menu & search

1〜20件 / 全2572件

< Back   Next >

PEACH IWASAKI(ピーチ岩崎) - Destruccion Romantico : MIXCD

当店でもロングセラーを続けるレイドバック&メロウな名作MIXCD、Noolio「Side-C Classics Vol.1」で知られる注目の新レーベルARROUND Wicked Sound Maker新作は、なんと!静岡拠点のティンパレス奏者にして、ご存知、その存在も最高なピーチ岩崎による、80-90年代のNYプエルトリコのラブソング・サルサをテーマにしたサルサ・ロマンチカなMIXCDの登場です!!!

異型レゲエMIXシリーズ”STRICTLY ROCKERS”シリーズ重要人物にして現在はKEN 2D-SPECIAL裏メンバー?クルーの一員として都内を中心にDJでも暗躍するNorio Shimizu aka Noolioが2018年に始動したレーベルARRROUND Wicked Sound Makerの期待の第3弾リリースは、ティンバレス奏者にして近年はDJとしても静岡を拠点に全国各地で大活躍、上半身裸でマイクを握り煽りに煽る、存在自体が最高な男、ピーチ岩崎によるサルサ・ロマンチカな80-90年代初頭のNYプエルトリコで流行ったラブソング・サルサ(歌謡サルサ)をテーマにした(レゲエでいうところのラヴァーズ・ロックのようなものといえばわかりやすいでしょうか。)、、、ロマンチックで美しいメロディに愛と情熱の歌、ラテン・サルサの熱いリズムが、ストーリーテリング且つ、「いま」のフレッシュなDJ感覚をもって華麗にMIXされ交錯し絡み合う、、、まさにタイトル通り、ロマンチックに破壊(Destrucción Romántico)するラテン・サルサへの愛情伝わる至福の77分間。2YANGによるサルサ度120%の実写ジャケも最高です。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

NOOLIO - Side.C Classics Vol.1.5 : CDR

ロックステディ/ジャマンカンオールディーズとチカーノ・ソウル/ロウライダー・オールディーズな美学のもと、レイドバック&メロウ、ロマンチック&スウィートに、ゆったりと時間が過ぎていくかのようなリラクシンでとろけるクルージンMIXの最高峰で今だロングセラー中の傑作MIXCD「SIDE.C CLASSICS Vol.1」の続編CDRが届けられた!!!

より白昼夢的サイケデリック・ダビーに、トロトロのモダン・ヴィンテージ・ソウルからアーリー・レゲエ、ラテン気品ボレロまで、、、秋の夜長に静かに綴られる全14曲46分の「夢のつづき」 *ワッペン付きは完売いたしました。(レーベル完売) (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

森俊二(Natural Calamity / Gabby & Lopez) - Hatch Back vol.3 : MIXCD-R

森俊二(Natural Calamity / Gabby & Lopez) Hatch Back vol.3

(JPN)
MIXCD-R // Hatch Back vol.3
---- yen (税込)

Natural Calamity、Gabby & Lopezの森俊二によるライブ会場のみで販売されている、”プライベートな感覚と人肌までも感じ取れるかのような気持ちのこもった選曲と絶妙のミックス感覚で丁寧に謙虚に紡がれる” たおやかに時間が流れていく素晴らしき音楽時間を体験できる大人の嗜み的MIXCDR「Hatch Back」vol.1とvol.2に続いてvol.3も入手させていただきました。それぞれに風合いの違うハンドスタンプ・ハンドメイド装丁も愛情たっぷり。

