menu 検索する ×閉じる

21〜40件 / 全247件

< Back   Next >

YOU$UKE YUK1MAT$U(YOUSUKE YUKIMATSU) - Two Mixes By You$Uke Yuk1mat$U : casette

関西〜東京アンダーグラウンドで無二の存在感を放ち、2017-2019年にBerlin Atonalに出演し、出演を重ねるごとにその唯一無二の存在感を世界にも伝えている、アツく燃え滾る男、行松陽介(YOU$UKE YUK1MAT$U)の待望新作ミックステープが到着。パリ拠点のアーティスト CONI主宰FIRECAMPより限定リリース。newtoneにも到着いたしました。

A-sideはアンビエント/ドローン〜ノン・ビートの繊細で美しいエクスペリメンタル・ミックス、B-sideはハード・テクノからトライバル、ベース・ミュージック〜レイヴィな高速トランスまで突き抜けるように放射される至極のスピリット・サウンド!一瞬にしてその場の空気感を変えてしまう存在感とでっかいスケール世界観、説得力をもった、アツく燃え滾る男、行松陽介という生き様、音楽と向き合い、DJプレイへの情熱が音魂エネルギーとしてでっかく優しく激しくまっすぐに放射され形作られていく。ジャケットデザイン・ステッカー付き。 (コンピューマ)

RECOMMENDED新入荷

COMPUMA - Lateral Thinking feat. KILLER-BONG : CD

NTSレディオのFTDレーベルの番組で放送された、'16年の夏、フォレストリミットにおけるライヴDJ音源「Lateral Thinking」、COMPUMA meets KILLER-BONG!!!

『2016年はアンダーグラウンドの重要性を見失った年だった。部屋に積まれたCDを見るとビヨンセ、フランク・オーシャン、ソランジュ、で、えーとほかは……もちろんあるよ、だけどなんなんだ、昔は、たとえばいま現在フランク・オーシャンの(配信ではなく)フィジカルをゲットするための努力をひとはアンダーグラウンド・ミュージックに向けていたものだった。それは物欲から来るものではない。いや、物欲もあろう、しかし、フェティッシュな感性から来るものでもない。とにかく、音楽への愛がまずあった。ぼくがいまフランク・オーシャンのCDをゲットしてニヤつくとき、「やったぜ」という快感はある。が、同時になにかにコントロールされている気もうっすらと感じているのだ。買い方までも。

 COMPUMAは、日本のアンダーグラウンド・ミュージック・シーンの王様のひとりである。DJであり、そして偉大なバイヤーでもある。90年代半ばの日本において、彼が仕入れた音楽(初期電子音楽、現代音楽、実験音楽、モンド、カルトなサントラそしてUSエレクトロなど)は、日本のポップ・シーンからストリートまで影響を与えてきたが、彼のセレクションはつねに、ジャンルの壁を切り崩し、そして音楽を更新するための志に基づかれていた。いまもそうだ。

 この度、ブラックスモーカーからリリースされる彼にとっての最新ミックスCDからも、アンダーグラウンド・ミュージックの現在そして未来への連なりが見える。ディープ・ハウスの懐古ではなく、その現在進行形、いま生きているもの、それはすなわちいまも輝けるアンダーグラウンド・ミュージックを伝えているのだ。たった10人のために、しかしそれがやがては100人にも10000万にも膨らむであろう起点……もちろん未来がどうなるかなんてわからない。ボーカロイドが総理大臣になることはないだろうが、好むと好まざるとにかかわらず音楽のおおよそ大半は、デジタル・ワールドにある。クラブの数は増えたがそのほとんどが音楽のためではなくビジネスのため。アンダーグラウンド・ミュージックは、基本的には昔から愛で動いている。それはCOMPUMAのミックスの根底にあるもので、彼はいまもたった10人、いや、たった5人、いや、わずかの1人のためであろうが、音楽を繋ぐ者である。

