menu & search

81〜100件 / 全138件

< Back   Next >

CHILL MOUNTAIN - “Tobient” T-shirts size L : WEAR

発砲プリント加工を施したナイスデザインが目を引く、Chill Mountainのnew T shirt

先日、兵庫県・豊岡市に位置する、旧料亭『とゞ兵』にて、約5年ぶりにオリジナルメンバーとChillMountain Rec.からリリースされているアーティストが集い・開催されたparty『Chillmountain -料亭de Todobien』を皮切りにリリースされた、全てスクリーンプリントで作られたChillMountain -Todobien-LongSleeve。Todobienはスペイン語で「All good」。
ボディと同色ホワイトでぷくぷく発泡した、ChillMountainロゴ『Acid山』+mt.chills作 ペーパーコラージュをスクリーンプリントにDrop in.

CHILL MOUNTAIN - “Tobient” T-shirts size L : WEAR gallery 0
RECOMMENDED新入荷

ABORIGENES DE TAIWAN - Anthologie De L'art Vocal : 2CD

これは素晴らし過ぎる、、台湾原住民の声楽2CD。台湾ものは実は少ないんです。

台湾の人口の大半は漢民族ですが、それ以外にも50万人ほど原住民がいるそうで、その彼らの起源は5000年前に海を渡ってきたオーストロネシア人だと言われています。それぞれの民族は各々言語を持ち、殆どは東側の山岳に棲んでいたとのこと。お祝い事だけでなく、雨乞い、精霊との会話に用いられた原住民たちの声楽を集めたのがこちらのコンピレーションCD。アミ族、タイヤル族、ブヌン族、パイワン族、プユマ族、ルカイ族、タロコ族、ツォウ族、ヤミ族の9種族の声。そして口琴、太鼓、竹笛などの伴奏も。オーストロネシア語族はマダガスカルから東南アジアまで分布されるそうで、そのせいでしょうかアジアのフォルクローレというより、海の記憶の音楽というか、ニューカレドニアやインドネシアのそれと近い、殆ど一緒。と思ったらアイヌ音楽のような響きのものまで。位置は日本のお隣ですが、ここまで全く文脈が違う音楽があったとは驚き。個人的にも声楽は好きで世界中のを集めてますが、台湾だけでここまで豊潤なものがあるとは。曲名も"太古のラブソング"などロマンチックですなあ。一生聴きましょう。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

TAPES + 7FO - Live - 電氣爆発 : CD

TAPES + 7FO Live - 電氣爆発

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1188CD
2200 yen (税込)

二人で日本各地をツアーで周り、ベルギーのMEAKUSMA(ミアクスマ)フェスティバルでのセッションも、RAの記事もキー・パフォーマンスとして紹介された7FOとTAPES。彼らのライヴ音源がリリースされました!

ロンドンと大阪、レゲエをベースにアナログでLOW-FIなユニークなサウンドを産み出してた両者がセッションし、今日版を呼んだTAPES & 7FO。レゲエ、ダンスホール大好きだけどカシオやカセット使いながら独自なことやり続け、様々なコラヴォレーション、REZETTでも独自の電子音楽を産み出し注目されてきたTAPESと、ダブ、ニューエイジや細野なんかのDNAを受け継ぎながらユニーク音楽を産み出してきた7FOの根底の相性の良さ。どこまでも真ん中じゃない、はぐれダンスホール、はぐれ電子音楽、面白い音楽が展開されています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LEANDRO CÉSAR - Architecture of Sounds : CD

LEANDRO CÉSAR Architecture of Sounds

SPIRAL RECORDS (JPN)
CD // SPIRA-1113
3157 yen (税込)