氏の幅広い音楽への深い造詣と気品とセンス、Natural Calamity、Gabby & Lopezの音楽からも感じ取れるそのルーツまでもを垣間みる事のできる、Bruce Cockburn、Papa M、Egberto Gismonti、Nana Vasconcelos、スティールパン・ミニマル、西アフリカ・コラ、静謐ピアノ・アンビエント、アンビエントなジャズトリオ、フォーキー・カントリーソウル、Bill Friesell、Ornette Coleman、自身の楽曲などなど、ジャンルを横断しながらも、オーシャン・オブ・サウンド的なひとつの統一感世界観とイマジナリーでメディテーショナル・リラクシン・アンビエント的な極上の心地よさで選曲&少しのミックス感覚で丁寧に紡がれた1時間の極上リスニング体験。BGMドライブのお供にもぜひ。おそらくライブ会場以外で入手できるのはここnewtoneだけと思われます。vol1、vol.2に続いてこのvol.3も大推薦。豊かな音楽体験をどうぞ。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

森俊二(Natural Calamity / Gabby & Lopez) - Hatch Back vol.2 : MIXCD-R

森俊二(Natural Calamity / Gabby & Lopez) Hatch Back vol.2

(JPN)
MIXCD-R // Hatch Back vol.2
---- yen (税込)

Natural Calamity、Gabby & Lopezの森俊二によるライブ会場のみで販売されている、”プライベートな感覚と人肌までも感じ取れるかのような気持ちのこもった選曲と絶妙のミックス感覚で丁寧に謙虚に紡がれる” たおやかに時間が流れていく素晴らしき音楽時間を体験できる大人の嗜み的MIXCDR「Hatch Back」vol.1とvol.2、vol.3を入手させていただきました。それぞれに風合いの違うハンドスタンプ・ハンドメイド装丁も愛情たっぷり。

氏の幅広い音楽への深い造詣と気品とセンス、Natural Calamity、Gabby & Lopezの音楽からも感じ取れるそのルーツまでもを垣間みる事のできる、レイチャル・スウィート、ニーナ・シモン、ティミー・トーマス、レオン・トーマス、J.J.ケイル、エチオピア、マリのコラ、エドゥアルド・マテオ、ホルガー・チューカイ、マイク・オールドフィールド、エレクトロニカ・アンビエントなどなど、ジャンルを横断しながらも、オーシャン・オブ・サウンド的なひとつの統一感世界観とイマジナリーでメディテーショナル・リラクシン・アンビエント的な極上の心地よさで選曲&少しのミックス感覚で丁寧に紡がれた1時間ほどの極上リスニング体験。BGMドライブのお供にもぜひ。おそらくライブ会場意外で入手できるのはここnewtoneだけと思われます。vol1、vol.2、vol.3、それぞれに大推薦。どうぞよろしくおねがいいたします。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - Mongolia : CD

BERNARD FORT Mongolia

FREMEAUX & ASSOCIES (FRA)
CD // FA5365
2350 yen (税込)

フィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、名職人Bernard Fortによる中央アジア・モンゴルのフィールドレコーディング名作「MONGOLIA」どこまでも広がる草原の海原に風と共に広がるモンゴルの伝統楽器ヤトガの優雅で牧歌的な琴のような響きと馬頭琴、口琴、ホーミーの響きにうっとりでっかく包まれる。

モンゴル伝統音楽の名手ふたり、Chinbat BaasankhuuとBayarbaatar Davaasurenによる名演、そして、名録音技師 Bernard Fortによる丁寧で臨場感と透明感に満ち溢れた音像音響が素晴らしい、天然のミニマル&ドローンでもあり、草原の海原をどこまでも広がるかのような牧歌的で気持ちよすぎる名品。モンゴル伝統音楽の傑作としてはもちろんの事、アンビエント、リラクゼーションCDとしても最適。トラックリストからもどうぞ。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESからの2011年リリース。全12トラック。当店2017年初入荷。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - L’orage / Soundscapes Of Storms : CD

フィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、Bernard Fortの2016年新作が、フランス信頼の民族音楽・世界音楽レーベルFREMEAUX & ASSOCIESから届けられた。今作のテーマは「雷鳴」。細部にわたる繊細緻密な驚異と迫力の音響、優雅で気品に満ち満ちた夏の午後や夜の雷を伴う夕立(嵐)の情景をサウダージな世界観までもを感じさせてくれながら、ひとつの音響作品として完成させた秀逸なるサンダー・サウンドスケープ集。天然自然の超絶エレクトロニック電子音楽。ご期待ください。

