menu & search

21〜40件 / 全113件

< Back   Next >

JOSEPHINE FOSTER - Faithful Fairy Harmony : CD

JOSEPHINE FOSTER Faithful Fairy Harmony

FIRE RECORDS (UK)
CD // FIRECD533
---- yen (税込)

JOSEPHINE FOSTERの2018年作、入荷しました

伝説の来日から時が少し経った今も昔も淡々と活動を続けてきたであろうジョセフィンの現時点での最新作。古いオペラとアメリカーナと幽玄なサイケデリア。ギター、ピアノ、オルガン、ハープも自分で演奏するセルフプロデュースアルバム。もちろんフラメンコギターを弾くVictor Herreroも参加。ジャケの通りの彼方からの絵洋書のような、プライヴェートな手紙のような雰囲気も携えながらも、奥には爛々とした意思も感じます。時に羽ばたくような躍動感も。素晴らし、。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

Various - MUSIC ARCHIVES OF WEST AFRICA The 70s In Bouake : CD

素晴らしい、、西アフリカはコートジボワール第2の都市ブアケにおける70年代フィールド・レコーディング音源

近年再発も盛んなSmithsonian FolkwaysやOcoraと並んでスイスのジュネーヴ民族学博物館が所蔵する世界音楽コレクション「AIMP」からの発掘音源集。絶教やパーカッションが絡むようなドキュメント系のフィールドではなく、オーガニック&ミニマルとしか言いようのない天然鎮静作用のアフリカ音楽の"静"にフォーカスした編集でアンビエント作用も。こちらは現時点でCDのみ。こちらもリピート中。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MOLNBÄR AV JOHN - The End : CD

MOLNBÄR AV JOHN The End

FLAU (JPN)
CD // FLAU58
---- yen (税込)

異色作!The CaretakerやDIRECTORSOUNDS好きは必聴〜スーパーノスタルジック蓄音機ワールド、ある意味ハードコア。

ビンテージ∞ロウファイ感を突き詰め切った音楽、DIRECTORSOUNDを発掘したMolnbär av Johnの幼少の頃みた夢とは。。 (Shhhhh)

歴史の中に置き去りにされたレコードに新たな息吹を吹き込むレコードの魔術師。Musette、DirectorsoundをリリースするTona Serenadのオーナーにして生粋のレコード・ディガーによるMolnbär av Johnによるヴィンテージ感満載の魅惑のサウンド・コラージュ。

北欧スウェーデンのレコードレーベルTona Serenadのオーナー、アートディレクターにして「レコードの魔術師」の異名をとるJohn Henrikssonのプロジェクト。白夜と極夜のある北極圏近くの田舎町に生まれた少年は、大西洋を渡ってやってきたノイズまみれのラジオとテレビ放送をカセットとVHSでキャプチャーする日々を過ごし、それが現在のプロジェクトMolnbär av John(Cloudberry by John)の基盤となる。リサイクルショップで見つけた45回転レコードをスクリュードさせ、母国スウェーデンの宗教音楽や埃まみれのジャズのループ、おかしなドラミング、ポエトリー・リーディングと共にミックス、ユーモラスなコンポジションと甘美なメロディを新たな輝きと共に現代に甦らせたオブスキュア・イージーリスニング。クラウドベリーのように甘酸っぱいノスタルジーを盟友Musetteによるヴィンテージ感溢れるミキシングでまとめ上げ、Momusとのスプリット作などこれまでにJohnが録り貯めた全てのアーカイヴを網羅した集大成的作品です。
アートワークは「The End」にちなんだセレブリティら人々のスケッチと日常を切り取ったモノクロ写真、Toogが本作に寄せた詩などを封入した豪華アートブック仕様。▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DIRECTORSOUND - This Side Of Summer : CD

DIRECTORSOUND This Side Of Summer

YACCA (JPN)
CD // YAIP6046
---- yen (税込)

