menu 検索する ×閉じる

1〜20件 / 全306件

< Back   Next >

NICK KUROSAWA - I'll Come Running Back To You : 7inch

こいつもため息、、、すばらしすぎる。。日系ハワイ人、NICK KUROSAWAによる極上カバー7`。カルロス・ニーニョも大絶賛。クリアーヴァイナル仕様での再ストック!

ソウルシンガーSam Cookeのカバー"I'll Come Running Back To You"(sample1)、、ため息。。素晴らしい。。ご自宅でもパーティのラストにも、いい夢見れそう。B面はBobby Caldwellの"What You Won't Do For Love"(sample2)、、良すぎる。。 一生聴ける極上もの。こんなんあったんですね。

"What shines through is his authenticity and soul. It's a pure line, and good vibe, full of Aloha, spirit and heart!"
- Carlos Niño (dublab, Leaving Records) (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A.I'll Come Running Back To You (4:14) 
B.What You Won't Do For Love (4:25) 

RECOMMENDED再入荷

MARYANNE ITO - Live At The Atherton : CD

MARYANNE ITO Live At The Atherton

ALOHA GOT SOUL (US)
CD // AGS-021
---- yen (税込)

ハワイはホノルル在住日系シンガーMARYANNE ITO、もう最高としか言いようのない純真グッドミュージック!ALOHA GOT SOULより。CDも入荷です〜

入荷を待望してました!!!サモアと日本のハーフでホノルル在住のネオソウルシンガー、MARYANNE ITO。ハワイアンミュージックのアーカイブを紹介する素晴らしきALOHA GOT SOULからの一枚。ハワイの太陽と涼やかな風を存分に単能できるシンプルな歌と演奏、これ以上は要らないですね。友人と家族のためのホノルルでのライブ録音ということで、そのリラックスした雰囲気も伝わってくる。普遍的なオーガニック・ソウルの隠れた名盤でもう個人的にも大好きな盤です。レコードあるって知って慌てて入荷させました。HIKARUくんに紹介したら大絶賛してましたね。全員にオススメです!CDも入荷、車で聴いたりしても良さそうですね。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

1.Serendipitous (5:37) 
2.Friendly Exploitation (4:14) 
3.No Solution (6:15) 
4.Good To Me (4:45) 
5.Anniversary (6:00) 
6.I Met Your Rep (4:09) 
7.How I Feel (Hana Hou) (4:49) 

RECOMMENDED再入荷

TENO AFRIKA - Amapiano Selections : LP

南アフリカ産ダンスミュージック、Amapianoのアンバサダーを曲目上でも名乗る若干21歳のTENO AFRIKA。シンセのプリセット音から南アフリカ産のダンスミュージックの歴史をふまえてのこれが最新のリポート。

クワイトからアフロビーツ、南アフリカ産ハウスまで2000年代前後からこの地域独自のダンスミュージックが発達してきましたが、このAMAPIANOが最新の音楽とのこと。チープなシンセから紡ぐリズム宇宙、ログドラムと呼ばれるドラムパターンはYAHAMAのシンセのプリセットにあるみたいです。現地発でMP3でシェアされる音楽らしく、この辺は南米スロー系と同じく2010年代以降のカルチャーですね。今回vinly化はアフロ音楽を様々な角度から紹介してきたAWESOME TAPES FROM AFRICAの面目躍如のお仕事。しっかし、この特徴的なシンセの浮遊感と長尺感は全くもってドラックミュージックと言い切ってしまいたくなる危うさ。と思ったらジャンル名通りの綺麗なピアノリフなんかシカゴハウスぽい。クワイト以降のシェイカーの音にもっていかれる、、、ベースミュージック/トラップ以降のサブベースはフロアでも鳴りそう。スネアの入れ方も極めて変でハウスとは言いきれず。辺境がどうとか理屈じゃなく踊るものですね。ループしているうちにハマってきました。なんじゃこりゃ。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

