menu 検索する ×閉じる

1〜20件 / 全284件

< Back   Next >

VARIOUS - Léve Léve : Sao Tomé & Principe Sounds 70s-80s Vol.1 : 2LP

中部アフリカのギニア湾に浮かぶ、複数の島からなる旧ポルトガル領の島国サントメ・プリンシペの70~80年代に集められた楽曲集。タイトルの"Léve Léve"とはtake it easyという意味らしく、その通りの緩さ溢れるグレートなアイランド・ミュージック集。タイトルの"Léve Léve"とはtaike it easyという意味らしく、その通りのユルさ溢れるグレートなアフロ・アイランド・ミュージック集。

にしても気持ち良い〜、、ギニア湾に浮かぶポルトガル語を話すアフリカの2つの島、サントメ島とプリンシペ島は位置的に南米やアフリカ北西の音楽の島カーポヴェルデにもアクセスでき、そこで生まれた音楽ジャンル、"プクサ"はアンゴラのセンバやメレンゲ、ブラジルのアフォックス、カーボベルデのコラデイラ、カリブ海のダンスミュージックなどの響きを持ち、地元の方言と独特のリズムで歌われています。先に紹介したPEDRO LIMA率いるOs Leonenses、一番人気の
Africa Negraはガボン、ザイール、カメルーンの最新のレコードを聴き、中央アフリカのギター演奏からインスピレーションを得てフレージングを試し、島の外にも島の外にも熱狂的なファンがいたとか。週末は夜中まで本作収録のバンドが街の中心でライブをやって賑ってたようです。そんな当時のサントメ島の風景が感じれるホントに心地よい曲ばかり!最高〜! (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.AFRICA NEGRA - Mino Bô Bé Quacueda (7:38) 
A2.AFRICA NEGRA - Zimbabwe (3:21) 
A3.SANGAZUZA - Sun Malé (5:32) 
A4.OS ÚNTUèS - Chi Bô Sá Migu Di Védê (2:25) 
B1.SUM ALVARINHO - M'konvètá Dédo (4:21) 
B2.CONJUNTO EQUADOR - Madô (5:31) 
B3.TINY DAS NEVES - Cladênço Padê Cluço (6:55) 
B4.CONJUNTO MINDELO - Taji Océdo (3:04) 
C1.AFRICA NEGRA - Aninha (5:43) 
C2.PEDRO LIMA  - Nga Ba Compensadora (8:07) 
C3.SANGAZUZA - Cortição (4:08) 
C4.OS ÚNTUèS - Piquina Piquina (1:52) 
D1.CONJUNTO EQUADOR - Meu Di Plôcô (4:29) 
D2.SUM ALVARINHO - Tólá Muandgi (5:22) 
D3.PEDRO LIMA /OS LEONENSES - Esatela Licu (5:19) 
D4.AGRUPAMENTO DA ILHA - Bô Gossa So Txi (4:40) 

RECOMMENDED新入荷

CHOUK BWA & THE ANGSTROMERS - Vodou Ale : LP

これは使える!ハイチといえばのアフロ・カリブのブードゥー教のポリリズムとダブ・エレクトロニクスの融合したプロジェクト。

シュク・ブワは、ゴナイヴェ地方出身のメンバーを中心に結成されたミジック・ラシンを演奏するグループ、そのゴナイヴェ地方はヴードゥーの聖地だそうで、その儀式やコミュニティで演奏される音楽にベルギーのダブユニット、THE ANGSTROMERSのエレクトロニクスが絡みます。余計なフュージョンはせず、コール&レスポンスとポリリズムの嵐にダンスミュージック・フレンドリーなBASSが抜き差し。DJセットに組み込めそうな危ない曲満載、さらにEDITもしたくなるような、、なかなか摩訶不思議で想像力を掻き立てる楽曲集。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Vodou Ale
A2.Move Tan
A3.Odjay - Nati Kongo
A4.Rårå
B1.Sali Lento
B2.Kay Marasa Dub
B3.Peleren
B4.Negriye
B5.Fidelite

