menu & search
  • V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。4-6。
    4CD
    BOOMKAT/THE CARETAKER/PSYCHDELIC

  • 毎作好評のDJ FUNNELよりNEW MIXが到着!様々なジャンルを独自の審美眼を通して、唯一無地のコラージュを披露し続けるDJ FUNNELと、高円寺に店を構えるパワースポット “menosyama”とのコラボレーションCD!!
    CD
    DOWNTEMPO/HIP HOP/CHILL OUT/MIX CD

  • イギリス、ワイト島南岸セントローレンスの2つの教会で100%アナログ・ヴィンテージにライブ録音された、教会とその周辺環境の特別な雰囲気と空気までもが魔法のように封じ込まれたランドスケープな静寂の美しさに満ち溢れた内的宇宙アンビエント・フォーキー・ジャズの傑作。
    CD
    JAZZ/FOLK/AMBIENT

  • !!!、Outhud創設メンバーJustin Van Der Volgenがお気に入りでリミックスを手がけた事でも知られる、大阪アンダーグラウンド、ESG、Slitsマナーのキュート・ポストパンク・ノーウェイヴ・ヘッポコ・ガールズ・ガレージ・ディスコ・バンドThe Creamsがメンバーチェンジを経て経て、ギター、ベース/Vo、ギターの3ピースの編成で新作CDをリリース!!!先ずは6曲目「All Night」(sample1)からどうぞ。
    CD
    ALT DISCO/POST PUNK/ROCK

  • FENNESZことChristian Fennesz、5年ぶりの新作「Agola」が素晴らしい。今回のリリースはUK音響老舗名門TOUCHからのリリース。これまでの彼の手法を存分に駆使した壮大で荘厳なる美しきエレクトロニックス・ロマンチック叙事詩。説得力。
    CD
    ELECTRONICS/DRONE/AMBIENT

  • NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMACKA-CHIN、PART2STYLEのMaL、JUZU a.k.a. MOOCHY ことJ.A.K.A.M.の3人と、ヴォーカリスト/MCによるプロジェクトZEN RYDAZ。アルバム入荷しました!
    CD
    DOMESTIC/CROSSPOINT

1〜20件 / 全102件

< Back   Next >

NOOLIO - Side.C Classics Vol.2 : CD

ロックステディ/ジャマンカンオールディーズとチカーノ・ソウル/ロウライダー・オールディーズ、レイドバック&メロウ、ロマンチック&スウィートに、ゆったりと時間が過ぎていくリラクシンでとろけるクルージンMIXの最高峰、NOOLIOによる2018年の大ヒット&ロングセラー人気MIXCD「Side.C Classics」VOL.2が待望のリリース!!!入荷いたしました!!!

Vol.1でテー マ「ザラついていて、でも上品で甘美なムード、ロマンティックな街角の音楽」をよりフォーカスしたセレクションで。Vol.1収録曲の元ネタや別カバー・バージョンなども随所に忍ばせつつ、哀愁をたっぷり含んだスウィートなモダン・ヴィンテージ・ソウル/レゲエ~ スペインのスキンヘッド・レゲエ~70s甘茶ソウル・ダブなどなど、今回も全編に漂う乾いた空気、スローで微妙にダビーな世界観が癖になるレイドバック・サンセットなドライビングBGMにも最高すぎる。異型レゲエMIXシリーズ”STRICTLY ROCKERS”シリーズ重要人物にして現在はKEN 2D-SPECIAL裏メンバー?クルーの一員として都内を中心にDJでも暗躍するNorio Shimizu aka Noolioによる最新MIXCD到着いたしました。もちろんジャケット・アートワークは2YANGによるもの。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

KILLER-BONG - Sax Blue 9 : CD-R

KILLER-BONG Sax Blue 9

BLACK SMOKER (JPN)
CD-R // ABCD-R045
1620 yen (税込)

ジャズを主題にしたKILLER-BONGのMIXシリーズ『SAX BULE』人気シリーズ第9弾。KILLER-BONGによる2019年第1作目となるCD-R。

超クールなフリージャズと、電子音も実験的なエクスペリメンタルジャズも印象的。各曲のビートも素晴らしくかっこいい。要所要所にグッと来るフレーズを挟んで来るから、そこにまたシビれて堪らない。K-BONGのSax Blue シリーズ。今作も最高です。 (ヤマ)