 本作のパート1は、2016年の夏、フォレストリミットにおけるライヴDJ音源。これは、UKのネットラジオNTSのFTDレーベルの番組で放送されている。パート2は、90年代の日本のエレクトロ・シーンにその栄光を刻んだADS時代の彼のシンセ演奏をミックスした音源にKILLER-BONGが音を加えたもの。言うなればCOMPUMA meets KILLER-BONG。これらの音源は、ADS~スマーフ男組でともに活動をした村松誉啓氏が2017年1月に永眠する前に録音されている。運命的というか、なんとも妙な時期の重なり方をしてしまったわけだが、なんにせよ、パート2で演奏されるアナログ・シンセサイザーの音響は、それ自体が生きているようにうねっている。もしクラブで、レコ屋でかかったら、誰もが「これなんすか?」と訊ねるであろう、エレクトロニック・フリー・コズミック・ジャズ。COMPUMAが90年代からずっと推していたサン・ラーの境地を見つめながら、彼はまた新しいところに向かっているようだ。』
(野田努)

RECOMMENDED再入荷

JUU - Old to the New and New to the Old : CD

JUU Old to the New and New to the Old

EM RECORDS (JPN)
CD // EMC-011
1650 yen (税込)

限定販売!タイのカリスマ・レジェンド・ラッパー、ジュウの人生初フィジカルMIX CD。激震のJuu & G. Jeeアルバム『ニュー・ルークトゥン』のサブ・テキストにもなる重要作でB-BOYもアジア音楽好きもクラブ・ミュージック好きも必聴!

来日公演、各所で異様な盛り上がりをみせたタイのJUUが、モーラムから歌謡、ラップまで、タイの様々な音源を使ったミックスcd。EM RECORDSフェア2020。期間中はSOI48のミックスcdもついてます。 (サイトウ)

Juu & G.Jeeを主役に、今年10(ジュウ)月に日韓共同で開催し大成功となった「OMK<ニュー・ルークトゥン>ツアー」のため制作した会場限定のスペシャルなMIX CDを、ご要望にお応えして限定流通します!ジュウさんが親しんできたタイ音楽、フォークソング、ルークトゥン、現在のスタイルに決定的な影響を及ぼしたタイのHIPHOP、そして自身のアルバムのトラックを混ぜ込んだ内容はまさに題名通り(<実にいいタイトルだ!)。新旧互いに影響しあった全く新しい作品を造り出したい、というジュウさんの哲学を反映した作品であり、『ニュー・ルークトゥン』のサブ・テキストとしても聴けます。また、過去から徐々にアップデートしていくタイ音楽の発展(パッタナー)も表現されているようで、ちょっとした歴史体験にも。マニアにとっては黎明期のタイHIPHOPが聴けることも重要!

TRACKS:
60 minutes non-stop DJ mix

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS ARTISTS - S.D.S =零= (Subscription Double Suicide =Zero=) : CD

2020年6月19日発売!サブスクリプション/デジタル世代の音源をEM RECORDSが、Orange MilkやWhere To Nowといった海外レーベルからもリリースするCVNと組んでフィジカル・リリースに挑みます。「心中サブスクリプション」。

今、本当は何が起こっているのか?
デジタル・リリースがデフォルトの世代を核に、あえて<パッケージ版>を主眼にした2020s新世代コンピレーション。シティーポップもテクノもアンビエントもない、JAPANESE INDIE LEFTFIELD最前線12曲が放つクリエイティヴィティが、現在のカオスの先にあるポスト・パンデミックの未来を照らす!

いつか名付けられるかもしれない日本の2020s音楽シーンの<今>。『S.D.S』はハイプの通用しないプロデュース現場に流れる<空気>のパッケージを試みる。17人のクリエイターと3人の裏方達の手になるセルフ・プロデュース作品12曲を収録し、うち8組がフィジカル・リリース経験なし、VINYL版は12人が未経験という、サブスク/DL/Youtubeで音楽体験をしてきた世代の作品集となる。

『S.D.S』全作品はベッドルーム・ポップというタームを与える必要もないD.I.Y宅録が当たり前のベースで、エレクトロニック・ミュージック、トラップ、インディーポップ、ベースミュージック、EDM/ADMといった音楽言語が交錯。ヒップホップ的表現だが現行ヒップホップのメインストリームから立ち位置がズレたむしろエレクトロニック・ミュージック寄りのチューン、またはその反対、更に説明困難な異形作もあり、評論家を煩わせるような作品だらけだが、このアマルガムこそがリアリティの核心だ。この現象は『S.D.S』のクリエイター達に共通しており、だからこそ誰が今どんな音楽をやっているか個々に耳を傾けることが重要となる。センスとアイデアと心意気に賭ける、日本の現行アンダーグラウンド・シーンにあるクリエイティヴィティの空気、キレたひたむきさ、ふてぶてしい大胆さの裏に音楽を作っている情熱が潜む。

