menu & search

1〜20件 / 全161件

< Back   Next >

SESSA - Grandeza : LP

SESSA Grandeza

BOILED RECORDS (US)
LP // BOI011
3490 yen (税込)

▼ Tracklisting

A1.Grandeza (2:58) 
A2.Tesão Central (2:30) 
A3.Gata Mágica (2:18) 
A4.Flor do Real (3:34) 
A5.Sangue Bom (2:18) 
A6.Dez Total (Filhos de Gandhy) (2:11) 
B1.Infinitamente Nu (2:38) 
B2.Orgia (2:06) 
B3.Tanto (4:02) 
B4.Língua Geral (2:26) 
B5.Toda Instância Do Prazer (2:54) 

JOSEPHINE FOSTER - Faithful Fairy Harmony : 2LP

JOSEPHINE FOSTER Faithful Fairy Harmony

FIRE RECORDS (UK)
2LP // FIRELP533
3290 yen (税込)

▼ Tracklisting

A1.Soothsayer Song (3:30) 
A2.A Little Song (3:38) 
A3.The Virgin Of The Snow (6:38) 
A4.Pearl In Oyster (1:51) 
A5.Benevolent Spring (3:20) 
B1.Force Divine (2:40) 
B2.All Pales Next To You (4:43) 
B3.Lord Of Love (7:11) 
B4.Eternity (3:54) 
C1.Indian Burn (3:55) 
C2.Peak Of Paradise (3:59) 
C3.Adieu Color Adieu (5:33) 
C4.Pining Away (5:11) 
D1.Challenger (4:04) 
D2.I Was Glad (3:03) 
D3.Shepherd Moon Of Starry Height (4:23) 
D4.Little Lamb (3:37) 
D5.Faithful Fairy Harmony (4:52) 

ANDI OTTO - Rwandance : CD

ANDI OTTO Rwandance

CALENTITO/SHIKA SHIKA COLLECTIVE (GER)
CD // SHIKA SHIKA 032
2200 yen (税込)

ハンブルグのサウンドエンジニア、アンディ・オットーの新作”ルワンダンス”。アフリカはルワンダのアーティスト、エヴァリスト・カリンガニエールとの共作です。バリオリンド主宰のSHIKA SHIKAよりリリース。

弦楽器チェロを改造した自作電子楽器”フェロ”の奏者でもあるオットー。今作のために、カリンガニエールのハンドクラップをシンセ音に変換するソフトウェアを構築。伝統的なルワンダ音楽の構造と拍子記号とオットーの構築してきたフレームワークとが合わさったのが今作の骨組みです。さらに、サントラ制作でルワンダ音楽の膨大なアーカイブスにアクセスする機会を経たのと、マーク・プリチャードのハーモニック313によるアフリカ音楽とエレクトロニクスの融合の試みに影響受けたとのこと。

カリンガニエールのシャーマニックなボーカル(一発録り)と、オットーのアシッディなベースプログラミングと”フェロ”の掛け合いは、南米エレクトリック・フォルクローレの霊性やVoodoohop周辺のヒッピー的なサイケデリアとはまた違った、ミニマル音楽の知性の鍛錬の結果という感じです。ミニマルに耳に慣らされ快楽酩酊状態になりつつ、後半にカリンガニエールの声が返ってくる様は壮大な物語を見るようでアルバムを通して楽しめます。狙いどうり何度も聴いて印象がジャケアートワークと裏腹、カラフルに変わるのも面白い。

アングラヒットしたキラートラック、”Bangalore Whispers”収録したアルバム”VIA”以来の、”声とエレクトロニクス”を発展させた試みともいえるでしょう。
さらに、昨年のMultiCultiから発表された”BOW”や、ヨーロッパからの安東ウメ子再発掘の拠点、PINGIPUNGでの活動を経ての充実っぷりも感じますね。

グローバル・サウンドと音響の試みは始まったばかり。オーガニックなダンスミュージック好き全員に突き刺さる挑戦と結果だと思います。 (Shhhhh)

RECOMMENDED

YOUTH STAND UP - Youth Stand United : 12inch

YOUTH STAND UP Youth Stand United

AUTONOMOUS AFRICA (UK)
12inch // AALP003
2290 yen (税込)

OPTIMOプロデュースのアフロvsグラスゴーなクロスカルチャー企画。アフロ音楽やそれにインスパイアされたトラックを紹介するレーベルとしてスタートしたJD Twitch主催Autonomous Africaの新作!!!!!!!

