menu 検索する ×閉じる

61〜80件 / 全93件

< Back   Next >

JOI LAU - 3 Ur Mind : CD

JOI LAU 3 Ur Mind

KLASSE WRECKS (GER)
CD // WRECD1
---- yen (税込)

まずブレイクビートの歯切れの良さにグッときますが、東洋エキゾチックな旋律使いにさらに畳み掛けられる、、香港のレコードレーベルから90年代初頭にデビュー以後リリースが途絶えていたJOI LAUが〈KLASSE WRECKS〉からアルバムをドロップ!100を超えるアーカイブの中から抜粋されただけに全曲死角なしです。

デビューアルバムがカルトヒットしながらも、本レーベル〈KLASSE WRECKS〉主宰であるMR.HOとの出逢いによりようやく日の目を見ることとなるJOI LAUのアルバム、到着してます!民族パーカッションを組み合わせたラフなブレイクビート「All I need is」(sample1)に始まり、クラシックピアノ+ヴォイスのブレイクで昇天する「Bipolar (Dark Zone Version) 」(sample2)など、東洋思考なメロディセンスとエッジ鋭いビートが噛み合ったキラートラック揃い。これ以外にも大量のコレクションがあるかと思うと、これからのリリースにも胸が躍るクオリティ、、推薦! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BRUNO PERNADAS - Private Reasons : CD

BRUNO PERNADAS Private Reasons

PATACA DISCOS (POR)
CD // DP00121CD
2200 yen (税込)

【再ストック】ジャズ、アンビエント、アフロビートなども内包したポルトガルのサイケデリックロックBRUNO PERNADASの新作が素晴らしい。2021年の推薦盤です。

2014年の「How Can We Be Joyful In A World Full Of Knowledge?」以降の3枚のアルバムが数年前に日本で紹介され人気を博したBRUNO PERNADASの2021年のアルバム。ストックしました。ポップ度と完成度が増しながら、ユニークなサウンドヴィジョンが素晴らしい。傑作の誕生。音を是非感じてみてください。アナログは10月にずれこみました。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

滞空時間 - Majo : CD

滞空時間 Majo

microAction (JPN)
CD // MACD-19
---- yen (税込)

相変わらずやってくれますね、鬼才・川村亘平斎率いる滞空時間2021新作「ディスクUNIONで知らない国のコンピレーションアルバムをジャケ買いしたら大当たりだった」って本当に大当たりですね。

架空の島音楽、架空の伝統、、真面目な"ワールドミュージック"から少し距離を置きながら絶妙のセンスでオリジナルな解釈を施し架空の言語で歌う。架空の訛りを捻り出すという奇跡の荒技。そこにはガムランのミニマルで清涼な響きと、アジアの街角から匂い立つような少しの切なさ。OOIOOのアルバム、"GAMEL"での全面参加やオオルタイチ他様々な異才との共演経験を経てグルーヴがソリッドになり、オルタナ感も自由自在。流石です。私が思いついたのはバリ島、スリランカ、ザンジバル、エチオピア,,etc。聴いてるあなたはどこの国の音楽を思い起こすでしょうか。
オオルタイチ氏が川村亘平斎との影絵公演用に書き下ろした幻の名曲も収録(sample3)。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HAL SINGER & JEF GILSON - Soul Of Africa : CD

【再入荷】フランス先鋭ジャズ、アフリカンジャズ、JEF GILON関連の名盤中の名盤!ポリリズミックに繰り広げられる脅威のアンサンブル。74年作。大推薦!

