menu 検索する ×閉じる

121〜140件 / 全395件

< Back   Next >

GAS - Zauberberg : CD

GAS Zauberberg

Kompakt (GER)
CD // Kompakt CD 163
---- yen (税込)

KOMPAKT創始者、名士Wolfgang Voigtによるアンビエント・プロジェクトGASの1997年、今は亡き名レーベルMille Plateauxよりリリースしたアンビエント・テクノ傑作にして20年以上の時を経ても未だ色あせない魅力を放った普遍的名作「Zauberberg」が、2016年のGAS BOXリリースを経て、Kompaktより遂に単独CD化リリース。

全7シーンのクラシカル・ループ&エレクトロニクス・イマジナリー壮大なる物語。グレイト。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

MARY LATTIMORE - Silver Ladders : CD

MARY LATTIMORE Silver Ladders

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL-138
2200 yen (税込)

昨年は盟友Julianna Barwickとのツアーで初来日も果たし、そのパフォーマンスも絶賛された、シガー・ロスからリアル・エステイト、ジュリア・ホルターさらにはサーストン・ムーアまでも魅了するアンビエント・ハープの才媛、Mary Lattiomoreの待望のニュー・アルバムが完成。アーティストとしての自信が満ち溢れ、新たな境地へと到達した印象の、凛々しく美しい作品。

MARY LATTIMOREの新作来ました!ハープの音色で夜空の向こう側へ。今作も唯一無二で素晴らしいです。(Shhhhh)


SlowdiveのNeil Halsteadがプロデュース&参加。
昨年は盟友Julianna Barwickとのツアーで初来日も果たし、そのパフォーマンスも絶賛された、シガー・ロスからリアル・エステイト、ジュリア・ホルターさらにはサーストン・ムーアまでも魅了するアンビエント・ハープの才媛、Mary Lattiomoreの待望のニュー・アルバムが完成。

Neil Halsteadとは、とあるフェスティバルに共に出演していた際に友人を介して紹介され意気投合し、次のアルバムの制作に彼をプロデューサー/コラボレーターとして迎え行うこととなったという。これまで基本的にメアリーは自身で制作をしていたので、それは大きな転機だった。そして飛行機で彼の住むコーンウォールのニューキーへ飛び、制作にとりかかった。実はその時点でニールはハープを録音したことがなかったようだが、不思議とそれは本当にうまくいったという。古い飛行場に配置されたハルステッドのスタジオで9日間記録された本作『Silver Ladders』は彼女の新たな傑作として完成した。

エフェクターを駆使し、ハープを自在に操るメアリーの独特なスタイルはツアーや様々な経験を経てさらに洗練されており、ハープのレイヤーは広大に広がる中、ローエンドのシンセと浮遊するニールのギターがアクセントとなり、想像以上に噛み合ったサウンドに仕上がった。

一聴すると不協和なように感じられかもしれないが、潮の流れとともに変化する海洋の倍音のような彩り豊かなサウンドに引き込まれる。ニールの手を借り、両者のセンスが見事に融合し相乗したエモーショナルでドラマティックなサウンド。

RECOMMENDED新入荷

URBAN VOLCANO SOUNDS - blue hour : CD

URBAN VOLCANO SOUNDS blue hour

URBAN VOLCANO SOUNDS (JPN)
CD // UVSCD-001
---- yen (税込)

KEN KEN(KEN2D SPECIAL/Cocktail Boyz) とhacchi(DEAVID SOUL)によるバレアリック・クロスオーバー、アーバン・ブギー&メロー、優しきエレガントなサウンドプロダクション・ユニット=URBAN VOLCANO SOUNDS待望のデビューアルバムCD「blue hour」が遂に発売。2020年ベストアルバムの一つといっても過言ではない入魂傑作。推薦盤。