RECOMMENDED新入荷

DOCTEUR NICO - Dieu De La Guitare : 2LP

DOCTEUR NICO Dieu De La Guitare

PLANET ILUNGA (BEL)
2LP // PI 04
4990 yen (税込)

嗚呼最高です。。アフリカ・コンゴ音楽の伝説ギタリスト、"アフリカギターの神様"ことドクチュール・ニコ(1939-1985)の素晴らしきコンピレーション2LP!入荷です。

奴隷貿易によってアフリカからキューバにアフロルーツ音楽が渡り、そのキューバでヨーロッパ音楽とカリブ音楽が混じり1940年代に発明された音楽ソン。やがてソンが東アフリカ・コンゴに逆輸入され生まれたのがコンゴ・ルンバ。このドクチュール・ニコはそのコンゴ・ルンバのレジェンド・ギタリストで"アフリカギターの神様"まで言われる人物。今作はベルギーのPLANET ILUNGAによるドクチュール・ニコの貴重なSP、7インチを集めた2LP。自ら"ハワイアン"と称してたスタイルでもあったらしく、その通りの浮遊トロトロギターはチルアウト∞お昼寝音楽としても最高であります。ベテランワールドミュージック好きには言わずもがなの人物ですが、このタイミングでダンスミュージック好きの皆さんにも一生聴けるこの極上音楽を。。2LPの3面見開きジャケットの気合いの入ったプロダクション、音質もバッチリです。。是非。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.African Jazz (2:50) 
A2.Mama Fioti (2:56) 
A3.Dit Louise (2:37) 
A4.Cherie Nini (2:44) 
A5.Bolingo Na Ngai Gigi (2:37) 
A6.Tshiandanda Ngalula (2:44) 
A7.Mabanzo Maleki Ngai (2:47) 
A8.Ambiance Du Daring (2:54) 
B1.Jose Bella Calypso (2:33) 
B2.Bolingo Na Ngai Aye (2:46) 
B3.Kamulangu (2:33) 
B4.I'm Sorry (2:47) 
B5.Moto Abungaka (3:49) 
B6.Rose Mosika (2:58) 
B7.Merengue Mathieu (2:12) 
C1.Vita Matata (3:10) 
C2.African Fiesta Congo (3:07) 
C3.Omeli Mayi Na Ntonga (3:47) 
C4.Zola Jose (3:02) 
C5.Reguerdos (4:06) 
C6.Souvenir Air-Congo (4:06) 
C7.Caminomas (2:18) 
D1.Limbisa Ngai (4:59) 
D2.Ah Mokolo Wana (5:02) 
D3.Semeki Etali Yo Te (5:16) 
D4.Ntumba (6:15) 
D5.Dieu De La Guitare outro (bonus track) (0:21) 

RECOMMENDED新入荷

CARLOS NINO & MIGUEL ATWOOD-FERGUSON - Chicago Waves : LP

超能力音楽。。すごいです。L.Aの多次元音楽プロデューサー/パーカッショニスト、カルロス・ニーニョと弦楽器アレンジャー、ミゲル・ファーガソンのデュオによる最新作!シカゴでの即興ライブセッション44分。まるで天空との交信のようなドキュメント。超えてきますね。

2018年秋、新世代ジャズの筆頭の一人であるマカヤ・マクレイヴンのUniversal Beingsのリリースライブでシカゴに来ていたこの2人が、新作も話題のジェレミー・カニングハムのライブのオープニングアクトに急遽誘われたその様子のドキュメント。ジャケにあるのは初冬のミシガン湖の深く青い壮大な自然が2人の無意識に語りかける様子です。スピリチュアル・ジャズのリバイバル/再解釈の要のINTERNATIONAL ANTHEMという今ジャズの重要レーベルからでありながら、もちろん西海岸カウンターカルチャー/ニューエイジ、ヤソスからの正当な流れも含んだ進行形のアンビエント・ジャズ音楽。和製環境音楽との違いも面白い。にしても脳内で天空を翔るような瞑想音楽、、、やっぱり凄いです。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

JEFF PARKER - Suite For Max Brown : LP

今年を代表する一枚になりそう。TORTOISEのメンバー、JEFF PARKERの作品がシカゴのINTERNATIONAL ANTHEMとNonesuchとの共同リリース。新旧ジャズのインテリジェンスと音の遊び心の眩き名盤。リピート中!