彼自身が長年にわたり魅了され続けてきた雷をテーマに、技術と機材の粋を尽くして集音採取録音した入魂の11トラックを収録。夏場の夕立前の遠雷と虫のセッションの1曲目「Distant storm, insects’ song(5:26)」にはじまり、少しずつ雷が近づき雨が降り出す様子を臨場感溢れる音響作品として秀逸に作り上げた2曲目「Approaching storm, insects’ song(4:37)」3曲目「Close storm, beginning of rain(7:35)」(sample1)、そして、涼しさまでもが伝わってくるかのようなどしゃぶりの雨とサンダー!!!な4曲目「Distant storm, heavy rain(5:17)」(sample2)、そして、雨がやみ雷も遠く離れて行く5曲目「Distant storm, end of rain(7:47)」6曲目「Receding storm without rain(5:55)」、更には、情緒あふれる雷鳴と虫の音の淡い情景を優雅に記録した傑作7曲目「Approaching storm, no rain(9:53)」(sample3)雷鳴をミュートしたような不思議でユニークな音響効果の8曲目「Muted strom, returning rain(7:45)」、森の奥深く徐々に激しくなり雨雷共にピークを迎える臨場感溢れるスコール的な9曲目「Close storm, beginning of rain(8:49)」10曲目「Close storm, heavy rain(4:58)」11曲目「Very close storm, very heavy rain(6:57)」の全11曲を収録。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションの粋が三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング傑作。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからの2016年最新リリース。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - LES CONCERTS DE LA NUIT : 2CD

数々の傑作でおなじみの名録音技師Bernard Fortが1997年に手掛けた名作の完全版となる全9トラック入りの2枚組CD「夜のコンサート」が遂に入荷いたしました。当店でも好評いただいている4トラック収録の編集盤「Nocturns Du Monde」も最高ですが、より多彩な夜の調べを満喫できるこの2CDも当然ながら大推薦とさせていただきます。

編集盤「Nocturns Du Monde(世界の夜のコンサート)」に収録されていた4トラックすべて、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜(1997年・10’57”)」)はCD2_5曲目(sample1)に、電子音楽にも聞こえてくる味わい深い様々な虫の音や、遠くで鳴るエレクトロニクス・ショックな自然のリアルな電子音とも呼べる雷などが夜の静寂の中に響きわたる「南フランス南東部プロヴァンスの夜(1997年・31’10”)はCD1_1曲目、「フランス東部ドンブ地方湖畔の夜(1996年・12’13”)」での蛙達の合唱はCD2_2曲目に、遠くから聞こえる蛙達のコンサートを背景に、鳥や虫達の合いの手的な間合いのミニマルな響きが浸透する「ルーマニアのドナウ川デルタ地帯の夜(1997年・19’23”)」はCD2_4曲目(sample2)に収録されており、さらにはこの2枚組でしか聞くことのできない、、、穏やかな波の音にも癒される、鳥と虫達による穏やかな調べのCD1_2「イタリア・エルバ島の晴夜(1998年・11:09)」(sample3)、CD1_3「フランス・プロヴァンスの夜(2000年・13:17)」、沼のほとりの鳥達の生態に静かにリフレッシュされるCD1_4「カナダの森の夜明け前(1995年・12:38)」、CD2_1「イタリア半島の西、サルデーニャ島の闇夜(2000年・14:30)」、CD2_3「フランス北西部、ブルターニュ地域の夕暮れ(2000年・12:51)」という各地での5ポイントを合わせた、ヨーロッパはフランス、イタリア・ルーマニア、アフリカ・ケニア、そして北アメリカ大陸カナダでの1996-2000年に採取された全9ポイントでの穏やかな美しさに満ち溢れた夜行性動物達の生息コミュニケーションの音による記録が収録されている。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションが三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング作品。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。もちろん信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからのリリース。2016年、当店初入荷作品。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PIERRE HUGUET - Nature Des Tropiques - Les Points Du Jour : CD