ひっそり出てましたイギリス人1人オーケストラDirectorsoundによる空想音楽集。自身の子どもの生誕からの日々のサウンドトラック仕立て。穏やかさと祝祭感溢れるサウンドスケープ。

ロングセラーで色々なDJプレイリストにも上がっている、前作『Into the Night Blue』(在庫きれらしいです求再発!)はスウェーデンの音の魔術師 ”Musette”ことヨエル・ダネルらを迎えて録音しましたが、本作は再び1人。ギター、ピアノ、アコーディオン、バンジョー、ウクレレ、ツィター、オートハープ、ブズーキ、パーカッションなど、たくさんの生楽器を1人で演奏し多重録音する生粋の職人による、夢見心地な音風景。バレアリック/ニューエイジ的浮遊感よりは、ビンテージでノスタルジック、ミッドセンチュリーともいえる古いラジオから聴こえてくるジャズのような、オールドファッションながらモダンなチェンバー・インストルメンタル。日本のみCD化、レコードも現時点ではないです。野外の森でかけたら最高でしたね。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Interspecies Compiration Vol.2 : CDR

浜松発信INTERSPECIES RECORDSレーベルコンピ第2弾!!

楽曲のみならず、楽器や機材開発にも熱い、浜松の凄腕集結レーベルINTERSPECIES RECORDSより、2枚目のコンピレーションCDが到着!前作vol.1に収録のDJ RYOTAのトラックは、海外の最重要パーティに名を連ね日本ではruralにも出演しているイギリスのJANE FITZのプレイリストにも入った。そんなDJ RYOTAを筆頭に各地でのDJも好評のNORIZM、レーベル中心人物Noritaka Itoh、VOLT NUTZ名義でもアルバムをリリースしているMasakazu Hirose、他、各アーティストそれぞれの個性が光る全6トラックを収録。現場でプレイでもリスニングにもオススメです。マスタリングにKABA MIXが担当している曲もあり!各アーティストのこだわりが詰まった1枚です。トラックリストからも是非。 (ヤマ)

Interspecies=種間オーガニックとエレクトリック、アナログとデジタルの融合による進化/深化/新化をコンセプトに掲げたinterspecies recordsの最新レーベルコンピ。その名の通り異種間交雑をすることで非凡な世界観がもたらされた収録曲群は、ジャンルとしてはHOUSE/TECHNOからロービート,ベースミュージック等様々で、その解釈・手法も千差万別かつ個性的だが、明確なコンセプトのもとに集められているため凡庸なコンピレーションとは異なり通して聴くことでその違いを楽しめる。聴くことによってもたらされる感情の起伏は大きく、どれもがオリジナリティーに溢れるスペシャルな曲集となっている。 DJならば幅広いシーンで末長くDJセットに組み込まれる一枚、リスナーならばリピートし続けるだろう愛聴盤となりうる類い稀なコンピレーション。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VOLT NATZ - Volt Natz : CD

VOLT NATZ Volt Natz

INTERSPECIES RECORDS (JPN)
CD // ISCD008
1650 yen (税込)

浜松発信INTERSPECIES RECORDSより、MassieとMasakazu HiroseからなるユニットVOLT NATZ待望のCDアルバムがリリース!!

INTERSPECIESのパーティではVJも担当している、実験集団 .sync に所属のMasakazu Hiroseと、山口のアーティストMassieによるユニットVOLT NATZのアルバムです。サンプリングソースに巧みにエフェクトを施して、全く別次元の音を作成して組み立てていくその作曲手法は、正に実験的であり凝りに凝った細かな作業ながら遊び心も効いた、聞き応えのある11トラック。耳をこらして是非! (ヤマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

V.A. - INTERSPECIES Compilation CD Vol.1 ~Aug. 2018~ : CD

浜松から発信する次世代プロジェクトINTERSPECIES RECORDSからのコンピレーションCD.