デビューシングルにして郷愁センチメンタル・インスト・ブギー名曲「そして、カーティスは途方に暮れる」(sample1)、坂本慎太郎も賛辞を寄せたKEN KENが自ら歌うギンギラギンにさりげなく最高なアーバン・ディスコ・ブギー「さめた気分のブギー」(sample2)、「雨音はショパンの調べ」への仄かなるオマージュも感じさせてくれるバレアリック・エレガントなシティ・ソウル「雨のうた」、ロボ宙をフィーチャーしたスリック・リック1988年の名曲クラシックス「Hey Young World」への日本語アンサー名カバーのアルバム・バージョン(sample3)まで、これまで先行7インチとしてアナログのみでリリースされていた名曲群を中心としたUVSヒット曲メドレーといった趣きで完璧なる流れで一気に聴かせてくれる前半7曲。インタールードを挟んでの後半は、これからのアーティスティックなより深い個性と内面も感じさせてくれつつ、ボコーダー・マイウェイで大団円!素晴らしい。Hi-Speed、Deavid Soul、Ken2D Specialを経た、お二人の個性と持ち味を存分に味わえる丁寧に丁寧に時間をかけてじっくりと作り込まれた、ソウル&ディスコ・ブギー・ファンク、ヒップホップ、レゲエ&ダブ、ダウンテンポ、バレアリック・クロスオーバー優しさ気品入魂サウンドプロダクション全14トラック。隅々まで愛情行き渡る見事なまでの完成度の高いアーバン珠玉の艶やか豊かな音楽世界。個人的には、デビューシングルB面にも収録されていたCelebsのKeiの辿々しくも悲哀沁み入るギターをフィーチャーした、Ottmar Liebert + Luna Negraによる90'sフラメンコ・ギター・インスト名曲の真夜中アダルト・オリエンテッド・イージーリスニング・レゲエ・インスト・カヴァー「Havana Club」がオールタイムお気に入りです。いいアルバムです。傑作ですね。完成発売おめでとうございます。newtone recordsでも大推薦盤とさせていただきます。サンプルからはもちろん、トラックリストからも是非ともどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

IGARASHI RYOSUKE - FLOS : MIX-CD

IGARASHI RYOSUKE FLOS

PHAT (JPN)
MIX-CD // PAMX010
---- yen (税込)

群馬は高崎を拠点に長きに渡りフロアを揺らし続ける男、IGARASHI RYOSUKEによるおよそ10年振りとなるニューミックス!!!

まだエンジンの調子が上がらないココロと身体のウォームアップ、旅の始まりや1日の始まりに再生ボタンを押し、時を流れるフレッシュなミュージックに身を任せたならいつもと違う景色に辿り着くことマチガイなし、ウェイパーソウル、モダンR&B〜UKジャズの前線から、遊び心擽るトラップ〜フューチャーベースといったボーダーレスに且つソウルフルなパンチラインに篭め描かれたストーリー性豊かでハイブリッド・ソウルな最高ミックス!どの瞬間もすこぶるイイのですが、当店ベストセラーだった<ALOHA GOT SOUL>のマリヤンヌ・イトウの楽曲がウィキッドにミックスされる以降の展開は圧巻、ご本人のプロフィールにもあるように「聞いたら元気になれるDJ」を座右の銘としている氏のキャリアが物語るスキルフルな選曲とグルーヴが堪能できる1枚です。レコメンド! (DNT)

RECOMMENDED新入荷

COSMIC SHUFFLING - Magic Rocket Ship : CD

COSMIC SHUFFLING Magic Rocket Ship

FRUITS (SWI)
CD // FTR028CD
---- yen (税込)

1960年代ロックステディ・ヴィンテージ・レゲエ愛とラテン・オリエンタリズム・エキゾチック郷愁キラー・スカ、どこかスペシャルズ&AKAも彷彿させてくれるスイス・ジュネーブのロックステディ/レゲエ・バンドCOSMIC SHUFFLINGの待望デビューアルバム「Magic Rocket Ship」が到着!!!CDも入荷いたしました。

