menu & search
  • 思い出野郎Aチームのパーカッショニストにして、Sano Keita、Ahh! Folly Jet、Wool & The Pantsなど好リリースの続く注目レーベルMAD LOVE Records主宰、全国各地、大小問わず数々のパーティーにDJとして出演し、ブリージン&サウダージな夜を演出する、 DJサモハンキンポーのMIX CDが、遂にフィジカル・リリースされた!!!遅ればせながらnewtoneにも入荷いたしました。
    MIXCD
    MIXCD/ALL MIX/LOVE

  • 「考えうる最高レベルの古今東西融和」を人知れず成し遂げていた幻の傑作であり、現代のアーティストや作家達を惹き付けてやまない秘曲、京極流箏曲「新春譜」。作者、雨田光平の貴重な自演と電子音楽の名工、SUGAI KENによるリワークをカップリングしてお届けする必殺の1枚。
    CD
    EM RECORDS/SUGAKI KEN

  • NINJA TUNEの中でも絶大な人気を誇る映像を喚起させてくれるようなイナジマリーでシネマティックな音像叙事詩を作り出すTHE CINEMATIC ORCHESTRAが2007年「Ma Fleur」以来、なんと12年ぶりとなる新作ニューアルバム「To Believe」を届けてくれた!!!お求めやすい価格のCDも入荷いたしました。
    CD
    DOWNTEMPO/CROSSOVER/ELECTRONICA

  • 音楽家、現代美術家であり立ち飲み屋Mrs.Triangle店主…そしてバンド「巨人ゆえにデカイ」の大きい方で知られる大阪が誇る天才、水内義人によるソロ名義DJ 方の新作CDを入荷しました!声のみを使ったアプローチというだけでは全然説明できない、本人は絶対狙っていないと思いますがBRUCE NAUMANやSTEVE REICHのような部分も垣間見える(!?)怪・問題作!
    CD
    EXPERIMENTAL

  • 大阪のライヴ・アフロビート・バンドAMANITAのニューリリース!ROOT DOWN RECORDSからCDEPと12インチもリリースされます。まずはCD入荷しました!
    CDS
    AFRO/DOMESTIC

  • 細野晴臣もリリースに関わった世界的に再評価が高まっている日本の環境音楽、黎明期を代表する日本のアンビエントの先駆者「イノヤマランド」1983年のデビューアルバム「Danzindan-Pojidon」復刻に続いて、今度は長らく入手困難となっていた1997年リリースのやわらかな2ndアルバム傑作「Inoyamaland」が遂にリマスタリング+ボーナストラックを追加して待望の再リリースがなされた。
    CD
    JAPANESE AMBIENT/KANKYO ONGAKU/INOYAMALAND

1〜20件 / 全60件

< Back   Next >

DJサモハンキンポー - Love Escape : MIXCD

DJサモハンキンポー Love Escape

MAD LOVE (JPN)
MIXCD // MAD-005
1296 yen (税込)

思い出野郎Aチームのパーカッショニストにして、Sano Keita、Ahh! Folly Jet、Wool & The Pantsなど好リリースの続く注目レーベルMAD LOVE Records主宰、全国各地、大小問わず数々のパーティーにDJとして出演し、ブリージン&サウダージな夜を演出する、 DJサモハンキンポーのMIX CDが、遂にフィジカル・リリースされた!!!遅ればせながらnewtoneにも入荷いたしました。

「熱川バナナワニ園への愛の逃避行」がテーマという本作は、ノスタルジックでタイムスリップ&時空の歪んだような白昼夢のエキゾチック/モンド、オールドラテン、アフロキューバンジャズからスクリュー陽水、メランコリック・ドリーミーなダウンテンポ・バレアリック、スローハウスまで、音の海からサイケデリック夢の中へ、スウィート脳内イマジナリーに誘われる。極上にして歪なラブ・トリップ/エスケープ・ミックス注目作。 (コンピューマ)