浜松発のINTERSPECIES RECORDSは、DJ、トラックメイカー、エンジニア、映像クリエーターが達が集結し、パーティ開催から、音源制作、機材開発までを計画している、今どんどんと勢いを増しているミュージックレーベル。浜松の老舗Planet Cafeでのレギュラーパーティ他、昨年は豊橋En BeachでのVOODOOHOPパーティ開催でも、大きな盛り上がりを見せていました。今作はレーベルアーティストによるコンピレーションCDとなっています。フロアユースのトラックから、ダウンテンポ。音響ものまで、幅広く楽しめる1枚となっています。 (ヤマ)

INTERSPECIES RECORDS

オーガニックとエレクトリック,アナログとデジタル(TAPE/RECORDとデータ配信)の
融合と進化/深化/新化をコンセプトに,アーティスト(Track Maker, DJ, etc..) のみならず,電子楽器エンジニア,空間音響エンジニア,サウンドデザイナー,映像クリエイターなど,”音” と "空間" に関わる有りと凡ゆる分野に精通したスペシャリストを集結させた, 浜松から世界に向けて発信する次世代のミュージックレーベル。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - HUGH TRACEY - The Very Best Of Hugh Tracy : CD

ニュートーン・ベストセラー。アフリカ少数民族。フィールド・レコーディングの最高峰 Hugh Tracyのベスト盤!ポリフォニー、ポリリズムの源流、純粋な音のトランス、精神性の高さ。魅力つきない素晴らしい音源の数々。

NEWTONEでもベストセラーの「Ritmoloog Continues..」でお馴染みのマイケル・ベアードが、惚れ込み再発を続ける50年代のHugh Tracyによるアフリカのフィールド・レコーディング・シリーズ。現地に分け入って録音した、素晴しい音源の膨大なカタログから選りすぐったベスト盤登場!アフリカ音楽の洗練されたリズムの感覚、高度な音楽性とくもりのない精神性の高さ。SHHHHやOLAIBIやSUBLIME FREQUENCIESの面々も魅了した素晴らしい音源の数々です。「アフリカの民族音楽でオススメを」、といわれてこれを差し出すことになんの躊躇もありません。 (サイトウ)

幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ、ついに完結!!
1950年代におこなわれた、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰として名高いヒュー・トレーシーの録音群からの復刻シリーズ。本CDは、現在までに発売された21枚のアルバムから、それぞれ珠玉の1トラックずつ選ばれた、まさにベスト・オブ・ベスト集。今となっては失われ、聞くことのできない音楽も多数収録された、歴史的に貴重な録音ばかり。
さらにボーナスとして、コンゴ音楽黎明期の立て役者ムウェンダ・ジャン・ボスコの初録音6トラックもついに発見?収録されています。
「恐らくトレイシーの録音群は、ポピュラー音楽と出会う以前の純粋な民族音楽を大陸規模で記録した、ほとんど世界唯一のアーカイブスであり、また人が生きコミュニティーが存立するための絶対条件として存在していた音楽を、後世に伝える希有な記録でもあるのだろう。そう考えるならば、トレイシーが遺したアフリカ音楽の数々は、人類にとってのかけがえのない遺産として、永遠にその価値を保ち続けるに違いない。」

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS ARTISTS - Klapyahandz Vol. 1: The Cream Of The Crop, 2001-2011 : CD

『ブギダウン・プノンペン!音楽が失われたカンボジアの地平に描かれたクメール・オリジナル・ヒップホップ!カンボジア・レペゼン、KlapYaHandz(クラップヤハンズ)草創期の熱いチューンを訳詞・解説付きでEMパッケージ化。ヒップホップ好き、アジア音楽好き、オリジナルな音楽が生まれる尊い瞬間を追体験したい全ての人に捧ぐ!!!!!!』

来日ツアも大盛況だったタイのJuu & G. Jee『ニュー・ルークトゥン』に続き、OMK+エム+空族+STUDIO VOICE(アジア特集)連合が送りだすのは、カンボジアのヒップホップ クルー〈Klapyahandz〉の音源のコンパイル!クメールルージュ以前のカンボジア60sポップの黄金期の音源をサンプリング。複雑で悲惨な命運をたどったカンボジアの近代史を乗り越えたDIYなクメール・ヒップホップ、21世紀初頭の記録です。踊りましょう。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ANGKANANG KUNCHAI - Never Forget Me : CD

ANGKANANG KUNCHAI Never Forget Me

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1157CD
2530 yen (税込)

祝!9月来日公演!名盤『イサーン・ラム・プルーン』に続く二度目のビッグバン、アンカナーン・クンチャイ幻の2nd アルバム!!