トロピカル・トリップなバレアリック・リラクゼーション最高峰。全編にわたりジャングル奥地に生息する鳥、猿、蛙、虫の摩訶不思議な鳴き声と、河のせせらぎや遠雷などの自然音とのハーモニーの柔らかで心地よく静かな息づかいを存分に堪能できるはずです。これからの季節のお昼寝CDにも最適。トロピカル・イマジナリーな好奇心や冒険心を聴覚を通じて心地よく刺激して覚醒してくれる音の処方箋。

信頼フランスの民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの「トロピカル」編。アマゾン・トリップな録音技師Pierre Huguetによる1976-90年にかけて南太平洋パプアニューギニア、アフリカのザンビア、コンゴ、マダガスカル諸島、東南アジアはマレーシア、南米はフランス領ギアナにペルーの森の奥にて採取された13カ所におよぶポイントでの録音を収録したもの。1992年リリース。当店2016年初入荷。まずはサンプルから、そしてトリップリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - Nocturnes Du Monde : CD

信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの名録音技師Bernard Fortが1997年に手掛けた名作2枚組CD「世界の夜のコンサート」のベスト的4トラック編集盤。まずは、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜」(sample1)からどうぞ。

電子音楽にも聞こえてくる味わい深い様々な虫の音や、遠くで鳴るエレクトロニクス・ショックな自然のリアルな電子音とも呼べる雷などが夜の静寂の中に響きわたるトラック1「南フランス南東部プロヴァンスの夜(1997年・31’00”)」、ものすごい数の池があるというトラック2での「フランス東部ドンブ地方湖畔の夜(1996年・12’02”)」での蛙達の合唱(sample3)、そして、遠くから聞こえる蛙達のコンサートを背景に、鳥や虫達の合いの手的な間合いのミニマルな響きが浸透するトラック3「ルーマニアのドナウ川デルタ地帯の夜(1997年・19’21”)」(sample2)、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜(1997年・10’55”)」(sample1)、の4ポイントでの穏やかな美しさに満ち溢れた夜行性動物達の生息コミュニケーションの音による記録。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションが三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング作品。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。2016年、当店初入荷作品。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JEAN CLAUDE ROCHE - Cigales Et Grillons & Autres Insectes Chanteurs Du Monde : CD

心地いい〜。次々とバトンが渡されるかのような30秒から1分ほどの世界中の虫の音メドレーmixにうっとりコオロギ達の虫の音に癒されます。電子音楽にも通じるような擦れる羽音の複雑でミニマルな音波の調べにあらためての自然の神秘と驚異の奥深さに好奇心が刺激されます。ご体験ください。(待望再入荷!!!)

信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの「蝉とコオロギ、そして、世界の昆虫の歌手たち」という、ボルネオ、タイ、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、カメルーン、セネガル、マルチニック、レユニオン、フランス、ヴェネズエラ、チュニジア、中国、スマトラ、イリアンジャラ、セレベス島などなどの世界中のコオロギと蝉にスポットをあてたメドレー形式の虫メガミックス的フィールドレコーディング名作。聞いた事のあるなじみの音色に、超音波みたいな、まったく初めて聞く驚異の鳴き声まで、永遠に続いていくかのような様々な虫の音に心癒され、好奇心を存分に刺激されます。全60トラック。監修は、同レーベルを代表する音響作家・録音技師 Jean Claide Rocheが担当。もちろん大推薦。60種類の波形みてるだけでもワクワクしてきます。まずはsampleからどうぞ。大推薦。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

PPU DVD and VHS & BETA - PPU VIDEO PARTY VOLUME ONE : DVD-R

これもある意味辺境音楽発掘の最前線です。PEOPLES POTENTIAL UNLIMITEDから驚きの映像。

アメリカン・ローカル・ファンク、黒人ゲットーのエンターテイメントの奥深さ。PPU VIDEO PARTYのPART ONEストックできました!TORN HAWK名義でL.IE.S.等からもリリースする映像作家 LUKE WYATT ! ヴィデオテープ&オールドスクールエフェクトを駆使したUSオルタナティブな感覚の映像エディット。 (サイトウ)

PPU DVD MIX COMPILATION FEATURING :

RARE/UNRELEASED 1980-1990 dance club and private house party video footage + commercials.

