menu 検索する ×閉じる

1〜20件 / 全5963件

< Back   Next >

PRIORI - Anform : 12inch

PRIORI Anform

ASL SINGLES CLUB (CAN)
12inch // ASL015
---- yen (税込)

リプレス!ADAM FEINGOLD a.k.a. EX-TERRESTRIALとの共同レーベル〈NAFF〉からのANF名義や、PROJECT PABLOとのユニット・JUMP SOURCE、そしてDUST-E-1名義のジャングルも鮮烈だった、ケベック出身のDJ FRANCIS OAKのソロ・プロジェクト・PRIORIのニューシングル!incl. PROJECT PABLO Remix !!!

インテリジェント・テクノな質感やダブテクノからの影響を伺わせる、霧深くエコー掛かったような反復するシンセパッドがクセになる、強靭なバネで駆け抜けるエセンシャルなタイトル・トラック”Anform”(sample1)がまず素晴らしく、さらに〈ASL SINGLES CLUB〉主宰のパートナー・PROJECT PABLOが手掛けた、クラシカルで気品のあるダブテックに仕上げたリミックス”Anform (Proj Pab Remix)”(sample2)もバッチリかっこいい!くしゃみや笑い声などのヴォイスが左右にドップラーしていく”Leveler”(sample3)もタフなグルーヴ!全4トラック。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

AFRODESIA - Afrodesia - Episode One : 12inch

AFRODESIA Afrodesia - Episode One

BEST RECORD ITALY (ITA)
12inch // BST-X067
2250 yen (税込)

80年代中頃から6年間の間に繁忙したイタロディスコ〜シンセポップを生んだミラノの伝説のレコーディングスタジオ「LES FOLIES STUDIO」から得た敬意とインスピレーションを受け制作された、ナポリの<EARLY SOUNDS COLLECTIVE>の2人・MYSTIC JUNGLE & WHODAMANNYによるニュープロジェクト・AFRODESIAが、名門<BEST RECORD ITALY>かデヴュー披露となる1枚をリリース!

いつもの各々の作品とはまた違う風合いで、歌やコーラス、サイケなギターソロなどを組み入れたソングライティングが、当時のイタリアで興ったアフロ〜コズミック・ムーヴメントからの影響が濃く出ている冒頭”Deep Down In Zanzibar”(sample1)、リヴァーブ処理が効いたバックのダブ・パーカッション、ファンクネスの間を縫うシンセジャム、展開のフックもグッドな”Desert Storm”(sample2)、Pファンクなチョッパー・ベースにのって土星の輪をディスコウォークするようなご機嫌なスペースジャム”Meet In Tunis”(sample3)など、自由度の高いアプローチとノリの良さからくるラフさもグッとくる好盤、全4トラックを収録です! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

STUDYMAN - Dijon Soul EP : 12inch

STUDYMAN Dijon Soul EP

DECABARET (FRA)
12inch // DECAB011
1590 yen (税込)

デトロイトキャバレーで発揮されるサウンドやプロデューサーにフォーカスするフランスのレーベル<DECABARET>から2度目となるリリース、丸々10年振りにSTUDYMANがカムバック。

古来よりワインの産地と知られるブルゴーニュの都市・ディジョンを拠点に、デトロイトテクノへの憧憬を抱き活動するプロデュサー・STUDYMANが、デヴューから10年振りとなる12インチ”Dijon Soul”をリリース!ソウルフルかつパワフルなピアノコード、うねりを纏ったベースラインとフィジーな波状シンセで多幸感を注ぐ冒頭の”Deep Underground”(sample1)、マイナー調アシッド・トゥイーター、じっくり浮上するエモーショナルなマシーンソウル〜エレクトロな”When You Meet Her”(sample2)、漆黒のフロアを闊歩するジャジーかつディープなビートダウン”Dix Co”(sample3)の3ヴァリエーション!さらに、ラベルのイラストレーションは<MAHOGANI MUSIC>からもリリースするデトロイト・ネイティヴ・SHEEFY McFLYを起用というこだわり、是非どうぞ。 (DNT)

RECOMMENDED再入荷

A², STOPOUTS - Go With the Flo EP : 12inch

A², STOPOUTS Go With the Flo EP

EUPHORIC STATE (UK)
12inch // EPHCS001
1790 yen (税込)

<MINT CONDITION>からのUPSIDE名義の復刻もトピック、<R.A.N.D. MUZIK>や<A COLOURFUL STORM>からの復刻ワークでもフィーチャーされ再評価されてきた、UKブレイクビート/ガラージ/エレクトロのパイオニア・ANDY PANAYI & ALEC STONEの2人による'98年から'02年にかけてレコーディングされたペントハウス・セッション音源を、<EUPHORIC STATE>がコンパイルしたリイシュー盤!