RECOMMENDED新入荷

雨田光平 / SUGAI KEN - 京極流箏曲「新春譜」 : CD

「考えうる最高レベルの古今東西融和」を人知れず成し遂げていた幻の傑作であり、現代のアーティストや作家達を惹き付けてやまない秘曲、京極流箏曲「新春譜」。作者、雨田光平の貴重な自演と電子音楽の名工、SUGAI KENによるリワークをカップリングしてお届けする必殺の1枚。
RECOMMENDED新入荷

BERNARD FORT - Soundscapes Of Tuscany : CD

初夏から夏の穏やかな雰囲気がフィールドレコーディングを通じて綴られた名録音技師BERNARD FORTによる作家性も存分に感じさせてくれるイタリア・トスカーナ地方の様々な鳥のさえずりを中心としたイマジナリーな音風景が優しく繊細に広がるチルアウト・フィールドレコーディング名作。

録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションの粋が三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング・サウンドスケープ傑作。もちろんリラクゼーション・チルアウトにも最適。全12トラック。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからの2012年リリース作。オリジナルは1996年。当店2018年初入荷。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

THE CINEMATIC ORCHESTRA - To Believe : CD

THE CINEMATIC ORCHESTRA To Believe

NINJA TUNE (UK)
CD // ZENCD226
1950 yen (税込)

NINJA TUNEの中でも絶大な人気を誇る映像を喚起させてくれるようなイナジマリーでシネマティックな音像叙事詩を作り出すTHE CINEMATIC ORCHESTRAが2007年「Ma Fleur」以来、なんと12年ぶりとなる新作ニューアルバム「To Believe」を届けてくれた!!!お求めやすい価格のCDも入荷いたしました。

James Blakeも絶賛するシンガーMoses Sumneyの歌声がThe Cinematic Orchestraならではの静謐でイマジナリー・モノクロームな圧倒的美学で深化させたタイトル曲「To Believe」(sample1)で幕を開け、限定アナログ盤のサプライズ・リリースも話題を呼んだ盟友ルーツ・マヌーヴァを迎えた2曲目「A Caged Bird/Imitations of Life」(sample2)、彼らの作品では欠かせないシンガー達、Grey Reverend「Zero One/This Fantasy」、Heidi Vogel「A Promise」の参加はもちろんのこと、フライング・ロータスやカマシ・ワシントンなどの作品を手掛けてきたLAシーンの重要人物ミゲル・アトウッド・ファーガソン、ドリアン・コンセプト、サンダーキャットのバンド・メンバーであるデニス・ハム、ジョン・スコフィールドやベースメント・ジャックスなど様々なアーティストと共演してきたオランダの交響楽団、メトロポール・オーケストラも参加して美しきストリングス世界を作り出して演出してくれている。彼らの持ち味であるジャズ、クラシック、ヒップホップ、エレクトロニカなど様々な音楽性を融合させて壮大イマジナリー気品に深化進化させた、デビュー20周年を迎えた彼らの集大成ともいえる透徹した美意識に貫かれた音楽として共鳴する傑作がここに誕生している。全7トラック。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DJ 方(DJ PO) - 公演的砂 : CD

DJ 方(DJ PO) 公演的砂

Mrs.Triangle (JPN)
CD // MT-007
1080 yen (税込)

音楽家、現代美術家であり立ち飲み屋Mrs.Triangle店主…そしてバンド「巨人ゆえにデカイ」の大きい方で知られる大阪が誇る天才、水内義人によるソロ名義DJ 方の新作CDを入荷しました!声のみを使ったアプローチというだけでは全然説明できない、本人は絶対狙っていないと思いますがBRUCE NAUMANやSTEVE REICHのような部分も垣間見える(!?)怪・問題作!