※CD/LP版ライナーには全アーティストのプロフィール/写真/ディスコグラフィー/歌詞を完全掲載。アーティスト名鑑としてもご活用頂けます。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

THE DEVONNS - The Devonns : CD

THE DEVONNS The Devonns

RECORD KICKS
CD // RKX073
2390 yen (税込)

チカーノ/ローライダーソウル再評価ともリンクする、ヴィンテージ・モダンな70’sシカゴソウル胸キュン新星グループTHE DEVONNSが2年の歳月をかけて待望のデビューアルバムをリリース!!!ストリングス・アレンジ・レジェンドPaul Von Mertonsによって素晴らしくエレガントな魔法もかけられている。BIG CROWNレーベルの最近のリリース作品とも連動するかのようなモダンソウル傑作の誕生。

マルチインストゥルメンタル/シンガーソングライターMathew Ajjarapu率いる4人組グループTHE DEVONNSが2年の歳月をかけて作り上げた記念すべきデビューアルバム。50年代のドゥーワップ/コーラスグループから、Motownはもちろん、ChessやCapsoulなどのローファイ・ソウル、The Dramatics, The Isley BrothersやLeroy Hutson、The natural Four、そして現代からは、Jamie LidellやRaphael Saadiqなどからも影響を受けながら作り上げられた、古き良き時代のソウルへの胸キュン・ノスタルジック敬愛を感じさせながら、Mavis Staples、Paul McCartney、Elton Johnのストリングス・アレンジを指揮するレジェンドPaul Von Mertonsによるストリングス・アレンジも加わり、素晴らしくエレガントな魔法もかけられた新たな瑞々しい青春のモダン・ソウルが誕生している。全10曲。トラックリストからもどうぞ。推薦盤。CDも入荷しております。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

THE CHOSEN FEW - I Love The Way You Love : CD

大阪ヴィンテージ・レゲエの良心DRUM AND BASS RECORDSのレーベルROCK A SHACKAから、THE CHOSEN FEW。ジャケットもビシッと決まってるジャマイカン ・ソウル最高峰。CDもストックしました。

2019年3月に亡くなったリード・ボーカル、バニー・ブラウンのトリビュートアルバム。 ジャマイカで最もソウル、ファンキーを意識したグループの2枚目のアルバム。75年にジャマイカではトニー・ロビンソンのプロ デュースで TR グルーブマスター、英国ではトロージャンから”Every Body Plays The Fool”のタイトルでリリースされた。素晴ら しい内容であったが、ボブ・マーリー等の人気からラスタムーブメントが盛り上がり、ルーツロック大流行の陰に隠れてしまったア イランドソウル決定盤。 タイトル曲ベティ・ライト「 I Love The Way You Love」はじめクール & ザ・ギャング「 Funky Stuff」を「Reggae Stuff」(シ ングルはガンジャファンク「 Collie Stuff」として)、モーメンツやシルヴィアのヒットで知られるスィートソウル「My Thing」、 スモーキー・ロビンソン、2トーンのイングリシュ・ビートのヒット「 Tears Of Clown」他、シングルのみのリリースであった「Children Of The Night」をボーナストラックとして収録。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MERMAID - Lonesome Me : CD

MERMAID Lonesome Me

BEER & (JPN)
CD // BRB-04
1650 yen (税込)

GLUE SCISSORS(テイ・トウワと画家・五木田智央によるユニット)とのスプリット7インチでセンセーショナル・デビューした、幡ヶ谷FORESTLIMITや小岩BUSHBASHなど、東京を中心に活動する、ENERGISH GOLF(活動休止中)花澤王によるユニットMermaidの噂のファーストアルバムCD。自身によるレーベルBeer & Recordsからのリリース。newtoneにも入荷いたしました!!!

