menu & search

81〜100件 / 全2609件

< Back   Next >

THOMAS ANKERSMIT - Homage To Dick Raaijmakers : CD

〈PAN〉や〈TOUCH〉などからリリースしているSerge ModularのプロフェッショナルプレイヤーであるTHOMAS ANKERSMITの新譜が〈SHELTER PRESS〉からリリースです!!BERNARD PARMEGIANIやFRANÇOIS BAYLEなどの電子音楽を脈々と受け継ぎ進化させていく。全電子音楽ファンに勧める作品です!!

個人的にもこの人の新作を待ち望んでいました!元はサックスプレイヤーであり、SERGEやEMSとサックスを一緒に演奏するスタイルから次第に電子楽器のみにフォーカスして電子音の探求をし続けているTHOMAS ANKERSMIT。JIM O'ROURKEとのスプリットLPやVALERIO TRICOLIとのデュオで〈PAN〉からのリリース、PHILL NIBLOCKとツアーを行うなどして着実に経験を積み、今や世界トップの電子音楽家のひとりであると思っています。今作はタイトルにもあるように、オランダの伝説的電子音楽家DICK RAAIJMAKERSへのオマージュとして作られました。RAAIJMAKERSの立体音響効果をもたらす録音技術であるホロフォニックへの考えの元、音響空間や構成についてのアイディアをTHOMASが再構築。生々しい電子音の蠢く立体サウンド、そしてひとつひとつの電子音の素晴らしさに感動します。アムスのStedelijk Museumでこのプレミアライブなども行っていたようですが、再来日を熱望…。RASHAD BECKERやKEITH FULLERTON WHITMANなどの最近の電子音楽が好きな方から、往年の電子音を好きな方まで、全電子音楽ファンにお勧めします。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ELI KESZLER - Stadium : CD

ELI KESZLER Stadium

SHELTER PRESS (FRA)
CD // SP099-CD
1890 yen (税込)

この作品を待っていました!〈PAN〉や中国の良レーベル〈EMPTY EDITIONS〉からリリースするなどし、最近ではLAUREL HALOやONEOHTRIX POINT NEVER、過去にはKEITH FULLERTON WHITMANやOREN AMBARCHIなどとも共演/共作リリースしている注目のドラマーELI KESZLERの新作!それもフランスの素晴らしいレーベル〈SHELTER PRESS〉からという。推さないわけにはいかない名作です!!

〈EMPTY EDITIONS〉からの前作のアルバムもたいへん素晴らしかったELI、今回も期待を上回るさすがの出来。最初に彼の音を聴いたときには、繊細で細かな粒の集まりを聴かせるような特殊な奏法に特化したプレイで、小さい音の中のダイナミクスの緊張感が刺激的で本当に驚きでした。今回はそういったドラムはもちろん、小さく弾くことでしか生まれないキックドラムの低音とシンセのベースの混ざり合いやフィールドレコーディングの音などが際立って素晴らしい。ジャズからの影響が大きくありますがアカデミックな教養もあり、ジャズプレイヤーというよりかは作曲家という方が近いように感じますが、実際の演奏も即興のようで独特な決められたパターンの繰り返しをしているのが分かります。絶好調な〈SHELTER PRESS〉、今作も間違いなく傑作です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - 久保田麻琴 - NISUMURA 宮古西原 古謡集 : CD

南嶋シリーズ 第4弾

本作品は、1974年に村立100周年の記念として奥原初雄氏と村一番の唄者、長田孫太郎氏によって録音、制作された2枚組のレコード・アルバムから編集し、久保田麻琴がリマスターして復刻したものです。 宮古西原の(音楽)文化のたいへん貴重な資料的価値もさることながら、保存ではなく生きた伝統とすてのすばらしさ、そして音自体が聞くものに迫ってくる迫力がなんといってもすばらしいものです。 「内容の濃さ、素晴らしさは耳を疑うほどだ。曲も素晴らしいが、それぞれの歌唱、グルーブ感など超一流だ。70年代にマルフク盤の「ハイサイ・オジサン」に最初に出会って以来のショックと感動。ここで聞かれる宮古、あるいは池間族独特の曲と演奏歌唱は、荒くローファイに録音されたはいるが、伝わってくる音と雰囲気はそれにもまして凄い。」by久保田麻琴