アフリカはガーナとベリーズの現行ミュージシャンをフィーチャー、トラックはGolden Teacher, Pu$$y Mothers, Whilst, Kaputt, and Sordid Sound Systemといったグラスゴー軍団。いずれも、RAでも記事になったグラスゴーのD.I.YスタジオThe Green Door StudioとガーナのスタジオでREC。アフロ音楽とグラスゴー伝統のポストパンクのマインドが合致したという、Voodoohopのトーマッシュが影響されたというオプティモ周辺のエスニックテクノのひんやりアシッドな下地はそこかということで、ロンドンやブリストルのエスノミュージックへのアプローチとの違いも面白い。個人的にはBPM108のアフロ・コズミックなLet's Go(sample2)、ナイジェリアのJUJUxエレクトロなGidi(B1)、ジョーミークmeets Willam OnyeaborなNobody Knows(B3)、いずれもアフロ音楽をマッドにドラッギー料理しかつ使えて抜けの良い6曲。これは素晴らしい未来トラックス!!!!!売り揚げは全てガーナの都市Tafi Atomeの音楽学校の奨学金になるそうです。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

EL KHAT - Saadia Jefferson : LP

EL KHAT Saadia Jefferson

BATOV RECORDS (UK)
LP // BTR034
3190 yen (税込)

イエメンから新キャラ登場か?UK重鎮の間でも既に話題になってる模様 ちなみにユニット名のKHATとは中東圏で有名な覚醒植物"カート"ですな

コレは新しい〜イエメン伝統フォークソングをアップデートするTel Aviv在住のEL KHAT。ガラクタを改造してアラビックパーカッションに似せたりとD.I.Yな側面も見せつつ、パン・アラブ音楽のポリフォニー、ハーモニーを再現。イエメン音楽のレジェンド、Eyal El Wahabへの解体と挑戦とのこと。全体に漂う、アラブ音楽の呪の雰囲気に酩酊。。資料にダンスミュージックリスナーには当然Omar Souleymanのダブケやエチオピアのムラトゥらのネクストとして受けとっても大丈夫かと!面白い〜ロンドン拠点で新たな中近東グルーヴを紹介する新レーベルBATOVより。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SUGAI KEN - 時子音-Tokishine : CD

SUGAI KEN 時子音-Tokishine

FREED (JPN)
CD // FREED-006
1890 yen (税込)

【名作1STアルバム。デッドストック入荷しました!】和製エミリオ・アロ!?日本人クリエイター、SUGAI KEN。

2013年末にJuzu aka MOOCHY主催"OnenessMeeting"で出会って今作を渡され、その内容に驚かされ配給のお手伝いを申し出ました。
東京のクリエイター、スガイ・ケン氏の紡ぎ出す摩訶不思議でネオ・ハポニスモなサウンドスケープ。
アルゼンチン諸作がフォルクローレや南米の自然から奏でられるように、今作"時子音-TOKISHINE"は幽玄な日本人的叙情/アニミズムによる空間性で脳髄と記憶を刺激されました。
DJ DISCHARGEも大絶賛のNuアンビエント/和ドローン!すでにdublabやアルゼンチンのエミリオ・アロ本人からもメンションがあったようです。さらりとあちら側へ。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

ROBERT HAIGH - Black Sarabande : LP

ROBERT HAIGH Black Sarabande

UNSEEN WORLDS (US)
LP // UW029LP
---- yen (税込)