オランダのKINDERED SIRITSから凄い再発が出ました!自作のオルガンMICRORGANも操る鍵盤走者JEF GILSONのHAL SINGERとの競演アルバム「Soul Of Africa」。SAHIB SHIHAB関連作につうじるようなモーダル・ジャズ。アフロ調のヴォーカルやパーカッションが入ってて雰囲気的にアフリカっぽいね?てな表面的な所じゃなくて、アフリカの音楽の本質的なところのひとつポリリズムでの演奏。BOREDOMSやPARA辺りの人たちをはじめ一部のコアな人たちが果敢にポリリズムに挑んでますが、これもポリリズム演奏の素晴しい成果のひとつといえるでしょう。EYEさんも絶賛してました。変則なリズム感で、それぞれの演奏が濃密に調和していく様はまさに奇跡の内容!文句なし大推薦! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

OKITO - Sexy Sun : CD

OKITO Sexy Sun

ONDO MUSIC (JPN)
CD // ONDOMUSIC-013
1100 yen (税込)

広島のグッドミュージックのキースポット音楽食堂ONDOのミックスシリーズ。新作到着しました。ONDO店主SATOSHIとのパーティー「IZMICAL」も展開している盤処呑処FRESH店主OKITOのミックスです。

ONDOMUSIC新作は盤処呑処FRESHを営むOKITOによるMIX作品「SEXY SUN」。広島県の某浜辺で過ごした時間からインスパイアされたという今作。広島駅西は大須賀町で自身が営む新譜中心のレコード屋兼立ち呑み屋「盤処呑処FRESH」で入荷したレコードと過去ディグしてきた楽曲を新旧心地よくブレンド。太陽のように優しく陽気に力強く包み込んでくれる、そんな作品です。今回は紙ジャケ仕様。ほっこりさせられるCDの盤面は浜辺で遊ぶOKITOの子供達。ストリーミング用QRコード同封なのでスマートフォンやパソコンでも気軽にお楽しみいただけます。
マスタリングは京都が誇るスーパーBAND「SOFT」よりKND。今回も作品の安定感を増してくださいました。

RECOMMENDED新入荷

TERRE'S NEU WUSS FUSION - RECALLS : CD

TERRE'S NEU WUSS FUSION RECALLS

COMATONSE (JPN)
CD // C.030
---- yen (税込)

ハウスDJとしての側面と、電子音楽家、ピアニストなどの実験音楽家としての側面、マルキシズムに影響をうけた哲学、トランス・ジェンダーとしてのアイデンティティを持ちながら作品を送り出してきたテーリ・テムリッツのTERRE'S NEU WUSS FUSIONとしての作品をコレクションしたCDリリース。テーリさんの音響、特にベース、リズムへのこだわりやはり素晴らしい。

1998年の唯一の12インチ「She's So Hard」や「You? Again?」シリーズにTERRE'S NEU WUSS FUSION名義で残した曲、DJ Sprinkles – Sloppy 42nds名義での12インチでのTERRE'S NEU WUSS FUSIONリミックス、そして未発表の音源を収録しています。Comatonse Recordingsからのセルフリリース。自身の手で組み立てられたカスタムパッケージで、1枚のCDが、2枚の両面インサートカード(100mm x 100mm)付きのアーカイブビニールポーチに収められ、蓄音機スタイルの静電気防止インナースリーブ、新聞紙に印刷された4x4パネルのポスターインサート(472mm x 472mm)が付いています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - TERRE THAEMLITZ - Fagjazz : 2CD

VARIOUS - TERRE THAEMLITZ Fagjazz

COMATONSE (JPN)
2CD // C.007.R1
---- yen (税込)

2000年にリリースされた「Comatonse Super Best Collection」。FAGJAZZが新装再リリース!エレクトロニックミュージックの歴史において重要だった音源の数々が含まれていると思います。「ベリー・ファッキング重低音」。

「Pretty Mouse」,「Sloppy 42nds」,「 She’s Hard」,「Class」等々COMATONSE 000〜007までのリリースからセレクト収録したスーパーベスト盤!DISC 2にはスーパー・ボーナスとて、未発表の作品が収録。トールケースタイプでリリースされていた「Fagjazz」が新装丁で再発! (サイトウ)

ここに収録されている「Sloppy 42nds」と「Thirty Shades of Grey」は、TerreのNeu Wuss Fusion『Recalls』(C.030, 2021)に収録されているバージョンとは異なりますので、コレクターの方はご注意ください。Comatonse Recordingsからセルフリリースされたこの作品は、2枚のCDが、両面インサートカード(100mm x 100mm)が1枚入ったアーカイブ用ビニールポーチ、蓄音機スタイルの静電気防止インナースリーブ、新聞紙に印刷された4x4パネルのポスターインサート(472mm x 472mm)で構成されており、テーリ自身が手作業で組み立てました。