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TSEGUE MARYAM GUEBROU - Ethiopiques 21 : Piano Solo : CD

エチオピークシリーズでも異色の名作、ニュートーンでもずっと壁にディスプレイしてたんですが、BEATRICE DILLONや DJ SHHHHH, たしかレナたちもこのアルバムに反応してました。みんな彼女の大ファン。エチオピアの修道女EMAHOY TSEGUÉ-MARYAM GUÈBROU(エマホイ・ツェゲ=マリアム・ゴブルー)。ピアノソロ。

63年、67年、70年のアルバムからのセレクトと、96年にリリースされたコンピレーションからセレクトしたTSEGUE MARYAM GUEBROUのピアノ・ソロ。音に霊性が宿ってしまうような純粋ピアノサウンド。圧巻の素晴らしさ。ひたすた美しい。感動の音の軌道。28pageのブックレット付き。〈MISSISSIPPI RECORDS〉もこれをライセンスしてリリースしていました。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - FRANCOIS JOUFFA - Thailand - Musiques Et Chants Du Triangle D'Or : 2CD

ご存知フィールド・レコーディングの魔術師フランソワ・ジェファによるシリーズ。今回の現場なんとタイの黄金三角地帯(!)民族の伝統、労働歌など。メオ族、リス族、シャン族、ヤフ・ニリ族、ヤオ族らタイ北部から雲南省にまたがる地域の部族から採取したサウンド群。

sublime frequenciesやKing Gongもアジアもの連発してますがその辺とシンクロしてますね。はたまたOOIOO "GAMEL"や滞空時間にも繋がるエイジアン・フォーク・パラドックス。dope且つ面白いです。このシリーズ音もばっちりなんでフロア対応可、もちろんリスニングとしてもシネマティックな展開にトリップしてください。2CDのボリュームですがその価値アリ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SOFT - Tokinami : CD

SOFT Tokinami

SOFTRIBE (JPN)
CD // STJP-0005
---- yen (税込)

結成25周年!!! SOFTのNew Album !!!

京都METROで行われた25周年ライブも大盛況となったSOFTの記念すべきニューアルバム。ダブ、ハウス、テクノ、ヒップホップ、ファンク、ジャズ、アフロ、ラテン、、等といった、数々の音楽要素を吸収しつつ展開されていくSOFTのサウンドは、サイケデリックな高揚感が本当にたまらない。8年ぶりとなった今作は、より滑らかとなった音の印象を受けます。力強くもあり、心地よくもあり、そしてトランス感もある全8曲、音の広がりの素晴らしい絶妙な仕上がりに感動。野外でも体感したい! (ヤマ)

結成25周年の節目に、前回リリースから8年、制作期間6年を費やし 新たなアルバムが完成しました。京都、沖縄、大阪にてレコーディングを敢行。元メンバーSINKICHIの全面サポートを受け、ここ数年ライブで温めてきた楽曲を中心に収録。ゲストミュージシャンとしてSINKICHI、東京月桃三味線、HARIKUYAMAKU、PRITTI、SAB、神田剛らが参加。
▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MAD PROFESSOR / ARIWA ARTISTS - Dub You Crazy With Love : CD

LOVERS & DUBのキュート演出BGM最高峰。*入手困難になりつつあるCDで聴くアリワ・シリーズ!(レゲエ便り2015.03.18)まだ入荷できました!

マッド教授のライフ・ワーク・ダブ探求シリーズ「Dub Me Crazy」のアザー・サイドな、もうひとつの顔であるラヴァーズ&DUB演出シリーズ「Dub You Crazy With Love」シリーズの記念すべき第一作(1997年)!サンドラ・クロス、キャロル・トンプソン、コフィ、といったARIWA歌姫たち総出演のあの名曲、この名曲がDUBされて、よりスウィートにダビーにふんわりと演出されてます。これはCDが嬉しい!流しっぱなしにすることで至福の心地よさが全16曲70分40秒体感できます。スーパーで、いつもの安いシンセのヒット曲カヴァーにまじって、ふとかかってても最高ですよね。一家に一枚な素敵BGMCD。仕事はかどります。(調査済み)スタイリスティクスの甘茶大名曲「Stop,Look,Listen」のカヴァー(sample1)もたまりません。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