これは面白い!「楽器を作るということは、空間を作りだすことでもある。」ミナスの創作楽器アーティスト、UAKTIの意思を受け継ぐミニマル楽曲集。

ブラジルはミナスの創作楽器集団、UAKTIのマルコ・アントニオの弟子で、自身もオリジナル楽器を作り、またミナスジェライス地方の黒人文化に伝わる伝承歌を現代に蘇らせてきた奇才、レアンドロの3RDアルバム。ジャケ写に写る自作楽器を魔法のように操り、静謐でミニマルで有機的なアンサンブルを創出。色々な状況で聴いてみてください、自作楽器の音響空間と音色のレイヤーが時間空間によって変わる不思議なインスト集。自作楽器の優しい音色と間が素晴らしすぎる、、底にはミナス音楽のオーガニックでナチュラルな響きが清流のように流れています。ブラジル/ミナス音楽の奥深さを感じさせてくれる奇盤。なお、前作のマリンバとバイーア音楽の融合を目指した2ND、MarimbaiaからはVoodoohopのポドキャンストでも1曲使わせてもらいました。不思議なアンビエントとしてももちろん使えます、DJにももちろんおすすめ。ダンスミュージック好きにはミナス音楽といえばミルトン・ナシメントが有名ですが進行形のミナス音楽がここにあります。くるみワンピースBOX付のデジパック仕様、そしてボックスの中には楽器・楽譜カード付き。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JOANA QUEIROZ - Tempo Sem Tempo : CD

JOANA QUEIROZ Tempo Sem Tempo

SPIRAL RECORDS (JPN)
CD // HITP1103
2750 yen (税込)

エルメート・パスコアルの門下生でもあり、イチベレ楽団のメンバー、ジョアナ・ケイロス。静かな凄み。

自身のクラリネットと歌声、自ら収集したフィールド・レコーディングの素材やアナログシンセの音色を多重録音して、螺旋的に円環的に展開された音が自然へと解き放たれる。初めてアルゼンチン音楽を聴いた時の衝撃に近い、音と音の間が魔となり迫ってくる感じ。静かな凄みと霊的なまでの本当の静けさ。ノーラ・サルモリアはピアノでしたが、こちらは管楽器クラリネットの音を頼り、ジョアナ・ケイロスという感性のもとに音が立ち上がっています。ノーラ以来の才能です。プライベートな空気感に惑わされずに耳を攲てると、きちんとブラジル音楽の進化も感じさせてくれる進行形のプロダクト。カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジル、ゼー・ミゲル・ヴィズニッキのカバーも収録。前作はVoodoohopのポドキャストでも使わせてもらいました。不思議なアンビエント、エクスペリメンタルとしても有効。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

BERNARD FORT - Soundscapes Of Sardinia : CD

リヨンの録音士、BERNARD FORTによる地中海はサルディーニャ島のフィールドREC

オーディオ・ナチュラリスト、BERNARD FORTのフィールドREC諸作よりピックアップ!今回は地中海に浮かぶイタリアの島、サルディーニャ島。モンテ・アルコズ(アルコズ山)の一日、ティスカリ洞窟、ジェンナルジェントゥ(中部の山々)、モレンタス湖、サンタ・ジュスタ郊外の夜の音と物語仕立てに進みます。しかし、今回は他のBERNARD FORTの録音より鳥の割合が多いです。そもそもサルディーニャ島がそういう島なのか。アオガラ、ズグロムシクイ、ヒガラ、シジュウカラ、マミジロキクイタダキetc...ちょっと訳しきれない数の鳥の鳴き声を収録。爆音でかけてナチュラル・アンビエント/電子音とも余裕で解釈、ニューエイジ以前の問題です。あなたの脳内が試される!と、そこまでいかなくとも、小さな音ではチルアウトに。全50曲! (Shhhhh)

DJ FUNNEL - Green World : CD

DJ FUNNEL Green World

STRIPE-DOT. (JPN)
CD // SDMY-3
---- yen (税込)

センスの良い選曲でスムースにコラージュ、ミックスしていく技に毎回魅了される、DJ FUNNELのNEW MIXが到着。東京・高円寺に店を構える【人のつくる モノ・コト と 植物の魅せる姿が交じり合う空間】menosyama とのコラヴォレーション作品となっています。今作もあたたかな空間を彩ってくれるNICE MIX.