"Mizz Mean" LIVE video performance by SAAVY

"Danger Zone" VIDEO by Robbie M & Midnight Express

RARE LIVE public access footage of Midnight Express

Compiled by PPU and edited by LUKE WYATT

80:00 minutes total playing time NTSC - ALL REGION DVD

RECOMMENDED再入荷

DJ HIGHSCHOOL & BUSHMIND - Lieutenant's Aquarium Vol.2 : MIX-CD

東京アンダーグラウンド・SEMINISHKEIレペゼン、DJ HIGHSCHOOL & BUSHMINDの双頭による、深海の底のように儚くサイケデリックに揺らめくブルー(=青・蒼・碧)をテーマに掲げた、ニューミックス「LIEUTENANT'S AQUARIUM」の第2弾リリース、ストックしております!

ERAやCAMPANELLAらのトラックを手掛けるトラックメイカーとして、D.U.O. TOKYOのラッパーとしても暗躍するDJ HIGHSCHOOLによる、新旧ジャンルレスでセンシュアスな選曲を、盟友・BUSHMINDによる傑出したスキルと持ち前の感覚でミックスアップした、誰にも知られない水族館のなかを漂うように心地よくスウィートな時間をプロミスする、このシーズンにも極めつけに最高な1枚!レコメンド。

RECOMMENDED再入荷

T. K. RAMAMOORTHY - Fabulous Notes And Beats Of The Indian Carnatic - Jazz : CD

これは凄い!EMからインド産脅威のジャズ!

EM RECORDSからインド産60Sジャズの脅威の一枚!印度音楽の伝統も踏まえながらの恐ろしく高度なモーダル・ジャズ。時にMARTIN DENNYのエキゾ感をおもわせる創造性の高い楽曲。『上向音形、下降音形、音階、ターラ(時間・拍の概念)といったラーガの厳格なシステムを守り、その上でジャズに出来るか挑戦している』 かっこよすぎです。文句なしに大推薦!!! (サイトウ)


『レフトフィールド音楽、辺境音楽、エクストリームなジャズ、エチオピア音楽、などなど普通のものでは飽き足らない先鋭リスナーに捧げる驚異の<真性>インディアン・ジャズ!!

 魅力的なひびきをもつ「インディアン・ジャズ(もしくはインドジャズ)」は、60年代において欧米に出現したが、実のところ、西洋ジャズのアンサンブルに楽器としてシタールを加えただけのものがほとんど。つまり、少しインドっぽい響きのする、エスニックな香りのするモダン・ジャズの域を出なかった。
 しかし!それを吹き飛ばすとんでもない作品があった!ここに紹介するT.K. ラマムーシーの1969年発表のアルバム『ファビュラス・ノーツ&ビーツ・オブ・ジ・インディアン・カルナーティック・ジャズ』は、南インドの古典音楽であるカルナーティック音楽の厳格な音楽形式をそのまま用いつつ、インドの音楽が果たしてジャズになるのか?と問うた前例のない実験作品。西洋楽器とインドの打楽器・弦楽器を混合し、全員インド人で演奏した(楽器を手に床に座ってジャズを演奏している風景を想像してほしい!)その成果は唯一無比、形容し難い独特のものであり、新しい音楽ジャンルすら要求できそうな怪作となっていた....』▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Something In The Air 3 : CD

COMPUMA Something In The Air 3

MPM/SOMETHING ABOUT (JPN)
CD // MPM-001
---- yen (税込)

再入荷!!! COMPUMAのライフワーク的MIXCD「Something IN The Air」シリーズ最新作Vol.3は、空想登山MIXとでも呼ぶべき、深い呼吸の間合いと共に静かに音楽するイマジナリーでメディテーショナル・アンビエントでスピリチュアル・ブルージー・フォーキー・エレクトロニックな山登りの為のBGMサントラ的ミックスCD!!!