これは美しい。ピアノ・アンビエント、モダン・クラシカル傑作 真冬に聴くPIANO、鎮静。

空間多めのピアノ演奏に古錆のようなエレクトロニクスをちりばめた美しいピアノ小品。ROBERT HAIGHが生まれ育った南ヨークシャーの炭鉱の町ワーズボローの情景を描いた作品で、自伝的要素もあるのか残響や感覚だけに頼らない一枚通してシネマティックな流れ。 Harold BuddやErik Satieの名前も当然上がってますね。素晴らしい。。リピート中。ちなみにこのROBERT HAIGHは90`sドラムンのOmni Trio(!)のメンバーだったり、や80`sノイズ/インダストリアルのレジェンドNurse With Woundのコラボレーター。というわけでノイズ/HCの人が果てに向かう静寂音楽という見方もあり、ただのクラシカル作品にはないレイヤーを携えてます。テクノ方面のリスナーにも。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ROBERT HAIGH - Creatures Of The Deep : LP

ピアノ・アンビエント、クラシカル、ROBERT HAIGHの18年作も入荷!

最新作Black Sarabandeが素晴らしすぎたROBERT HAIGHの18年作。Harold BuddやErik Satieが引き合いに出される微かなエレクトリックと幽玄なピアノで描き出すサウンドスケープ。この人は元アンビエントなドラムンを作ってたユニットOmni Trioでもあり、80`sノイズ/インダストリアルのレジェンドNurse With Woundのコラボレーター。というわけでノイズ/HCの人が果てに向かう静寂音楽という見方もあり、ただのクラシカル作品にはないレイヤーを携えてます。テクノ方面のリスナーにも。にしても真冬にバッチリ過ぎて、南米のピアノ作品やロングセラーのエチオピアのエマホイのピアノと比べてもまた違う情感でこの作品もリピート中。春を待ちましょう。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ASA TONE - Temporary Music : LP

ASA TONE Temporary Music

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR138
2590 yen (税込)

Matthewdavid 主宰の Leaving Records が放つトライバルでスペーシーな極上 サウンド。Young Magic の Melati Malay、100% silk からリリースしている匿 名プロジェクト Kaazi、Human Pitch の創始者でもあるマルチメディア・アーテ ィスト、Tristan Arp による新たなミュージック・プロジェクトがジャカルタで 10 日間で完成させた異形の傑作!

ジャカルタ出身で、Carparkから作品をリリースしているYoung MagicのMelati Malayと、100% silkからリリースしている匿名プロジェクトKaazi、そしてNYのThe Lot Radioではレジデント DJをつとめ、Human Pitchの創始者でもあるマルチメディア・アーティスト、Tristern Arpの3 人が、2018年の1月、Melatiの帰郷の際にジャカルタに集結し、ジャングルに設置した仮設ス タジオで10日間に渡り録音し完成させた作品。
デジタル処理とアナログ処理の両方を取り入れ、バリ伝統の打楽器リンディックや竹製の笛ス リン、アナログ・シンセのMoog Sub 37、エフェクターなど必要最小限の楽器と集合的なヴォ イス、周辺の環境のサウンドで構築されており、一点にフォーカスされているようでありなが ら四方八方から様々な音が降り注ぎ、幻惑的な世界へと導いていく。打楽器やエフェクトのミ ニマルなリズムと音像が、どこか不協和でありながら独特の心地よさと中毒性をもって展開し、 エフェクティヴで艶かしいヴォーカルと折り重なり溶け合う様相に否応なしに引き込まれる。 ガムラン~アンビエント~ミニマル~テクノ~エレクトロニカ~ニュー・エイジまで様々な要 素が高次元で融合した傑作。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - Pour Me A Grog: The Funana Revolt In 1990s Cabo Verde : LP

アフリカの北西沖に浮かぶ火山群島の国、カーボベルデのアコーディオン音楽"フナナ"の90`Sコンピレーション

カーボベルデといえばセザリア・エヴォラ(Carl Craigのremix懐かし)が有名ですが、ポルトガル圏ということもありあの哀愁ある旋律が印象的。このアルバムはそのカーボベルデのアコーディオン・ダンス音楽、フナナのコンピ。メレンゲ風の高速トラックに絡むアコーディオンとボーカル、島音楽好き涎ものの8曲。当然クンビア好きにもおすすめ!マヌ・チャオなんかこの辺の音楽を掘ってロックに取り入れたんだろうなと。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

NICOLA CRUZ & PIGMALIÃO - Ilpi003 EP : 12inch

大絶好調のニコラ・クルスとブラジルはFrente Bolivarista主催Pigmaliãoが!ついにヨーロッパデビュー!!!