KORG ElectribeMX EMX-1を駆使した、火花飛び散る荒くれチープ凶暴グルーヴが、加速主義を通過点として奇想天外エレクトロニック・ダンスミュージックに炸裂している。どこか悶々とした雄叫びのようなソウルソニックフォース入魂力作としてはもちろん、五木田智央による描き下ろし、鈴木聖デザインによるアートワークも完璧アートに素晴らしくかっこいい。映像作家kiyotaka sumiyoshiによるMUSIC VIDEOも必見。そして、フォレストリミット・ナパーム片岡によるマスタリング名仕事によって完璧な仕上がり着地している。8曲目「Fancy Food」でのどこかメロウでせつない世界観、ラスト10曲目タイトルトラックのひたすら打ち込まれるモーレツなビート連打グルーヴのやるせなさにもセンチメンタルにグッとくる。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

tatsuhiko sakamoto - RAI Nuovo Repertorio Editoriale Italian post-moderno library 1985-1989 : CD

東京・幡ヶ谷FORESTLIMITの名物パーティー、K/A/T/O MASSACRE、idealaでのDJ、tatsuhiko sakamotoによる、イタリアの公共放送(日本で言うNHK)のライブラリー(資料用)RAIの1985-1989年の音源を掘り起こし厳選セレクトしたMIXCD的セレクションCD。柔らかな木漏れ日のような環境音楽BGMミュザック・アンビエント・ネクスト&フューチャーな佇まいが素敵。レアグルーヴ的ライブラリー/ニューエイジ音源発掘作業の最果てにひとつ。

本作はRAI というイタリアの公共放送(日本で言うNHK)のライブラリー(資料用)音源を掘り起こし、現代に蘇らせたもの。1980年代後期、世のMTV全盛前夜とは対照的に、捻くれたアンビエント〜ニューエイジ〜フュージョン加減がぷんぷん。当時、最先端の機材を前に職業ミュージシャンたちが自由奔放に楽曲を作ってきた様が感じられる。選者は〈K/A/T/O MASSACRE〉〈ideala〉等のパーティーを中心にDJをし、雑誌『カジカジH』では生粋のプログレ・フリークとして紹介されたポストモダンなヘアサロン「TANGRAM」の店主、tatsuhiko sakamoto。17曲50分。録音・マスタリング ナパーム片岡、デザイン 鈴木聖。
(Beer & Records インフォメーションより)
レアグルーヴ発掘作業のライブラリー・ニューエイジ最果てのひとつ。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NOOLIO - Bag Of Spice : CD + CHAI

NOOLIO Bag Of Spice

BUTTAH (JPN)
CD + CHAI // ---
1650 yen (税込)

EVISBEATS、川辺ヒロシに続いて、大阪東心斎橋のカレー屋buttah(ボタ)が贈るMIXシリーズ「buttah spice mix」に、当店でもベストセラー中のSide.C Classics、Strictly RockersやPART2STYLEの仕掛け人としてもお馴染み、Norio Shimizu aka Noolio登場!!ボタ特製のチャイの葉とそのレシピにアクセスできるQRコードがついてます。

意外にもというかインド繋がりなんですね。ミニマルのスピリチュアルなミニマル・ドローンで幕開けます。ズブズブ深みへとパーティーが始まる。グローバルビーツ、エキゾチック・サウンド・トリップ。是非どうぞ。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

VA - The Roots Of Drone : 2CD

VA The Roots Of Drone

CHROME DREAMS (UK)
2CD // CDCD5978
---- yen (税込)

1920年代のバクパイプに始まり、インド古典音楽から、John Cage4:33、1949年のJohn Lee Hooker、1950年の室内楽クラシカル・カルテットThe Borodin Quartet、1953年のSam Cooks、1955年Muddy Waters、1956年のRavi ShankarまでのDisc-1に17曲、

1956年のブルースOne String Samから、1957年La Monte Young、1957年のクラシック・ワーグナー、チベット密教、1959年のスチールギターSanto & Johnny、Bo Diddley、Howlin’ Wolf、Miles Davis、1960年のクラシック・ハイドンまで20曲をDisc-2に収録したThe Roots Of Droneコンピレーション2枚組CD。最高です。 (コンピューマ)