SESSA - Grandeza : LP

SESSA Grandeza

BOILED RECORDS (US)
LP // BOI011
3290 yen (税込)

坂本慎太郎のアメリカツアーの前座で名を知らしめたSESSA・入荷しました!サンパウロのからアフロ・ブラジリアン〜トロピカリズモ直系SSW

幻覚感と儚い色気が立ち込める様はカエターノ&ガル・コスタ「DOMINGO」、エドゥアルド・マテオ&デノイール「INEDITAS」などの南米SSWの突然変異な冥盤も浮かびますが、あまり秘境プログレッシブすぎずにデベンドラみたいな良質SSWの親しみやすさもあり、魔法のようなトロピカリズモ浴の後に残るのはシンプルな歌とメロディ。なるほど坂本さんの前に演ってたら最高でしょうね。パーティのアフターアワーズに最適。
プロデュースはイスラエル出身でDrag Cityでもリリースがあるオルタナ奇人Yonatan Gat。2年かけた労作だとか。サンパウロ&ニューヨーク録音。バイーヤ直系な呪パーカッションとボーカルの曲などDJにもどうぞ。ネクスト感じます。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HARMONIOUS THELONIOUS - Plong : LP

HARMONIOUS THELONIOUS Plong

BUREAU B (GER)
LP // BB352
---- yen (税込)

アフリカ音楽のリズムをテクノに再構築するDüsseldorfのHARMONIOUS THELONIOUSによるVoodooテクノ9曲。今やこのアプローチも様々ありますがやっぱり職人。

〈THE TRILOGY TAPES〉からのミッドテンポの曲なんかも使わせてもらいまくってます、HARMONIOUS THELONIOUSの最新LP。ってこれAWESOMETAPESの最近のリリースを聴いた後だからか?不穏なシンセとスネアの打ち方は微妙にAmapianoをも意識してるのか?とはいえあちらのようにハウス風味ではなく、ポリリズム追求型のストイックなジャーマン・ロックの末裔か?ブレない姿勢にリスペクト。後半にはらしさ溢れるインダストリアル・アフロな打ち込みも。やはりかっこいいです。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MR. HO - JIN 02 EP : 12inch

MR. HO JIN 02 EP

JIN 禁 (台湾)
12inch // JIN02
2190 yen (税込)

新章突入!アジアは台北発のレーベル、JIN 禁始動!!!!!お馴染みKLASSE WRECKSそして香港の宀 Clubレジデント、2020年代アジアシーンを代表するDJの一人であろう、MR.HOによる最高すぎる4track!!!

来日時のDJも毎回最高の一言、新キャラ登場なMR.HO。BPM110ミッドテンポacid、Holy Smokes(sample1) 、キック弱目で130越え最近の傾向ブロークンテクノEmo Spring(sample2)、そして宀 のファウンダーSunsiaréによるReshapeもナイスな今ドラムン(sample3)といいすべてカッコ良し。ちなみに、A2のリミキサーDawl & Sweenはニュートンで推してたデュオによるお仕事これももちろん最高。MR. HOらしい品のあるプロダクションと抜けの良さでどれも野外なんかで映えそうです。台北発レーベル、JIN 禁注目してください。Organic Festivalといいここ最近台湾の話題も上がってきました。未来!トラックリストからもどうぞ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARION COUSIN & KAUMWALD - Tu Rabo Par'abanico : LP

カタルーニャのマヨルカ島やバレアリス諸島の伝承恋愛歌をギャスパー・クラウスとリアレンジしたシリーズの最新作。電子音とシャンソン&カンタ。一編の映画のような展開はVincent MoonやANTOINE LOYERが出入りするレーベルLe Sauleの面目躍如。これまた変わり種です。

