menu & search

181〜200件 / 全2609件

< Back   Next >

DEGO & KAIDI - A So We Gwarn : CD

DEGO & KAIDI A So We Gwarn

SOUND SIGNATURE (US)
CD // SS067/068CD
---- yen (税込)

WEST LONDON/ブロークンビーツ・シーンを築いた2000BLACK、DEGOとKAIDI TATHAMの現在の集大成。セオ・パリッシュのSOUND SIGNATUREからフル・アルバムです。CDもストックしました!

ハードコア/ジャングルシーンを出発点に、クロスオヴァーなブラック・ミュージック、アフリカン・リズムとエレクトロニック・ダンス・ミュージックを深化させてきたDEGOとKAIDI TATHAMがTHEO PARRISHの〈SOUND SIGNATURE〉からアルバム・リリースです。アフリカに回帰した70sジャズ、ファンクのエッセンス、姿勢を受け継ぎながら、ポリリズム、変拍子の洗練、エレクトロニックな音のファンタジー、力に満ちたダンス・ミュージックです。セオとレコードの値段や流通のこと話してベストな形でやりました。今聴かれるべき素晴らしいアルバムなので是非。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THEO PARRISH - Sketches : CD

THEO PARRISH Sketches

SOUND SIGNATURE (US)
CD // SS040
2390 yen (税込)

リリース当時、アナログ盤は超限定で物議を醸したTHEO PARRISHの'10年アルバム「Sketches」のCDバージョン、リストック!

LARRY MIZELLやI.G. CULTUREもゲスト参加。ざっと聴いた感じでは、「Parallel Dimentions」期にも近いアナログ・マシーンのビートの極限をいくようなミニマルでRAWなマシーン・ファンク。かなりの完成度じゃないでしょうか。今年は、CRUE Lに提供した傑作リミックスや後半の怒涛のリリースをしまくっただけに、どんだけディープな世界を描いてるのか楽しみです。これはファン必聴。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

NICOLA CRUZ - Prender El Alma : CD

NICOLA CRUZ Prender El Alma

CALENTITO (JPN)
CD // CLTCD-2067
2200 yen (税込)

[日本盤CD入荷しました] エクアドルの首都・キトを拠点とするエレクトロニック・フォーク・アーティスト・NICOLA CRUZ、アンデスの魂を電子機材に宿したモダン・エレクトロニックとフォルクローレを邂逅させた珠玉のデヴューアルバム。

'12年、NICOLAS JAARの〈OTHER PEOPLE〉の前身となったレーベル〈CLOWN & SUNSET〉からリリースされたキューブ型のメモリースティック・コンピレーション”Don't Break My Love”に参加し話題となり、〈RHYTHM AND ROOTS〉の鳥コンピレーション”A Guide To The Birdsong Of South America”や、〈MULTI CULTI〉のボックス・コンピレーションにもトラックを提供し、ソナーフェスティバルをはじめとする欧州各地のギグから初となる北米ツアーを成功に収めたエクアドルのプロデューサー・NICOLA CRUZによる、〈ZZK〉から'15年にリリースされたデヴューアルバム「Prender El Alma」。アンデス伝統音楽の偉人・エンリケ=マレスからインスピレーションされつつ、フォルクローレと電子音楽の有機的な交配を試みた全10曲アルバム。古くからの仲間でもある地元の女性シンガー・WARYA UKAY (HUAIRA)の祝祭チャント”Equinoccio”、TANYA SANCHEZ RIBADENEIRAのスピリチュアルな”Cocha Runa”などもハイライトを飾ります。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FELIX LABAND - Deaf Safari : CD

FELIX LABAND Deaf Safari

COMPOST (GER)
CD // COMP470-2
2590 yen (税込)

南アフリカのファンタスティック・ビザールなダウンテンポ鬼才Felix Labandの、なんと!11年ぶりの待望すぎる新作「Deaf Safari」が届きました。名門COMPOSTからのリリース。素晴らしい個性の傑作!!!相変わらずアートワークも最高。