▼ Tracklisting

VARIOUS - TERRE THAEMLITZ - Fagjazz : 2CD gallery 0VARIOUS - TERRE THAEMLITZ - Fagjazz : 2CD gallery 1
RECOMMENDED新入荷

DJ SPRINKLES - Gayest Tits & Greyest Shits : 1998-2017 12-Inches & One-Offs : 2CD

ハウスDJとしての側面と、電子音楽家、ピアニストなどの実験音楽家としての側面、マルキシズムに影響をうけた哲学、トランス・ジェンダーとしてのアイデンティティを持ちながら作品を送り出してきたテーリ・テムリッツのハウスDJとしての名義DJ SPRINKLES名義はじめ12インチでリリースされた作品を自らコンパイルした2CD。

DJ Sprinkles名義のすべてのレコードEPといくつかの別名義での12インチをコレクション。「最もゲイ(陽気)なおっぱい達 & 「最もグレーなうんこ達」。ゲイ・サイドには、COMANTONSE Recordingsからのシングル、グレー・サイドにはCOMANTONSE Recordings以外からリリースされた音源が収録されています。「Fagjazz」、「TERRE'S NEU WUSS FUSION Recalls」とは、同じ曲でもエディットが違い厳密にはダブりがありません。サイトからの引用英語文には、以下のような文章も「この作品がCDでしか手に入らないことに対する苦情のメールを書きかけているレコード・フェティシストの方は、どうか私たちに陰口を叩かないでください。Sprinklesは、ノイズが少ない、スペクトルの幅が広い、ステレオフィールドが広い(特に低音)など、CDの方が音が良いという意見を持っています。これらは、彼女のオリジナルのデジタルマスター音源を、文字通りそのまま複製したものです。どんなフォーマットでも、それ以上のものは得られません。信じてください。実際、これらの録音は非常にクリアで、このトラックを作る際にサンプリングされた他のレコードのパチパチ音が聞こえることもあります。」 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CLAIRE ROUSAY - A collection : 2CD

CLAIRE ROUSAY A collection

MENDED DREAMS (US)
2CD // CD-ADR-28
2690 yen (税込)

個人的にも今もっとも気になっている音楽家の一人CLAIRE ROUSAY。〈AMERICAN DREAMS〉内に彼女の為に設立されたレーベル〈MENDED DREAMS〉からのアンビエント的の濃かった作品「A Softer Focus」に続いて、CD2枚組での「A collection」。届いております。インプロ的なフリードラムな録音と、サイン波、フィールドレコーディング等による、ミュージック・コンクレート、サウンドアート、私的なテキストの朗読をフィーチャリングしたものなど、2019年にリリースを始めて以降、多作な彼女の作品の中からをコンパイル。ラフなとこもありますが、音のディテール、じっくりと思えるアーチストの一人です。

『私たちは、「A Collection」のことを冗談めかしてClaire Rousayの "Greatest Hits"と呼んでる。この4、5年の間に、ルセイはたくさんの音楽を作ってきましたが、正直なところ、どこから手をつけていいのかわかりませんでした。「A Collection」は、ソロ・ドラマーとしての録音と、それに続くミーュジック・コンクレート/ニュー・ミュージック・コンポーザーへの転身から始まる、彼女の音楽のガイドとして紹介、より(ソフトにフォーカスする)試みです。』とレーベルは紹介しています。カセットやデジタルオンリーも含むと短期間にかなりの量をリリースしている彼女の作品の魅力の一端。その魅力を是非。ECSTAICからのMORE EAZEとの新作も非常に楽しみ、すでに一部の人たちを完全に魅了し始めている。(フィジカルは、見開きスリーヴ、CD1、CD2トータルで一曲として収録されていますのでご注意ください。) (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JEF GILSON - Malagasy At Newport : CD