SOI48とEM RECORDSが手を組んで進めるタイ音楽発掘のプロジェクトの新作は、イサン、モーラムの外すことのできない歌姫アンカナーン・クンチャイの2NDアルバム。語り的要素の強かったダンス音楽モーラムに、ルクトゥンの歌謡スタイルの歌を取り入れた最初のシンガーのひとりで、現在のDJのなかで再評価高まるキラーな曲を数曲収録した一枚。イサーンの田舎ながらのルーディーさと俗っぽさ、逆に雅さ、スピリチュアリズムもある歌謡、バックの演奏も注目で、ジャマイカのレゲエにもつうじるミニマルなベースの反復とリズム、ダンス・グルーヴ感覚、アジア圏の演歌、演劇的ダンス音楽。いとおかし、奥深き世界。詳しい内容は、SOI48の二人による熱のこもった解説があり、対訳の歌詞もついたライナーノーツも、EMレコ頭の下がる仕事です。僕はゴールデン・トライアングル・サイケだと思っています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MONITOR - Monitor : CD

MONITOR Monitor

SUPERIOR VIADUCT (US)
CD // SV016
1850 yen (税込)

〈ATA TAK〉からもリリースされたLAFMS重要人物STEVE THOMSENのバンドMONITORの唯一のアルバムがリイシュー!!!

LAFMS(LOS ANGELES FREE MUSIC SOCIETY)の重要人物であり、RICK POTTSやJOSEPH HAMMERとのバンドSOLID EYEのメンバーでもあるSTEVE THOMSENがやっていたバンドMONITOR。これまではSTEVE自身が運営していたレーベル〈WORLD IMITATION〉からリリースしたこのアルバムと7インチ、そしてLAFMSの名作コンピ「Darker Skratcher」に収録された1曲のみしか知っている限りではリリースが無いですがどれも最高なものばかりです。ストレートには表現しないで意外な音楽の組み合わせを狙ったような、そしてパロディのようでもある何かが抜けたような曲が多く、突然かき鳴らされる嫌がらせのような曲だったりNEW WAVEやパンクの要素も入ったりと一言では説明が難しいもの。そしてもちろん音楽的にも面白く演奏クオリティも高いアルバムです。B3にはMEAT PUPPETSが1曲提供しているのも面白い(因みにMEAT PUPPETSは〈WORLD IMITATION〉から7インチをリリースしています)。アメリカ〈SUPERIOR VIADUCT〉より! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

EL KHAT - Saadia Jefferson : CD

EL KHAT Saadia Jefferson

BATOV RECORDS (ISR)
CD // BTR034CD
2390 yen (税込)

イエメンから新キャラ登場か?UK重鎮の間でも既に話題になってる模様 ちなみにユニット名のKHATとは中東圏で有名な覚醒植物"カート"ですな

コレは新しい〜イエメン伝統フォークソングをアップデートするTel Aviv在住のEL KHAT。ガラクタを改造してアラビックパーカッションに似せたりとD.I.Yな側面も見せつつ、パン・アラブ音楽のポリフォニー、ハーモニーを再現。イエメン音楽のレジェンド、Eyal El Wahabへの解体と挑戦とのこと。全体に漂う、アラブ音楽の呪の雰囲気に酩酊。。資料にダンスミュージックリスナーには当然Omar Souleymanのダブケやエチオピアのムラトゥらのネクストとして受けとっても大丈夫かと!面白い〜ロンドン拠点で新たな中近東グルーヴを紹介する新レーベルBATOVより。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ERNEST HOOD - Neighborhoods : CD