COMPUMAのアンビエント/ディープ・リスニングなミックスシリーズ、「Something In The Air」の新作がリリースされました!2018年7月4日-7月25日の期間、代官山蔦屋書店2号館1階ブックフロアにて開催された、グラフィックデザイナー/イラストレーター、ジェリー鵜飼「ジェリー・マルケスSHOW」にて、氏の新作小説「ジェリー・マルケスと一緒に観たあの景色のことは忘れない」のサントラ的な役割として同時展開された、Compumaによる新作MIXCD「SOMETHING IN THE AIR 3」が好評につき、ジャケットアートワークを新たに装いMIXCD単体として発売される事になった。 (サイトウ)

「ジェリー鵜飼さんからの当初の依頼は、”山登り、登山の為のBGMミックス”という事で、ほぼ登山経験のない自分でしたが、参考資料として鵜飼さんから送られてきた登山写真の数々が、あまりにも素晴らしく壮大で美しく、そこから大きくインスパイアされて、勝手ながらの想像力と妄想力を広げて 作ったミックスとなります。矛盾してるようですが、圧倒的自然の美しさと驚異を目の前にする中 で、自然との調和、そして、まったく音や音楽など必要ない無の世界と子供心ワクワクする冒険心を くすぐられるようでいて平穏な何でも無い境地を目指してみました。自分にとってのライフワーク的MIXCDシリーズ「SOMETHING IN THE AIR」の新たな仲間入り最 新作として、そして、今までになくシンプルでありながらイマジナリーに奥深く、ミックスとサウン ドトラックとの間、といいますか、聞き手の様々な距離感でひっそりと存在できたらと思っております。もちろん小説のお供にもぜひ。どうぞよろしくおねがいいたします。」by Compuma

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Cosmic Force -Betrayal Chapter2- : CDR

COMPUMA Cosmic Force -Betrayal Chapter2-

SOMETHING ABOUT (JPN)
CDR // SOMETHING ABOUT LTD CDR 002
---- yen (税込)

STRICTLY ROCKERSに提供した2005年のCOMPUMA怪作ミックス「 BETRAYAL ~随ィ喜!随ィ喜!MIX」の続編的ミックス!長らくレーベル在庫切れでしたが久しぶりの再入荷いたしました。

コンピューマ、ニューミックスです。今作は全篇レゲエ、サイケデリック・ナイヤビンギを素材に、効果音、電子音、ダブエフェクト、リアルタイムなミキシング、土着と沼コズミック、ズブズブの音宇宙! (サイトウ)

試聴音源は前半~中盤を15~20秒程度づつ抜粋しております。

『2005年にリリースされた「STRICTLY ROCKERS Chapter.13 BETRAYAL ~随ィ喜!随ィ喜!MIX」は「異型レゲエMIX」を謳っていたSTRICTLY ROCKERSシリーズの自由度と可能性を一気に拡大させた怪作だった。なんと、「いわゆるレゲエ」がほとんど入っていなかった...!それから13年の時を経て、まさかのリリースとなる続編的レゲエMIXはしかし、レゲエの本道であり最もディープなところとも言えるルーツ・レゲエ&ダブのムードに覆われていて驚いた。だが、じっくりとRAWなテンションでドロリとうねるサイケデリック・ナイヤビンギ・ファンク・ダブにふと気がつくと珍妙な電子ノイズが絡み付いていて、いつしか不思議な宇宙空間に連れて行かれる、この奇怪でどこかファニーな独創的サイエンス・フィクション演出は紛れもなくコンピューマの世界。2018年のイマこそ響く(Echo) ”Space Is The Place” コンピューマ’s コズミックDUBワールドを聴いて静かに興奮してます。』
(NOOLIO)

RECOMMENDED再入荷

BRITISH MURDER BOYS - Fire In The Still Air : CD

BRITISH MURDER BOYS Fire In The Still Air

DOWNWARDS (UK)
CD // BMBCD02
1950 yen (税込)

言わずと知れたREGIS & SURGEONによるテクノユニットBRITISH MURDER BOYSの熱すぎるライブ音源!