身体を接触させるパフォーマンス集団contact Gonzoとのコラボレーションや、大友良英などが参加する「音遊びの会」のゲストパフォーマーとしての出演、デュッセルドルフでの展示やパフォーマンスなどなど様々な場で活躍する水内義人のDJ 方名義の新作が登場です!DJ 方の1stアルバムは、廃盤後テニスコーツがその音源に惚れ込み彼らのレーベルmajikickから再発。そして今作は2009年から2015年にかけて作られたものを選曲したもので、24曲80分弱もの大ボリューム。これはラジオ、コントのようなものか、それとも現代アートか…しかしパッと生み出されるトリックや音楽的な部分にハッとさせられるアイディアの宝庫。何にもとらわれる事の無い、脳を解放した驚きの作品です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DJ HIGHSCHOOL & BUSHMIND - Lieutenant's Aquarium Vol.2 : MIX-CD

東京アンダーグラウンド・SEMINISHKEIレペゼン、DJ HIGHSCHOOL & BUSHMINDの双頭による、深海の底のように儚くサイケデリックに揺らめくブルー(=青・蒼・碧)をテーマに掲げた、ニューミックス「LIEUTENANT'S AQUARIUM」の第2弾リリース、ストックしております!

ERAやCAMPANELLAらのトラックを手掛けるトラックメイカーとして、D.U.O. TOKYOのラッパーとしても暗躍するDJ HIGHSCHOOLによる、新旧ジャンルレスでセンシュアスな選曲を、盟友・BUSHMINDによる傑出したスキルと持ち前の感覚でミックスアップした、誰にも知られない水族館のなかを漂うように心地よくスウィートな時間をプロミスする、このシーズンにも極めつけに最高な1枚!レコメンド。

RECOMMENDED再入荷

OPAL7 - 黒亜細亜 第六集 : CDR

OPAL7 黒亜細亜 第六集

(JPN)
CDR //
1080 yen (税込)

OPAL7 aka ,黒いオパールのアジアの様々な音源をディグする「黒亜細亜」シリーズ最新作。ストックしました。

「いまアジアから生まれる音楽」でも脚光を浴びるアジア各地の現行音楽や、東南アジア民族音楽をいちはやくディグして、SOI48の大阪での招聘も展開してきたOPAL7のニューミックスCD。ヒップホップ、トラップ、ベースとアジア・ネイティブの感覚がミクスチャーされた魅惑の音源、ルーディーな熱帯地下ダンスホール&ストリート・ダンスミュージック満載。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

NUNO CANAVARRO / CARLOS MARIA TRINDADE - Mr. Wollogallu : CD

大推薦CDとさせていただきます。1998年ジム・オルークのレーベルMoikaiよりひっそりと再発された、当時は謎に包まれたミステリアス・リリースでもあったポルトガル音響ミニマル/アンビエント1988年の名作「Plux Quba」、その作者コンポーザーであるNUNO CANAVARRO(ヌーノ・カナヴァロ)の1991年のマドレデウスのキーボード奏者カルロス・マリア・トリンダーデとの共作による秘宝名作が遂に全世界初CD化が成されました!!!

ペンギン・カフェ・オーケストラ、その後のマドレデウスにも通じるようなヨーロピアン牧歌的ニューエイジ・エレクトロニック・アンビエントな、カルロス・マリア・トリンダーデが作曲を担ったアルバム前半7曲も美しくしなやかで素晴らしく、ヌーノ・カナヴァロがメインとなって制作された後半6曲は、ジョン・ハッセルの第四世界にも通じるような、色とりどりの世界各国の民族楽器やサンプリング音を交えた憂いを帯びたミステリアス・スピリチュアルな夢見心地で魅惑の唯一無二の音楽世界が繰り広げられている。こだわりにこだわり抜いたミキシングは、制作から30年近い年月を経ても全く色褪せないどころか未来フューチャーまでにも影響を与え続けそうな音像の魅力も放っている。アナログからデジタルへ移行する時期ならではの、YAMAHA DX-7やTX802、Roland D50のシンセサイザー、Ensoniq 8bit、Akai S950-12bitのサンプラー、カセットレコーダー、Tascam2トラック・レコーダーを駆使して制作された珠玉の全13トラック。2018年スペイン・バルセロナのレコード・ショップDiscos Paradisoが運営するレーベルUrpa i musellより1000枚限定でアナログ復刻されるも即完売してしまっていたので、今回のCDフォーマットでの復刻は本当に嬉しい限り。グレイト・リリース!!!newtone大推薦盤とさせていただきます。トラックリストからもどうぞ。初回限定特典でCDジャケット・サイズのステッカー付きます。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MARINA ROSENFELD & BEN VIDA - Feel Anything : CD