「街を歩いている
8は突然終わってしまったね
と誰かが俺に言った
え?
8は終わってない
9は始まりで続きなんだ

2018が平成最後のって言う人がいる
だけど2019だって平成最後じゃないか」
(KILLER-BONG)

RECOMMENDED新入荷

KILLER-BONG - Sax Blue 8 : CD

KILLER-BONG Sax Blue 8

BLACK SMOKER (JPN)
CD // BSMX-082
---- yen (税込)

KILLER-BONGによるサウンドコラージュ『SAX BULE』人気シリーズ第8弾

K-BONGのMIXはホントに人気ですぐに無くなってしまうのでお早めに!JAZZのクールな面やグッと来る感じとかにガッツリやられる選曲も最高で、実験的なビートものも交じえてコラージュされていく様は見事としかいいようがありません。いつもだけど、、今作もカッコ良過ぎです。 (ヤマ)

青森の弘前に行く時にはたいがい
前の日に秋田に行くんだ
秋田のなじみといっぱいやって
次の日ホテルのロビーには
青森からの風が吹いて 迎えの車に竿を持って乗り込む 秋田から弘前までを釣りながら行く
会話と音と外
その車中のBGMなんだ
(KILLER-BONG)

RECOMMENDED再入荷

BRIAN HARNETTY - Shawnee, Ohio : CD + BOOKLET

BRIAN HARNETTY Shawnee, Ohio

KARLRECORDS (GER)
CD + BOOKLET // KR066
---- yen (税込)

これはある町に住む11人の肖像画です。ピアノやストリングスの室内楽に乗せて語られる、生活、仕事、友情、そして行為。BONNIE PRINCE BILLYとの共作「SILENT CITY」でも心を惹かれた方も多いのではないでしょうか、音楽民族史学者BRIAN HARNETTYのニューアルバムが〈KARLRECORDS〉から到着。

ピアノの直情的な旋律。ホーンの柔らかな一拍。ストリグスの滑らかなストローク。マンドリンのつぶさな響き。重なるのはフィールドレコーディング音源と、ある町民の独白。そこで語られるのはタイトルにもなっている、オハイオ州のシャウニーという町に住む人々の過去と今。変わりゆく町の風景、祖母との思い出、人々を襲った公害、そして殺人事件。最後は希望への告白で閉じます。付属した20頁に及ぶブックレットで、11人の告白がひとつひとつを解説。独奏やアンサンブルの転換による音の抑揚は、時に聴く人の記憶にまで手を伸ばし、視覚的に想起させます。この美しい作品と、JIM,Boy,Amanda,Lucy,Judd,Sigmund,Ina,Jack,John,Nevaに敬意を表して。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JEAN-DANIEL BOTTA - Devotion Pour La Petite Chameau  : CD

windbellから国内盤もリリースされた魔女レオノーレ・ブーランジェの16年作"Feigen Feigen"の双対と言えるべき怪作。

レオのパートナーでもあるジャン・ダニエル・ボッタの16年作、邦題にすると『チビ牝ラクダへの信仰』。前作"Ammi-Majus: Grand Gouter"は、怪才人集まるLE SAULE諸作のなかでも暖かみのあるギターが印象的なコンテンポラリーシャンソンでリピートしてました。今作は"Feigen Feigen"の予兆ともとれる出来。コラージュと朗読、擬音語∞オノマトペとミニマリズム、そして民族楽器の遠い響き。非西洋圏の音色と調べをコラージュして絵画的に活かしてる感じは、ダンスミュージック的手法ではなくサラヴァ諸作、フレンチ・アヴァンミュージックの流れでした。 インドのサントゥール、バグパイプも飛び交うアヴァン・シャンソン。2010年代以降の"歌"がどう進化するかの極北の例をみるようです。夢日記のような音日記。PVもまた不思議ですね。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LÉONORE BOULANGER - Practice Chanter : CD

LÉONORE BOULANGER Practice Chanter

LE SAULE (FRA)
CD // LSL40CD
2390 yen (税込)

フランスの先鋭的なサウンドを産み出す才能が集ったレーベル〈LE SAULE〉からレオノーレ・ブーランジェの新作です!音楽の楽しさに溢れてる。アヴァンポップ。全力でプッシュさせていただきます。