ERNEST HOOD Neighborhoods

FREEDOM TO SPEND (US)
CD // FTS014CD
1890 yen (税込)

YELLOW SWANSのPETE SWANSONと、CONCENTRIC CIRCLESのJED BINDEMANがRVNG INTL/COME!MENDと連動して運営している70S, 80Sの知られざるインディペンデント・ミュージックの秘宝を発掘するレーベル〈FREEDOM TO SPEND〉から、ポートランド・オレゴンのERNEST HOODの自主リリース。CDもストックしました。

フィールド・レコーディング、サウンドミックス、ツィターやキーボード等で作られたノスタルジックなアメリカーナのディープな世界。ギターはJOHN FAHEYには及ぶべくもないですが、描いた世界は驚くべきものがあります。1975年の奇跡のような一枚をFREEDOM TO SPENDが再発! (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

ANA FRANGO ELéTRICO - Little Electric Chicken Heart : CD

ブラジルはリオからマルチ楽器奏者、SSWアナ・フランゴ・エレクトロ。新感覚!

坂本慎太郎のUSAツアーの前座でも名を上げたSESSA(近日入荷予定)を世に送り出したサンパウロのレーベル、Selo RISCOより強烈な新人がデビュー。根っこはサンバ、MPBはもちろんサイケ、チルアウト、ミニマルを通過した歌で、カエターノ・ヴェローゾ、マリア・ベターニア、ガル・コスタらブラジルレジェンド達のパーカッショニストであるMarcelo Costaがサウンドのコア。台湾のBENBEN、南アフリカのAlice Phoebe Louなどの、無国籍だけど訛りがある2020年進行形の歌を届けてくれる、まだ名もなき波。シティポップ以降でなんとなく90`s感も漂いながらトン・ゼーにも通ずる遊び心あふれる新感覚MPB。アーティスト自身の強い希望もあり、オリジナル盤の独特なアートワークの雰囲気を損なわない様に、ポルトガル語をできるだけ日本語に翻訳した装丁でリリースされるポスターのつき国内盤。多くの人の昨年の年間ベストに上がってましたがなるほどこれは光ってます。ダンスリスナー的にはアフターアワーズなほっこりチルアウトにも。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ROBERT HAIGH - Creatures Of The Deep : CD

ROBERT HAIGH Creatures Of The Deep

UNSEEN WORLDS (US)
CD // UW17CD
---- yen (税込)

ピアノ・アンビエント、クラシカル、ROBERT HAIGHの18年作、CDも入荷!

最新作Black Sarabandeが素晴らしすぎたROBERT HAIGHの18年作。Harold BuddやErik Satieが引き合いに出される微かなエレクトリックと幽玄なピアノで描き出すサウンドスケープ。この人は元アンビエントなドラムンを作ってたユニットOmni Trioでもあり、80`sノイズ/インダストリアルのレジェンドNurse With Woundのコラボレーター。というわけでノイズ/HCの人が果てに向かう静寂音楽という見方もあり、ただのクラシカル作品にはないレイヤーを携えてます。テクノ方面のリスナーにも。にしても真冬にバッチリ過ぎて、南米のピアノ作品やロングセラーのエチオピアのエマホイのピアノと比べてもまた違う情感でこの作品もリピート中。春を待ちましょう。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

1.Portrait With Shadow (2:04) 
2.Koto Line (6:38) 
3.Secret Life Of Waves (3:14) 
4.Birds Of Cadence (2:48) 
5.Unfinished Minor (2:49) 
6.From The Mystery (3:33) 
7.Winter Ships (3:21) 
8.Sunken Pavilions (7:14) 
9.I Remember Phaedra (5:10) 
10.Autumn Fool (2:04) 
11.European Dusk (2:05) 