様々なジャンルを独自の審美眼を通して、唯一無地のコラージュを披露し続けるDJ FUNNELが、東京・高円寺に店を構える【人のつくる モノ・コトと 植物の魅せる姿が交じり合う空間】をコンセプトに掲げるパワースポット、menosyamaからのオファーで制作したコラボレーション、ミックス第二弾。
シンプルに『Green World』と名付けられた今作は、清々しい植物の息吹を感じるような温かい空間に寄り添う全32曲を、ストーリーのように紡いでいる。極上の浮遊感溢れるストリングスのサウンドから幕を明け、土着的なバレアリックサウンドから、スムースな歌声を中心にしたメロウなネオソウルにジャズ、ヒップホップやダウンテンポ等、様々な楽曲をブレンド。オープンマインドでありながら、グルーヴィーかつアップテンポでメロウネスな展開で、FUNNELの依存性の強いMIXは、何度でもストレスなく聴き続ける事ができる。いつもながらのストーリー性と多幸感はそのままに、どのシチュエーショーンでも気持ち良い新鮮な風を吹き込んでくれる。ラストは、森の中で録音された自然のフィールドレコーディングとギターの音色と共に、温もり溢れる展開で至福を感じながら、幕を閉じる。植物の息吹と生活のリズムとも共鳴しながら、何気ない日常を彩ってくれる最高にチルな一枚だ。

RECOMMENDED新入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time Stages 4-6 : 4CD

V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。4-6。

V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。Stage 4から6までを4枚組のCDとしてリリース。ステージを増すごとにメロデイーが崩壊していくようです。メロディーは残像となって、ノイズと混沌にまみれ奇跡的な美しさを産んでいる。必聴。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time Stages 1-3 : 3CD

【名盤!】ノスタルジックな情景の極上サイケデリック・サウンド。V/VMの変名THE CARETAKER。アナログなサーフェイスノイズとともに、夢中のサウンド。ディープな世界。「Everywhere At The End Of Time」シリーズが1から3のセットでCDリリース。

SP盤から流れ出るオールド・ジャズ、ビックバンド、映画音楽のようなノスタルジックな音世界が、ゆっくりと脳内を侵食して蝕むようなタイム感覚と、テープ音楽的イマジネーションのトリップ。このタイトルどういう風に捉えますか? (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

KHRUANGBIN - Live At Lincoln Hall : CD

今年3月の初来日公演では東京公演が即完売、フジロックField Of Heavenステージのヘッドライナーに抜擢、ライブパフォーマンスの評判が各音楽誌での特集されるなど、飛ぶ鳥落とす勢い活躍目まぐるしい注目人気急上昇中KHRUANGBIN(クルアンビン)の入手困難だった唯一のライブ盤「Live At Lincoln Hall」が待望の初CD化!!!(&日本限定カラーのホワイト盤LPも発売された!!!)

名作セカンドアルバム「Con Todo El Mundo」からの楽曲を中心に、彼らのライブの定番となっている9曲にも及ぶメドレーもしっかりと収録されたシカゴ・リンカーンホールでのライブ音源全6曲が収録されている。2018年秋にクルアンビン初のライブ盤としてラフトレード・エクスクルーシブ・オンリーのパープルヴァイナル1500枚限定LPのみで発売されるも即完売してしまい入手困難となってしまっていた盤であり、この初CD化、そしてホワイトヴァイナルLP復刻はとにかく嬉しい限り。推薦盤。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

WALTER GAVITT FERGUSON - The Legendary Tape Recordings Vol. 1 : CD

コスタリカのカリブ海沿岸のリモン地方の伝説のカリプソ歌い、ウォルター・ファーガソン通称ガンビット。その伝説の歌い手による幻のカセットテープ集VOL.1。

1919年パナマ生まれ。まだ生きてます(2019年現在)スミソニアン・フォークウェイズで紹介されたり(82年)、私もコスタリカ本国のレーベルから輸入しておりました初めて聴いた時はびっくりしたもんです(その2002年作はご本人が村をでたがらなかったらしく録音機材を持ち込んだとか)。今作はそれ以前に、観光客相手に本人が売っていたというカセットテープがどっかから発見されてBONGO JOEが編集リリースしたもの。カリプソにしては珍しいシンプルなギター弾き語りです。当時はきちんとした録音スタジオなんかもなかったんでしょうか、コケコッコーとかたまに入ってますね。最高。カリプソは基本的に英語詞なので辺境ブルース、R&Bを聴く感覚でもどうぞ。というかこんなのもあるんだな。。またカセットのビンテージ感が堪りませんね。真冬に聴いてコタツでアイス食う感じもよし、真夏にエアコン消してカリブの海を思い起こすのもよし。カリブ音楽入門としてもどぞ。私、数年カリブ音楽の沼にハマったことがありますがきっかけのアーティストの一人です。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