JACK MICHAELやROBERT JAMESことNORTH PHASEらUKの先鋭から、FEDE LIJTやTWO PHASE Uといったウルグアイ・コネクションほか各地のニューブリード達をフォローアップする<OPIA>のサブレーベル<EUPHORIC STATE>の第1弾をストック!しなやかにスナップするブレイクビートとグルーヴの安定感"You Gotta"(sample1)、ささやきヴォイスに恍惚としたシンセの連弾とうねり絡む”Techfest”(sample2)、液状に広がるエフェクティヴな空間ディープハウス”Suits You”(sample3)など、珠玉のトラックばかりです。
、 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

LEE RENACRE - Phat Girl EP : 12inch

LEE RENACRE Phat Girl EP

PHYSICAL EDUCATION (SPA)
12inch // PE001
1690 yen (税込)

90-91年の2年のあいだに約30タイトルのリリースをのこした伝説のレーベル<OPTIMISM>から活動をスタートしたユニット・100HZの一員で、HOT LIZARDやSUNRISE SOCIETYも名を連ねる<PACIFIC RECORDS>から2枚のシングルをリリースした'96年にソロとしてデヴューをきったLEE RENACRE名義の処女作”Phat Girl EP”が再発!

RAZE OF PLEASUREやSKYMASTER a.k.a. MARK AMBROSEの復刻を手掛けるスペインの<CURATED BY TIME>も運営するBALDO主宰のリイシュー専科<PHYSICAL EDUCATION>の第1弾をストック!近年でも実質のソロユニット・100HZとして<DAWN STATE>や<LOGISTIC>、<HOWL>や<SLOWLIFE>などからリリースも順調なUKのベテラン・LEE RENACREの初期名作シングルがリイシュー!シンプルかつ躍動感のある電子音の歓び、ミニマルでダークな陶酔と高揚をもたらすグルーヴ、タイムレスにフロアをフリークさせるクラシックなUKテクノの礎、全4トラック。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

NON BAND - Non Band : LP

NON BAND Non Band

TAL/TELEGRAPH (GER)
LP // TAL004
---- yen (税込)

先日来日していたドイツの音楽家・STEFAN SCHNEIDER (TO ROCOCO ROT) が、このレコードと出会い恋に落ちたと語っていた、80年代のジャパニーズ・ノーウェイヴ〜ポストパンク・バンド・NON BANDのアルバム作品を再発してしまった!!!STEFAN & SVEN KACIREKによるニューレーベル〈TAL〉の第4弾リリース。

東京ロッカーズ、そして関西ノーウェイヴと呼ばれていた、まだインディーズという言葉すらなかった'79年頃に発生したニューウェーブ/パンク・ムーヴメント、それまで停滞していたロック・シーンを打ち破るような様々な個性溢れるミュージシャンたちが多く生まれていた中で登場した、MARIA 023というバンドで活動していた女性ベーシスト・NONを中心に結成されたNON BANDが、AUTO-MODやCHANCE OPERATION、のいづんずりやアマリリスといったアヴァンで実験的なポップ〜ウェイヴなバンドを率いた伝説的レーベル〈TELEGRAPH〉から、'82年にリリースされたアルバム作品が、まさかのリイシュー!!!NONによるフリーキーで舌足らずなヴォーカルと饒舌なベース、それを支える玉垣満のドラムス、ヴァイオリンとクラリネットを操る山岸騏之介を軸としたトリオ編成での活動は約1年のみであったという奇跡の音源です。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

OMNI A.M. - Key : LP

OMNI A.M. Key

EUPHORIA (UK)
LP // AAH001LP
3490 yen (税込)

DERRICK CARTERやTYREE COOPERら台頭した90年代のシカゴのハウスシーンと、THE ORBやKLFといったイギリスのレイヴを通過した実験的なUKテクノの双方から影響を受け結成されたシカゴのデュオ、今なおヨーロッパのミニマルシーンからのラヴコールも熱い名手・ADAM COLLINSとMARKY STARの2人による伝説的プロジェクト・OMNI A.M.の幻の97年ファースト音源集「KEY」が、ついに復刻されました!