4年前の作品、"The New Breed"が世界中のメディアで年間ベストに選ばれてて、ずっと気になってたものの未チェックでしたがこれ聴いて後悔、やっぱり素晴らしかったJEFF PARKER。シカゴ音響から20年以上経っても古びないアイデア、ミニマル、そしてボトムはヒップホップ以降の進化をきちんと感じさせる。複雑なことをやってるが難しさは一切なく、リスニングの快楽と音と戯れる楽しさ、"音響"の喜びを久しぶりに思い出させてくれると同時に、雷猫らとは違うアメリカ黒人音楽の進化を感じれるスーパー快盤。同世代の盟友ロブ・マズレクがピッコロ、新世代ジャズからは噂のマカヤ・マクレイヴン、グラスパーのドラマーでLEAVING RECORDSからもリリースがあるJamire Williams。JEFFのオリジナル楽曲とともに、ジョン・コルトレーンの1963年作『インプレッションズ』収録の「After the Rain」のカヴァー、ジョー・ヘンダーソンの「ブラック・ナルシサス」をジェフ流に解釈した「Gnarciss」を収録。ジャケ写はJEFFのお母様だとか、アートワークもこの抜けのいい爽快なサウンドと同調してナイスです。未来! (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

郡上白鳥 - 白鳥おどり 白鳥の拝殿踊り 石徹白民踊 : 2CD

朗々たる歌声と手拍子、そして神社拝殿の床板を踏み鳴らす下駄の音。地の悪霊を追い祓い場を清め、先祖のタマシイを迎え、いよいよ盆踊りの始まりだ。 -長滝白山神社宮司 若宮多門

岐阜フォルクローレである、「白鳥おどり」と「白鳥拝殿おどり」、「郡上おどり」をレコーディングしたもの。 "声"と"ゲタ"だけで昇華する音楽、こんな音楽は世界でも例がないかと。ボーカルは河内音頭ばりに黒く、エチオピア民謡みたいに遠くて近いです。鎮魂、霊魂、、静けさと美しさ。ため息、、真夏の夜に映えます。久保田麻琴さんの仕事では、南嶋シリーズ以来!揺り動かされました。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

SAN IGNACIO - La Identidad Es Una Trampa : LP

Fertil Discoを主催するアルゼンチンのプロデューサー、サン・イグナシオによるエレクトリック・フォルクローレを通過した異形のダウンテンポ/密林アンビエント。酩酊感溢れる静かなる傑作。本人より直接仕入れました。

アルゼンチンのフォルクローレ蒐集家、Leda Valladares (1919-2012)へのトリビュート作品(LPは完売)にはチャンチャ、ウジ、キング・コヤ、バルダらアルゼンチンのエレクトリック・フォルクローレの進行形があつまったコンピレーションでしたが、それをプロデュースしたFertil Discos主催のサン・イグナシオのソロ作がついに登場!
南米伝統楽器チャランゴの調べに寸止めな南米リズムが妙な酩酊感を生み出す、不思議で中毒性のある物語。トーマッシュとのコラボでも知られるVoodoohopのProjeto Mujique、Wonderwheelレーベルからのエル・ブオ新作にも参加していたRumbo Tumba、Fertil Discosのパートナーで、ZZKにもアルバムを残しているデジタルクンビア期からの重鎮エル・レモロン、カルリーニョス・ブラウン&マリーザ・モンチとのトリバリスタスでもおなじみのブラジルのベテラン、アルナルド・アントゥネスほか、南米屈指の新旧気鋭アーティストが大挙ゲスト参加。一聴すると暗い森を彷徨うようなんですが、辿っていくうちに何処がで光が射すような暖かみもあります。これも遠くの音楽。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

CAETANO VELOSO - Jóia : LP

CAETANO VELOSO Jóia

ELEMENTAL MUSIC (UK)
LP // 700150
2790 yen (税込)

"Araçá Azul"から3年の記念碑的アルバム、、美しすぎる。。カエターノはまずこの一枚から!?