MARION COUSINが選んだスペイン・イベリア半島トラッドを料理する今回のパートナーはSourdureの所属するKAUMWALD。Sourdureは改造バイオリンでフランスの民謡/シャンソンをズタズタに切り裂く作風で奇作も出してますがここで名前を聞くとは驚き。MARION COUSINのイベリア半島な美しいボーカルの背景に不穏かつ尖った電子音が走り不思議な幻想を抱かせる。ブニュエルの映画が引き合いに出されてますが、果たしてこの時代にまた独創な詩作を披露したもんです。アートワークといいこのレーベルの尖った感性はフィジカルでどうぞ。 (Shhhhh)

MADALITSO BAND - Wasalala : LP

MADALITSO BAND Wasalala

LES DISQUES BONGO JOE (SWI)
LP // BJR029
2690 yen (税込)

これも珍しやアフリカの小国のマラウィの2人バンドMADALITSO BAND、スーパー長閑な快活サウンド!Nyege Nyegeのリスナーもこのあたり押さえてください。

楽器を買う金がなくての自家製の1弦スライドベース、4弦ギター、牛革のフットドラム、そして2人の豊かな声のハーモニー、すばらしや。2017年にザンジバルの音楽フェスティヴァル、サウティ・ザ・ブサラ(Sauti Za Busara)に参加し話題になり、ヨーロッパのフェスでも大いに受けたとか・屈託のないグルーヴはNyege Nyegeの元ネタ的でもあります。EDITなんかも良さそう。理屈抜きの豊かなオーガニック・アフロ・グルーヴ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SITI MUHARAM - Romance Revolution : LP

SITI MUHARAM Romance Revolution

ON THE CORNER (UK)
LP // OTCRLP005
3590 yen (税込)

これは素晴らしいですね、、東アフリカはザンジバル諸島の伝統音楽、ターラブのコアな精神を受け継ぐSITI MUHARAMによるデビュー作。ベテランのワールドミュージック批評家筋が大絶賛する本作が、DENGUE DENGUE DENGUEなんかをリリースする新進レーベル、ON THE CORNERからというのも新しいフェーズ。って理屈抜きなディープ・メディテーション/トランス・ミュージックでもあります。

ザンジバルとはアフリカ東海岸にあるインド洋上の島々の地域。地理学上に当然様々な文化が交わったというわけで、音楽もターラブという独自の音楽があります。このSITI MUHARAMは、男性のみのアラビア語で歌われていたターラブを女性でスワヒリ語で歌ったという、東アフリカ初のレコーディングした音楽家であり革新者Siti Binti Saad(1880–1950) のひ孫らしいです。その精神を受け継ぐ本作。にしてもなんとも言えぬ色気と瞑想感を携えた深みのある音楽、、、円やかな美しさ。ウードの旋律がどこまでも酩酊させてくれます。パッと聴きイスラム音楽?中近東/アラビック?それは難しいな〜ではなく、このザンジバルという独自のアフリカでもなくアラブでもインドでもない地域の音楽を感じてください。シンプルにアイランドミュージックでもあります。この折衷感と不思議な抜けの良さがダンスミュージック・フレンドリーなレーベルから紹介された理由でしょうか。リズムも伝統ガチガチよりずっとミニマルでダンス耳にも心地よし、いやはや素晴らしい。有名な"エチオピーク"シリーズでエチオピア音楽は紹介されましたが、実は同シリーズでザンジバルもあるんです。この盤が耳と地図を広げる鍵になるかも。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Machozi Ya Huba (4:39) 
A2.Sikitiko (7:44) 
A3.Pakistan (6:36) 
B1.Nyuki (5:09) 
B2.Kijiti (6:59) 
B3.Alaminadura (4:43) 

RECOMMENDED再入荷

PETER BRODERICK - Blackberry : LP

PETER BRODERICK Blackberry

ERASED TAPES (UK)
LP // eratp135lp
2790 yen (税込)

アメリカはオレゴン育ちのマルチ・インストゥルメンタリスト、ピーター・ブロデリック。静謐なピアノからアーサー・ラッセルまでも飲み込む鬼才によるほっこりエクスペリメンタル・フォーク。最高です。暖まりますね。