同時代に活躍していた西海岸のFREAKY CHAKRAや初期サウスロンドンのMARK AMBROSEらの作品もリリースしていた、当自身らの音楽性を示すため設立したレーベル<EUPHORIA>をメインに活動しリリースをかさね、その12インチの殆どがディープなコレクターらのディグによって現在ハイプライスを付けているUSテクノのイノヴェイタ的存在である「OMNI A.M.」が、当時主催していたイベントのみで配られていたというCD音源が、初ヴァイナル化!!その中毒性のある革新的なシンセサイザーの導入、ダークかつ実験的でムードを重視したブレイクビーツやエレクトロ、EBMやアンビエントもすべて包み込んだ広意義でマルチプルなプロトなテクノサウンド、全8トラック収録! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

RED AXES - SOUND TEST : 12inch

RED AXES SOUND TEST

PHANTASY SOUND (UK)
12inch // PH84
---- yen (税込)

こちらもリプレス!テルアヴィブからワールドワイドな活躍を発信し続ける大人気デュオ・RED AXESが、EROL ALKAN主宰の〈PHANTASY SOUND〉から2枚目となるシングルをリリース!〈KLASSE WRECKS〉主宰のLUCA LOZANOことPLANET LUKEによるラベル・デザインです。

<PHANTASY SOUND>から昨年リリースされたシングル”Sipoor”はたった1回のみしか入荷されず、やはり人気の衰えないテルアヴィヴ鬼才デュオ・RED AXESによるニューシングル!フィボナッチ数列状に上昇する電子音とアルペジオ、女性がカウントダウンをコールする正しくサウンドテストな”Sound Test”(sample1)、トレードマークともいえるマカロニ・ウェスタンなメロディーと、カオティックなディストーション・ギターで煽情する”Shabak Shalom”(sample2)、アウトオブキーにドリブルする電子パッドに金属的なマーチング・ドラムでサイケデリックに疾走する”Kookoo Papa”(sample3)の全3トラック! (DNT)

RECOMMENDED再入荷

K-LONE - In The Dust EP : 12inch

K-LONE In The Dust EP

SOUNDMAN CHRONICLES (UK)
12inch // SMNCHR008
1890 yen (税込)

<ANCIENT MONARCHY>や<IDLE HANDS>、<HEMLOCK>などからリリースする気鋭黒人プロデューサー・PARRISの主宰レーベル<SOUNDMAN CHRONICLES>から、これまでのリリースも好評なレーベル<WISDOM TEETH>を主宰する若きプロデューサー・K-LONEが登場!

〈WISDOM TEETH〉のコンピレーション”On Line Vol.1”でもポリリズムなトラックを披露したK-LONE、さらに深くBPMに捕らわれない実験的な世界観を更新しています。レコメンド! (DNT)

RECOMMENDED再入荷

FARSTA KALLE & SAMO DJ - THE SAUNA TAPES EP : 12inch

FARSTA KALLE & SAMO DJ THE SAUNA TAPES EP

TAKE AWAY (US)
12inch // TA011
1890 yen (税込)

スウェーデンの老舗レーベル<RAW FUSION>くらい旧くからシーンを支えてきたパーティ「LIGHTHOUSE CREW」の一員であるベテランディガー・FARSTA KALLEと、<BORN FREE>を主宰するストックホルムの次世代を担うキーマン・SAMO DJの2人によるアフロセレクション!ストックホルム信頼の新旧タッグによるリエディット。

スペースアウトなシンセサイザー、ドライでレトロな70年代アフリカンディスコのプリミティヴな香りが、巧みなディレイ&エコーによって増幅される”Something Real Something Dub”(sample1)、情熱的なヴォーカルとホーンセクションにも引けを取らない、サイケデリックなリズム隊のグルーヴの渦に呑みこまれそうな”More Give Me Some More”(sample2)に加え、ANTILLAS MAYORESという'75年産のミステリアスなナッソーディスコ〜アンサンブルやパンチラインも秀逸なセミ・インストゥルメンタルの”Tranan Rumba”(sample3)も最高です。 (DNT)

RECOMMENDED新入荷

COEO - Tonic Edits Vol.5 : 12inch

COEO Tonic Edits Vol.5

TOY TONICS (GER)
12inch // TOYT064
1590 yen (税込)

待望のリプレス!アイルランドの〈LAGAFFE TALES〉にも名を連ねるミュンヘンの2人組・COEOによる、ディスコリエディット集!