2014年から2016年にかけて録音されたNYのプロデューサーMARINA ROSENFELD & BEN VIDAによるコラボ作品がスウェーデンの名レーベル〈IDEAL RECORDINGS〉よりリリース。ベテラン2人による、流石と言える素晴らしい仕事。

TOWN AND COUNTRYなどのバンドでの活動を経て、電子音楽プロデューサーとして〈PAN〉や〈SHELTER PRESS〉などからのリリース、KEITH FULLERTON WHITMANやGREG DAVISなどとのコラボレーションを行ってきた当店でも人気なBEN VIDA。そしてBingことカジワラトシオ氏ともコラボレーションしているターンテーブリストMARINA ROSENFELDによる作品が〈IDEAL RECORDINGS〉からリリースされました。内容はやはり素晴らしく、モジュラーシンセなどの美味しいところが惜しみなく散りばめられたもの。いつものBEN VIDAと比べると今作ではアグレッシブな演奏で、生き物のような電子音のウネリはそのまま。電子音楽ファンには間違いなくお勧めです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MASAFUMI SATO - Scapes : CD

MASAFUMI SATO Scapes

不思議な庭 (JPN)
CD // FSG-0007
1500 yen (税込)

ディープ・アンビエント。瞑想的電子音の世界。素晴らしいアルバムのご紹介です。東京のレーベル『不思議な庭』よりリリースされた、Haiti from Limboのドラマーでもある“Masafumi Sato”のアルバム「scapes」。

NEW AGE MUSIC DISC GUIDEの執筆、編集でも知られるTsunaki Kadowakiくん経由で、入荷した〈不思議な庭〉、MASAFUMI SATOのアルバム「Scapes」。取り扱い開始ました。意識に作用する、サイケデリック・メディテーショナルな本当のNEWAGEといえるような素晴らしいアルバムだと思います。是非。 (サイトウ)

Andrew Chalk、Chihei Hatakeyama、Ian William Craig・・・・アンビエント/ドローンミュージックの果てなき地平。そして、憧憬。Masafumi Satoの新作を聴いているとそんなビッグネームの名前も自然と頭を過ぎるものがあり、何ならその中へと彼が混淆していくであろうこの先来る日にも違和感は感じられない。Oneohtrix Point Never、James Ferraro、Spencer Clarkといった地下シーンの先駆者によるカセット・リリース群を皮切りに、テン年代初頭の米国地下カセット・シーンより立ち現れた無数のニューエイジ・アンビエントの傑作たちの幻影がこの一枚には宿っているような、そんな比類なきスケールさえ覚える圧倒的大作がここに誕生した。自然と音風景が目に浮かぶ類まれなる美しさを秘めたその音楽は、フィールド・レコーディング素材と淡いドローン・アンビエント・サウンドを基調に展開され、濁りなく幽玄に匂い、聴く者の心へと瞬く間に同化していく。うっすらとゼロ年代エレクトロニカが香るのは彼のルーツが其処に在るからなのかもしれない。この類稀なる美しさを前にしてはSean McCannのRecital、Andrew ChalkのFaraway Pressといったアンビエント・ミュージックの名レーベルから作品がリリースされるような日もきっと遠くないと思える。70年代のニューエイジ・ムーブメント以降、ヒッピー達が求めた自然回帰の流れにも帰結するであろう、この見事な「融和」する響きへと身を任せ、目を閉じ独り物思いの海へと沈むのも悪くない。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CHURASHIMA NAVIGATOR - Life Is Tresure : CD