これはすんばらしい!!!Spaniolに次は誰?と聞いたらPigmaliãoしょ!と教えられて数年、Voodoohopのコンピにも名を連ねたりブラジル重要レーベルのFrente Bolivarista主催したりと気になる存在だったPigmalião、堂々のヨーロッパデビュー盤です。スローテクノ/ハウスから飛躍したエスノビザールなエレクトロのB2(sample3)がやばし。一方のニコラは説明不要すぎ。ソカやメレンゲといったカリブのリズムをモジュラーシンセで構築、相変わらずのゆるふわアシッド具合で絶妙な2020感漂うダンストラックに(sample1&2)。既に何度もDJで使ってますがフロア受けもバッチリです。どんどんシャープになっていきますね、、これからも楽しみ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NICOLA CRUZ - Hybridism : 12inch

NICOLA CRUZ Hybridism

MULTI CULTI (CAN)
12inch // MC048
---- yen (税込)

なんだこれ最高すぎる、、、もはや一つのジャンルになりそうなニコラ・クルスが久々にMULTI CULTIから、、モダン・エキゾチカ2020!!!!

今回のテーマは北アフリカのリズムと甘美なイラン音楽とのこと。テクノよりだった最近から今回はまたワールド・ステップを更新、また未来のダンスミュージックへ。ナイジェリアのイボ族のチャントにインスパイヤされたAima(sample1)は、伝統楽器コラの調べとマサイ族の子どもコーラス(本人はケチュア語を想起したとか)にTR303が彼方へと導くDrom Tradisie(sample2)、ペルシャ(イラン)の弦楽器ウードをフィーチャーしたニコラには初挑戦のアラビック風ステップのThird Eye Dub (sample3)つうか全曲使える。自らのアイデアをブラッシュアップしてさらにオリジナルなグルーヴ、しかし独特のエレガンスとゆるふわアシッド感は根底に。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MARY LATTIMORE - At The Dam : CD

MARY LATTIMORE At The Dam

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL-74
2200 yen (税込)

フィラデルフィアのハープ奏者MARY LATTIMOREの大名作入荷!ハープで微睡んでいるといつの間に違う惑星へ。。

Julianna Barwickとの来日公演も素晴らしかったMARY LATTIMOREのこちらの大名作も入荷。ハープの演奏を多重録音/ループさせて違う風景を聴かせてくれたりしますが、基本的には純粋にその美しい音色を活かすミニマルで幻想的でシネマティックな音風景。今作はジョシュア・ツリーの友人宅でrecされたとのことで、そこは周りが全て砂漠で違う惑星で音楽を奏でてるようだった、との本人の弁がありますが、実は私も夏至の日に森の中でこの盤をかけたんですがちょっと凄かったですね。代表作のHundreds Of Daysよりこちらの方がダークな印象で個人的にはこちらが好みです。アンビエント/ニューエイジというか物語を読むような作品。アルバム通して隙なし。。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARY LATTIMORE - Hundreds Of Days : CD

MARY LATTIMORE Hundreds Of Days

PLANCHA (US)
CD // ARTPL-103
2200 yen (税込)

サーストン・ムーアやエド・アスキュウといったレジェンドやジュリア・ホルター、ジャーヴィス・コッカーとも録音している フィラデルフィア/L.A.のハープ奏者メアリー・ラティモアの新作が〈 GHOSTLY INTERNATIONAL〉から。