RECOMMENDED

KHRUANGBIN - Mordechai : CD

KHRUANGBIN Mordechai

DEAD OCEANS (US)
CD // DOC193CD
---- yen (税込)

ドリーミー・サイケデリック・エキゾチックなメロウ・グルーヴ桃源郷、KHRUANGBINのニューアルバム!!!2018年「Con Todo El Mundo」以来2年ぶりのサードアルバム「Mordechai 」が、Night Time Stories協力のもと、Dead Oceansよりリリースされた!!!CDも入荷いたしました。

南北アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアと、2019年夏まで、3年半近くのツアーを経て、彼らの地元テキサス州バートンの農場にある自身のスタジオで録音をスタートしたが、途中で頓挫、その後、メンバーのローラ・リーが、Mordechaiという父親がいる見知らぬ家族と一緒にハイキングに行ったことで、彼女が悟りを開き開眼、そこから生まれた言葉をもとに、録音を再開し完成させた今作は、今まで以上に彼女のヴォーカルをフィーチャーした、新たなフェーズへと向かう意欲先となっている。レゲエ&ダブ、ディスコ、ラテン、南米チーチャ、西アフリカ、パキスタン、東アジア韓国ポンチャク歌謡なエキゾ・ガレージ・サーフロックからペルシアン・ファンクまで、彼らならでは審美眼された世界中のマニアック音楽を自然に取り込みながら、彼らでしか味わえないムーディーでエレガント、気だるくソウルフル・レアグルーヴ唯一無二の心地よさ、シャキシャキ演奏アンサンブルにグッとくる。全10トラック。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

HIROSHI KAWANABE - Buttah Spice Mix : MIX-CD

HIROSHI KAWANABE Buttah Spice Mix

BUTTAH (JPN)
MIX-CD // ---
---- yen (税込)

15周年を迎えた大阪の音楽シーンと共にある東心斎橋のカレー屋BUTTAH(ボタ)から、Spice Mix。第2弾はなんと川辺ヒロシ氏によるエスニック・ミュージックをテーマにしたミックスCDです。

フィールド・レコーディング、民族音楽から伝統歌謡、打ち込みのやつまで。これ相当すごいですね。亜熱帯サイケデリックのスパイス覚醒。推薦!! (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

MOTOHIKO HAMASE(濱瀬元彦) - Technodrome : CD

MOTOHIKO HAMASE(濱瀬元彦) Technodrome

WRWTFWW (SWISS)
CD // WRWTFWW035CD
2490 yen (税込)

尾島由郎の「Une Collection Des Chaînons」2種に続いて〈WRWTFWW〉が送る〈ESPLANADE SERIES〉のニューリリース。日本の環境音楽、ジャズ・ベーシストの再評価高まる濱瀬元彦の作品を一挙3種リリース。CDもストックしました。

こちらはテクノの登場以降となる93年の作品。ジョン・ケージ、ブライアン・イーノや、ジョン・ハッセル、テクノや当時のハウスとドラッグの関係性にも言及している自身のライナーノーツが興味深いので単体ページで引用しています。このアルバムも尾島由郎氏との共同プロデュース。オリジナルはワコール・アート・センターのリリース。よりシンセサイザーの比重濃いサウンド、ラストはサックスのカルテットのための「Lattice」。デジパック仕様、ステッカー、ライナーノーツ付き。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RALPH HUNTER / SONS OF THE PIONEERS - THE WILD WILD WEST + COOL WATER (2 LPS ON 1 CD) DIGIPACK EDITION : CD

ビーチボーイズのルーツにも迫るかのような、イージーリスニング・カウボーイなカントリー・ウエスタン・アメリカン・ルーツなレイドバック・ムード音楽集。1950年代に日本でも放送されたアメリカのTV西部劇ドラマ「0088/ワイルド・ウエスト」のサウンドトラック。1958年録音。当時のヒット曲12曲目「Cool Water」(sample1)は必聴。