JEF GILSON Malagasy At Newport

SOUFFLE CONTINU (FRA)
CD // FFL068CD
---- yen (税込)

FOUR TETなどの先鋭的なアーチストにも影響を与えてきたフランスのジャズの先駆JEF GILSON & MALAGASY、マダガスカル島、レユニオン島から亡命してきたミュージシャン達とのPALMからの名作がついに単独再発されます。

ジャンルを超えて、今聴かれるべき先鋭70sアーチストとして、JAZZMAN、KINDRED SPRITなどが再発を勧めてきたJEF GILSON。アフリカン・リズム、ポリリズムの先鋭性にいち早く気づき、取り組んだアーチストとの一人で1968年にマダガスカルに渡っています。その当時、現地でセッションしたミュージシャン達の何人かはは、4年後にフランスに亡命し、このジェフ・ギルソンとこの録音を残し、JEF GILSONが帰国後に設立したPALMからリリース。ヴァリハというマダガスカルの民族弦楽器をフィーチャリングした「Valiha Del」はFOUR TETもLAST NIGHT TALESで セレクト。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

SYLVIN MARC / DEL RABENJA - Madagascar Now - Maintenant 'Zao : CD

マダガスカルに渡ったフランスの先鋭ジャズの先駆JEF GILSONに見出されたレユニオン島の二人のミュージシャン、MalagasyのメンバーでもあるSylvin Marc / Del Rabenja。JEF GILSONバックアップの元制作されPALMからリリースされた「Madagascar Now - Maintenant 'Zao」。JAZZMANからのJEF GILSONのボックスセットにも収録されたPALMの名作が単独再発。

MALAGASYやHAL SINGER & JEF GILSON 「Soul Of Africa」、BYARD LANCASTER作品などにも参加している5人のマダガスカルのミュージシャン、JEF GILSON抜きでも凄い。よりアフリカ、マダガスカルの民族音楽性とジャズが融合されていて圧巻の内容。外せない名盤! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MALAGASY / GILSON - Malagasy : CD

MALAGASY / GILSON Malagasy

SOUFFLE CONTINU (FRA)
CD // FFL066CD
---- yen (税込)

FOUR TETなどの先鋭的なアーチストにも影響を与えてきたフランスのジャズの先駆JEF GILSON & MALAGASY。JEF GILSONがマダガスカル渡航後に設立されたレーベルPALMのMALAGASY関連の名作3種が再発されます。フリーキー、奇跡のような演奏が繰り広げられる。驚きに満ちています。歴史的名盤!

JEF GILSONと仲間達が1968年~70年にかけて3度マダガスカルを訪れ録音した音源をメインに71年のパリでの録音も加えたMALAGASY / GILSONの名作Malagasyがついに単独再発。JEF GILSONが幾度か録音している自身の代表曲「Chant Inca」やファラオ・サンダースの「The Creator Has A Master-Plan」のカバーも。「1972年5月、マダガスカルは若者たちの抵抗の舞台となっていた。このアルバムの2曲目に収録されているセルジュ・ラホーソンの「アヴァラドハ」は、ストリートでの革命のアンセムとなる。」初回は小さな教会からリリースされ、翌年PALMから再リリースされた名盤。初のCD化。CDもストックしました! (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

DEATH IS NOT THE END - Classic Logo Tee(Size:L) : T-shirt

戦前ブルースから世界各地の古く貴重な音源、80年代90年代のロンドンやブリストル海賊ラジオCMカットアップ集などを発掘カセットリリースする信頼名レーベルDeath Is Not The EndからのロゴTシャツを入手いたしました。

黒ボディ半袖TシャツにDEATH IS NOT THE ENDロゴのみがシンプルにかっこいい。Lサイズ。 (コンピューマ)

RECOMMENDED新入荷

MOCKY - Overtones For The Omniverse : CD

MOCKY Overtones For The Omniverse

WINDBELL (JPN)
CD // FOUR 141
2420 yen (税込)