先日、限定ながらアナログリイシューされた傑作と誉れ高い2004年の前作「Dark Days Exit」も素晴らしかったですが、11年ぶりの新作「Deaf Safari」では、どこかアフリカの大地の息吹を感じさせてくれるようで、教会音楽のようなゴスペル的ソウルフルな崇高さとメッセージを含めて、よりスローモーなキラキラと浮遊するビートダウンなグルーヴで、オリジナリティのある圧倒的センスにより磨かれ紡がれた、エレクトロニカ・アンビエント・ダビー、ファンタスティックでジャジー&ムーディーなビザール郷愁ニューディスコ・ダウンテンポのめくるめくイマジナリーでメランコリックな唯一無二の世界が存分に広がっている。今回も傑作です。リスニングにもプレイにもどうぞ。CDはアナログより2トラック多い全9トラック。CDのみに収録の1曲目のアフリカン・ジャングル・サファリなメランコリック・アンビエント「The Savage Bush Hotel」(sample1)も子守唄的に心地いい。まずは、まずは、sample1&2&3からどうぞ。トラックリストからもぜひ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BJORN TORSKE & PRINS THOMAS - Square One : CD

BJØRN TORSKE(ビョーン・トシュケ)と、PRINS THOMASのコラヴォレーション!微細なダブワーク、ダブロック・サイケリア。

90年代末RUNE LINDBÆKやEROTと同時代に、ディスコ・ダブ・カルチャーを通過したプロデューサーとして才能を発揮し、ノルウェーの注目のプロデューサーだった一人、(彼がリリースしていたからNEWTONEで初期SEX TAGS MANIAを取り扱う様になりました)で、現在もっとも信頼できるユニークな個性のベテランBJØRN TORSKE(ビョーン・トシュケ)と、実験的なアルバム『Principe Del Norte』で成功を納めたPRINS THOMASのコラヴォレーション!ディスコ、クラウトロック、ダブ、生ドラムの音色のリズム&ベース、電子音をベースにしながら、ダブワークを施した音響ダブ・サウンド。じわりとフライトしながらズブズブと深みに潜り込む。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PEDRO SANTOS - Krishnanda : CD

PEDRO SANTOS Krishnanda

MR.BONGO (UK)
CD // MRBCD139
2190 yen (税込)

自然主義とインド哲学にインスパイアされたブラジリアン・サイケデリック名盤!個人的にも大好きな推薦盤であります。MR.BONGOからの再発盤入荷しました!

ブラジリアン・サイケデリック、異色の名盤!ソロンゴのニックネームを持つパーカッショニストPEDRO SANTOS の68年のアルバム「Krishnanda」。2010年のブートレッグ、そして本国POLYSOMからのリイシューに続いて信頼のMR.BONGOからアナログ・リイシュー。現行の音楽シーンからの再評価の高い、リオ・デ・ジャネイロのお馴染みTAMBA TRIOのリズムの魔術師HELCIO MILITOがプロデュース。アフロ・ブラジリアンなサウンドをベースにストリングス、エレクトロニクスやコラージュを使用したアレンジのサウンド。スピリチュアルな詩的な世界。脅威の完成度。トロピカリアの名盤の数々をも凌駕する素晴らしい内容。 (サイトウ)


▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SHUGGIE OTIS - In Session Information : CD

SHUGGIE OTIS In Session Information

RPM (UK)
CD // RPM509
2490 yen (税込)

SHUGGIE OTISのセッション音源をコンパイル。

「Freedom Flight」や「Inspiration Information」といった当店のクラシックス殿堂入りのアルバムを残すギタリストSHUGGIE OTISのセッションワークス。父親でもあるブルースマンJONNY OTISのバンドで早熟の天才として活躍。JONNY OTIS SHOWでの音源を中心にRICHARD BERRYやCHARLES BROWN, JOE LIGGINSらのバックでプレイした演奏を収録。後のサイケデリック・フォークとはまた違った味わいですが、この頃の父親の仲間たちと演奏したRTHYTHM & BLUESも最高なのです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Something In The Air : MIX-CD

COMPUMA Something In The Air

SOMETHING ABOUT (JPN)
MIX-CD // SOMETHING ABOUT 001
---- yen (税込)

再入荷!!!COMPUMAの新境地。2012年2月リリース。

スクリューミックスで締めたミックスCD3部作 「A Date With Compuma」に続いてコンピューマが送り出すミックスCD到着しました!これまでになく深い音世界。是非ご一聴お願いします! (サイトウ)