現在ヨーロッパにて引く手数多の名プロデューサーRobert Sanchezがミックスを担当して、ヴィンテージ愛溢れる拘り機材とレコーディング方法による入魂のデビューアルバムが完成している。古き良きロックステディ愛と2トーン・スカにも通じるほのかなパンク精神、ラテン・エキゾチック&ジャズな世界観と現在のモダン・ソウルにも通じる美しいメロディとソウルフルな展開にもグッと来てしまう全9曲。とにかく曲がいい。演奏も最高。大推薦盤。レコメンド。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TOSHI TSUCHITORI - サヌカイト - 古代石の自然律 (Sanukaito - Stone Sounds Of The Paleolithic Era In Japan) : CD

昨年出会って魅了された一枚。ストックしています。日本のフリージャズ、前衛音楽のパイオニアの一人でもあった土取利行が1986年に録音、リリースした「サヌカイト - 古代石の自然律」。「天上の鐘の音」とも喩えられる古代石サヌカイトが奏でる音、そしてその場の覚醒的な空気感も閉じ込めた録音。伝わって欲しい。

70年代に前衛ジャズのドラマーとして近藤等則、坂本龍一らと音楽活動し、ミルフォード・グレイブス、デレク・ベイリー、スティーヴ・レイシー、阿部薫といったフリージャズのレジェンドとも共演した音楽家、土取利行。アフリカやアジアの民族音楽の研究、そしてパートナーの桃山晴衣とともに明治大正の演歌や古代の音楽の研究し取り組む。香川県出身でもある土取が、讃岐青ノ山山頂でサヌカイトの石琴を演奏、録音し、彼の「古代3部作」の2作目「磬石(サヌカイト) 古代石の自然律」としてリリースされた86年のアルバム。サヌカイトは香川県を中心とした日本の限られた地域でしか産出されない世界でも珍しい鉱物で、旧石器時代から使用され、非常に硬度が高く、叩くと高く澄んだ音がするので、カンカン石とも呼ばれ、浄化や邪気を払う効果が信じられている。日本伝統文化振興財団から、SHM(スーパー・ハイ・マテリアル) CDでリマスター再発。共鳴のゆらぎ、禅的ともいえるような覚醒、サヌカイトの音の響がもたらす澄んだ空気感をより深く感じ取れると思います。そして音色を超えた時間感覚、演奏、奇跡のようなサウンドを産み出しています。日本から産まれた音楽の素晴らしい遺産。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

TAKAYUKI SHIRAISHI - dʌ́b : ZINE+7inch+PHOTOCARD

TAKAYUKI SHIRAISHI dʌ́b

HERE (JPN)
ZINE+7inch+PHOTOCARD // HERE-001
2970 yen (税込)

日本のエレクトロニックミュージック黎明期、1970年代より活動を続けるレジェンド第一人者である鬼才・白石隆之よる多重露光の写真作品をコンパイルしたZINE、7インチシングル、フォトカードのセット。自主レーベルHEREからの記念すべき第一弾リリース。newtoneでも取り扱いを開始させていただきます。限定版となります。

音と写真は本人、デザインはSuno Fujimoto (sanpo design)によるもの。ZINEは透け感のある紙を使用し、裏と表にプリントされた画像のシルエットが干渉し合う多層的デザインが施されている。透明色の7インチシングルには、2020年の新作にして、匠のエレクトロニック残像シャープなダブ・ビート・サイエンス珠玉Side-A「Zanzo」(sample1)と、そのタイトル通りエレクトロニクス・ダビーでドローン残響美学が圧倒的に美しすぎる1986年の未発表作Side-B「Zankyo」(sample2)をカップリング。dʌ́b [ダブ]というタイトルと曲名が示すように、並置された過去と現在のイメージの断片がエコーマシンに通され、重なり合い掠れ滲んでいく瞬間を捉えたかのような写像と音像の工芸品的な作品集となっており、隅々にまで深い愛情と作家性の拘り、品格と気品に満ちた珠玉の傑作が誕生している。素晴らしきリリース。クリアーヴァイナルの美しきドーナツ盤をターンテーブルに乗せて針を落としながら珠玉極上のエレクトロニクス・ダブ・サウンズをBGMに至福の時間を過ごすことができます。アーチストご好意によりnewtoneでも取り扱いさせていただくことになりました。大推薦とさせていただきます。HEREからの今後のリリースも非常に楽しみです。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