WALTER GAVITT FERGUSON - The Legendary Tape Recordings Vol.2 : CD

今年100歳を超えたコスタリカは伝説のカリプソ爺のカセット音源集VOL.2、スイスのBONGO JOEより

1919年パナマ生まれ。まだ生きてます(2019年現在) スミソニアン・フォークウェイズで紹介されたり(82年)、私もコスタリカ本国のレーベルから輸入しておりました初めて聴いた時はびっくりしたもんです(その2002年作はご本人が村をでたがらなかったらしく録音機材を持ち込んだとか)。今作はそれ以前に、観光客相手に本人が売っていたというカセットテープがどっかから発見されてBONGO JOEが編集リリースしたもの。カリプソにしては珍しいシンプルなギター弾き語りです。当時はきちんとした録音スタジオなんかもなかったんでしょうか、コケコッコーとかたまに入ってますね。最高。カリプソは基本的に英語詞なので辺境ブルース、R&Bを聴く感覚でもどうぞ。というかこんなのもあるんだな。。またカセットのビンテージ感が堪りませんね。真冬に聴いてコタツでアイス食う感じもよし、真夏にエアコン消してカリブの海を思い起こすのもよし。カリブ音楽入門としてもどぞ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

WALTER GAVITT FERGUSON - The Legendary Tape Recordings Vol.2 : LP

今年100歳を超えたコスタリカは伝説のカリプソ爺のカセット音源集VOL.2、スイスのBONGO JOEより

1919年パナマ生まれ。まだ生きてます(2019年現在) スミソニアン・フォークウェイズで紹介されたり(82年)、私もコスタリカ本国のレーベルから輸入しておりました初めて聴いた時はびっくりしたもんです(その2002年作はご本人が村をでたがらなかったらしく録音機材を持ち込んだとか)。今作はそれ以前に、観光客相手に本人が売っていたというカセットテープがどっかから発見されてBONGO JOEが編集リリースしたもの。カリプソにしては珍しいシンプルなギター弾き語りです。当時はきちんとした録音スタジオなんかもなかったんでしょうか、コケコッコーとかたまに入ってますね。最高。カリプソは基本的に英語詞なので辺境ブルース、R&Bを聴く感覚でもどうぞ。というかこんなのもあるんだな。。またカセットのビンテージ感が堪りませんね。真冬に聴いてコタツでアイス食う感じもよし、真夏にエアコン消してカリブの海を思い起こすのもよし。カリブ音楽入門としてもどぞ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

BUSHMIND - New β Sound : MIX-CD

BUSHMIND New β Sound

SEMINICHUKEI (JPN)
MIX-CD // SMNSK-1939
---- yen (税込)

サイケデリックB-BOYの名のもとに時空を歪める革新的なビートを紡ぎ出すプロデューサー/DJ、BUSHMINDによる”ニューエイジ/アンビエント”をテーマに制作された素晴らしき傑作MIXCD「New β Sound」をnewtoneにも到着いたしました!!!

モダン・ハイセンス!エレガントにサイケデリックするミックス・センスとスキル構築。ドリーミー・メランコリックにしてハードコアな知覚の扉を開くかのようなニューエイジ/アンビエント傑作MIXCD。推薦盤とさせていただきます。 (コンピューマ)

RECOMMENDED新入荷

ARTHUR RUSSELL - Iowa Dream : CD

ARTHUR RUSSELL Iowa Dream

AUDIKA ‎ (US)
CD // AU-1017-2
2590 yen (税込)