アーバンに80'sブギーなチョッパー・ベースに胸アツ・シャウトが印象的な”She Keeps It Good”(sample1)が最高、〈LET'S PLAY HOUSE〉のボス・JACQUES RENAULTもサンプリングしていた、NYディスコ・NORMAN GISCOMBE JR.の”Get Up And Dance”をフロア仕様に強化した”1981”(sample2)、ブラジル出身でありながらフランスを中心に活躍した実力派女性ヴォーカリスト・MARCIA MARIAによる名曲”Amigo Branco”のリエディット”Cabrio Mango”(sample3)もオオススメ! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

KEVIN SAUNDERSON - THE SOUND (POWER REMIX) / THE GROOVE THAT WONT STOP (Clear Vinyl Repress) : 12inch

KEVIN SAUNDERSONとSANTONIO ECHOLSコンビによる'87年産のクラシック、”THE SOUND”&”THE GROOVE THAT WONT STOP”

REESE & SANTONIO名義'87年のジャッキン・グルーヴ”The Sounds”の逸話として、NYレジェンド・TODD TERRYが大胆にも直ぐさまサンプリングしリリースしたという出世作”Back to the Beat”があり、更にアンサー返しでコレをマッシュアップしたヴァージョンであるレアミックス”The Sound (Power Remix)”(sample1)を収録した、<KMS>カタログ14番のリマスター再発!ピュアなデトロイト〜プロトタイプともいえる”Tranzister”(sample2)、マッシヴなアシッド・グルーヴがよみがえる”The Groove That Won't Stop”(sammple3)は2ヴァージョン収録!リリース当時の曲並びでの復刻、今入荷クリアー・ヴァイナル仕様でのストックになります。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

NEAL HOWARD - Indulge : 12inch

NEAL HOWARD Indulge

NETWORK RECORDS (US)
12inch // NWKT20-1
2190 yen (税込)

80年後期から90年代にかけて、ALTERN-8やRHYTHMATICといった初期のUKテクノの重要なレコードや、<TRANSMAT>や<KMS>、<METROPLEX>のライセンス・リリースををヨーロッパに向け流通させていた偉人・NEIL RUSHTONの<NETWORK RECORDS>から、USロックフォードのプロデューサー・NEAL HOWARDによる'90年のアーリー・シカゴの名作トラック”Indulge”がリマスター再発!

Bサイドには、”Good Life”前夜のPARIS GREYが歌った名曲”Don't Lead Me”で知られる、シカゴ黎明期より活躍したプロデューサー・HOUSE MASTER BALDWINのレーベル<FUTURE SOUND R&R>からリリースされたNEAL HOWARDのデヴューシングル、'88年US産レイヴ/ブリープのカルトトラック"To Be Or Not To Be"は、シカゴのBAD BOY BILLミックス”To Be Or Not To Be (Bad Boy Bill Mix)”(sample2)とデトロイトのMAYDAY a.k.a. DERRICK MAYミックス”To Be Or Not To Be (Mayday Mix)”(sample3)を収録! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LAURICE HUDSON - Feel My Love : 12inch

LAURICE HUDSON Feel My Love

SNOWFLAKE (US)
12inch // SPEC1821
1890 yen (税込)

オールドスクール・ヒップホップ<COLD CHILLIN'>と合併したディスコレーベル<PRISM>を代表するグループ・PURE ENERGYのメンバーである夫のCURTIS HUDSONプロデュース、傘下レーベル<SNOWFLAKE>の数少ないカタログの中でも高値でディールされていた1枚が、うれしいリイシューです。