名ギタリスト、トニー・モットーラ、スライド・ギター、12弦ギター名手で、エリック・ダーリンによるバンジョー、サンズ・オブ・ザ・パイオニアズなるカントリー&ウェスタン・グループによるパフォーマンスなど、2枚の名作LPを1枚のCDにまとめたカップリングCD。もちろん全曲24bitデジタルリマスタリング2016年復刻盤。現代としてのCDで聞くイージーリスニング視点での心地よい音響となっているのも素晴らしい。偉大なるミュージシャンシップとアンサンブルによる独創性と創造力の録音の賜物によるイマジナリーでドリーミー&リラクシンなイージーリスニング・ムード音楽最高峰。エキゾチック夢見心地。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

BERNARD FORT - LES CONCERTS DE LA NUIT (AMBIANCES NATURELLES) : 2CD

数々の傑作でおなじみの名録音技師Bernard Fortが1997年に手掛けた名作の完全版となる全9トラック入りの2枚組CD「夜のコンサート」がジャケットを新たに2020年新装リリース。当店でも好評いただいている4トラック収録の編集盤「Nocturns Du Monde」も最高ですが、より多彩な夜の調べを満喫できるこの2CDも当然ながら大推薦とさせていただきます。

編集盤「Nocturns Du Monde(世界の夜のコンサート)」に収録されていた4トラックすべて、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜(1997年・10’57”)」)はCD2_5曲目(sample1)に、電子音楽にも聞こえてくる味わい深い様々な虫の音や、遠くで鳴るエレクトロニクス・ショックな自然のリアルな電子音とも呼べる雷などが夜の静寂の中に響きわたる「南フランス南東部プロヴァンスの夜(1997年・31’10”)はCD1_1曲目、「フランス東部ドンブ地方湖畔の夜(1996年・12’13”)」での蛙達の合唱はCD2_2曲目に、遠くから聞こえる蛙達のコンサートを背景に、鳥や虫達の合いの手的な間合いのミニマルな響きが浸透する「ルーマニアのドナウ川デルタ地帯の夜(1997年・19’23”)」はCD2_4曲目(sample2)に収録されており、さらにはこの2枚組でしか聞くことのできない、、、穏やかな波の音にも癒される、鳥と虫達による穏やかな調べのCD1_2「イタリア・エルバ島の晴夜(1998年・11:09)」(sample3)、CD1_3「フランス・プロヴァンスの夜(2000年・13:17)」、沼のほとりの鳥達の生態に静かにリフレッシュされるCD1_4「カナダの森の夜明け前(1995年・12:38)」、CD2_1「イタリア半島の西、サルデーニャ島の闇夜(2000年・14:30)」、CD2_3「フランス北西部、ブルターニュ地域の夕暮れ(2000年・12:51)」という各地での5ポイントを合わせた、ヨーロッパはフランス、イタリア・ルーマニア、アフリカ・ケニア、そして北アメリカ大陸カナダでの1996-2000年に採取された全9ポイントでの穏やかな美しさに満ち溢れた夜行性動物達の生息コミュニケーションの音による記録が収録されている。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションが三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング作品。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。もちろん信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからのリリース。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

NO TONGUES - Les Voies De L'Oyapock : CD

CDも入荷。キマシタ!NO TONGUESの2ND!!!ブラジルとガイアナの国境にあるアマゾン奥地、オヤポク川への採音旅〜テコ族とワイオピ族との音楽交換のトラベルドキュメント。なかなかの問題作、、、にしてめちゃくちゃかっこいい!

謎が多すぎるバンドで"世界の声"をモチーフにした前作はロングセラー。ジャズの形態をとりながら今回の旅で出会い交感したアマゾン奥地の少数民族の声や音をジャズのコードや音階に合わせたり、フィールドRECした素材をコラージュ的に演奏に散りばめたりして紡ぎ出される不思議な架空の民族音楽。中途半端にピースにいかず、現地で出会った"音"だけにフォーカスした結果、こちらの脳内再生には呪文かオノマトペかと掴み違えるトリップへ。アヤワスカ・オーガニック・フリージャズ?想像力試されてます。ミニマル∞ストイックな佇まいはGOATを思い出す(前作は日野にコメントしてもらいました、対バンお願いしたいですね)ある時期のボアダムスのアプローチにも近いんじゃないんでしょうか。問題作。動画も是非。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CMT - FARSIDE FROM THE MOUNTAIN : MIX-CD