ポスト・クラシカルなピアノ・アルバム(秀作)やアーサー・ラッセルのカバーアルバムなど、自由にやってるなあというイメージが強かったですが、今作はそんな様々な活動の総決算ともいうべきボーカルアルバム。今作は2019年夏に自分の寝室で録音したらしく、そのため"エクスペリメンタル・ベッドルーム・ポップ"と自ら括ってるみたいです。なるほどバンジョーの音がなんともほっこりでメロディーも軽やかなアメリカン&ブリティッシュ・ポップの佇まいの裏には、要所要所きちんと様々なトレンド通過したプロダクション。玄人。。なるほどアーサー・ラッセルの影響はどこもかしこも感じれます。Nils Framをプロデュースしたり、アングロサクソンなフォークに微細なエクスペリメンタル感までの振れ幅はジョセフィン・フォスターのある時期を思い出させてくれたりと尖った部分もありますが、根っこはなんともほっこりお昼寝な穏やかさが全体の風通しを支えてて、そこにリピートしてしまいます。アメリカーナのインディ・フォークいいの最近なかったな〜というところに絶妙な一枚です。長く聴きましょう。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Stop And Listen
A2.But
A3.What Happened To Your Heart
A4.The Niece
A5.Ode To Blackberry
B1.Let It Go
B2.What's Wrong With A Straight Up Love Song
B3.Wild Food

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - Soul Sega Sa ! Vol.2 Indian Ocean Segas From The 70's : LP

最高!アフリカ大陸東、インド洋に浮かぶ島々(モーリシャス、レユニオン、セーシェル)アイランド・ミュージック集、大好評のシリーズVol.2です。

500年前には誰もいなかった無人島にヨーロッパからは移住者、マダガスカルやアフリカ本土からは奴隷が持ち込まれ、パーカッションと歌、踊りでプランテーション労働の疲れを癒してたのが原風景でそこから発達したのがこのセガというこの島々の音楽。インド航路の真ん中だったためにレコード時代にはジャズ、ソウル、ロックンロール、さらにはキューバやブラジルの音楽までも入ったそうです。さらにエレキ・ギターやエレピも導入され、この混血としか言いようのないごった煮サウンド集が出来上がりました。妙に熱いけど抜けの良さともってかれるポリリズムはやっぱり島音楽だからでしょうか。ラジオ的にトリップできる曲並びもいいです。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RUSTEM QULIYEV - Azerbaijani Gitara : LP

これは珍しい!アゼルバイジャンのギター・レジェンドの録音集1999-2004。異形のアラビック・ギター、、このアクが癖になります。ワールドミュージックのベテラン筋にも絶賛の盤が入荷です。

ジョージアの東、東ヨーロッパと西アジアの交差点に位置する位置するアゼルバイジャンの音楽!ってもすぐ浮かびませんが、このRUSTEM QULIYEVはご当地のギター・レジェンド。1969年生まれ、7歳で伝統撥弦楽器サズを弾くようになる。ロシアでのソ連兵役中にギターと出会い、アゼルバイジャンに戻ってからはすぐにギタリストとして有名に。1990年代初頭、カラバフ紛争の影響で故郷を追われ首都バクーに移住しそこで彼のギター演奏が開花。テレビに出演したり地元の小さなレーベルから数多くのカセットテープを録音。Rüstəmのギター演奏はアゼルバイジャンの伝統音楽だけでなく、ボリウッドのディスコ・チューンやアフガニスタンのポップ・ソングからイランの路上音楽やスペインのフラメンコまで、世界中のスタイルをレパートリーに取り入れてたらしいです。ピーター・バラカン氏も絶賛ってことで玄人筋から絶賛の嵐でしたが、確かにこんなギターは聴いたことない。。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LORI SCACCO - Circus : CD

LORI SCACCO Circus

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL-058
---- yen (税込)