CDも入荷しました。昨年のJulianna Barwickとの来日公演も素晴らしかったハープ奏者のメアリー・ラティモアの代表作。シンセでは出せないハープの音色がひたすらに美しい、、ケルト音楽のルーツも感じます。名作。アンビエント/ニューエイジ、瞑想音楽の基本の喜び詰まってます。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ASA TONE - Temporary Music : CD

ASA TONE Temporary Music

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL126
---- yen (税込)

ちょっとこれはすばらし過ぎ、、Matthewdavid 主宰のLeaving Recordsからアジアン・ミニマル

RVNG以降のニューエイジ&アンビエントとアジアからの新しい感性の融合2020年代の匂い。ガムランや水琴窟のような調べ、、RAMZIの新しいのなんかと比べてもいいかもです。既に大リピート中! (Shhhhh)

Matthewdavid 主宰の Leaving Records が放つトライバルでスペーシーな極上 サウンド。Young Magic の Melati Malay、100% silk からリリースしている匿 名プロジェクト Kaazi、Human Pitch の創始者でもあるマルチメディア・アーテ ィスト、Tristan Arp による新たなミュージック・プロジェクトがジャカルタで 10 日間で完成させた異形の傑作!

ジャカルタ出身で、Carparkから作品をリリースしているYoung MagicのMelati Malayと、100% silkからリリースしている匿名プロジェクトKaazi、そしてNYのThe Lot Radioではレジデント DJをつとめ、Human Pitchの創始者でもあるマルチメディア・アーティスト、Tristern Arpの3 人が、2018年の1月、Melatiの帰郷の際にジャカルタに集結し、ジャングルに設置した仮設ス タジオで10日間に渡り録音し完成させた作品。
デジタル処理とアナログ処理の両方を取り入れ、バリ伝統の打楽器リンディックや竹製の笛ス リン、アナログ・シンセのMoog Sub 37、エフェクターなど必要最小限の楽器と集合的なヴォ イス、周辺の環境のサウンドで構築されており、一点にフォーカスされているようでありなが ら四方八方から様々な音が降り注ぎ、幻惑的な世界へと導いていく。打楽器やエフェクトのミ ニマルなリズムと音像が、どこか不協和でありながら独特の心地よさと中毒性をもって展開し、 エフェクティヴで艶かしいヴォーカルと折り重なり溶け合う様相に否応なしに引き込まれる。 ガムラン~アンビエント~ミニマル~テクノ~エレクトロニカ~ニュー・エイジまで様々な要 素が高次元で融合した傑作。

RECOMMENDED再入荷

JOSEPHINE FOSTER - Faithful Fairy Harmony : CD

JOSEPHINE FOSTER Faithful Fairy Harmony

FIRE RECORDS (UK)
CD // FIRECD533
---- yen (税込)

JOSEPHINE FOSTERの2018年作、入荷しました

伝説の来日から時が少し経った今も昔も淡々と活動を続けてきたであろうジョセフィンの現時点での最新作。古いオペラとアメリカーナと幽玄なサイケデリア。ギター、ピアノ、オルガン、ハープも自分で演奏するセルフプロデュースアルバム。もちろんフラメンコギターを弾くVictor Herreroも参加。ジャケの通りの彼方からの絵洋書のような、プライヴェートな手紙のような雰囲気も携えながらも、奥には爛々とした意思も感じます。時に羽ばたくような躍動感も。素晴らし、。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ERICK COSAQUE - CHINAL KA 1973 – 1995 : 2LP

カリビアンパーカッシブ・グルーヴ/スピリチュアル・ジャズ、フレンチ・カリブの島国グアダルーペのアフリカ系太鼓リズム、“グウォカ”の革新者エリック・コサックの73~95年の仕事集。HEAVENLY SWEETNESSのカリブ海シリーズ最新作。