KING COYA - Tierra de King Coya : CD

KING COYA Tierra de King Coya

CALENTITO (JPN)
CD // CLTCD-2074
2160 yen (税込)

アルゼンチンの異能の才能ガビー・ケルペルのデジタル・クンビアZZKでのKING COYA名義での2018年アルバム「Tierra de King Coya」。ストックしました。

世界的に旋風を起こしたフエルサ・ブルータやアルゼンチンの新感覚前衛パフォーマンス集団「デ・ラ・グアルダ」の音楽も手掛ける、アルゼンチンのエレクトリックミュージックを代表する才人、デジタル・クンビア、エレクトロニック・フォルクローレ最重要人物の一人、天才GABY KERPELのKING COYA名義でのアルバム! (サイトウ)

オーガニックなアンデスの音色とブーツィーな重低音、ダビーな音像を巧みに重ね合わせながら世界音楽とダンス・ミュージックのオルタナティヴを同時アップデート!

誉れ高きノンサッチからの名盤『Carnabailito』で知られるブエノスアイレスの奇才ガビー・ケルペルによる現行プロジェクト=キング・コヤ9年ぶりの新作が名門ZZKからリリースに。


カブサッキ、アレハンドロ・フラノフやフアナ・モリーナらと共にユニークなアルゼンチン音楽の魅力を世界へと知らしめた立役者のひとりによる、まさかの奇跡の復活作!

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BENJAMIN PETIT DELOR - Chevalier De Jungles Et D'esprits : CD

アントンロワイエやフィリップグラブを輩出した要注目レーベル〈LE SAULE〉から、異彩を放つクリエイティブ・アーティストBENJAMIN PETIT DELORのデビューアルバム入荷しました。極限に吹っ切れた実験的コラージュ。無形の世界観で創造するアヴァン・アート。悪声×ヴィブラフォン、初めて聴きました。

画家、VHS作家、ノイズパフォーマーそして作詞作曲歌手という多彩な顔を持つバンジャマン・プティ・ドロールのファーストアルバム、ストックできました。端的に述べるとシャンソンやフォークを、ノイズ・SE・コーラス(?)・悪声ヴォーカルそして多様な楽器でぶっ壊したアルバム。暴力的創造性でぶっ飛んだコラージュ・ワーク。ツール的短尺トラックも数多く収録されていたり、ポップが根底にあったり、キワモノというよりは音の詰まった愉快なブラックボックスに近いような。フリンジ付きのジャケットも完全DIY仕様(ポスカでペインティングされてます)。 (Akie)

RECOMMENDED再入荷

ANTOINE LOYER - Poussee Anglaise : CD

ANTOINE LOYER Poussee Anglaise

LE SAULE (FRA)
CD // Bien#14
---- yen (税込)

ベルギー仏語圏シンガーソングライター、アントワンヌ・ロワイエ。欧州トラディショナルの枠を超える創造性と遊び心の根底が伺えるファーストアルバム。

2014年にリリースされた「CHANT DE RECRUTEMENT」が話題となったベルギー仏語圏SSW・ANTOINE LOYERのファーストアルバム入荷しました。セカンド同様メランコリックな歌声とアコースティックギターを軸に、口琴・タブラ・ハルモニウム等を使用し、フリーフォームなサウンドメイクを展開しているところから既にその才能の片鱗が伺えますが、初期衝動的好奇心に溢れているのが本作の魅力です。その多様なインスツルメンツで、フォークの範疇を超えてワールドミュージックからミュゼットまで取り入れてます。メランコリーな世界観と表現されるアーティストですが、イノセントとも表せるようにも思うほど、楽器ひとつひとつが重なり合いながらも際立って素直な鳴り。仏語の発語がもつ奇妙な美しさにも改めて気づかされるアーティスト。素晴らしい。 (Akie)

RECOMMENDED再入荷

JEAN-DANIEL BOTTA - Ammi-Majus: Grand Gouter : CD

JEAN-DANIEL BOTTA Ammi-Majus: Grand Gouter

LE SAULE (FRA)
CD // LSL15-CD
2390 yen (税込)