*こちらも再プレス。リストックしました。

大好きな世界のひとつである、ドローンやフィールドレコーディング、ジャズ、電子音楽、アンビエントなどの音楽世界を"OCEAN OF SOUNDS"な気分でMIXして、ひとつの架空の物語的といいますか、ひとつの作品として制作してみました。めくるめく音風景の移り変わりと繋がりの様々な音像の流れの中で、どこかで優しい気持ちみたいなものがちらりとでも聞き手の皆さまに伝わると大変うれしく思います。そして、今回のジャケットの絵を、五木田智央さん、デザインをジェリー鵜飼さんという長年において信頼のおけるおふたりにお願いさせていただきました。そうなんです。不思議な縁で、彼等は元ADS(アントニオ・デザイン・サービス)、そして自分は元ADS(アステロイド・デザート・ソングス)という、たまたまの偶然で1990年代中頃からの、同じ時代に於いての同じADSというデザインチーム名、そしてバンド名としての出会いから10年以上を経てのADS for ADS(こちらのADSはひとりではありますが)な、音と絵とデザインの熱いセッションな作品となったと思います。

『音の風景と刺激が次々と移り変わり流れていく自由な感覚と想像力で聴いて感じる、音のサイケデリック・メディテーション。アンビエントというには過激すぎ、エクスペリメンタルというには心地よすぎる「サムシング・イン・ジ・エア」な音と音楽、空気と空間の道しるべ。コンピューマ名義としては約1年半ぶりの新作MIXCDの発売です。
アートワークは、このMIXにインスパイアされて描き下ろされた五木田智央の絵と、アートディレクター ジェリー鵜飼のデザインによる、ADS(アントニオ・デザイン・サービス)の10数年ぶりのプロダクトで、三者の音と絵とデザインの三位一体の熱いセッションによる装丁となっている。
今回のリリースは、今後の動きも気になるコンピューマのあらたなプロジェクト「SOMETHING ABOUT」からの記念すべき第一弾の作品となります。』


怪人コンピューマの織りなす白昼夢。無邪気で幽玄なTRIP感。音の隙間から溢れ出すファンタジー。それらがすーっと染みこむ優しいMIXです。
DJ NOBU(FUTURE TERROR)


バリ島の人たちは、音楽と踊りによって到達することの出来る存在の状態を指して「別の心」と言ったそうです。自分自身に内包された世界の本質と向き合うためには「別の心」を呼び起こす必要がある。ここに記録されている放射状に拡張する閃きの時間もまたそんな儀式の一端であっただろうと察します。音楽という最古の寺に奉仕する名住職、コンピューマ恩師のアルタード・ステイツに響いた音風景2012、有り難く拝聴させていただきましたうえで「大推薦っ!!!」とさせて頂きます。
BING aka カジワラトシオ (THEGODSARECRAZY)

RECOMMENDED再入荷

KETA RA - ALBUM : CD

KETA RA ALBUM

AIUEO-RECORD (JPN)
CD // aiueo-05
---- yen (税込)

[再入荷] 大推薦の次世代スペースギタリスト KETA RA のアルバム入荷しました !

大阪のチル/アンビエントな人たちとも繋がる広島を拠点に活動している次世代スペースギタリストKETA RAのアルバム入荷しました!心地よいギターの音色で夢見ごこちな世界へ誘うアンビント・アルバム。やけのはらと、アルツ(sample_2)のリミックスを収録していて、このアルツのリミックスほんとアメイジング。覚醒のアンビエントであります。やけのはら氏も極上、独特の音世界を提供しております。録音/マスタリングはKND(京都)、手作業も加えた3面開きのこだわりのアートワークはQOTAROO(大阪)が手掛けています。ゆったりと時間の流れる素晴らしい音空間をお楽しみください。全6曲+α。レコメンド! (サイトウ)

「25 歳の次世代スペースギタリスト KETA RA の ambient dance music!
日本各地をツアーし、ポップな Steve Reich、やさしい Aphex Twin、ナチュラルな John Frusciante など様々に形容された演奏のレコーディングを再構築。KETA RA 活動開始から現在までの変容をまとめた『ALBUM』である。
リミックスには、大阪の奇才「ALTZ(ALTZMUSICA)」と七尾旅人との共演等で知られるラッパーの「やけのはら」。真空管、オープンリールでのレコーディング・マスタリングエンジニアには京都の「KND(Soft)」が参加。 シンプルながらも、型抜きから箔押し、中面の写真まで、 こだわり抜いたジャケットは 大阪の「QOTAROO(COSMICLAB)」が手がける。」