CMT FARSIDE FROM THE MOUNTAIN

SBM RECORDINGS (JPN)
MIX-CD //
1500 yen (税込)

CMTの<SBM RECORDINGS>の最新カタログは、ALTZやDJ NOBUのCDジャケットやパーティフライヤーのイラスト、ZINE「WOMBD」や「DAI IN THE DIRT」の作成からギャラリーでの個展などもてがける画家・373氏が、東京から長野へ引っ越しオープンさせたスケートパーク兼ショップ「TOCHKA BOWL」の開店期間のノベルティとして配布されていたミックス音源「FARSIDE FROM THE MOUNTAIN」が、新装ジャケットにあつらえての再発リリース!

'00年代の伝説的パーティー「SUN」や「FLOWER OF LIFE」〜東高円寺・GRASSROOTSの名物「MAUI MAZZICK」や「細道」といったパーティから繋がる流れをくむディスコミュージック・ディザスター、本人曰く自身のウェブストア「SBM」限定のロングセラー”DISCO SUCKS!!!!”の続編的内容であり、渾身のセルフエディットも含んで作りこまれ、いつの時代にもずっと聴いてもらえること受け合いの最高なミックス! (DNT)

RECOMMENDED新入荷

CMT - HIGHLIGHT 2 : MIX-CD

CMT HIGHLIGHT 2

SBM RECORDINGS (JPN)
MIX-CD // SBM017
---- yen (税込)

POWWOWをはじめ全国各地のパーティーで活躍する、CMTの最新ミックス「HIGHLIGHT 2」、リストック!

「久々となるMIXCDフォーマットでのリリースはCMTの “ハイライト” 再び!
様々なパーティーでプレイして来た名曲ぎゅっと詰め込んで一つのストーリーにしました。あの日あの時ダンスフロアで楽しんでくれていた方には蘇る情景と共に新たな発見があるでしょうし、そうでない方にも現出する架空のダンスフロアにて70分の音楽旅行存分に楽しんでもらえるかと。
"MIXCD" というフォーマットにて作品を発表する大きな理由のひとつであります373くんによるジャケットアートワークもぜひ手にとって楽しんでいただきたく!
聴いてみてください!前作 "HIGHLIGHT" 未聴の方併せて是非!」(text by CMT)

RECOMMENDED再入荷

38xxX × MAYUKo - S/T : CD+DOWNLOAD CODE

38xxX × MAYUKo S/T

- (JPN)
CD+DOWNLOAD CODE // -
---- yen (税込)

大阪クラストコアFEROCIOUS Xのベーシスト38xxXと、CROSSBDRED/SYNTH SISTERSのMAYUKoによる「Recorded Live At プルシャン天神橋401」。録音はyuparupar マスタリングGUILTY.C別名義 FILTH THE SLEEP。アートワーク by 服田雄介。 鉄に描いた絵が年月と共に錆び続け浮かび上がっていく重量盤 故Aube/中嶋昭文の手作り銀色ケースに収納されてます。

38xxX × MAYUKo  
38xxX From FEROCIOUS X
MAYUKo From CROSSBRED/SYNTH SISTERS

Recorded Live At プルシャン天神橋401

38xxX-Electronics
MAYUKo-Synthesizers

Masterd  By FILTH THE SLEEP (June 2019)
Mixed By yuparupa & 38 & MAYUKo (June 2017 - March 2019)
Recorded By yuparupa  (June 2017)

Artwork And Designed By 服田雄介
Cover Design By Aube

Special Thanks To 
南一園 Family ,
Satoru Higashiseto (Forever Records)

********************************************

聴覚から体内に響きわたる音響でもある反面、脳から外へ放たれていく様でもある音の粒子達、鉄が長い年月をかけ腐食していく音を録音し、高速再生した様なザラついた波形の連続は、胎内回帰へと永遠に導く終わりなき残響。
和泉希洋志(bitSOMA)

********************************************

それは凄烈にして荘厳で、この宇宙の如く暗黒の中に躍動する息吹きを宿す。
脳髄を揺さぶる轟音。その奥底から産声をあげる眩い閃光。混沌から浄化に至る、時代を象徴するコズミック・ミュージック・ジャーニー。