のちに、ディスコ、ガラージからヒップホップ、ハウスを横断するNYのミックス・カルチャー全盛期を代表するレーベル<EASY STREET>からもシングルをリリースし、シーンからフェードアウトしていったUSフィーメール・シンガー・LAURICE HUDSONの'82年リリースのデヴュー盤で、市場プレミアも高騰していたシンセブギー〜ディスコ”Feel My Love”がリマスター再発!コーラスのリピートやシンセワーク、ギターソロetc.がより引き立っているインストゥルメンタルとのカップリング。 (DNT)

RECOMMENDED新入荷

BURNIN BEAT feat. OLIVE MASINGA - IT'S HOT : 12inch

BURNIN BEAT feat. OLIVE MASINGA IT'S HOT

AFROSYNTH (HOL)
12inch // AFS034
2150 yen (税込)

ブート再発も出回ったSUPA FRIKAやSHALOMなど、TVショーでも活躍したグループのプロダクションに携わっていたENOCH NDLELAが、舞台女優であったシンガー・OLIVE MASINGAを迎えて一念発起し作り上げたレア・シンセディスコ”IT'S HOT”が、サウスアフリカのレア音源リイシュー<AFROSYNTH>からリイシュー!

アパルトヘイト政権下において大衆の娯楽として育まれてきたナイトクラブ・シーンの常連であり、大きく成長する音楽業界の広報として働いていた若いミュージシャン・ENOCH NDLELAが、メジャーレーベル<CTV>のボス・MAURICE HORWITZと組んでヒットを狙うもすぐ会社からは見放され、別の<RPM>によってクラブDJに数枚手渡されたのみで、レコード屋さんにはほとんど並ぶことがなかったという、幻の1枚が再発!シンセと調子を合わせたようなファルセット、いなたく訛ったようなズレがなんとも味のある”Burnin Beat (It's Hot)”、今年もバッチリDJ HARVEYがプレイしている”Searchin'”、両面ともに10分オーバーのディスコ仕様!待望のリプレス。 (DNT)

RECOMMENDED再入荷

PHOTAY - Waking Hours : LP

PHOTAY Waking Hours

MEXICAN SUMMER (US)
LP // MEX263
---- yen (税込)

’14年デヴュー以降、多くのフェスティヴァルへの出演からBONOBOのサポートアクト等をこなし、今もなお美しいウッドストックの森の中に暮らす天才ビートメイカー・EVAN SHORNSTEINのソロ・プロジェクト・PHOTAYによるニューアルバム「WAKING HOURS」が、ブルックリンのポップ〜サイケデリックの名レーベル<MEXICAN SUMMER>からリリース!

インストゥルメンタル主体で内省的でありつつパラレルなポップセンスで評価された'17年アルバム「ONISM」をへてリリースされる待望のニューアルバム!今作は、L.A.音楽シーンの重鎮・CARLOS NINOや、LARAAJIともコラヴォレートするMETRONOMYのMICHAEL LOVETT、ZSのレイテストメンバー・MICHAEL BEHARIEといったゲストミュージシャンの参加に加え、自身によるヴォーカル楽曲も多く収録し、この時代の空気を払拭したいという希求と創造に身を任せて制作されたPHOTAYの最新作!彼の持ち味であるカラフルなエレクトロニクスと、アフリカ音楽から学んだポリリズムの邂逅した音楽性は健在でありつつ、特筆すべきはDIRTY PROJECTORのメンバーらを迎えてのコーラスやヴォイス・ハーモニーにも挑戦し、あらたな表現を追求した渾身となる全10トラック!レコメンド。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HIATT DB - Palimpsest : 12inch

HIATT DB Palimpsest

RHYTHM SECTION INTERNATIONAL (UK)
12inch // RS034
---- yen (税込)

テキサス出身、ニューオーリンズに移り住み音楽の多様性を拡張してきたパーカッショニスト兼プロデューサー・HIATT DBが、<RHYTHM SECTION INTERNATIONAL>からデヴューシングルをリリース!