昨年2018年の夏に行われたBerlin Atonalにて出演したBRITISH MURDER BOYSのライブ音源がこちら。ライブ音源だと特にわかりますが、即興的に組み立てていくSURGEONのテクニックは恐ろしい程にすごい。そしてヴォーカルを務めるREGISにより熱さとインダストリアルさが引き立てられています。 (日野)

RECOMMENDED再入荷

NUNO CANAVARRO / CARLOS MARIA TRINDADE - Mr. Wollogallu : CD

大推薦CDとさせていただきます。1998年ジム・オルークのレーベルMoikaiよりひっそりと再発された、当時は謎に包まれたミステリアス・リリースでもあったポルトガル音響ミニマル/アンビエント1988年の名作「Plux Quba」、その作者コンポーザーであるNUNO CANAVARRO(ヌーノ・カナヴァロ)の1991年のマドレデウスのキーボード奏者カルロス・マリア・トリンダーデとの共作による秘宝名作が遂に全世界初CD化が成されました!!!

ペンギン・カフェ・オーケストラ、その後のマドレデウスにも通じるようなヨーロピアン牧歌的ニューエイジ・エレクトロニック・アンビエントな、カルロス・マリア・トリンダーデが作曲を担ったアルバム前半7曲も美しくしなやかで素晴らしく、ヌーノ・カナヴァロがメインとなって制作された後半6曲は、ジョン・ハッセルの第四世界にも通じるような、色とりどりの世界各国の民族楽器やサンプリング音を交えた憂いを帯びたミステリアス・スピリチュアルな夢見心地で魅惑の唯一無二の音楽世界が繰り広げられている。こだわりにこだわり抜いたミキシングは、制作から30年近い年月を経ても全く色褪せないどころか未来フューチャーまでにも影響を与え続けそうな音像の魅力も放っている。アナログからデジタルへ移行する時期ならではの、YAMAHA DX-7やTX802、Roland D50のシンセサイザー、Ensoniq 8bit、Akai S950-12bitのサンプラー、カセットレコーダー、Tascam2トラック・レコーダーを駆使して制作された珠玉の全13トラック。2018年スペイン・バルセロナのレコード・ショップDiscos Paradisoが運営するレーベルUrpa i musellより1000枚限定でアナログ復刻されるも即完売してしまっていたので、今回のCDフォーマットでの復刻は本当に嬉しい限り。グレイト・リリース!!!newtone大推薦盤とさせていただきます。トラックリストからもどうぞ。初回限定特典でCDジャケット・サイズのステッカー付きます。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MARINA ROSENFELD & BEN VIDA - Feel Anything : CD

2014年から2016年にかけて録音されたNYのプロデューサーMARINA ROSENFELD & BEN VIDAによるコラボ作品がスウェーデンの名レーベル〈IDEAL RECORDINGS〉よりリリース。ベテラン2人による、流石と言える素晴らしい仕事。

TOWN AND COUNTRYなどのバンドでの活動を経て、電子音楽プロデューサーとして〈PAN〉や〈SHELTER PRESS〉などからのリリース、KEITH FULLERTON WHITMANやGREG DAVISなどとのコラボレーションを行ってきた当店でも人気なBEN VIDA。そしてBingことカジワラトシオ氏ともコラボレーションしているターンテーブリストMARINA ROSENFELDによる作品が〈IDEAL RECORDINGS〉からリリースされました。内容はやはり素晴らしく、モジュラーシンセなどの美味しいところが惜しみなく散りばめられたもの。いつものBEN VIDAと比べると今作ではアグレッシブな演奏で、生き物のような電子音のウネリはそのまま。電子音楽ファンには間違いなくお勧めです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MASAFUMI SATO - Scapes : CD