光。つまびく音。小さなざわめき。ひたすら心地よく溢れ出してくる感じ。
僕にとって APHEX TWIN「Selected Ambient Works vol.2」に匹敵する音楽。
でももっとやさしい( 漫画家/西島大介・DJ まほうつかい )

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ALTZ - 八方美米・八方美菜 〜微生物の旅〜 : CD

自然農法のお米と野菜を作りながら自身の田んぼでフェスをしたりと、何かと面白い展開をしている姫路の八方美米・八方美菜のイメージを、ALTZが1枚のMIX CDにまとめました。

自然農法での農業をしながら音楽、アート、パーティ・シーンとも深く繋がり、様々なパーティにも参加していて、自らも「田んぼフェス」という衝撃なタイトルのイベントを、自身の田んぼで毎年田植え前の5月に開催している、姫路は夢前町の八方美米・八方美菜。エネルギーの高い玄米やみずみずしいお野菜たちを食してイメージして、八方美米・八方美菜の広げる世界観をALTZが1枚のMIX CDに仕立て上げました。肥えた大地から芽吹く作物達のたくましさや美しさ、自然界との繋がりを感じて、深いリラックスへと誘います。 (ヤマ)

Altzさんとは2013年にFab Spaceのお座敷イベントチルラクチンで出会いました。目的の一つに”寝かす”という異例のこの名物イベントの深い時間に、坦々と、でも優しいDJと振る舞いに惹かれ、気づいたらTanbo Fesにお誘いしていました。Tanbo Fesの面白さの源でもある出演者へのお礼はお野菜やお米というスタンスをいち早く面白いと受け入れてくれた人です。それから2年半、野菜やお米を毎月送らせていただき食べてもらった上で感じたものでミックスを作って欲しいと頼んでいたものが出来上がりました。ミックスのカバーをデザインしてくれたのは7年来の付き合いにもなる丸井"Motty"元子。評判も良かった一回目の八方美米のイベントでフライヤーを作ってくれたのもMottyです。デザインもまた、お野菜とbartered(物々交換)してもらっています。つまりこのミックスは野菜とお米によって生み出された作品だと言えます. 100%八方美米・八方美菜産のこの作品。ぜひ、現物を手にっとてエネルギーを感じてみてください。
<島袋隆史>

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - An Anthology of Mongolian Khöömii : 2CD

モンゴル音楽、ホーミー&口琴+∞の強烈なアンソロジー!

2010年にモンゴルのホーミーがユネスコの無形文化遺産に登録されたのを受け、そのレファレンスワークたるべく編まれたものとのことで、この伝統芸術を巡る多様性にも配慮しつつ、口琴やトブショール、馬頭琴、ヤトガ、オーケストラ、伝統楽器アンサンブル。そして、1950年代や60年代のアーカイバルな録音、ホーミーの現代的展開の背景ともなる都市の環境音/フィールドRECも収録。ロングボックス2枚組CDに全43トラック、1954年から2016年までの録音(28トラックは未発表)を収録時間150分以上にわたって集成。写真も綺麗です。ワールド・ミュージック名門BUDAからの贈り物。DONATO DOZZYも口琴でアルバム一枚作ってましたね・脳の奥底 / 記憶を刺激するこの音色は、ダンス・ミュージックリスナーにも瞑想アンビエントとして使えそうです。フロアでも試してみてっください。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

JEAN-LUC HERELLE - Le Monde Des Dinosaures : CD

フランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズのタイムマシーンな空想科学「恐竜サウンドスケープ」編。ガオー!!!アギャー!!!ゴゴゴゴゴゴ。

同シリーズの「波の音/波の歌」編で知られるJean-Luc Herelle制作の想像力と音効力の賜物である壮大な恐竜達の息づかいまでもが伝わってくるかのような臨場感と壮大なスケール感が伝わりまくる1989年のシンセサイザー電子音楽的恐竜サウンドスケープ集傑作の復刻。「ジュラ紀・初期」「ジュラ紀・後期」「白亜紀」「先史時代へのタイムスライド」の4トラック。なぜか落ち着く&夢がある。ロマン。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LARAAJI - Vision Songs : CD

LARAAJI Vision Songs

NUMERO GROUP / SCENT (JPN)
CD // SCIPi-9504
3394 yen (税込)

LARAAJI異色の名作。〈NUMERO GROUP〉から再発された1984年のカセット音源。アーサー・ラッセルの諸作やロニー・ホーリーにも通じるようなパーソナルな魅力を放つ名盤です。ストックしました!