RECOMMENDED

GREG FOAT - The Dreaming Jewels : CD

GREG FOAT The Dreaming Jewels

ATHENS OF THE NORTH (UK)
CD // AOTNCD033
1890 yen (税込)

天才GREG FOATによるフェンダーローズ、エレクトリックピアノ、フリューゲルホーン、トライアングルの響きや余韻含めた黄昏メロウ・マッドネスな心地よさが珠玉最高に心地いい。ヒップホップ、ダンスミュージック感覚を経たジャズファンク/レアグルーヴ・ブレイクビーツなサイケデリック・ムーディーなグルーヴもちょうどいい絶妙な塩梅の気持ちよさ!!!ヴィンテ-ジ/アナログ機器スタジオ録音への拘りも含めた流石の仕上がり。絶品です。

Side-Bでのスピリチュアル・エキゾチック・ジャズな香しさや雰囲気も極上なる桃源郷音楽としてめくるめく心地よさが広がっている。好調ATHENS OF THE NORTHからの新作にして夢見心地な珠玉名品傑作の誕生です。全8曲。トラックリストからもどうぞ。推薦盤とさせていただきます。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

JOSEPHINE FOSTER - All The Leaves Are Gone : CD

JOSEPHINE FOSTER All The Leaves Are Gone

FIRE RECORDS (UK)
CD // FIRECD426
2390 yen (税込)

JOSEPHINE FOSTERの幻の1STがひっそりと再発されてました

スペインの詩人ガルシア・ロルカが採譜・編曲にしたスペイン民謡集「ANDA JALEO」のカバーの衝撃から数年経ちますか。相変わらずアメリカインディでも孤高の存在で、気配がしたりしなかったりと不思議な存在のジョセフィン。2004年作が再発です。オペラ、英米民謡やトラッドフォークに影響された独特の世界観は既にでき上がってますね。オーガニックかつ霊的なオルタナフォーク・ロック。ああ最高。最新作も入荷します。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

NAGA ナガ族 - Voice Of Naga - Recorded By Hiroshi Iguchi From 2016 To 2019 : 3CD

ミャンマーとインドの国境に棲む"ナガ族の声"、本年度フィールド・レコーディング大本命

ミャンマーといっても100を超える民族がいる多民族国家。このナガ族とは、ミャンマー北西部インド国境の丘陵地帯に棲む民族です。チベットやモンゴルから移住してきた人々されているが詳細は不明で、地理的条件で70年代までは裸で生活していたり首刈りまで残っていたとか。そして今も農業と森で狩りをする自給自足の生活とのこと。古くからの精霊信仰と、後にやってきたキリスト教や仏教が共存しています。
>今作はそんなナガ族の生活音から、ナガ族が長年受け継いできた巨大ドラム(!!!)の音を収録した3CD。DISC1はナガ自治州のラヘー、DISC2はレシーという地域で録音された歌と生活音。そしてDISC3では巨大ドラムの録音のために滞在したサパロー村で聴こえた音とドラム。謎の絶叫から、素朴で美しい歌声。個人的にも興味があるオーストロネシア語族の声楽やアイヌ、シベリア、ピグミーの声ものとも比べてもまた違う不思議な声集でもあります。
>2019年、フィールド/民俗学的蒐集音アートの最高の成果の一つでしょう。険しい山々をバイクで録音機材背負って回った井口氏の労作。そんな彼の視点からでしか撮れなかったであろう美しい写真のポストカードも素晴らしすぎる。
>尚、ロングセラーのミャンマーピアノ(https://www.newtone-records.com/label/ROLLERS/MYANMAR/)らの続きのシリーズです。旧作も一生聴ける素晴らしさ。同時にどうぞ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

KIT SEBASTIAN - Mantra Moderne : CD

KIT SEBASTIAN Mantra Moderne

INPARTMAINT INC. (JPN)
CD // IPM8115
2530 yen (税込)

こいつも2019年話題作ですね、MR.BONGOが発掘した二人組。ブラジルトロピカリズモ経由のオールド・ファッションな折衷ブリティッシュ・サイケロック。デカダンス加減はゲンズブールか?面白い〜