知る人ぞ知る黄昏の名作。PREFUSE 73ことGuillermo Scott Herren主宰のレーベル、Eastern Developmentsからひっそりとリリースされ語り継がれている一枚。

時が経っても永遠に聴き続けるであろう、知る人ぞ知る1枚。2004年にひっそりと発表されて何度目かの再発でこの度またお届けできるのが嬉し。何かの予言のような雰囲気ではあるが、結局似たような作品があるようでないです。 (Shhhhh)

2004年にPREFUSE 73ことGuillermo Scott Herren主宰のレーベル、Eastern DevelopmentsからリリースされていたLori Scaccoのソロ作品。必要最小限のアコースティックな音色とナチュラルな残響の音の行間から麗しく芳醇なアトモスフィアが漂う美しく静謐でタイムレスな名作。

RECOMMENDED再入荷

TIDIANE THIAM - Siftorde : LP

TIDIANE THIAM Siftorde

SAHEL SOUNDS (US)
LP // SS060
---- yen (税込)

同録の虫の声がまたチルで最高〜乾いたアコースティック・サハラギター・これは美し。。セネガルの北Podorという川べりの村でマイク一本で録音された逸品。

西アフリカで弦楽器といえばのウゴニやコラですが、その奏法をギターに置き換えたという珍しいアフロもののアコースティック・ギターのソロってことで楽しみにしてた1枚。サハラ伝統音楽や近隣マリの伝統音楽を奏でます。夢見心地で円やかな悠久の調べの奥には同録のマイクが拾った虫の声が絶えず入ってくる、シネマティックかつ遠くへ想いを馳せることができる最高にチルアウトな一枚。リピート中。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

MAMMANE SANNI ABDOULAYE - Unreleased Tapes 1981-1984 : LP

西アフリカはニジェールのオルガン奏者の未発表曲集〜ゆるふわデザート音泉浴〜zzzz

西アフリカ〜サハラ地域の音楽を紹介するSAHEL SOUNDSによるアーカイブ発掘シリーズ。ニュートンでアルバム"ニジェールの電子音楽"も好評だったMAMMANE SANNIの未発表集。西アフリカのエレクトリック音楽のパイオニア的存在でニジェール/サハラの伝統音楽をオルガンで再構築。サハラの素朴なメロディと伝統音楽テンデ、ヲダベ族の声のポリフォニー、遊牧民の歌を電子化した結果のこのゆるふわ・サイケ・オルガンサウンドな訳です。湿度の関係か時代か、ポンチャクやアジアムード歌謡みたいなエキゾ感も絶妙。とはいえ絶えず悠久の優しさみたいなアフロ音楽のチルな心地良さが根底にただよっており浸れます。AWESOME TAPESから再発Hailu Mergiaの感動を思い出すし、妙なポップ感はフランシス・ベベイみたい。良いですなあ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Samari Da Yan Matan (4:51) 
A2.Zaybanakoy (5:30) 
A3.Arman Doley (7:17) 
B1.Bodo (6:21) 
B2.Gosi (6:01) 
B3.Five Hundred Miles (6:42) 

RECOMMENDED再入荷

LEO TAKAMI - Felis Catus And Silence : LP

LEO TAKAMI Felis Catus And Silence

UNSEEN WORLDS (US)
LP // UW030LP
---- yen (税込)

日本人ギタリスト/コンポーザーの貴水玲央の作品がUNSEEN WORLDSから、これは予想通り大当たり、魔法。

ジャズ系ギタリストの貴水玲央の作品。モノ・フォンタナ/スピネッタらの70`sジャズ・ロック/南米マジカルフュージョンの質感、または濱瀬元彦らのクラシカル/ニューエイジ解釈の日本人らしい意匠を凝らしたジャズといった趣で個人的にもツボすぎる。はたまたドビュッシーみたいなマジカルな19世紀音楽の現代盤?海外のレーベルからの日本人コンポーザーの発掘で思わぬ発見があったりしますがこれも好例。うつくしすぎる。ネオ・クラシカル?100年前か、100年後かわからない音楽ですが兎に角推薦であります。って今GONNO氏からの情報で、本盤はBEN UFOにもチェックされているとか。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NAHAWA DOUMBIA - La Grande Cantatrice Malienne - Decouverte 81 A Dakar : LP