CHURASHIMA NAVIGATOR Life Is Tresure

BUD RYUKYU (JPN)
CD // BR-003
2160 yen (税込)

【再ストックしました】沖縄発。チュラシマ(美ら島)・ナビゲーターのデビュー・アルバム!到着しています。彼らのベースでもあるエレクトリック・ダンス・ミュージックと沖縄民謡が結びつき、すっと日常から異界に抜けて踊ることの喜びを伝えるほんといいアルバムだと思います。大推薦の一枚!

日本のアンダーグラウンド・シーンの重要ユニットAOA,SOFTでの活動を経て、関西から沖縄に拠点を移して活動してきたDJ SHINKICHIと、上京しAUDIO SUTRAの一員としても活動していた経緯もある沖縄のキーマン、DJ NU-DOHによるベース・ミュージック・パーティー『budryukyu』でのセッションから産まれたユニットCHURASHIMA NAVIGATORの待望のデビュー・アルバム!琉球民謡の歌手で三線奏者、堀内歌奈子をセッションメンバーに、cinema dub monksの曽我大穂、 SHIMA-DUBのHARIKUYAMAKUらがゲスト参加しています。沖縄民謡とダブ、ベース・ミュージック、エレクトロニック・ダンス・ミュージックが結び付いたエスニック・ダンス、踊る事の本来の神聖さを呼び起こすような精気と楽しさに満ちている。レベル・ミュージックとしての側面もある。素晴らしいアルバムが誕生しました!是非。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

NO TONGUES - Les Voies Du Monde : CD

NO TONGUES Les Voies Du Monde

ORMO (FRA)
CD // AD-4595CD
---- yen (税込)

コントラバス二台、トランペット、サックスなどを使う4人で構成されるNO TONGUES。音だけを聴くと黒く土着的ですが、全員白人ミュージシャンで恐らくフランス人。民族音楽を元に作られたサウンドはアフリカやエキゾチックなサウンドを連想させながらも、インプロ音楽からの影響と思われるプリペアドベースを使った特殊な音色を使ったりジャズのフィーリングも持ったような面白いミックスが良い!

1929年から1995年の間のフィールドレコーディングを使い民族音楽学研究所(CNRS)によって作成された「Voices of the World: An Anthology of Vocal Expression」というアンソロジーアルバムを元に作られており、曲によってはその音源と共に演奏したり、他の曲も恐らく原曲から採譜し再解釈を加えた作曲を行っていると思われます。現地のプリミティブな感覚と、研究を元に再構築された知性と本能が交わった特殊な音楽。CD盤もストックしました。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

AMANITA - Afro : CDS

AMANITA Afro

ROOT DOWN RECORDS (OSAKA)
CDS //
1080 yen (税込)

大阪のライヴ・アフロビート・バンドAMANITAのニューリリース!ROOT DOWN RECORDSからCDEPと12インチもリリースされます。まずはCD入荷しました!

レアグルーヴ、ヒップホップ、ダブ/レゲエ、ワールドミュージック、クンビア、アフロ様々な志向の人種が混ざりあう大阪のパーティーシーンで活動するアフロビート・バンドAMANITAが、ROOT DOWN RECORDSからシングルリリース。Kenmei (Ba.Gaya)、Yuya (Key,dubmix)、Daicha (Per.)、Mercy (Tenor Sax)、shotaro (シェケレ、カウベル)の5人編成。10分越えの長尺アフロチューン「Baba Fela」と、ソウルの名曲を思わすジャジーなコード進行がシブい「Iwo Nko?」を軸にイントロ、インタールード、アウトロを加えた5曲。イントロを(sample3)に、短めにとってますがアフロビートバンドとしてのリズムへの次の取り組みへの意思をうかがわせる意欲的な録音で、インタールード、アウトロと共に今後のリリースにも期待が膨らむ。遅ればせではありますが、まずはCD入荷しました!是非どうぞ。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

