感アンビエント。高音質な方向にはあえて行かず逆にフィルターをかけて遠くに音を置くようなアンビエンスを重視した手法を取っていて、そこに儚さや美しさが表れています。一時の坂本龍一、フェネスやOvalなどのエレクトロニカにも近いように感じますが、〈WEST MINERAL〉周辺で起きているこのような逆説的に作られるアンビエントはNYの一部のかたまったアーティスト達が確信的に作っていて、それがひとつの小さなシーンを形成しているようにも見えます。このアルバムの中にはある自然の一部を切り取ってフォーカスを当てたような曲や、断片的に切られた賛美歌がコラージュされているようなもの、中にはリズミックなアプローチの曲まであります。しかしアルバムを通して聴いていくと、最後の曲で針飛びしながら進行する素晴らしく綺麗なピアノ曲で今までつっかえていたフィルターが外れ、いきなり音に焦点が定まり聴き入るようなトリックもあり。そこの解放感で味わう感動がアルバムの最大のポイントでもあります。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

LUCY RAILTON - Louange à L’Éternité de Jésus : 10inch

MEGOの話題の新シリーズ〈PORTRAITS GRM〉に抜擢されたり、BEATRICE DILLONともコラボを行う今最も注目のチェリストLUCY RAILTONの限定10"!鳥類学者としても知られる現代作曲家OLIVIER MESSIAENの楽曲をアレンジし、チェロとオルガンで演奏を行ったものとなります。

鳥の鳴き声から作曲を行った「鳥のカタログ」が有名で、シュトックハウゼンやクセナキス、ピエールブーレーズなどに教鞭をとるなどした現代音楽の歴史上でも最も重要な作曲家の一人であるOLIVIER MESSIAEN。そのOLIVIERが41年に作曲し、ナチス収容所内で初演を行った「時の終わりのための四重奏曲」の中のチェロとピアノのための楽曲をチェロ&オルガンにアレンジし2010年に演奏したものがこちら。静かに不安と恐怖を感じさせながら、ところどころで優しく希望を見いだせるような素晴らしい楽曲です。ライブレコーディングで偶然だとは思いますが、アンビエンスに子供の泣き声が入っていたり曲の持つ儚さと美しさが生々しく迫ってくる演奏。片面1曲のみの限定盤。 (日野)

▼ Tracklisting

A.Louange à L’Éternité de Jésus (8:32) 

RECOMMENDED新入荷

ANDREW TUTTLE - Alexandra : CD

ANDREW TUTTLE Alexandra

SOMEONE GOOD (AUS)
CD // RMSG022
2190 yen (税込)

UnsoundフェスではMatmosとのコラボも行ったANDREW TUTTLEの4作目のアルバムAlexandraが〈ROOM 40〉のサブレーベル〈SOMEONE GOOD〉からリリースされました。カントリーを基調とした柔らかく心地よいバンジョーやギターの調べに包まれる安心感のある丁寧なアルバム。

ギターやバンジョー、ピアノの演奏に加えてPC上でのプロセッシングなども行うマルチアーティストANDREW TUTTLEの新作アルバム!カントリーの系譜ではありますが、LOREN MAZZACANE CONNORSのようなとても長い残響の中でつま弾かれるギター、そっと寄り添うエレクトロニクスや逆再生音などちょっとしたところで細かな細工が施され丁寧にじっくりと作られているのが分かります。ふとしたタイミングで音に浸るのにちょうど良い作品です。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

CHRISTOPH DE BABALON - Grim Zenith EP : 12inch

CHRISTOPH DE BABALON Grim Zenith EP

V I S (GER)
12inch // VIS005
2190 yen (税込)

2017年にリリースされたCHRISTOPH DE BABALONのストレートなジャングルのEPがリイシュー!昨今のダークアンビエントな方向性とは違い普通にめちゃくちゃかっこいい!!

先日TTTからDJミックスをリリースしたNINAとDJのGOODNEWSが共同運営するハンブルク拠点のレーベル〈V I S〉から2017年に発売されたEPが再発です!湿気に包まれた熱気の中で鳴らされる重厚なベースの上で軽やかに乗るジャングルビート、そして不穏なアンビエンスを鳴らしたアングラど真ん中の4曲。最近のリイシューなどで聴ける実験的な方向性ではなく、広くお勧めしたい作品です!! (日野)

RECOMMENDED新入荷

NIGHTMOVES - Transdance : 12inch

NIGHTMOVES Transdance

DARK ENTRIES (US)
12inch // DE-150
1890 yen (税込)

80年代にシカゴやNYCなどでアンセムだったNIGHTMOVESのTransdanceのバージョンが違う4曲を収録した12インチです!

80年代のシンセポップなバンドNIGHTMOVESによるアンセム「Transdance」の様々なバリエーションを収録した12インチ。当時はLarry LevanやRon Hardyもヘビープレイ。オークランドのDIYスペース「Ghost Ship」で行われた〈100% SILK〉のパーティの時に起きたの火災で亡くなられた方々へ向けられたトリビュート作でもあります。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

KALI MALONE - The Sacrificial Code : 2LP

KALI MALONE The Sacrificial Code

IDEAL RECORDINGS (SWE)
2LP // iDEAL192
---- yen (税込)

リストック。2019年に軒並みベストとして挙げられたKALI MALONEのパイプオルガンのミニマル大作!!