ビンセント・ムーン周辺の新たな才能が発掘されつつあります。新感覚SSWのジャン・ダニエル・ボッタの2011年作。

ニュートンでも受けた才女、レオノーレ・ブーランジェのサウンドの魔法の掛け人がこの人。ギターの響きに内省的なボーカルなんですが、たまにブズーキやンゴニといった伝統楽器をギターのように操り不思議な空間を生み出しています。ミニマルなフレーズはマグレブ音楽の引用だったり、、非西洋のリズムや音階をもとからあった空気のように操る才人ながら、エキゾなイメージを押しつけずに取り入れる絶妙なバランス。この手にありがちなナルシスティックな世界に突っ走らず、1曲は2.3分で凝縮されつつも最期には素朴なギターの暖かい音色が印象に残る素晴らしい作品。仏インディの草分けのサラヴァ諸作の幽かなアヴァン性と実験ジャズ精神も見え隠れ。シンガー・ソングライターというか新しいシャンソンって現地の評なんですが、とにかくアルゼンチン諸作の次の空気を感じますね (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

Singū-IEGUTI - Diffraction : CD

Singū-IEGUTI Diffraction

φonon (JPN)
CD // SPF-006
2160 yen (税込)

『太古によみがえる未来のトリオ! 光も歪む、珠玉のノイズ・アンビエント』 佐藤薫(EP-4)監修による新レーベル「φonon (フォノン)」発動第三弾。PARA、EP-4 [fn.ψ]などで活躍する関西アンダーグラウンド・シーンの最重要人物・家口成樹が、広島県在住の兄弟エクスペリメンタル・ユニット"Singū" (シングー)と合体したプロジェクト"Singū-IEGUTI"のファースト・アルバム。

BASSO主宰の〈GROWING BIN RECORDS〉からデビューした、広島を拠点に活動する自然派音楽家/スペース・ギタリストKETA RAと、彼の兄KIYOによるインプロセッション・プロジェクト「singū」と、家口成樹のコラヴォレーション。〈φonon〉からのアルバム「Diffraction」、ストックしました! (サイトウ)

新レーベル「φonon (フォノン)」は、EP-4の佐藤薫が80年代に立ち上げたインディー・レーベル《SKATING PEARS》のサブレーベルとして2018年2月に始動。SKATING PEARSは当初カセットテープ・メディアを中心に多彩な作品をリリースしてきたが、φononは佐藤薫のディレクションによって主にエレクトリック/ノイズ系の作品を中心にリリースする尖鋭的なレーベルだ。 第三弾にラインナップされたCDの1枚は、EP-4 [fn.ψ]で佐藤薫とパートナーを組むシンセ/キーボード奏者で、ラップトップ・アーティストでもある家口成樹が、広島県在住のKIYO (drums)とKETA RA (guitar)の兄弟からなるエクスペリメンタル・ユニットSingūと合体したトリオ・プロジェクトSingū-IEGUTIの『Diffraction』。ファースト・アルバムとなる本作には、ユニークな音楽感性をもつ家口らしい穏やかで知的なアプローチと、プログラミングやエレクトロニクスのほかギターやドラムなど生楽器も取り込むSingūの柔軟性が織りなす、美しく精緻でアンビエント~エレクトロニカ色の濃い10曲を収録。2016年から17年にかけて行われた数回の即興演奏をもとに制作された。

▼ Tracklisting



RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Lateral Thinking feat. KILLER-BONG : CD

『2016年はアンダーグラウンドの重要性を見失った年だった。部屋に積まれたCDを見るとビヨンセ、フランク・オーシャン、ソランジュ、で、えーとほかは……もちろんあるよ、だけどなんなんだ、昔は、たとえばいま現在フランク・オーシャンの(配信ではなく)フィジカルをゲットするための努力をひとはアンダーグラウンド・ミュージックに向けていたものだった。それは物欲から来るものではない。いや、物欲もあろう、しかし、フェティッシュな感性から来るものでもない。とにかく、音楽への愛がまずあった。ぼくがいまフランク・オーシャンのCDをゲットしてニヤつくとき、「やったぜ」という快感はある。が、同時になにかにコントロールされている気もうっすらと感じているのだ。買い方までも。