ワシントン・スクエア公園で演奏していたところをブライアン・イーノに発見され、1980年に〈Editions EG〉から「Ambient」シリーズの第3弾としてリリースされ他アンビエント史に名を刻むことになったLARAAJIの「Ambient 3 (Day Of Radiance)」以降のアルバムながら、カセットオンリーのリリースで、自主で一度CDRで再発されるもほとんど知られることのなかったアルバム、自身のヴォーカルを大幅にフィーチャリングした作品「Vision Songs - Vol. I」をNUMERO GROUPが再発。東洋の思想と音楽に影響を受け、60年代/70年代のアメリカのカウンターカルチャーに影響を与えたヨガの名だたる指導者たちとともに学だ、笑いの仙人。LARAAJIが演奏する主要民族弦楽器 チター(ツィター)と、ベル、カシオトーンのシンセ、テープ録音のDIYな雰囲気、ゴスペルやマントラ的でもあるパーソナルな歌の魅力。歌/声の力は大きい。若き日のフレッシュな魅力、完全に開いてしまっている映像が微笑ましい。そして凄い。再評価されてきた70s/80sニューエイジ・サウンドに残された隠れた名盤。 (サイトウ)

「ワシントン・スクエア公園で演奏していたところをBrian Enoに発見され、そのままEnoによるアンビエント・シリーズの3作目『Day of Radiance』(1980) へ起用されたことでその名が広まったLaraaji。トレードマークであるツィターの演奏を聴くとすぐさま瞑想空間がおとずれ、ピアノに触れればピタッと時を止めてしまう神がかった存在であり、近年のニューエイジ / アンビエントのあたらしい波をふまえて再評価というか新発見がすすむ唯一無二の人物。そんな神のここ最近の大きな衝撃が、Leaving Recordsが再発した『Om Namah Shivaya』(2016) 。”Laraajiが歌っている! しかもローファイでポップですごい!”

LaraajiのスピリチュアルなボーカルものといえばAudio Activeとのダブ名作『The Way Out Is The Way In』(1995) が有名ですが、今回の録音は1984年。何がすごいってこのユルいカシオ音ときらめく弦、渋くてセクシーな声にのった精神世界の言葉、そしてポコポコしたリズム。発掘されては僕たちを喜ばせつづける同80年代の宅録ポップやニューウェイヴの域を軽くこえた奇跡のよう。デモテープ感たっぷりにマイクへ大きく入った息さえも愛せてしまいます。過去にも同スタイルの曲「Vision Song Suite」がアンソロジー盤『Celestial Music 1978-2011』(2013) に収録されたりしていましたが、うれしいニュース。まだまだお宝はありました!

『Vision Songs Vol. 1』はもともと84年にリリースされ、限定100部のカセットという仕様でヨガ・リトリートやNYCのストリートにて販売していたとのこと。自室やヨガ合宿のスピリチュアルな寝室などでカシオのシンセと”交信”したことからつぎつぎと曲が降りてきたらしく、キャッチーな作曲者としての才能が開花。そこから12曲を収録しており、件の「Om Namah Shivaya」ショート版や「Vision Song Suite」も入ってます。ちなみに「Om Namah Shivaya」は、分娩室にいる生まれたばかりの赤ちゃんのために音楽を演奏してもらうよう、依頼されたことがきっかけでできたそう。

丁寧なライナーノーツは、同レーベルのA&R役やYoga Recordsの運営で知られ、ニューエイジ史を見事にとらえたあのVA『I Am The Center (Private Issue New Age Music In America, 1950-1990)』(2013) のプロデューサー、Douglas Mcgowanによるもの。Brian EnoからVisible Cloaksなアンビエント好きはもちろん、透き通ったニューウェイヴ伝説といえばAntenaやThe Durutti Columnに、同80年代のファンクやソウルのデモを発掘する鬼レーベルPPUのファンも大興奮まちがいなし!」