日本と世界を股にかけて活動する、大阪が誇るハードコア・パンクFEROCIOUS Xのベーシストである38と、アレック・エンパイアも絶賛するSYNTH SISTERSやCROSSBREDをはじめ様々なユニットで活躍する電子音楽家MAYUKoの2人が織り成す、1曲17分に及ぶ深遠なる大作である。

38が住んでいたマンションを引き払う直前、空っぽになった部屋で爆音敢行された即興ライブを真空パックした本作。レコーディング&ミックスはyuparupar、マスタリングはFILTH THE SLEEP(GUILTY C.の別名義)が手掛けた。奏者と信頼関係にある2人の見事な手さばきにより、奥行きとスケール感のある重厚な仕上がりになっている。
現代アートとも解釈できる異形のアートワークは服田雄介によるもの。封入された鉄板は時間の経過とともに刻一刻と酸化し、長い年月をかけて色が変わってゆく。

これは極めて有機的な、生きている作品である。

天之川タクヤ a.k.a RISHU(MOLTEN SOUND/罠シネマ/Ultimate Trip)

********************************************

ここは死霊のうろつく街...
血を求めるものの住む街...

奈落の底で生き残りを賭けた闘いの最中に秘密のアジトで録音されたという鋼鉄の重量盤ジャケットに覆われた今作を独自のルートで入手した。

自身の限界を感じ現実逃避する為に再生してみると
"サバイバル・ノイズ・テラー"の重い扉は開いた。

演奏に感情移入して気が付くと中盤になり堕ちた聖職者、疫病を神罰と考える狂信者、火あぶりを待つ魔女の姿が目の前に現れた。

クライマックスに最後の審判とも言うべき血染めの太陽が昇り"敵は自分の中にある悪魔だ"と悟る。

果たして人類に未来はあるのか?

答えはこの作品の中にある。

DR.BUTCHER a.k.a. HANOCHI from 6 FEET DEEP(FEROCIOUS X)
********************************************

天神橋の空の色は空きチャンネルに合わせたTVの色だった。
ザラついたインダストリアル、緊張感のある繊細な世界観で包み込むようなサウンドスケープは恐怖と分断から解き放たれている。
悲しみの音色もやがて美しいハーモニーに。
38xxXとMAYUKoの刹那的な激しさと慈悲深い愛の結晶。

N.Y (Compufunk Records)

********************************************

38xxX × MAYUKo - S/T : CD+DOWNLOAD CODE gallery 038xxX × MAYUKo - S/T : CD+DOWNLOAD CODE gallery 138xxX × MAYUKo - S/T : CD+DOWNLOAD CODE gallery 238xxX × MAYUKo - S/T : CD+DOWNLOAD CODE gallery 3
RECOMMENDED新入荷

MOTOHIKO HAMASE(濱瀬元彦) - #Notes Of Forestry : CD

尾島由郎の「Une Collection Des Chaînons」2種に続いて〈WRWTFWW〉が送る〈ESPLANADE SERIES〉のニューリリース。日本の環境音楽、コンテンポラリー、再評価高まる濱瀬元彦の作品を一挙3種リリース。尾島由郎、柴野サツキらと録音したポストミニマル、日本産コンテンポラリーの傑作「樹木の音階」。

ジャズ・ベーシストとして活躍し、日本のコンテンポラリー本命、濱瀬元彦の「レミニッセンス」「インタリヨ」に続く1988年のCDオンリーだった「#notes Of Forestry - 樹木の音階」がスイスのWe Release Whatever The Fuck We Want Recordsからアナログ再発されました。尾島由郎の「Une Collection Des Chaînons」2種でスタートした〈ESPLANADE SERIES〉から。80年代の東京の環境音楽のキーとなる青山ワコール・アート・センターに携わっていた尾島由郎との共同プロデュース。柴野サツキも録音に参加。サティーやECM、ミニマル・ミュージックにインスパイアされながら濱瀬のベースがグルーヴのうねりを産み出す唯一無二のサウンド。先立って日本でアナログ再発されるも、すでに万超えの人気となっている名作。350g。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

21〜40件 / 全247件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×