 COMPUMAは、日本のアンダーグラウンド・ミュージック・シーンの王様のひとりである。DJであり、そして偉大なバイヤーでもある。90年代半ばの日本において、彼が仕入れた音楽(初期電子音楽、現代音楽、実験音楽、モンド、カルトなサントラそしてUSエレクトロなど)は、日本のポップ・シーンからストリートまで影響を与えてきたが、彼のセレクションはつねに、ジャンルの壁を切り崩し、そして音楽を更新するための志に基づかれていた。いまもそうだ。

 この度、ブラックスモーカーからリリースされる彼にとっての最新ミックスCDからも、アンダーグラウンド・ミュージックの現在そして未来への連なりが見える。ディープ・ハウスの懐古ではなく、その現在進行形、いま生きているもの、それはすなわちいまも輝けるアンダーグラウンド・ミュージックを伝えているのだ。たった10人のために、しかしそれがやがては100人にも10000万にも膨らむであろう起点……もちろん未来がどうなるかなんてわからない。ボーカロイドが総理大臣になることはないだろうが、好むと好まざるとにかかわらず音楽のおおよそ大半は、デジタル・ワールドにある。クラブの数は増えたがそのほとんどが音楽のためではなくビジネスのため。アンダーグラウンド・ミュージックは、基本的には昔から愛で動いている。それはCOMPUMAのミックスの根底にあるもので、彼はいまもたった10人、いや、たった5人、いや、わずかの1人のためであろうが、音楽を繋ぐ者である。

 本作のパート1は、2016年の夏、フォレストリミットにおけるライヴDJ音源。これは、UKのネットラジオNTSのFTDレーベルの番組で放送されている。パート2は、90年代の日本のエレクトロ・シーンにその栄光を刻んだADS時代の彼のシンセ演奏をミックスした音源にKILLER-BONGが音を加えたもの。言うなればCOMPUMA meets KILLER-BONG。これらの音源は、ADS~スマーフ男組でともに活動をした村松誉啓氏が2017年1月に永眠する前に録音されている。運命的というか、なんとも妙な時期の重なり方をしてしまったわけだが、なんにせよ、パート2で演奏されるアナログ・シンセサイザーの音響は、それ自体が生きているようにうねっている。もしクラブで、レコ屋でかかったら、誰もが「これなんすか?」と訊ねるであろう、エレクトロニック・フリー・コズミック・ジャズ。COMPUMAが90年代からずっと推していたサン・ラーの境地を見つめながら、彼はまた新しいところに向かっているようだ。』
(野田努)

RECOMMENDED再入荷

DJ SAS - CookBook page #8 〜It's been a long time〜 : CD

R&B/SOULナイスミックス!!必須の1枚!

90年代、SOUL,R&Bの名作ミックステープとして記録的なセールスを生み出した『CookBook』シリーズ17年ぶりの復活作!元ネイキッドアーツのDJ SASによる今夏必須、必殺のBGM。

90年代を実際に過ごした人間として、DJ SASの”Cook Book#8”は、あの頃が永遠だって約束してくれるカラフルなワードローブの箱を開けたよう。でも、それがいつか終わるのはわかってるから、勿体なくて途中で止めながら聞きたいぐらいの気持ちにさせてくれる。ここにはそんなR&B音楽がこれでもかってつまってるーー背伸びでアーバンな10代も、僕みたいな彼女達の父親世代も、フレッシュなスキッピーのような音楽好きな人間には危険です。仕事にならないから。R&Bの多幸感って特別なんだな、と思います。(荏開津広)

RECOMMENDED再入荷

YOTTU - Time To Chill -Image Of Wad Cafe-   : CD

YOTTU 11th MIX CD.250枚の限定!!お早めに!