ARTHUR RUSSELLのカセットに残されたデモ、ホーム・レコーデイング、未発表の秘蔵音源が〈AUDIKA〉からリリースされました。

ビートニックにはじまり、ロック、現代音楽、アバンギャルド、ディスコ、NYCのオルタナティヴカルチャーを生き、エイズでなくなる。ダンスサイドから、バンド、ソロの実験的な音源から弾き語り、彼が残した主要なものからレアなものまで再発、発が繰り替えされ70年代80年代を象徴するアーチストとして、影響を与え続けてきARTHUR RUSSELL。彼らのい音源の普及に尽力してきたレーベル〈AUDIKA〉から、未発表、未完成の音源をコンパイルした「Iowa Dream」がリリースされました。ソロやバンドでの録音ですべて彼がヴォーカルを取っています。タイトル曲は76年の録音でHENRY FLYNTがエレクトロニック・バイオリンで参加していたり、JON GIBSON、RHYS CHATHAM、DAVID VAN TIEGHEM等々伝説のミュージシャンとの録音も含まれています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS ARTISTS - Voices of Mississippi: Artists and Musicians Documented by William Ferris : 3CD/DVD/Book/DL CODE

なんとグラミー最優秀歴史的アルバム賞受賞!!フィルムメーカーであり現地録音の音響であり大学の教授のWILLIAM FERRISによるミシシッピのブルース/ゴスペルなどの驚くべきアーカイブ集が3CD、DVD、そして大容量な内容の本とともにリリース。それにしてもこの内容でこれは安すぎる!!

ミシシッピ生まれの白人であるWILLIAM FERRISは、南部アフリカ系アメリカ人の民間伝承と文化に焦点を当て、ライフワークとして音楽、フィルム、写真でアーカイブを残してきましたが、2018年にそれをまとめたものがこちら。ブルースを集めたCD、ゴスペルを集めたCD、ストーリーを話している人たちのCD、そしてDVDと120ページのフルカラーの本。66-78年に録音されたという労働階級のブルース/ゴスペルのパワーに心揺さぶられる。こちらには英語記事もあります(https://www.theguardian.com/music/2018/jun/13/william-ferris-voices-of-mississippi)。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ANTOINETTE KONAN - s/t : CD

ANTOINETTE KONAN s/t

AWESOME TAPES FROM AFRICA (US)
CD // ATFA036CD
1790 yen (税込)

木ノ実を紐で結んだアイボリーコーストの伝統楽器アホコ使い、「アホコの女王」と呼ばれたシンガーANTOINETTE KONAN。シンセサイザーが融合した80s アフロ魅惑の一枚を〈AWESOME TAPES FROM AFRICA〉が再発。

AWESOME TAPES FROM AFRICAから素晴らしい一枚!SOFRITOのHUGO MENDEZ監修仏産アフロディスコのコンピレーション「Nouvelle Ambiance」の冒頭を飾った「M'Ackô」筆頭に、変拍子、ポリリズムのリズムマシーン、アフロビート、エレクトロニックの魅力とアフリカン・チャント。素晴らしい内容!CDもストックしました! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TSUKISHIZUKU & QOTAROO - Moon Calender 2020 : POSTER

つきしづく×QOTAROOの、Moon Calender 2020年版 プレゼントにもオススメです!

毎年大好評のポスター型Moon Calender 2020年版です。お部屋やお店のアクセントになるカッコイイデザインと共に月のリズムとそのもたらす影響を感じたい。月のクレーターの様な凹凸のある特殊紙を使用し、質感にもこだわりを持って作られています。プレゼントにも是非オススメします。
*筒に入れてお送りいたします。レコードと一緒に発送可能です。カレンダーのみのご注文で代引きの場合は768円、カレンダーのみのお振込又はクレジットご利用の場合は300円の送料で発送出来ます。300円での発送は保証がございません。お荷物の追跡が出来る特定記録160円をオプションで追加できます。ご希望の場合はメッセージ欄へご記入お願いいたします。 (ヤマ)

【MOON CALENDAR 2020】

星空をバックに浮かびあがる12個の光の輪が、
月の満ち欠けを示してくれるムーンカレンダー。
2020年バージョンは、神秘的な月面の美しさを感じて頂けるデザインとなりました。インテリアにも合わせやすいデザインで、ギフトにもおすすめです。