DJ SHHHHHや、前作を国内リリースした〈WINDBELL〉、コアなレコードショップの後押しで日本でも浸透してきたフランスの〈LE SAULE〉。レオノーレの新作です。レーベルのコアとなるジャン・ダニエル・ボッタ、ローラン・セリと前作と同じラインナップ。「歌の練習(実践)」と名付けられたタイトルどおり、歌、発声、オノマトペ、言葉遊び、日本語の歌まで、おもちゃのピアノやタイプライタ)ー、カシオトーン、パーカッション、中国のひょうたん笛、モンゴルの口琴なんかも使いかつては現代音楽だったとかの領域に突入します。現在音楽のエンターテインメント。ワールドミュージックへの取り組みでで培ったリズムや、コラージュのような音のレイヤーが産み出すマジカルなサウンド。実験的でたのしさに満ちた素晴らしいアルバムだと思います。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

BENJAMIN PETIT DELOR - Get Kartoon : CD

BENJAMIN PETIT DELOR Get Kartoon

LE SAULE (FRA)
CD // LSL36CD
---- yen (税込)

異才の集うフランスのオルタナティヴな先鋭レーベルLE SAULEの中でも、もっとも異彩を放つユニークな才能BENJAMIN PETIT DELORのニューアルバム!MOCKYやジョセフィン・フォスターを送り出したWINDBELL富田氏やSHHHHH、ロスアプソン山辺さんあたりもプッシュする〈LE SAULE〉から。ぜひチェックしてみてください!

レオノール・ブーランジェやフィリップ・クラブ、アントワンヌ・ロワイエたち、フランスの先鋭的なミュージシャンから、ヴィンセント・ムーンもリリースに関わるレーベル〈LE SAULE〉から、レーベルきっての異才、写真家で、グラフィック・アーチスト、映像作家でもあるマルチ・タレントBENJAMIN PETIT DELORのニューアルバム!フォーク、シャンソンやヨーロッパのトラッド・ミュージックの中に、インド古典や70sブラジル音楽にもつうじるような要素も潜んでいるような、サイケデリックスが根底にあって、ユニークな実験感覚でアウトプットする。オルタナティヴなワールドミュージックの新しい波。LE SAULEめちゃくちゃ素晴らしい作品の宝庫なので絶対チェックして! (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

PHILIPPE CRAB & ANTOINE LOYER - Chansons 'Fraternelles : CD

フランスの先鋭的な素晴らしいミュージシャン、アーチストが集うオルタナティヴで新しいワールド・ミュージック/コンテンポラリー・フォーク・レーベル〈LE SAULE〉の最新作!ANTOINE LOYER (アントワンヌ・ロワイエ)とPHILIPPE CRAB(フィリップ・クラブ)。これも凄い。このあたりもすごく面白くなってます。

〈LE SAULE〉の主要アーチストの二人。JOHN FAHEY, JIM O'ROUKEファンにも聴いてほしいギタリストPHILIPPE CRABと、トラッド、フォーク的サウンドにインド古典の要素を持ち込む様なちょっと特殊な世界を繰り広げてきたベルギーのANTOINE LOYER。二人のギターと歌。何曲かの歌詞は友人からもらった手紙や蚤の市で発見したポストカードの数々に記されていた文章に曲をつけたもの。マリオン・クーザン(歌、ピアノ)、オーレリアン・メルル(メロディカ)、ローレン・セリエス(パーカッション、カリンバ)といったル・ソールの仲間たちの参加に加え、子供たちが歌い、口笛を吹き、ロンメルポットを奏でる楽曲などヴァラエティ豊かな楽曲が収録されたサウンドトラックのような風合いも感じられる作品。 text by WINDBELLコンテンポラリーな歌(シャンソン)のジェントルな響、音を楽しむ空気の中に垣間見れる、圧倒的にテクニカルなアヴァン感覚。フランス語の二人の天才シャンソン兄弟('Fraternelles)が繰り広げる素晴らしいセッション。改めて〈LE SAULE〉関連の音楽の素晴らしさに魅了されました。今最も刺激的な音楽性、質の高さ。推薦です。ライヴ凄そう。見たい! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ANTOINE LOYER - Chant De Recrutement : CD

ANTOINE LOYER Chant De Recrutement

LE SAULE (FRA)
CD // LSL-19CD
2390 yen (税込)