こいつも言わずと知れたスーパー大々名盤。ロンドン亡命から帰国後の極彩色のアルバム"Araçá Azul"の喧騒から3年を経て作られた、自己の内面と向き合い音数を減らして完成した眩きJóia(宝石)。息子モレーノとパートナー・デデーとのイラストジャケも美し。クアルテート・エン・シーのコーラスとのGuá(sample1)、Grupo BendengoとのCanto Do Povo De Um Lugar(sample3)。一生聴けます。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Minha Mulher (4:44) 
A2.Guá (3:13) 
A3.Pelos Olhos (2:34) 
A4.Asa (1:31) 
A5.Lua, Lua, Lua, Lua (3:55) 
A6.Canto De Povo De Um Lugar (4:08) 
B1.Pipoca Moderna (3:09) 
B2.Jóia (1:33) 
B3.Help (2:29) 
B4.Gravidade (2:52) 
B5.Tudo Tudo Tudo (2:00) 
B6.Na Asa Do Vento (5:01) 
B7.Escapulário (2:14) 

RECOMMENDED再入荷

THE COMET IS COMING - Death To The Planet : 12inch

THE COMET IS COMING Death To The Planet

LEAF (UK)
12inch // DOCK 64
2250 yen (税込)

カリブはバルバドス育ちでサン・ラ・アーケストラ、The Heliocentricsのメンバーでもあり、ジャイルス・ピーターソンのBROWNSWOODのUKジャズのコンピの監修もする重要人、Shabaka Hutchingsによるスペース・ジャズプロジェクトTHE COMET IS COMING。

Shabaka Hutchingsの代表作であるジャズの名門IMPALSE!からの"Sons Of Kemet"は、進行形のジャマイカ/カリブ海~UKダンスミュージックとジャズの交差点を示し、一気にこのへんの面白さを教えてくれました。Shabakaは他にも秒殺だったMakaya McCravenのアルバムにも参加してますね。
そしてこのTHE COMET IS COMINGは彼のよりダンスミュージックやインプロに主体をおいたプロジェクト。もともとはDan Leavers(TOSHIO MATSUURA GROUP)とドラマーMaxwell HalletのセッションにShabakaが飛び入りで参加したのが結成のきっかけで、そのインプロセッションから生まれたスペース・ジャム・プロジェクト。Heliocentrics思い出しますね。これぞ!ってサウス・ロンドンぽいビートものからサイケなジャムバンドのリバイバル的な流れも感じるUKジャズの裏面的な一枚。フジロックにも既に出演してますね。かっこ良し! (Shhhhh)

▼ Tracklisting

X1.Start Running (6:32) 
X2.Final Eclipse (Full Version) (6:45) 
O1.March Of The Rising Sun (8:10) 
O2.Ascension (3:34) 

RECOMMENDED再入荷

GAMA - A Correnteza : LP

GAMA A Correnteza

NOMADE RECORDS (CHILI)
LP // NOMADE003
3290 yen (税込)

Voodoohopの最年少にして秘蔵っ子の天才GAMA、チリのレーベルNomadeよりアルバム出てましたがようやく!到着!

惜しくも現時点ではCDのみのリリースの"Me Redesenho"がやっぱりじわじわ凄すぎるGAMAはそれだけではありません。今作はチリとベルリンを行き来するJose Alcon主催のレーベル、NOMADE RECORDSからの一枚。アヤワスカ・ポエトリーだった"Me Redesenho"と比べてこちらはその路線もありつつ、異端エレクトロ/スローテクノの最新型。コード感、旋律やプロダクションの奥に南米の情感(センティミエント・サウダージ)を醸し出し、この訛りがエキゾとかの既視感ではなく新世代のエレクトロ/テクノ感と合致して新しいダンスミュージックへと昇華されています。GAMAは界隈で可愛がられてるのもわかりますね、才能がほどばしってる。この辺興味ない方にこそ試してもらいたいです。静かにすごい。Xique-Xique参加。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