YOTTUの11作目となるnew mix。大阪は南船場にある、器と日本茶を楽しめるギャラリー「wad cafe」とのコラヴォレーションとなっていています。爽やかでオーガニックな空気感に加えて、今作はしっとり大人っぽい雰囲気も感じられるチルアウト・ミックス。そんなYOTTUの選曲と共に、ジャケットの写真からも心落ち付くような雰囲気が想像できる「wad cafe」に訪れてみたくなりました。 (ヤマ)

京都を中心に全国を飛び回るDJ/オーガナイザーYOTTUより春の訪れが香るMIXCDがリリース。今作は今まで以上に心を落ち着かせる、透明感、みずみずしさを前面に押し出したまさに時を忘れるような”chill”な時間を創りあげた1枚。さらにその中にスパイスのように深いビートの効かせた音や、オーガニックな歌声、様々なパーティーシーンを渡り歩いてきた遊び心が各所に散りばめられたYOTTUらしい仕上がりになっている。また今回は大阪の「器と日本茶」を楽しめる「wad cafe」とのコラボ MIXCD。一体どんなお店なのだろう?と想像力を高める写真集のようなCDジャケットや、wad cafeがもつ心地いい緊張感を感じとれる“粋”なパッケージ装丁にも注目。これまで以上に“厳選”を深めた音の旅60分をお楽しみにください。写真はgentahisada、装丁はhirokichii。今作で11作目となるYOTTU MIXCDは「全て集めている」というファンも多く、日々の暮らし にそっと寄り添う音選びがまさに老若男女から支持を得る。今回は250枚限定リリースのため気になる方はお早目が吉!

RECOMMENDED再入荷

YOTTU - Magic -sound image for hug coffee- : CD

YOTTU 10th MIX CD!!!!!!!!!!

記念すべき10作目。この数年の間に10作もリリースする勢力的な活動は、DJに止まらずオーガナイザーとしても大きな存在となっています。日々音楽とパーティを愛して止まないYOTTU。今作はチルに止まらず、DOWNTEMPO~SOUL~R&B~HOUSE~CHILLOUTと、パーティ一晩分楽しめるようなストーリー性も感じる内容となっています。そして、一度聴くと爽やかな印象がずっと耳に残る感覚は、まさに音楽そしてYOTTUの魔法~magucなんだなと感じる、どんなシチュエーションにも合うナイスミックスです。 (ヤマ)

京都を中心に全国を飛び回るDJ/オーガナイザーYOTTUより約1年ぶりとなるMIXCDリリース。10作目となる記念すべき今作品のテーマは「音楽の魔法」。YOTTUが得意とする“空間を彩る”華やかさ、柔らかさが凝縮された1枚。透明感のあるビートの効いた作品から、mellowでとろける優しいメロディー、トロピカルなダンスチューンまで、DANCE MUSICからバンドサウンドまで幅広い層に高揚感をお届けする1枚。また今回は店内BGMや、共にイベント企画を手掛ける等 親交の深い静岡「hug coffee」とのコラボレーションMIX。静岡の街とカルチャーを盛り上げるhug coffeeの明るさと、珈琲へ情熱を音にとじこめ、1日中どの時間帯にもマッチする魔法の1枚。鴨川のハイジの癒しをこの夏もぜひ。カバンの中にお気に入りの本と、お気に入りのCDをいれて、珈琲を片手に街に繰り出してほしいイメージから特典として“栞”の同封があります。お楽しみに!

RECOMMENDED再入荷

DUP SYS - cистема : CD

DUP SYS cистема

DUP SYS (JPN)
CD //
1200 yen (税込)

大阪を拠点に活動する二人組のユニットDUP SYSによる、アンビエント、ドローン、辺境、エクスペリメンタルな世界。

細やかなサウンドデザインにぐっと引き込まれていくディープアンビエント。静かに沸き起こる美しさ、実験的に立体的に構築されていく空間的サウンド構成も見事。じっくりと聴き込みたい全8トラック。これからの活動にも注目したいDUP SYSです。 (ヤマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

IVAN CONTI - POISON FRUIT : CD

IVAN CONTI POISON FRUIT

FAR OUT (UK)
CD // FARO208CD
1890 yen (税込)

ブラジルが生んだジャズ/サンバ・フュージョン・グループ・AZYMUTHのドラマー・IVAN CONTIが、御年70歳を越えて制作に入った渾身の大作「POISON FRUIT」が遂に完成 !!! 今年初頭の事件ともいえる凄みといのち震えるような音楽のマジックが詰まった素晴らしいアルバム!!アナログLP未収録2曲”Ninho”&"O Ritual"(sample1)にさらに、先行リミックス・12インチに収録されていた、現在のビートシーンを語る際に外せないGLENN ASTROやMAX GRAEF、TENDERLONIOUSやREGINALD OMAS MAMODE IVに加え、今回全面プロデュースに携わったDOKTA VENOMによるリミックス・バージョンのボーナストラックを含むヴォリューム、全16曲のCD盤。