「月のリズム」=「自然のリズム」

リズム、音、呼吸、光、振動…自分もそんな自然の一部であることを感じながら、心地良い日々をお過ごしください。

Designed by QOTAROO
color : グラデーションブラック×ホワイト
size : B3(364×515mm)サイズのポスター仕様
Produced by TSUKISHIZUKU

TSUKISHIZUKU & QOTAROO - Moon Calender 2020 : POSTER gallery 0TSUKISHIZUKU & QOTAROO - Moon Calender 2020 : POSTER gallery 1TSUKISHIZUKU & QOTAROO - Moon Calender 2020 : POSTER gallery 2TSUKISHIZUKU & QOTAROO - Moon Calender 2020 : POSTER gallery 3TSUKISHIZUKU & QOTAROO - Moon Calender 2020 : POSTER gallery 4
RECOMMENDED新入荷

OOIOO - nijimusi : CD

OOIOO nijimusi

SHOCHY (JPN)
CD // SHOCHY-00100
2750 yen (税込)

鳴ること自体に理由を持たず、生まれたとたん空気に滲んで消えてゆく匂いのような音の去来。無調の音節が持つ言語以前の言葉の意味。生命が持つ脈動の渦の不思議…。新しい発見が、実は初めからそこにあったものの再確認であるように、OOIOOが当たり前に音を鳴らした、人類未聴の音世界が完成しました。

OOIOOらしいユニークさに、南米サイケLOS JAIVASやCANとか思い起こしてしまう瞬間もある。自由度高い4ピース・サウンド。 (サイトウ)

OOIOOの6年ぶりとなる新作は、原点回帰の4人編成のバンドへと立ち返り、これまでに彼女達が作り上げてきた独自の表現方法を全面的にフィーチャーした、OOIOO以外何者でもない音楽となりました。この音楽が、ギターx2、ベース、ドラムという実にオーソドックスな編成で織り成されているという事実に多くの人は驚かされることでしょう。本作では、シンプルに「音が鳴るもの」として素直に正対した楽器の用い方を通し、よりプリミティヴで原則的な音との関わり方が実践されています。ドラムが空気をたっぷりと揺らす様子を顕微鏡のように捉えながら、真空パックのように濃密な低音や自由な電子音が、あたかも昔からそこに在ったかのように配置されている様は、アンサンブルという音楽的枠組みを超え、生命ある生物のように不可分な「こういう、ひとつのもの」として提示されています。本作は音楽でありながら、手触りや匂い、雰囲気や気配を強く喚起する作品です。もしも音楽が聴覚と時間の芸術表現だとしたら、本作はもはや音楽から逸脱し始めているのかもしれません。それでも今、この音を鳴らす。それは動物の鳴き声のように固有の音を鳴らすOOIOOという生命体が、今ここに生きている証です。同時代に生きるものだけが確認できる今のOOIOOを、一緒に体験してみてください。


▼ Tracklisting

OOIOO - nijimusi : CD gallery 0OOIOO - nijimusi : CD gallery 1
RECOMMENDED再入荷

VA - Two Tribes -an intercontinental journey in rhythm- : CD

MOP MOPでおなじみAGOGOレーベルならではのクラブマナー先鋭的エレクトロニック・アフロジャズ、クラブジャズ・クロスオーバー名コンピレーションの登場です!!!ヨーロッパのアーチスト達とケニア、セネガル、ナイジェリア、エチオピア等アフリカのアーチスト達のコラボレーション傑作トラックを厳選コンパイルした強力コンピレーション!!!アナログ盤はレーベルですでに廃盤となっているため、CDのみまだなんとか入手可。入荷いたしました。BGMにもぜひ。

MOP MOP、RENEGADE OF JAZZ、ONOM AGEMO & THE DISCO JUMPERS等々、クラブカルチャーを経由したアフロ・ブラック・ジャズ&ファンク・フューチャーな強力アーチストを続々と登場させてくれている名レーベルAGOGOならではの実験的でダブの要素も感じさせてくれる先鋭的エレクトロニックmeetsアフリカ・クロスオーバー・ダンスミュージック入魂コンピレーション。トラックリストからもぜひともどうぞ。プレイ&リスニング共に強力レコメンドな推薦盤。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

81〜100件 / 全138件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×