BILL EVANS & JIM HALL - Undercurrent : LP

BILL EVANS & JIM HALL Undercurrent

DOL (ITA)
LP // DOL779HG
---- yen (税込)

20世紀史上屈指の名盤〜BILL EVANS & JIM HALLによるただただ静かでかつ、灼熱を帯びた二人だけの歴史的セッション。

一聴すると静謐ですが、向き合い耳を集中してみたら二人が出してる音にこもっているエネルギーと緊張感がハードコアパンクや格闘技みたいだなと驚いたもんです。大友良英氏の生涯フェイバレットとして覚えてずっと聴いている、一家に一枚の20世紀屈指のタイトル。ルーツオブ真夜中の音楽。美しいジャケットともにどうぞ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MARY LATTIMORE - At The Dam : CD

MARY LATTIMORE At The Dam

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL-74
2200 yen (税込)

フィラデルフィアのハープ奏者MARY LATTIMOREの大名作入荷!ハープで微睡んでいるといつの間に違う惑星へ。。

Julianna Barwickとの来日公演も素晴らしかったMARY LATTIMOREのこちらの大名作も入荷。ハープの演奏を多重録音/ループさせて違う風景を聴かせてくれたりしますが、基本的には純粋にその美しい音色を活かすミニマルで幻想的でシネマティックな音風景。今作はジョシュア・ツリーの友人宅でrecされたとのことで、そこは周りが全て砂漠で違う惑星で音楽を奏でてるようだった、との本人の弁がありますが、実は私も夏至の日に森の中でこの盤をかけたんですがちょっと凄かったですね。代表作のHundreds Of Daysよりこちらの方がダークな印象で個人的にはこちらが好みです。アンビエント/ニューエイジというか物語を読むような作品。アルバム通して隙なし。。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ASA TONE - Temporary Music : CD

ASA TONE Temporary Music

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL126
2420 yen (税込)

ちょっとこれはすばらし過ぎ、、Matthewdavid 主宰のLeaving Recordsからアジアン・ミニマル

RVNG以降のニューエイジ&アンビエントとアジアからの新しい感性の融合2020年代の匂い。ガムランや水琴窟のような調べ、、RAMZIの新しいのなんかと比べてもいいかもです。既に大リピート中! (Shhhhh)

Matthewdavid 主宰の Leaving Records が放つトライバルでスペーシーな極上 サウンド。Young Magic の Melati Malay、100% silk からリリースしている匿 名プロジェクト Kaazi、Human Pitch の創始者でもあるマルチメディア・アーテ ィスト、Tristan Arp による新たなミュージック・プロジェクトがジャカルタで 10 日間で完成させた異形の傑作!

ジャカルタ出身で、Carparkから作品をリリースしているYoung MagicのMelati Malayと、100% silkからリリースしている匿名プロジェクトKaazi、そしてNYのThe Lot Radioではレジデント DJをつとめ、Human Pitchの創始者でもあるマルチメディア・アーティスト、Tristern Arpの3 人が、2018年の1月、Melatiの帰郷の際にジャカルタに集結し、ジャングルに設置した仮設ス タジオで10日間に渡り録音し完成させた作品。
デジタル処理とアナログ処理の両方を取り入れ、バリ伝統の打楽器リンディックや竹製の笛ス リン、アナログ・シンセのMoog Sub 37、エフェクターなど必要最小限の楽器と集合的なヴォ イス、周辺の環境のサウンドで構築されており、一点にフォーカスされているようでありなが ら四方八方から様々な音が降り注ぎ、幻惑的な世界へと導いていく。打楽器やエフェクトのミ ニマルなリズムと音像が、どこか不協和でありながら独特の心地よさと中毒性をもって展開し、 エフェクティヴで艶かしいヴォーカルと折り重なり溶け合う様相に否応なしに引き込まれる。 ガムラン~アンビエント~ミニマル~テクノ~エレクトロニカ~ニュー・エイジまで様々な要 素が高次元で融合した傑作。

RECOMMENDED再入荷

LORI SCACCO - Circus : CD

LORI SCACCO Circus

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL-058
---- yen (税込)