アジムスが生み出す魔法のようなグルーヴの数々を支えてきたリヴィングレジェンド・MAMÃO(=ママォン)ことIVAN CONTIによる、'97年の「PULSAR」以来およそ22年振りとなるソロアルバムがついにリリース!地球上で最も優れたドラマーの1人としての呼び声も高い名プレイヤーであり、ヴォイス、パンデイロやアゴゴといったサンバ楽器を組み込んだドラムスのみならず同時に操るシンセサイザーで無二のサイケデリックなサウンドを築き上げてきた。そして今回、故・JOSÉ BERTRAMI亡き後、インコグニートの中心メンバーのBLUEYの息子であり、<FAR OUT>で活躍する若きプロデューサー・DANIEL MAUNICK a.k.a. DOKTA VENOMとのコラヴォレーション楽曲をメインに、アジムスのベーシスト・ALEX MALHEIROSは勿論、FERNANDO MORAESやTHIAGO MARTINSなど新旧のミュージシャンらのサポート受けて完成させたフルアルバム!ママオのスピリットを含有した魅惑のポイズン・フルーツを食べて奇妙で素晴らしい散歩へ出かけよう! (DNT)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - 久保田麻琴 - PATILOMA 波照間 古謡集1  : CD

沖縄の音楽。久保田麻琴 監修の南嶋シリーズ第1弾。波照間古謡。

細野晴臣とともに琉球音楽を紹介した第1人者で録音技師としてもスペシャリストでもある久保田麻琴氏監修による波照間古謡。 (サイトウ)

久保田麻琴によるフィールド録音から抜粋してお届けする名演の数々は、野趣たっぷりな音の宝物。
久保田麻琴が波照間滞在で出会った二人、野底光子と後冨底フジエは、地元の祭祀で唄う神歌や古謡を識る女性達だった。後冨底周二との親子競演、野底光子所有の古い録音物からのリマスターを含む非常にレアな作品。波照間古謡 初のCD作品化。
南海の孤島で、島人の暮らしは厳しく、神の恵みにすがることは、幾百年にも亘って島のいのちに関わることでした。祈りがつのって唄になり、舞になり、喜びが高まって、歌になる、踊りになる。 by アウエハント静子 (写真とライナーノーツ)
▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Les Esprits Ecoutent, Musique Des Peuples Autochtones De Siberie : 2CD

シベリア先住諸民族の音楽。動物と同化する演劇的、儀式要素の強いsample1, 輪唱のミニマル、不思議な音程、声の使い方、の天然ヒューマン・ビートボックス。アイヌ、モンゴル、ロシア。シャーマニズムや仏教的要素も垣間見れながら、魅力の尽きることのない2枚組の数珠の素晴らしい録音。

極寒の広大な自然が育んだスピリットが滲み出る音楽の魅力。アジアの少数民族も多数リリースしているBUDA MUSIQUEのシベリア先住民の録音。 (サイトウ)

仏BUDAのMUSIQUE DE MONDEより、11枚にもわたってリリースされてきたシベリア・シリーズの総集編となる2枚組のアンソロジーです。1992年から2011年の間に録音された、ハンティ、マンシ、ネネツ、ンガナサヌィ、セルクプ、コリャーク、チュクチ、ユカギール、ニヴフ、エヴェン、ナナイ、オロチ、ウデヘ、ウィルタ、ウルチ、アルタイ、ヤクート・サハ、ブリヤートというシベリア先住諸民族の音楽、計30曲(約2時間)収めています。アカペラや太鼓などを伴ったチャント、口琴や撥弦楽器、擦弦楽器、バスクのチャラパルタのような木材を用いた打楽器、笛といった各種民俗楽器、アルタイのホーミーなど、興味深い音楽満載です。究極のオーガニック作品。モンゴルやアイヌなど周辺の音楽とも併せて聴き比べたりするのも面白いかもしれません。英語/仏語による32ページ・ブックレット付。
▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

81〜100件 / 全2609件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×