MOCKYの新作はもちろん日本でリリースと来日もマネージしたWINDBELLより、CDでじっくり聴くのもよし!LPが若干入荷遅れてます。

我らがモッキーの2021年作感涙の出来。こうであって欲しい、のとちょいと忘れてたこの感じ、安定のモッキー節全開です。スティーヴィー・ワンダーも使ったスタジオでのrecとのことで、そのグッド・ミュージックの歴史に挑戦し普遍性を掴むピュアな探求を淡々と突き進んでます。モーゼス・サムニー、ニア・アンドリューズ、ファイスト、エディ・チャコン(!)参加!と言ってもこのメンツをコーラスで、というのもまたらしいですね。リピート当たり前です。素晴らし。。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DJ SPRINKLES aka TERRE THAEMLITZ - Midtown 120 Blues : CD

DJ SPRINKLES 2009年の名作アルバム「Midtown 120 Blues」がバイナルポーチに入った新装パッケージでCOMATONSEから再リリース。

テーリ・テムリッツ氏のDJ SPRINKLES名義の2009年MULE MUSIQからリリースされresident advisor 2009年アルバム年間チャート NO1にも選出された名作アルバムが新装パッケージで〈COMATONSE〉から再リリース!!

「光と闇が同居したNYCのアンダーグラウンドなハウス・シーンに身を置いていたTERRE氏のHOUSE DJとしての側面の作品がリリースされました。COMATONSE作品で彼に出会った、ハウス・ミュージックのディープサイドにつかった人にとって、このアルバムは間違いなくスペシャルなものになるでしょう。消えつつあるカルチャーの舞台となった、敢えてその世界の闇にスポットを当てたこのアルバムは、まるで、BPM120で刻む人生そのもののような、ビューティフルな作品だとおもいます。全てのダンス・ミュージック・ファンに手にして欲しい一枚です。」 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LAURENCE RASSEL & TERRE THAEMLITZ - The Laurence Rassel Show : 2CD

ベルギーを拠点とするサイバーフェミニストLAURENCE RASSELと トランスジェンダーであるTERRE THAEMLITZのコラヴォレーション。

一部の翻訳がHP(https://www.comatonse.com/writings/2007_laurencerasselshow_jap.html)に載っていますが、そちらを見ながら聞くのもお勧め。言葉の後ろに重ねられた音により、トークから音楽に引っ張られていくのがかなり特殊で面白いです。 (日野)

▼ Tracklisting



『リリース:2007年6月1日 2005年に、トランスジェンダーであるTerreとベルギーを拠点とするサイバーフェミニストLaurence Rasselは、コピー・レフトと著作業に関する「The Laurence Rassel Show」というラジオ・ドラマを作りました。 もともとドイツの公営ラジオの依頼で作成されたのですが、内容に問題があるとのことで放送がキャンセルされました。 おかしなことは、そのラジオ局は、オーディオ・サンプルが使用されていることを全く気にかけませんでしたが、ペギー・フェラン、ジョーン・スミス、ミシェル・フーコー、ロラン・バルト他による原作者の「根源」と「張本人」のテーマについて書かれた哲学的なテキストの朗読が含まれていることを問題視しました。』

RECOMMENDED再入荷

墓場掘士 - 墓場掘士5 : MIXCD

墓場掘士 墓場掘士5

(JPN)
MIXCD // HBHS-008
---- yen (税込)

墓場のDIGGERによる待望の和物MIX第5弾。バレアリック、ニューエイジ、トレンディードラマ、、長い潜伏期間、製作、実験を終えて遂に奴が帰ってきた!Digger界のターミネーターこと ”墓場掘士”がお送りする80年代後半から90年代初頭の和物を渾身のMIX!! 突き抜けるように広大で真っ青な大空へ広がり続ける謎トレンディ感の正体不明の爽快感に包み込まれるニッポン・バレアリック・シティーソウル・フュージョニック・アンニュイ怪作MIXCD。時折挟まれるセリフと共にストーリーテリング流石の手腕です。