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

COCKTAIL BOYZ - Endless Summer 2 : MIXCD

COCKTAIL BOYZ Endless Summer 2

(JPN)
MIXCD //
---- yen (税込)

人気作の再入荷!!! Q a.k.a. INSIDEMAN(GRASSROOTS)とKENKEN(KEN2D SPECIAL / URBAN VOLCANO SOUNDS)の二人によるDJユニットCocktail Boyzが夏を終わらせたくない全てのMusic Loverへ捧ぐ、2018夏のお便りMIX-CD "Endless Summer 2" がnewtoneにもようやく届きました。極上リラクシン&チリン、はたまた仕事はかどるBGMに、ドライブ行楽にばっちり最高な仕事をしてくれるはずです。

Black Smoker Recordsからリリースされた前作 "Endless Summer" からはや3年、続編となる "Endless Summer 2" でも、レゲエ、AOR、ヒップホップ、ロック、ロウライダー・ソウルまで、ジャンルを軽く横断したカクテルボーイズならではの選び抜かれた極上のあの曲この曲から、URBAN VOLCANO SOUNDSのおなじみあの曲のROBO宙 feat. まさかのスペシャル・ナビゲートテイクまでもが飛び出す、オールタイムフェイバリットなミュージックカクテル極上な74分。エンドレスサマーでもあり、オールタイム・ドライヴィンに心地いい音楽時間をぜひともゆったりとどうぞ。レコメンドとさせていただきます。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

LASLO - Minden Nap Vasárnap : CD

LASLO Minden Nap Vasárnap

GRETA COTTAGE WOODPILE (UK)
CD // GCWP05
2190 yen (税込)

Paxton Fettel、Mudkid、The Marx Trukkerでおなじみ、マスタリング技師でもあるMatt Dendham主宰のGRETA COTTAGE WORKSHOPのサブレーベルGRETA COTTAGE WOODPILEからの2年ぶり久しぶりのリリース!!!アンビエント・エレクトロニカ・ディープハウス・テクノ&ダブな新鋭LASLOによる静謐メディテーショナル5トラックの珠玉。

今作も愛情たっぷりホームメイド感覚DIYアートワーク・ジャケ装丁も素敵な限定50枚?手書きナンバリング入りCD。推薦盤。ルーツレゲエ&エクスペリメンタルな気配もキュートな全5トラック。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

V.A. - INTERSPECIES Compilation CD Vol.1 ~Aug. 2018~ : CD

浜松から発信する次世代プロジェクトINTERSPECIES RECORDSからのコンピレーションCD.

浜松発のINTERSPECIES RECORDSは、DJ、トラックメイカー、エンジニア、映像クリエーターが達が集結し、パーティ開催から、音源制作、機材開発までを計画している、今どんどんと勢いを増しているミュージックレーベル。浜松の老舗Planet Cafeでのレギュラーパーティ他、昨年は豊橋En BeachでのBOODOOHOPパーティ開催でも、大きな盛り上がりを見せていました。今作はレーベルアーティストによるコンピレーションCDとなっています。フロアユースのトラックから、ダウンテンポ。音響ものまで、幅広く楽しめる1枚となっています。 (ヤマ)

INTERSPECIES RECORDS
オーガニックとエレクトリック,アナログとデジタル(TAPE/RECORDとデータ配信)の 融合と進化/深化/新化をコンセプトに,アーティスト(Track Maker, DJ, etc..) のみならず,電子楽器エンジニア,空間音響エンジニア,サウンドデザイナー,映像クリエイターなど,”音” と "空間" に関わる有りと凡ゆる分野に精通したスペシャリストを集結させた, 浜松から世界に向けて発信する次世代のミュージックレーベル。
▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SUGAI KEN - 如の夜庭 : CD

SUGAI KEN 如の夜庭

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1151CD
1944 yen (税込)

今回発表する『如の夜庭(ごとのよにわ)』(※造語で「夜の庭のようなもの」の意)は、「虫」の声に模した電子音を幾千幾万も配置し抑揚も展開も無く構成した1曲1時間ジャストのハードコアな作品!約10年前に録音して以来、発表の機会を待っていた彼の代表作となり得る大作が満を持して音盤化となる。

発端は、野外で夜虫の声を聞いていた作者がそこに「ある程度の規則性とレイヤー感がある事に気付いた」ことによる。その風景の電化に着手したが、虫一匹一匹をサイン波から加工し、それを手作業でシーケンス組み(!)した為、制作期間は12ヶ月あまりかかった。本作は自然音やフィールドレコーディングをノリで加工したイージーなものとは全く異なる域の純粋な電子音楽であり、新しい領域を提唱する静かで過激な作品!