INOYAMALAND - Inoyamaland [Remaster Edition] : CD

細野晴臣もリリースに関わった世界的に再評価が高まっている日本の環境音楽、黎明期を代表する日本のアンビエントの先駆者「イノヤマランド」1983年のデビューアルバム「Danzindan-Pojidon」復刻に続いて、今度は長らく入手困難となっていた1997年リリースのやわらかな2ndアルバム傑作「Inoyamaland」が遂にリマスタリング+ボーナストラックを追加して待望の再リリースがなされた。

このアルバムは世界的に日本のアンビエント、環境音楽の伝説の名盤と称される「DANZINDAN-POJIDON」のリリースより14年後の1997年に、イノヤマランドと並び再評価されている、芦川聡、吉村弘等を擁する環境音楽制作会社SPD(サウンド・プロセス・デザイン)のレーベル、Crescentよりリリースされたイノヤマランドのセカンドアルバムです。ファーストアルバム『DANZINDAN-POJIDON』と同時期に制作されながら収録されなかった楽曲をはじめ、1982〜1997年に制作された楽曲をコンパイルしています。使用楽器がデジタルシンセサイザー、サンプラーに移行している時期で、更に透明感のある美しいアンビエント・サウンドに進化しています。他のアイテムと共に長らく入手困難でしたが、多くのリクエストにより、リマスター、ボーナストラックを追加しての待望のリイシューとなりました。イノヤマランドならではの日本的なエキゾチズムがやわらかにこぼれ落ちる優しく奏でられた日本の環境音楽珠玉の宝物17トラックを収録。2018年末のリリースから少々時間が経ってしまいましたが、あらためてのご紹介とさせてください。推薦盤とさせていただきます。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

POWDER - Powder In Space  (CD) : CD

POWDER Powder In Space (CD)

BEATS IN SPACE (US)
CD // BIS036CD
---- yen (税込)

TIM SWEENEYの〈BEATS IN SPACE〉から、POWDERのミックスCDリリース!〈BEATS IN SPACE〉初のオフィシャル・DJミックスリリース。

TIM SWEENEYのラジオ・プログラム〈BEATS IN SPACE〉のレーベルからのスペシャルリリース。POWDERのDJミックス「Powder In Space」。CD版も入荷しました。 AC部 製作のプロモーション・ビデオ。理解の範疇をはるかに超えている凄みがあります。伝わってくるものが半端ない。桃子のバイブスのトランス。。見てください。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

鶴岡龍とマグネティックス - Completo : CD

エキゾチック艶歌トークボックス新世界レゲエ&ダブとでも呼ぶべき新たなサイケデリック・アダルト・コンテンポラリー音楽世界をきりひらいた宅録完全自主制作デビューアルバム「LUVRAW」と、ラテンをテーマにムーディー妖しく、イージーリスニング・オールドラテンのリズムとメロディが気怠くやるせない自主流通のみでごく少数のみ限定販売された「甘夏EP」を1枚のCDにまとめた、鶴岡龍とマグネティックス完全版といえるCD作品「Completo」が発売された!!!祝。

色気と艶をヨコハマ・エキゾチック&昭和歌謡ムーディー&オールドラテンを感じさせてくれる日本語によるトークボックス歌心のソウルフル哀愁が濃密変態エロチック・サイケデリックに沁みわたる。まさに熟れすぎた禁断の果実。細部にこだわりを感じさせてくれるアナログな音質と鳴りの空間にもグッとくる。やはり何といっても「君の養子になりたい?」という必殺の決め台詞に完全ノックダウンしてしまうメロウ日本語ラヴァーズ名曲「KIMINOKO」(sample1)を筆頭に、イージーリスニング・オールドラテン古典クラシックス「Guajira para los pollos」のカヴァー(sample2)のやるせなさ、フィメールラッパーNOPPALをフィーチャーした4曲目「されどカサノバ」(sample3)にゆるやかに悶絶うっとりと艶艶濡れ濡れしてしまう。※『甘夏EP』収録の『一人でチャチャチャ』『たぶんヘブン』『鶏の踊り(元名:Guajira para los pollos )』こちらの3曲は地味に手を加えた新バージョンになっております。全13曲。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