前作から3年、、墓場掘士は自分との戦いを繰り広げ、果てどないDIG作業に気を失いかけていた。技術の進化とともにレコードからCDへとフォーマットが変化していった80年代後半。レコードで手に入らない音源が増え、CDへと手を伸ばすほかなくなってしまった掘士。結果H-OFFのJUNKCDの沼に埋まり身動きが取れなくなっていた。バブルの好景気に沸いていた日本でその頃生まれた音楽は、正体不明のドリーミーさとトレンディー感に包まれ、令和との余りの温度差の違いに再び現実に戻ってくるのを掘士はためらい始めていた、、しかし彼はちゃんと戻ってきた。リスナー達の股間をずぶ濡れにさせるという使命だけのために。
氏がシリーズ史上最高傑作と歌う”墓場掘士5”。この夏、鼻からトコロテンを吸いながら夜の高速を350kmでぶっ飛ばせ! (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

MARTIN REV - See Me Ridin : CD

MARTIN REV See Me Ridin

BUREAU B (GER)
CD // BB 336CD
1990 yen (税込)

MARTIN REVが初歌声を披露した、ええ湯加減ドリーミー・ヴォーカル全開のチープ・エレクトロニックによる、50’s60sオールディーズなロックンロール、ドゥーワップ&ジャイブへの敬愛トライした愛すべき唯一無二のオルタナティヴ・ドリーミーなロマンチック異空間宇宙の名作「See Me Ridin」再発CD!!!祝。

Suisideの片割れMartin Revの1998年にNY、Reachout International Records(ROIR)からリリースした4枚目のアルバム「See Me Ridin」のクラウトロック・エレクトロニクス復刻を中心に信頼を得ているドイツBUREAU Bから再発。今作で初披露したセンチメンタル・キュートな歌声がとにかく最高なんです。ユニーク・シンセサイザー・ワークやヴォイス・サンプリング、つんのめったエレクトロニック・チープな施しまで愛に満ち溢れている。全16曲。トラックリストからもぜひ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FENNESZ - Plus Forty Seven Degrees 56' 37 Minus Sixteen Degrees 51'08 : CD

才人FENNESZ、1997年、Megoからのデビュー作「Hotel Parał.lel」、1998年、Ash Internationalから「Harding」に続く、1999年、TOUCHからは記念すべき初リリースとなる彼にとっての3rdアルバム初期名作「Plus Forty Seven Degrees 56’ 37” Minus Sixteen Degrees 51’ 08”」が21年ぶりCD復刻が成された!祝。レコメンド。

にして、これ以降の快進撃を予見させてくれるオーストリア・ヴィエナの才人CHRISTIAN FENNESZのエレクトロニクス・フィールドレコーディングによる初々しい才気を存分に感じさせてくれる耽美で官能的な美しい繊細微細なノイズ・エレクトロニカ・アンビエント音響世界が瑞々しくフレッシュに漲っている。デジパック化。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - From Dawn Till Dusk : CD

VARIOUS From Dawn Till Dusk

DAWN (FRA)
CD // DAWNVA2
3390 yen (税込)

HAJJ,QOSO,DJ LOSER,JONQUERA(The Pilotwings),ZULIら、主にフランスアンダーグラウンドで暗躍するアーテイストが集結。現在パリを沸騰させているトラップ/グライムと、アンビエント、ハウス、ドリームポップまでを各々の異質なセンスで異種混合した20曲収録のCDアルバム、ストックいたしました!

今作も参加するHAJJが主宰、仏地下BFDMともリンクする実験フロンティア〈DAWN〉からレーベルコンピレーションアルバムがリリース!LEE GAMBLE主宰〈UIQ〉でもお馴染みのエジプトの奇才ZULIがリミックスを手がけたHAYKAL「Sot Ramallah」(sample1)、BFDMからリリース歴のあるLASTRACKがエモーショナルなアプローチをした「Mock1nb1rd」(sample2)、TERA OCTE(The Pilotwings)とHAJJのコラボ曲、〈THE TRILOGY TAPES〉からの12が記憶に新しいQOSOがビートで攻める「Nouvelle Dawn」など。各々のトラップ解釈が興味深い。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

61〜80件 / 全93件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×