MASAFUMI SATO Scapes

不思議な庭 (JPN)
CD // FSG-0007
1500 yen (税込)

ディープ・アンビエント。瞑想的電子音の世界。素晴らしいアルバムのご紹介です。東京のレーベル『不思議な庭』よりリリースされた、Haiti from Limboのドラマーでもある“Masafumi Sato”のアルバム「scapes」。

NEW AGE MUSIC DISC GUIDEの執筆、編集でも知られるTsunaki Kadowakiくん経由で、入荷した〈不思議な庭〉、MASAFUMI SATOのアルバム「Scapes」。取り扱い開始ました。意識に作用する、サイケデリック・メディテーショナルな本当のNEWAGEといえるような素晴らしいアルバムだと思います。是非。 (サイトウ)

Andrew Chalk、Chihei Hatakeyama、Ian William Craig・・・・アンビエント/ドローンミュージックの果てなき地平。そして、憧憬。Masafumi Satoの新作を聴いているとそんなビッグネームの名前も自然と頭を過ぎるものがあり、何ならその中へと彼が混淆していくであろうこの先来る日にも違和感は感じられない。Oneohtrix Point Never、James Ferraro、Spencer Clarkといった地下シーンの先駆者によるカセット・リリース群を皮切りに、テン年代初頭の米国地下カセット・シーンより立ち現れた無数のニューエイジ・アンビエントの傑作たちの幻影がこの一枚には宿っているような、そんな比類なきスケールさえ覚える圧倒的大作がここに誕生した。自然と音風景が目に浮かぶ類まれなる美しさを秘めたその音楽は、フィールド・レコーディング素材と淡いドローン・アンビエント・サウンドを基調に展開され、濁りなく幽玄に匂い、聴く者の心へと瞬く間に同化していく。うっすらとゼロ年代エレクトロニカが香るのは彼のルーツが其処に在るからなのかもしれない。この類稀なる美しさを前にしてはSean McCannのRecital、Andrew ChalkのFaraway Pressといったアンビエント・ミュージックの名レーベルから作品がリリースされるような日もきっと遠くないと思える。70年代のニューエイジ・ムーブメント以降、ヒッピー達が求めた自然回帰の流れにも帰結するであろう、この見事な「融和」する響きへと身を任せ、目を閉じ独り物思いの海へと沈むのも悪くない。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CHURASHIMA NAVIGATOR - Life Is Tresure : CD

CHURASHIMA NAVIGATOR Life Is Tresure

BUD RYUKYU (JPN)
CD // BR-003
2160 yen (税込)

【再ストックしました】沖縄発。チュラシマ(美ら島)・ナビゲーターのデビュー・アルバム!到着しています。彼らのベースでもあるエレクトリック・ダンス・ミュージックと沖縄民謡が結びつき、すっと日常から異界に抜けて踊ることの喜びを伝えるほんといいアルバムだと思います。大推薦の一枚!

日本のアンダーグラウンド・シーンの重要ユニットAOA,SOFTでの活動を経て、関西から沖縄に拠点を移して活動してきたDJ SHINKICHIと、上京しAUDIO SUTRAの一員としても活動していた経緯もある沖縄のキーマン、DJ NU-DOHによるベース・ミュージック・パーティー『budryukyu』でのセッションから産まれたユニットCHURASHIMA NAVIGATORの待望のデビュー・アルバム!琉球民謡の歌手で三線奏者、堀内歌奈子をセッションメンバーに、cinema dub monksの曽我大穂、 SHIMA-DUBのHARIKUYAMAKUらがゲスト参加しています。沖縄民謡とダブ、ベース・ミュージック、エレクトロニック・ダンス・ミュージックが結び付いたエスニック・ダンス、踊る事の本来の神聖さを呼び起こすような精気と楽しさに満ちている。レベル・ミュージックとしての側面もある。素晴らしいアルバムが誕生しました!是非。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

1〜20件 / 全2572件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×