知る人ぞ知る黄昏の名作。PREFUSE 73ことGuillermo Scott Herren主宰のレーベル、Eastern Developmentsからひっそりとリリースされ語り継がれている一枚。

時が経っても永遠に聴き続けるであろう、知る人ぞ知る1枚。2004年にひっそりと発表されて何度目かの再発でこの度またお届けできるのが嬉し。何かの予言のような雰囲気ではあるが、結局似たような作品があるようでないです。 (Shhhhh)

2004年にPREFUSE 73ことGuillermo Scott Herren主宰のレーベル、Eastern DevelopmentsからリリースされていたLori Scaccoのソロ作品。必要最小限のアコースティックな音色とナチュラルな残響の音の行間から麗しく芳醇なアトモスフィアが漂う美しく静謐でタイムレスな名作。

RECOMMENDED再入荷

LUIS PEREZ - Ipan In Xiktli Metzli, México Mágico Cósmico, En El Ombligo De La Luna. : LP

カルロス・ニーニョ監修にて再発!これは死にます。アメリカ大陸が白人に蹂躙される以前(先コロンブス期)の2000年の歴史をもつ楽器を掘り起こし演奏する、メキシコのLUIS PEREZ。

マヤ語、ナワトル語、マザテク語、タラフマラ語といったメキシコの先住民族の話者を訪ねる旅を経て作られたの次元を超えた盤。オリジナルは1981年、当時はメキシコのみで流通だった模様。
セレモニー開始な前半(sample1)、後半の共に15分超えの"Suite Al Culto – Ketzalkoatl Yauh Miktlan"と"Ipan In Xiktli Metztli" (sample2,3)はアヤワスカな完全なる超常現象なサウンドでカルトニューエイジ再発の粋を超えちゃってます。なんだかホント凄すぎる。。南米サイケだけではなく、カルロス・ニーニョ近作の元ネタかとも疑ってしまう。扉開けちゃう怖さもあり。目を閉じて聴いたら危なすぎる。。音だけでなく、パッケージもオリジナルを再現しました。ニューエイジ、中南米音楽、全てのサイケデリック音楽ファンへのアヤワスカセッション。自粛withコロナ時代の脳内トリップへも是非。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LUIS PEREZ - Ipan In Xiktli Metzli, México Mágico Cósmico, En El Ombligo De La Luna. : CD

カルロス・ニーニョ監修にて再発!これは死にます。アメリカ大陸が白人に蹂躙される以前(先コロンブス期)の2000年の歴史をもつ楽器を掘り起こし演奏する、メキシコのLUIS PEREZ。

マヤ語、ナワトル語、マザテク語、タラフマラ語といったメキシコの先住民族の話者を訪ねる旅を経て作られたの次元を超えた盤。オリジナルは1981年、当時はメキシコのみで流通だった模様。
セレモニー開始な前半(sample1)、後半の共に15分超えの"Suite Al Culto – Ketzalkoatl Yauh Miktlan"と"Ipan In Xiktli Metztli" (sample2,3)はアヤワスカな完全なる超常現象なサウンドでカルトニューエイジ再発の粋を超えちゃってます。なんだかホント凄すぎる。。南米サイケだけではなく、カルロス・ニーニョ近作の元ネタかとも疑ってしまう。扉開けちゃう怖さもあり。目を閉じて聴いたら危なすぎる。。音だけでなく、パッケージもオリジナルを再現しました。ニューエイジ、中南米音楽、全てのサイケデリック音楽ファンへのアヤワスカセッション。自粛withコロナ時代の脳内トリップへも是非。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NONATO & SEU CONJUNTO - Cafua / Crioula Multicolorida : 7inch

ふう、、、、、素晴らしすぎる。。MR BONGOのブラジル45シリーズ、、

最近仕入れた7インチは秒殺(再入荷予定あり)でしたがまだあります!エリス・レジーナ、ウィルソン・ダス・ネビルスらブラジリアン・レジェンド以外にもジミー・クリフとも共演してたNonato Buzarによるブラジリアン・オルガンファンク"Cafua"1975年発表。裏も泣のウルトラレア、ゼ・ロベルトのサンバ・ロック"Crioula Multicolorida"(sample 2)視聴してみてください、あとは説明不要。コロナの不安を払拭させる躍動感、生命力、、今の時代に必要なグルーヴつまってます泣。フロアで爆音で!!!! (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