ロンドンとフランスを拠点とするマルチ奏者のKit Martinと、 イスタンブール出身のアーティスト/シンガーMerve Erdemからなる音楽デュオ。ジャケ写通りのエキゾチックで退廃感な世界、一曲目のロックギターにターキッシュなボーカルフレーズな曲にはじまり、引き合いに出されてるステレオラブ風なボーカルといい、どこか "モンド"でデカダンスな演劇的な世界観は非常に確信犯的な今風のアウターナショナル∞サイケポップ。00年代にSUBLIME FREQUENCIESなどが発掘したアーカイブを聴いてきた世代のロック、そしてもちろんクルアンビンの登場以降ですね。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PHUM VIPHURIT - Bangkok Balter Club : CD

2020年代の動き、タイの23歳SSW。眩し

YOUNG GやEM RECORDSが紹介したJUU & G. JEEにも衝撃を受けましたが、当然ポップ方面からこういうのも出てきますね。日本のシティポップを経た2020年代のアジアからの音楽。歴史や文脈云々よりYOUTUBE世代による"いい音楽"、リピート中、クオリティ高し。CDは日本盤のみでレコードも入荷してます。 (Shhhhh)

タイから世界へ。「アジアのLover Boy」=プム・ヴィプリット新章突入。YouTube4800万回再生のヒットシングル「Lover Boy」収録の待望のNew EP。STUTSによるリミックスも収録!

2018年のシングル「Lover Boy」がYouTubeで4800万回再生され世界的にブレイク。サマーソニック2019にも出演し、2019年世界でもっともブレイクしたアジア人アーティストのひとりとなったタイのシンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。2017年にリリースされたデビュー・アルバム『Manchild』(日本では2018年リリース)につづくEP『Bangkok Balter Club』待望のフィジカル・リリース!2作の大ヒット・シングル「Lover Boy」「Hello, Anxiety」も収録。

「昨年、ぼくの人生は激変した。数々のツアーから、まわりの人たちとの関わりまで、すべてが色鮮やかにぼやけている。このEPは旅や人々、活動、この時代のムードにとてもインスパイアされている。バンコクの祖母の家で書いたこれらの曲のなかに安らぎをみつけてくれることを心から願っている」

「タイで最初のインディー・ポップ・スター」(米「ROLLING STONE」誌)と評されるプム・ヴィプリットは「Lover Boy」のブレイク以降、この2年で急速に注目を集めてきました。『Bangkok Balter Club』(「balter」は中世英語で「ぎこちなくダンスする」という意味)に収録された「Lover Boy」以外の3曲は、突然獲得した名声に戸惑い、メンタルヘルスをなんとか保ちながら、ひとりの若者が自らの視点を取り戻す物語として書かれています。

2019年3月にリリースされ、YouTubeで800万回再生のシングル「Hello, Anxiety」はファンクにインパイアされたプム流ディスコ・トラックで、彼の夢だった欧米ツアーの成功の影に、密かな混沌に満ちた心のなかで安らぎをみつけることについて歌われています。「このリフはきみのために書いたんだ」とささやくように歌うバラード「Softly Spoken」と、プム・ヴィプリットの楽曲のなかでももっともスウィートな新たな名曲「Pluto」というふたつのメロウソング。そして、ブレイクのきっかけとなった説明不要の大ヒット・シングル「Lover Boy」。バンコクの祖母の家で書かれたこれらの楽曲は、まるでその祖母の家のように安心感と親しみがある場所へと招かれたようなノスタルジーを与えてくれます。
国内盤CD限定ボーナストラックとして日本人トラックメイカー/MPCプレイヤーSTUTSによる「Hello, Anxiety」のリミックスを収録!STUTSとは2018年にリリースされた彼の2ndアルバム『Eutopia』収録の「Dream Away」につづくコラボレーションです。

RECOMMENDED新入荷

21〜40件 / 全113件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×