前作「The Sacrificial Code」も素晴らしく即売り切れましたが、こちらも期待以上の素晴らしさ。短いフレーズのループをゆっくりと時間をかけて何度も何度も繰り返していく。聴いていくほどに思考することをやめ、音に浸って一緒に溶け合うような感覚に。ラモンテヤングやテリーライリーとは違うシンプルな方法ではありますが、パイプオルガンの素晴らしい音色も相まってシンプルだからこそ持っている強度がある。歴史に残る一枚になるかもしれません。 (日野)

RECOMMENDED再入荷

BEATRIZ FERREYRA - Echos+ : LP

BEATRIZ FERREYRA Echos+

ROOM 40 (AUS)
LP // RM4114
---- yen (税込)

63年から伝説的なGRM(フランス音楽研究グループ)で働きはじめ、ミュージックコンクレートの更新に努めていたアルゼンチンの電子音楽家BEATRIZ FERREYRAによる1978年〜2007年の作品をまとめたアルバム。

長年活動をしながらも発表作品は少なく、2015年にMEGO傘下の名シリーズ〈RECOLLECTIONS GRM〉でリリースされるなどして徐々に評価されていく事となったBEATRIZ FERREYRA。テープで録音した声をオーバーダブし、動物のように声が蠢いていく。細かな編集が光る刺激的な王道ミュージックコンクレート作品。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

ELI KESZLER - Stadium : CD

ELI KESZLER Stadium

SHELTER PRESS (FRA)
CD // SP099-CD
1890 yen (税込)

この作品を待っていました!〈PAN〉や中国の良レーベル〈EMPTY EDITIONS〉からリリースするなどし、最近ではLAUREL HALOやONEOHTRIX POINT NEVER、過去にはKEITH FULLERTON WHITMANやOREN AMBARCHIなどとも共演/共作リリースしている注目のドラマーELI KESZLERの新作!それもフランスの素晴らしいレーベル〈SHELTER PRESS〉からという。推さないわけにはいかない名作です!!

〈EMPTY EDITIONS〉からの前作のアルバムもたいへん素晴らしかったELI、今回も期待を上回るさすがの出来。最初に彼の音を聴いたときには、繊細で細かな粒の集まりを聴かせるような特殊な奏法に特化したプレイで、小さい音の中のダイナミクスの緊張感が刺激的で本当に驚きでした。今回はそういったドラムはもちろん、小さく弾くことでしか生まれないキックドラムの低音とシンセのベースの混ざり合いやフィールドレコーディングの音などが際立って素晴らしい。ジャズからの影響が大きくありますがアカデミックな教養もあり、ジャズプレイヤーというよりかは作曲家という方が近いように感じますが、実際の演奏も即興のようで独特な決められたパターンの繰り返しをしているのが分かります。絶好調な〈SHELTER PRESS〉、今作も間違いなく傑作です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

YPY - OVER SMILING DUB : CASSETTE + DL CODE

YPY OVER SMILING DUB

BIRDFRIEND (JPN)
CASSETTE + DL CODE // BF038
---- yen (税込)

YPY(日野浩志郎)主宰レーベル〈BIRDFRIEND〉より約2年ぶりとなるカセットのリリース!それもYPYの2作品同時リリース!!カセットで聴く意味のある、フィジカルとの相性が抜群に良いミニマルトラッシュダブ!こちらはオーバーダブ、エディットがされた2作目。1作目をエディットしたものではなく別コンセプトで作られた作品です。DLコード付き。

「70年代初期のビンテージドラムマシンに強烈なフィルターをかけ、そこにダブ処理を行った作品となります。加えてカセットMTRを使いもちっとした低音を過度に入力しました。YPY2作同時リリースのうちもう片方のリリースではエディット、オーバーダブ無しの一発録音ですが、対してこちらは生楽器などをオーバーダブしています。操作性がかなり限定されているけどどこか人間臭さのあるドラムマシンと、暴力的すぎてコントロールの難しいフィルターの相性が抜群によく、さらにそこに乗せる手で弾くハイハットやパーカッションのミックスがとても妙で面白いものになったと思います。1作目と同じくかなりスピーディに制作したもので、1〜2日で完成させたフレッシュな作品。どちらもとてもお気に入り。是非2作品を聴き比べてみてほしいです。よろしくお願いいたします!」 (日野)

RECOMMENDED再入荷

YPY - NYE/D IN DUB!!!! : CASSETTE + DL CODE

YPY NYE/D IN DUB!!!!