ため息、、、素晴らし過ぎる。。AWESOME TAPES FROM AFRICAの記念すべき第一弾で紹介されたあのNAHAWA DOUMBIAの初期録音アルバムが再発。永遠ループ中。。

西アフリカ一帯のポピュラー音楽Wassoulou音楽の今の原形を作ったという、マリ音楽でもここ40年で最も重要な女性ボーカリストNAHAWA DOUMBIA。AWESOME TAPES FROM AFRICAのレーベルデビューがこの人のアルバムで衝撃的でずっと聴いてたんですが、まさかの初期録音集が出ました。前作である1982作は不思議なシンセやパーカッション入りでしたが、今作はのちの夫となるギタリストN’Gou Bagayokoのアコギと彼女のボーカルのみ。バマコのラジオ局に発見された彼女のボーカルはこれぞマリ音楽(Wassoulou音楽)といった不思議な質感で、祈りのような、ちょっとこの世から少し離れたところから聴こえてくるような、しかし原始のおおらかさみたいなものが見え隠れする独特なもの。瞑想的でもありまた覚醒的でもあります、さらにギターがトリップへ。美しいジャケットとともにずっと聴ける、これも遠くの音楽ですね。素晴らし過ぎる。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Kourouni
A2.Tou Dibile
A3.Tjefouroule
B1.Djankonia
B2.Nianimanjougou
B3.Sokono Woulouni

RECOMMENDED再入荷

MARKUS FLOATS - Third Album : LP+DL

MARKUS FLOATS Third Album

CONSTELLATION (CAN)
LP+DL // CST152
2590 yen (税込)

これはやばい、、カナダはモントリオールからプロデューサーMARKUS FLOATSによるアンビエントアルバム

モントリオールのD.I.Yコミュニティで電子音楽を発信し続けながらパンク/ポストパンクのバンドでベースを弾いていたというユニークな経歴の黒人アーティスト。オルガンの音をベースに崇高ささえ感じるエレクトロニクス。アートワークとともに世界観でき上がってます。ループ中。DLコード付き。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

JOYFULTALK - A Separation Of Being : LP+DL

JOYFULTALK A Separation Of Being

CONSTELLATION (CAN)
LP+DL // CST150
2590 yen (税込)

日本の環境音楽と北アフリカのマグレブ音楽に影響を受けたという、カナダはノバスコシア出身のヴィジュアルアーティスト/プロデューサーJay Crockerのプロジェクト。

N.YのRVNG諸作のような、背景にディープなノイズ、ジャズの呪があるというより、もう少し軽やかなポストニューエイジでカラフルな90`s風味エレクトロニクス+幻想ポリリズム。日本の環境音楽に影響下であろう、残響∞行間の多めで水が流れるような繊細な白昼夢プロダクション。Part II • Pixelated skin(sample 2) は確かにカルカベのリズムぽいマグレブ音楽インスパイアですな、そこからPart III • Liquified then evaporated (sample3)の16分超えの崇高なラストへ。非常に気持ち良し。。同タイミングでアップのMARKUS FLOATSといい今まで知らなかったんですがループしてます、すげーいい。この辺のカナダシーン見逃せない感じありますね。180G Vinyl+DLコード、ポスター付き。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Part 1 : I've Got That Trans-Dimensional Feeling Again (7:43) 
A2.Part 2 : Pixelated Skin (8:49) 
B.Part 3 : Liquified Then Evaporated (16:48) 

RECOMMENDED再入荷

1〜20件 / 全306件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×