キューバやハイチの東で南米ベネズエラの北に浮かぶ、フランス海外県グアダルーペのフォルクローレリズム、グウォカをモダン化。70`sの初期音源はエレピと複雑なリズムのパーカッションが絡み、時代の影響かスピリチュアルジャズ風なsaxやフルートが絡んだり、ポエトリー風のボーカルやチャントもどれも土着すぎずDJフレンドリーで抜けの良いクールなグルーヴは時代が時代であれば、確実にレアグルーヴクラシックのリストに載っててもおかしくないクオリティで驚。
と気持ちよく聴いてたらカリブの魔的な、黒人奴隷の血と汗の呪術パーカッション・トラックも要所要所に。後半はワールドミュージック全盛期なDIGGER的には今気分であろうカリビアンディスコなZOUK風のトラックは同レーベルのDIGITAL ZANDOLIシリーズみたいで嬉。このツッタカしたリズムは新作も楽しみなCHASSOL(彼はマルチニークなんでお隣ですが)の元ネタ的なとこもあり様々なレイヤーが楽しめる、編集は流石HEAVENLY SWEETNESSの仕事と唸ってしまう素晴らしいコンピレーション。同レーベルがスピリチュアルジャズから今はここにいるんですね。ブックレットも充実の2LP。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

Various - MUSIC ARCHIVES OF WEST AFRICA The 70s In Bouake : CD

素晴らしい、、西アフリカはコートジボワール第2の都市ブアケにおける70年代フィールド・レコーディング音源

近年再発も盛んなSmithsonian FolkwaysやOcoraと並んでスイスのジュネーヴ民族学博物館が所蔵する世界音楽コレクション「AIMP」からの発掘音源集。絶教やパーカッションが絡むようなドキュメント系のフィールドではなく、オーガニック&ミニマルとしか言いようのない天然鎮静作用のアフリカ音楽の"静"にフォーカスした編集でアンビエント作用も。こちらは現時点でCDのみ。こちらもリピート中。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

EL BUHO - Camino De Flores : LP

EL BUHO Camino De Flores

SHIKA SHIKA COLLECTIVE (GER)
LP // SHSH 27
2650 yen (税込)プレオーダー

多くの人に支持された名盤再発!予約受けつけ中です。ニコラ・クルスのSIKUと並びの2019年度のエレクトリック・フォルクローレやスローハウス系重要作、秒殺であったであろうこの盤がめでたく再発。バリオリンドのレーベルSHIKA SHIKAから。

この辺おっかけてるいわゆるダンスミュージック・フリーク以外のジャズ系やブラジル/アルゼンチン音楽のプロパーたちまで年間べストにあげてた本作。時に場合によっては土着すぎる南米フォルクローレを上手く繊細にオブラートに包み、バレアリック、アンビエント、ワールド/フォルクローレ好きの今のツボをこの界隈の手法で更新した、ジャケの世界観通りの麗しいオーガニック・スロー・ビート。テクノ/ハウスリスナーにもフレンドリーなイーブン・キック。全ジャンルDJ/リスナーぜひぜひ注目してください。来日。。あるかも! (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Picaflor
A2.Aguas Claras
A3.Camino De Flores
A4.Mirando El Fugo
A5.Heatwaves and Hurricanes
B1.Mis Queridos
B2.Cascadita
B3.Mot Mot
B4.Yanima

PAULIUS KILBAUSKAS - Elements : LP

PAULIUS KILBAUSKAS Elements

THE STATE51 CONSPIRACY (UK)
LP // CON242LP
3450 yen (税込)

リトアニアの作家によるガムラン x 電子音

ガムランがテーマでバリ島で現地の音楽家と録音されてとのことですが、そうはいってもあまり土着フォルクロアな呪術的な足跡は残さず、むしろインテリジェンスで数学的なテクスチャーで淡々と進みながら、どこか寓話的な叙情性が残る不思議な作品、リトアニアのまだ見ぬ大地が浮かぶ。当然ライヒは浮かびますね。アンビエント、テクノ/エクスペリメンタル全般おすすめ、なんか初期エレクトロニカの雰囲気を思い出す。売れまくってるASA TONEやSVEN KACIREKなんかとも (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全161件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×