神奈川を拠点に活動するトラックメイカー、SUGAI KENは日本の夜を想起させる一連の作品、郷土芸能を体感・サンプリングし電化する手法で知られる作家だ。自らをトラックメイカーと称するように、ガチガチの現音原理主義的な音楽家ではなく、クラブ〜ニューミュージック周辺に身を置く、00年代以降の流れに住むアーティストである。-EM RECORDS-

I

RECOMMENDED再入荷

HAKU - Na Mele A Ka Haku (Music of Haku) : CD

HAKU Na Mele A Ka Haku (Music of Haku)

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1136CD
2700 yen (税込)

シンセサイザー/ハワイアン/民謡/ニューエイジ/実験音楽が結合した36分間の桃源異境世界『ハクの音楽』!CDも入荷しています。

EM RECORDSから、ハワイ産のすごいレコード発掘、到着しました。75年に自主リリースされた日系ハワイアンの音楽家・劇作家、フランク・タバレスのシンセサイザー・ミュージック。ハワイアンの民族音楽やサンプリングによる前衛劇的要素、そして白石かずこによるとも言われるミステリアスな日本語の詩をフィーチャリングした曲まで。次元上昇。謎の情景拡がる非現実的の世界へのトリップを誘います。なんだこのレコード。凄すぎる! (サイトウ)

『日系ハワイアンの音楽家・劇作家、フランク・タバレスによって1975年に自主制作された、ジャンル設定を機能不全にするかのような怪盤(あえて言うならハワイアン・エレクトロニック/ニューエイジか?)。使用楽器はシンセサイザーのみ。そこにヒューマン・ヴォイスとフィールド音を重ね、ハワイ民謡と自ら創作した劇作品を折り込み、ハワイ語・英語・日本語・フィリピン語をチャンプルーしてハワイという地を音で再構成しようとしたものだが、あまりにも独自な展開、電子音も手伝って、我々をストーンドしたような異界へと誘う。トラックの全てをシンセサイザーで作った最初のハワイ音楽ともいわれる(そもそも電子音楽からアプローチしたハワイ民謡など他にあっただろうか?)。』

RECOMMENDED再入荷

ROLAND P. YOUNG - Confluences : CD

ROLAND P. YOUNG Confluences

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1133
2376 yen (税込)

「エム・レコード2015年第一弾リリースは、我らがローランド P.ヤングのNEWアルバム。全曲テルアビブ録音でのコンプロヴィゼーション新境地。」

「何かに怒って抗議しているかのごときヒリヒリした攻撃感のあったNY(ブルックリン)録音の『ミスティフォニック(Mystiphonic)』[EM1110CD/LP]の後、ヤングはアメリカを去りイスラエルに移住。創作環境をはじめとして、前作と明らかに異なるモチベーションで臨んだ新作であるこの『コンフルエンシズ(※人、思想、川などが合流する場所の意)』は、1st ソロ『アイソフォニック・ブギウギ』(1980)[EM1045CD/LP] の原点世界に立ち返ったような雰囲気も感じさせ、そこに『イステット・セレナーデ』(2007)[EM1087CD/LP] で確立した多重録音のテクニックを結びつけた新世界だ。 中近東系のスケールを用いたモード・ジャズのような謎めいた雰囲気の「Clutch」から始まり、パーカッション&キーボードの入り組んだミニマルなフレーズ、独特のリズム感、彼のトレードマークであるカリンバと管楽器を様々に混じり合わせ、今回はターンテーブル使用のスクラッチ音?も入れて、ヤング流の現在最新形エレクトロ・ミュージックを展開。彼の強固な「アイソフォニック」哲学をコアにした揺るぎない独自のエスニックさを聞かせ、相変わらずいつの時代の録音かよくわからない独特の音を提示する。ひとたび演奏が始まると一気に作品に引き込み耳を傾けさせてしまう説得力は本物だ。また、この数年で再復活しているNEW AGE ミュージック勢にも訴えかけるような作品になっている。」

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

181〜200件 / 全2609件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×