ARP - Zebra : 2LP+DL

ARP Zebra

MEXICAN SUMMER (US)
2LP+DL // MEX254
4190 yen (税込)

環境音楽的アンビエント・コズミック・フュージョン?西海岸のバンド、The AlpsのリーダーかつRVNGからSlapp HappyのオリジネーターAnthony Mooreとの共演盤も出したり、OPAL TAPESからもリリースがあるAlexis GEORGOPOULOSこと、ARPのソロ作。インテリジェンスと快楽の混ざり具合が絶妙な発掘盤、素晴らしい!

アナログシンセサイザー、コントラバス、フェンダーローズ、ドラムマシン、アコースティックドラム、フルート、ビンテージハーモナイザーなど様々な楽器を使い、自然主義と都会の現象、日常∞非日常、明快さと神秘主義的のような対の概念を白黒のシマウマを準えて表現、タイトルの"Zebra"とはそのこと。にしてもバレアリックというには余計なドラッギーさはなし、RVNG周辺にしてはアートよりも有機的な音風景。MoMAのインスタレーションからシャネルのファッションショーの音までこなすインテリジェンスもいいバランス。しっかしひたすら心地よく素晴らしい。因みにAlexis GEORGOPOULOS名義での最新7インチはFELICIA ATKINSONのremix入りでしたね。この辺の名前からでもピンときてください。全曲いいので視聴迷いましたが泣く泣く3曲。ストリーミングでも気になってたんですがレコードで聴いてさらに全然違ってびっくり。2LP、DL付きです。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SITI MUHARAM - Romance Revolution : LP

SITI MUHARAM Romance Revolution

ON THE CORNER (UK)
LP // OTCRLP005
---- yen (税込)

これは素晴らしいですね、、東アフリカはザンジバル諸島の伝統音楽、ターラブのコアな精神を受け継ぐSITI MUHARAMによるデビュー作。ベテランのワールドミュージック批評家筋が大絶賛する本作が、DENGUE DENGUE DENGUEなんかをリリースする新進レーベル、ON THE CORNERからというのも新しいフェーズ。って理屈抜きなディープ・メディテーション/トランス・ミュージックでもあります。

ザンジバルとはアフリカ東海岸にあるインド洋上の島々の地域。地理学上に当然様々な文化が交わったというわけで、音楽もターラブという独自の音楽があります。このSITI MUHARAMは、男性のみのアラビア語で歌われていたターラブを女性でスワヒリ語で歌ったという、東アフリカ初のレコーディングした音楽家であり革新者Siti Binti Saad(1880–1950) のひ孫らしいです。その精神を受け継ぐ本作。にしてもなんとも言えぬ色気と瞑想感を携えた深みのある音楽、、、円やかな美しさ。ウードの旋律がどこまでも酩酊させてくれます。パッと聴きイスラム音楽?中近東/アラビック?それは難しいな〜ではなく、このザンジバルという独自のアフリカでもなくアラブでもインドでもない地域の音楽を感じてください。シンプルにアイランドミュージックでもあります。この折衷感と不思議な抜けの良さがダンスミュージック・フレンドリーなレーベルから紹介された理由でしょうか。リズムも伝統ガチガチよりずっとミニマルでダンス耳にも心地よし、いやはや素晴らしい。有名な"エチオピーク"シリーズでエチオピア音楽は紹介されましたが、実は同シリーズでザンジバルもあるんです。この盤が耳と地図を広げる鍵になるかも。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Machozi Ya Huba (4:39) 
A2.Sikitiko (7:44) 
A3.Pakistan (6:36) 
B1.Nyuki (5:09) 
B2.Kijiti (6:59) 
B3.Alaminadura (4:43) 

RECOMMENDED再入荷

1〜20件 / 全284件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×