BIRDFRIEND (JPN)
CASSETTE + DL CODE // BF037
---- yen (税込)

YPY(日野浩志郎)主宰レーベル〈BIRDFRIEND〉より約2年ぶりとなるカセットのリリース!それもYPYの2作品同時リリース!!カセットで聴く意味のある、フィジカルとの相性が抜群に良いミニマルトラッシュダブ!DLコード付きです。

「70年代初期のビンテージドラムマシンに強烈なフィルターをかけ、そこにダブ処理を行った作品となります。加えてカセットMTRを使いもちっとした低音を過度に入力しました。オーバーダブやエディットは無く、勢いのまま一気に4時間程度録音。その中の一部を切り取って2曲にまとめたカセットとなっています。録音開始から24時間以内でアルバムとジャケットが完成し、その時のテンションがそのまま収録されていると思います。最近のライブでやっているような作風とは違い、初心に帰って興奮しながら録音した愛着のある作品です。よろしくお願いいたします!」 (日野)

RECOMMENDED再入荷

AKSAK MABOUL - UN PEU DE LAME DES BANDITS : LP

AKSAK MABOUL UN PEU DE LAME DES BANDITS

CRAMMED DISCS (BEL)
LP // CRAM002LP
3366 yen (税込)

1980年にリリースされたAKSAK MABOULの2ndアルバム。まさに金字塔。いつ聴いても素晴らしいです。さらに別内容の約80分のCDやブックレットも付いた仕様です!!

もはや伝説と言ってもいいグループAKSAK MABOULの代表的なアルバムが〈CRAMMED DISCS〉から再発。単なるプログレッシブなものではなく、辺境なサウンドが足され遊びもある音楽的にも素晴らしい作品。それも1977-1980年のライブ音源や2015年の演奏も収録した約80分の太っ腹なCDやDLコード、ブックレットも付いた豪華仕様! (日野)

RECOMMENDED再入荷

GROUP A - anOther : LP

GROUP A anOther

MANNEQUIN (GER)
LP // MNQ126
---- yen (税込)

1年がかりで制作し、2018年に上演した舞台作品「anOther」のサウンドトラックが独〈MANNEQUIN〉からリリース!これまでのインダストリアルで突き進むような作風と違い、繊細に音を配置していき映像が浮かぶようなイマジネイティブなアルバムに仕上がっています。

ドイツのセンスあるアンダーグラウンドレーベル〈KASHUAL PLASTIK〉からの作品に続き、今作は舞台作品の為に作られたサウンドトラックアルバム。周波数がぶつからないように丁寧な配置で作り出された芳醇な低音や定位感を聞かせていく冒頭から、じわじわとリズムが押し寄せてくるアルバムの展開も良い。7曲目(sample1)の「Almost, Almost」ではクリーンに倍音を聴かせるドラムマシンの展開と共に穏やかに壊れていくような曲や、Mika Vainioを思わせる低音の響きと声の反響が絡み合う4曲目(sample2)などのリズムトラックもお勧めです! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Alternative Funk: Volume 2 : LP

VARIOUS Alternative Funk: Volume 2

PLATFORM 23 (UK)
LP // PLA 024
3490 yen (税込)

昨年リリースされたAlternative FunkシリーズのVolume 1も素晴らしかったですが、早くもVolume 2が発売!それもやはり内容バッチリで期待以上に素晴らしい!!なぜFunkという言葉を入れているのか不思議に思うほどにエレクトロ、WAVE、実験電子音、そしてたまにFUNKが入っているような多種な音楽性に溢れていて、しかし間違いなくオルタナティブにまとめられたコンピレーション。推薦です!

オリジナルは「Alternative Funk」というレコード作品、そして「Alternative Funk Vol I」、「Alternative Funk Vol II」という二作のカセット作品(すべて1985年にリリース)から選曲してリイシューしているシリーズがこちら。LIQUID LIQUIDのDENNIS YOUNGや独電子音楽会のレジェンドAMUS TIETCHENS、そしてAlternative Funkシリーズ首謀者であり〈VOX MAN RECORDS〉の主宰VOX POPULI!など短めな曲が15曲入った作品です。ジャンルを超えながらもなぜか統一感があり、それぞれの曲が良いのもありますが編集力が抜群に素晴らしく1枚の作品として完成されたコンピレーションのお手本のような1枚。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

DOMINIQUE GRIMAUD - 19 Feedbacks : LP

DOMINIQUE GRIMAUD 19 Feedbacks

DISCREPANT (UK)
LP // CREP74
2690 yen (税込)

SUGAI KENやKINK GONG、SPENCER CLARKのSTAR SEARCHERSなど一風変わった良質エディットフィールドレコーディング〜エレクトロニクス作品などをリリースする〈DISCREPANT〉からフランスのベテランアングラ音楽家を発掘!

70年代から活動しているマルチインストゥルメンタリストDOMINIQUE GRIMAUDの音源集。ロック的なバックグラウンドもちらほら見え隠れし、ビートルズやピンクフロイドの凝った録音編集からの系譜も感じさせていますが、ミニマルを基調としコラージュ的に音を添えていくスタイルで瞑想的な部分もあるもの。使われている楽器も多岐に渡り、レイヤーが重なった分深味を増しているように思います。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全606件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×