ベルギー仏語圏シンガーソングライター、アントワンヌ・ロワイエ。

アコースティック・ギターとメランコリックなボーカルのほの暗いSSW。ですが、ドラムではなくマグレブ音楽で用いられるベンディールやインドのタブラが使われたり、ハーモニウムがまるでアコーディオンのように奏でられ、ボーカルもブリティッシュ・フォークや仏のサラヴァ諸作のような佇まいからラジャスタンの歌唱方を行ったり来たりとトリップしつつ、チューブラーベルの教会の鐘の音にまた我に返る。ピアノとボーカルだけの曲も完全に世界観をものにしてます。曲もバッハから、ベルギーのトラッドをアレンジしたり、ポール・エリュアールの詩に曲をつけたりと、まさにコンテンポラリーなセンスと才能を兼ね備えた現代の吟遊詩人が発掘されたといえます。欧州トラッド・フォークやアルゼンチン諸作を乗り越えた新しい形のシンガー・ソングライターです。PVもヴィンセント・ムーンが撮影していたりとこの辺りのコミュニティも面白そう。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MELODY AS TRUTH (JONNY NASH & SUZANNE KRAFT) - FRAMED SPACE: SELECTED WORKS 2014 : 2CD

〈MELODY AS TRUTH〉初のCD作品が登場。オーナーであるJONNY NASHそしてL.A.の才人SUZANNE KRAFTが本レーベルよりリリースした作品から厳選収録。未公開トラックも収録し、豪華な2CDの仕様で発表。浮遊して揺らめく空間音響は、”MELODY AS TRUTH”固有のディープサウンドスケープ。GIGI MACHINEとの共作も収録されるなど、レーベルの軌跡・世界観を形にしたアルバム。

DISCOSESSIONの一員として活動してきたことでも知られるレーベル主宰JONNY NASH、そして強固なパートナーシップ結びながら幅広い活躍を続けるSUZANNE KRAFT。そのふたりがレーベル設立から3年の間に発表した五つのソロアルバム、そして未発表曲から全27曲が厳選されコンパイル。隆盛をみせる現行アンビエント/チルダンスの先駆けともいわれるふたりの未来に残すべき名作品群。センシティブなセンスと、絶対的な音響構築は他と一線を画すものがあります。トラックリストからも是非。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CHURASHIMA NAVIGATOR - Life Is Treasure Remix : 2CD

【追加入荷しました】沖縄の伝統民謡の祝祭的感覚、霊性とテクノ、ダブ、ベース・ミュージック等のエレクトリニック・ミュージックを融合したCHURASHIMA NAVIGATORが2017年にリリースした「Life Is Trasure」のリミックス・アルバムがリリースされます!!参加アーチストは以下。 IAN SIMMONDS / IORI / J.A.K.A.M. / GROUND / UTSUMI / YAMA a.k.a.Sahib/ KURANAKA a.k.a. 1945 / BASED ON KYOTO / YO.AN / CITY1 / HELKTRAM /MAMABRAZIL / HARIKUYAMAKU / ENITOKWA.

日本のアンダーグラウンド・シーンの重要ユニットAOA、SOFTでの活動を経て、関西から沖縄に拠点を移して活動してきたDJ SINKICHIと、「青山BLUE」でのDJ 、AUDIO SUTRAの一員としても活動していた経緯もある沖縄のキーマンDJ NU-DOHによって結成され沖縄民謡の歌い手堀内加奈子も加入。

基地問題等を抱える沖縄の現在の状況に根ざし、沖縄の伝統民謡の祝祭的感覚、霊性とテクノ、ダブ、ベース・ミュージック等のエレクトリニック・ミュージックを融合したCHURASHIMA NAVIGATORが2017年にリリースした「Life Is Trasure」のリミックス・アルバムがリリースされます。共にシーンを築き上げてきた各地のアーチストたちが参加しています。盛り上がる「南米フォークローレ」や「アジアから生まれる音楽」にも呼応するような注目のリリースです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

CHURASHIMA NAVIGATOR - Life Is Treasure : CD

CHURASHIMA NAVIGATOR Life Is Treasure

BUD RYUKYU (JPN)
CD // BR-003
2160 yen (税込)

【再ストックしました】沖縄発。チュラシマ(美ら島)・ナビゲーターのデビュー・アルバム!到着しています。彼らのベースでもあるエレクトリック・ダンス・ミュージックと沖縄民謡が結びつき、すっと日常から異界に抜けて踊ることの喜びを伝えるほんといいアルバムだと思います。大推薦の一枚!