オースティンのデュオ・TIME ZONESのデヴューEPでスタートをきったレーベル<MYSTERY ZONE>を主宰、D.I.Y.で作り上げた同名のサウンドシステムを彼の地で有名なカーニバル「マルディグラ」で披露しDJとサンバチームとのセッションも敢行し、シーンを活性させているHIATT DAVIS BECKERによるデヴューシングル!カーニバルの熱気とレイヴ〜ブレークビーツをマッシヴに交配させた”Sun Spell”(sample1)、オールドスクールなブレイクス&重低ベース、セオパリッシュもフェイヴァリットなBARRINGTON LEVYの名バラード”The Vibes Is Right”のカットアップを織り交ぜた”6 O'clock Rock”(sample2)など、DJならではの独自のハイブリッドとスタンダードなルーツをミックスアップさせるスタイルがフレッシュに炸裂する、全4トラックを収録! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LOUF - Times Were Simpler EP : 12inch

LOUF Times Were Simpler EP

SILVER BEAR (UK)
12inch // SB010
---- yen (税込)

ストーンヘンジと並ぶイングランド南西部の人気スポット・ラルワース城で開催されるUK老舗フェスティバル「BESTIVAL」の創始者・ROB DA BANKが主宰する、チルアウト専門の〈SUNDAY BEST〉とは別にクラブ寄りにフォーカスしたシスターレーベル〈SILVER BEAR〉の最新盤が素晴らしい!

LOBSTER THEREMIN配給の新興レーベル〈VALBY ROTARY〉を主宰しているヤング・プロデューサー・LOUFことLOUIS FITTONによる最新シングル!フィールド・レコーディングを浮かべた深い静寂のサーフェイスにたゆたう緩やかなカーヴド・アンビエンス、いつしか走り出すエレガントなブレイクビート、リズム・コンストラクションが絶品の冒頭タイトルトラック”Times Were Simpler”(sample1)、微細な振動が心地いいヴィーブラートのショートディレイ、低く沈み込むベースに小気味の良いブロークンビーツが織りなす”Axis”(sample2)共にスバラシイ!ブリリアントな空間を生成するダブワークとファットなキックの4/4"Polycarb"(sample3)を経て、短編アンビエント・スキット”Sedentary”を、MAN POWERがリミックスしたトロピカルダンス”Sedentary (Man Power Tropical Bastard Remix)”までを収録した12インチ!レコメンド。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MATTHEW OH - Psycho Hub : 12inch

MATTHEW OH Psycho Hub

TAPED ARTIFACT (HOL)
12inch // TA004
---- yen (税込)*USEDの商品があります。
1点:1000円から

used

LEVON VINCENTも目をつけたスタンプ盤〈OUTLAW〉が地下ヒットしたイタリアの気鋭・MATTHEW OH、西海岸アンダーグラウンドのNATAN Hをフックしたダッチレーベル〈TAPED ARTIFACT〉から、初スリーヴでの新作登場。

タンバリンやトライアングル、粒立ったハイハットにやや歪ませたエフェクティブなシンセパッドにのるフローと、深いエコー・リヴァーブで潜行するパワフルなダブテック”Psycho Hub”(sample1)、闇のスキマに亜空間ダブをドリップしたダークミニマルな”Shroud”(sample2)は野外とかも合いそう。ラストは、子供の声などアンビエントな要素でしっとりと物語るミッドテンポ・ブロークンハウス”Get in the Frige”(sample3)で着地、MATTHEW OHいい感じです。 (DNT)

RECOMMENDED再入荷

MALL GRAB - Steel City Dance Discs Volume 20 : 12inch

ロンドンに拠点を移し好調まっしぐらの人気プロデューサー・MALL GRABのニューシングル、オーストラリア時代にスタートさせたレーベル<STEEL CITY DANCE DISCS>もついにカタログ20番!

抽象表現主義の画家・マーク・ロスコのシーグラム壁画のみで埋め尽くされたロンドン美術館「テート・モダン」にある部屋から名付けられた、スムースな上昇気流にのせた連弾ピアノ・ブレイクでハンズアップ、強靭なボトムグルーヴでピークの頂に先導する”Room Full Of Rothko”(sample1)を冒頭に、独自のフォーカスで拓かれた今やMALL GRABのトレードマークともいえるモダンレイヴの熱気がスパークする”Nonstop Feeling”(sanole2)、アーメンブレイクをトリッキーな手技でジャグリンさせたハイパー・ブロークン〜ヘヴィウェイト、やはりシンセやメロディ使いが流石の”III Pt.2”(sample3)もオススメ! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全5963件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×