鶴岡龍(TSURUOKA RYU) / Wool & The Pants - Demo : CDR

【こちらも再ストック】LUVRAWこと鶴岡龍の最近のライブでは定番おなじみの名曲にして、メロウ&アーバンを超えた濡れ濡れの悶え狂おしい粘着トークボックス&シンセソロに咽び泣くスローファンク「OMAE」を含めたデモ4曲と、レーベル即完売した7インチ「Bottom Of Tokyo」も最高だった、巷で話題の脱力オブスキュア・メロウ・ファンク・グルーヴと言葉が圧倒的に癖になる、ギター、ベース、ドラムによる3人編成のバンドWool & The Pantsの未発表曲3曲を収録した、ライブ会場でのみ数回販売されていた怪盤にして限定スプリットCDRをnewtoneでも取り扱い開始いたしました。2019年へ向けて新たな潮流の一つになるであろう奇跡の組み合わせ重要スプリット盤。大好評再入荷いたしました。

柔らかな陶酔感、夢の歌、めまい、蜃気楼で暮らす。※『OMAE』と『下着』は物販で販売していたものと多少バージョンが違います。祝!流通開始。鼻声ダウナー日本語の狂おしき妖しい気配にも魅了される、ベッドルーム/ワンルーム密室エキゾチック・ソウル、サイケデリック・アダルト・コンテンポラリー大推薦盤とさせていただきます。「下着(SCREWED)」って曲名も最高すぎる。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

STEVE GUNN - The Unseen In Betwee : CD

STEVE GUNN The Unseen In Betwee

MATADOR (US)
CD // OLE13092
---- yen (税込)

RVNG INTL. IMPORTANTなど重要レーベルからのMike Cooper、Michael Chapmanとの共作も素晴らしい名手ギタリストであり、インド古典音楽ラーガに深く影響をうけたトラディショナル・アメリカン・ギタリスト、Steve Gunn新作!!!

USサイケ・フォークの申し子Kurt Vileが絶対の信頼を寄せるアーティストであり、USフォーク、ルーツ・ミュージック・シーンの重要アーチストでもある彼のUSロック名門Matadoraからの2年ぶりのソロ新作。可憐で味わい深い自らの歌声とギターによる思慮深くエモーショナルな9曲。たおやかな風が吹いている。トラックリッストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

HIA & BIOSPHERE - Polar Sequences (Remastered) : CD

音響名門Touchからの数々の名作で知られる、ノルウェー、アンビエント才人BIOSPHEREことGeir Jenssenが、The Higher Intelligence Agency(HIA)とコラボレーションした1996年の自然科学フィールドレコーディング・エレクトロニック・アンビエント名作「Polar Sequences」が自身のレーベルBIOPHONよりリマスタリング復刻。CDも入荷いたしました。

BIOSPHEREの住むノルウェー北部のロープウェイ、山頂の山小屋などの極寒の環境音をフィールドレコーディング、それらを素材にエレクトロニック加工して作り上げた壮大なる音のドラマ。臨場感と共にイマジナリーな音風景とエレクトロニックがアンビエントにダウンテンポ・ドキュメント構築されている。自然の厳しさと優しさ、美しさの同居した凄みのあるドリーミーでメランコリック名作。マスタリングはScapeボスStefan Betkeが担当。自身のBIOPHONからのリリース。推薦盤。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全60件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×