日本のアンダーグラウンド・シーンの重要ユニットAOA,SOFTでの活動を経て、関西から沖縄に拠点を移して活動してきたDJ SHINKICHIと、上京しAUDIO SUTRAの一員としても活動していた経緯もある沖縄のキーマン、DJ NU-DOHによるベース・ミュージック・パーティー『budryukyu』でのセッションから産まれたユニットCHURASHIMA NAVIGATORの待望のデビュー・アルバム!琉球民謡の歌手で三線奏者、堀内歌奈子をセッションメンバーに、cinema dub monksの曽我大穂、 SHIMA-DUBのHARIKUYAMAKUらがゲスト参加しています。沖縄民謡とダブ、ベース・ミュージック、エレクトロニック・ダンス・ミュージックが結び付いたエスニック・ダンス、踊る事の本来の神聖さを呼び起こすような精気と楽しさに満ちている。レベル・ミュージックとしての側面もある。素晴らしいアルバムが誕生しました!是非。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time Stages 4-6 : 4CD

V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。4-6。

V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。Stage 4から6までを4枚組のCDとしてリリース。ステージを増すごとにメロデイーが崩壊していくようです。メロディーは残像となって、ノイズと混沌にまみれ奇跡的な美しさを産んでいる。必聴。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Patience (After Sebald) : CD

V/VM aka LEYLAND KIRBYによるプロジェクトTHE CARETAKERの2012年にリリースした作品を、CDで再発!

レコードの擦り切れたノイズの奥で鳴るピアノがどうしてこうも感動的に聴こえるのか。曲によってはノイズミュージックやドゥームにも聴こえるようなバランスの中で奏でられています。ケージの4分33秒やマリーシェーファーのサウンドスケープからの流れだと周辺の音にフォーカスしていくようなものですが、これは時間を超えた先の架空のノスタルジアを体験するようなものに聴こえます。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Persistent Repetition Of Phrases : CD

V/VM aka LEYLAND KIRBYによるプロジェクトTHE CARETAKERの2008年にリリースした作品を、自身のレーベル〈HISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERS〉から再発!

THE CARETAKERの人気シリーズ「Everywhere At The End Of Time」が始まる前にリリースしたアルバムPersistent Repetition Of Phrases。雑音の中で微かに鳴るノスタルジックなサウンドに耳を澄まして聴く、冷たさと暖かさが同居するサイケデリックミュージック。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MARINA ROSENFELD & BEN VIDA - Feel Anything : CD

2014年から2016年にかけて録音されたNYのプロデューサーMARINA ROSENFELD & BEN VIDAによるコラボ作品がスウェーデンの名レーベル〈IDEAL RECORDINGS〉よりリリース。ベテラン2人による、流石と言える素晴らしい仕事。

TOWN AND COUNTRYなどのバンドでの活動を経て、電子音楽プロデューサーとして〈PAN〉や〈SHELTER PRESS〉などからのリリース、KEITH FULLERTON WHITMANやGREG DAVISなどとのコラボレーションを行ってきた当店でも人気なBEN VIDA。そしてBingことカジワラトシオ氏ともコラボレーションしているターンテーブリストMARINA ROSENFELDによる作品が〈IDEAL RECORDINGS〉からリリースされました。内容はやはり素晴らしく、モジュラーシンセなどの美味しいところが惜しみなく散りばめられたもの。いつものBEN VIDAと比べると今作ではアグレッシブな演奏で、生き物のような電子音のウネリはそのまま。電子音楽ファンには間違いなくお勧めです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Mambos Levis D'Outro Mundo : CD

〈PRINCIPE DISCOS〉2016年のコンピレーションCD。異端のアフリカン・エレクトロ。DJ NIGGA FOXやDJ MARFOX,DJ LYCOX,NIAGARA達のエクスクルーシヴな音源のコンピレーション。ストックしています!

デッドストック!Bazzerk の「African Digital Dance」、WARPが組んだ「Cargaa」等でもフックされ知られるようになったKUDUROの流れを組んだアンゴラ移民たちによるポルトガル、リスボンのダンスシーンの中心的レーベルPRINCIPE DISCOS。奇妙な進化をとげているクレイジーなアフリカン・エレクトロ。ダンス。変なスピリチュアル感あります。BOOMKAT流通になって2016年のコンピレーション、ストックできました。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THOMAS ANKERSMIT - Homage To Dick Raaijmakers : CD

〈PAN〉や〈TOUCH〉などからリリースしているSerge ModularのプロフェッショナルプレイヤーであるTHOMAS ANKERSMITの新譜が〈SHELTER PRESS〉からリリースです!!BERNARD PARMEGIANIやFRANÇOIS BAYLEなどの電子音楽を脈々と受け継ぎ進化させていく。全電子音楽ファンに勧める作品です!!

個人的にもこの人の新作を待ち望んでいました!元はサックスプレイヤーであり、SERGEやEMSとサックスを一緒に演奏するスタイルから次第に電子楽器のみにフォーカスして電子音の探求をし続けているTHOMAS ANKERSMIT。JIM O'ROURKEとのスプリットLPやVALERIO TRICOLIとのデュオで〈PAN〉からのリリース、PHILL NIBLOCKとツアーを行うなどして着実に経験を積み、今や世界トップの電子音楽家のひとりであると思っています。今作はタイトルにもあるように、オランダの伝説的電子音楽家DICK RAAIJMAKERSへのオマージュとして作られました。RAAIJMAKERSの立体音響効果をもたらす録音技術であるホロフォニックへの考えの元、音響空間や構成についてのアイディアをTHOMASが再構築。生々しい電子音の蠢く立体サウンド、そしてひとつひとつの電子音の素晴らしさに感動します。アムスのStedelijk Museumでこのプレミアライブなども行っていたようですが、再来日を熱望…。RASHAD BECKERやKEITH FULLERTON WHITMANなどの最近の電子音楽が好きな方から、往年の電子音を好きな方まで、全電子音楽ファンにお勧めします。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ELI KESZLER - Stadium : CD

ELI KESZLER Stadium

SHELTER PRESS (FRA)
CD // SP099-CD
1890 yen (税込)

この作品を待っていました!〈PAN〉や中国の良レーベル〈EMPTY EDITIONS〉からリリースするなどし、最近ではLAUREL HALOやONEOHTRIX POINT NEVER、過去にはKEITH FULLERTON WHITMANやOREN AMBARCHIなどとも共演/共作リリースしている注目のドラマーELI KESZLERの新作!それもフランスの素晴らしいレーベル〈SHELTER PRESS〉からという。推さないわけにはいかない名作です!!

〈EMPTY EDITIONS〉からの前作のアルバムもたいへん素晴らしかったELI、今回も期待を上回るさすがの出来。最初に彼の音を聴いたときには、繊細で細かな粒の集まりを聴かせるような特殊な奏法に特化したプレイで、小さい音の中のダイナミクスの緊張感が刺激的で本当に驚きでした。今回はそういったドラムはもちろん、小さく弾くことでしか生まれないキックドラムの低音とシンセのベースの混ざり合いやフィールドレコーディングの音などが際立って素晴らしい。ジャズからの影響が大きくありますがアカデミックな教養もあり、ジャズプレイヤーというよりかは作曲家という方が近いように感じますが、実際の演奏も即興のようで独特な決められたパターンの繰り返しをしているのが分かります。絶好調な〈SHELTER PRESS〉、今作も間違いなく傑作です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VISIBLE CLOAKS, YOSHIO OJIMA & SATSUKI SHIBANO - FRKWYS Vol.15: serenitatem : CD

日本盤CD発売日が4月19日発売。スペンサー監修の日本のアンビエントを編んだ「環境音楽」でも取り上げた日本の環境音楽、エレクトロニックミュージックの重要アーチスト、尾島由郎とピアニスト柴野サツキとのコラヴォレーションです。VISIBLE CLOAKS流モダン・ニューエイジ。大推薦!!

世界的な日本の環境音楽、アンビエント再評価の中でエポックメイキングな役割を果たしているVISIBLE CLOAKSと、評価の高かった吉村弘「Pier&Loft」のプロデュースでも知られ、80年代の東京のアート、環境音楽をとりまくシーンで重要な枠割りを果たしスペンサー監修の「環境音楽」にもピックアップされた尾島由郎と、柴野さつきの二人のレジェンドとのコラヴォレーション。NYCのモダン・ニューエイジ/サイケデリックなアート音楽シーンと並行して、先鋭的で深さもある文句なしのアンビエント、音響サウンド。今の感じです。文句なしに推薦の一枚!日本盤のみのボーナストラックあり。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

1〜20件 / 全102件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×