DJ mew - DANCER : MIX-CD

DJ mew DANCER

武蔵野音閃 (JPN)
MIX-CD // DNCR-2010
---- yen (税込)

DJ mew最新作!好評を得たロンドンのカセットテープレーベルKOOL-AID ON THE TAPESからのミックステープ以来1年ぶり待望新作MIXCD!!現場では頻繁にプレイしていたもののリリースとしては初となるBPM120、完全フロア仕様のミックスをドロップ!!!「絶妙な低さに、気がついた時にはみんな中腰!!無心でズブってしまってるはずです!!」by MOODMAN

DJ mewならではの絶妙ロウな低空推進力グルーヴがディープ&ドープしなやか黒々かっこよすぎる。黒々サイエンスフィクション淡々としながらも腰の据わったロウビートのめくるめくミックス変容がじわじわと熱量を帯びてギリギリの沸点でシフトチェンジしながら高揚していくイマジナリー流石なストーリーテリングも見事。カナト画伯によるアートワークもかっこいい。当然ながらnewtoneでもレコメンドとさせていただきます。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

TADAO SAWAI - Jazz Rock 琴 / 日本の民謡 : CD

TADAO SAWAI Jazz Rock 琴 / 日本の民謡

MR BONGO (UK)
CD // MRBCD-204
---- yen (税込)

名門MR BONGOも和モノ再発か!と思いきや変化球きました。待望の入荷、、我々の耳ではなくDNAに響くジャパニーズ・フォルクローレ&ジャズ。雅さと過剰にファンキー、、珍盤と言わざるをえない。琴奏者の沢井忠夫と尺八の山本邦山による73年作。

これは一体、、、不思議に何度もループ、気を抜くと落涙、、若しくは脱力。タイトルにある、"Jazz Rock 琴 / 日本の民謡"
が全てをあらわしてますね。MR BONGOによる丁寧な再発ワークで、内ジャケのライナーには本盤のことを"イージーリスニングの異色盤"と書いてあります。当時でもそういう扱いだから外人から聴けばさぞかしエキゾチックであるでしょう。我々からしても2020年、このいろいろ経たタイミングで聴いて最初はクスッとでものちには大号泣。いろいろ言っても後に残るは素晴らしきジャパニーズ・フォルクローレの美しき旋律。聴き進んでB面の貝殻節あたりで熱いものが込み上げて。。。つまり言いたいのはひとこと、"ビューティフル"な音楽であります。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

大野松雄 - 鉄腕アトム - 音の世界 : CD

【日本の電子音楽、テープミュージックのマスターピース】音響。素晴らしい復刻ワーク。

国産音響、電子音楽の歴史的名盤「鉄腕アトム・音の世界」が、日本伝統文化振興財団さんからノ入荷です。映画「アトムの足音が聞こえる」やエム・レコーズからの「鳥獣戯楽」/「そこに宇宙の果てを見た」の復刻等々、近年の再々評価も著しい大野松雄の音響ワークス。まだムーグシンセ開発される以前、62年に手塚プロから依頼されテープの変調や改造モジュラー、電子加工によって作り上げたアトムの効果音、擬音。驚きのDIY音響です。63年から66年に作られたオリジナル音響(モノラル録音)を大野松雄が自ら編集し、ステレオに再構築した75年のアルバム。ユーモアまじりに、しかし綿密に構築されたサウンドは、ただ単に効果音を集めたアルバムではなく、大野松雄によるトータル・コンセプト・アルバム、ミュージック・コンクレート/実験音楽の傑作といえるでしょう。後にTAJ MAHAL旅行団として活躍する小杉武久氏も音響デザイナーとしてクレジットされています。以前再発されたときには、叶わなかったマスターテープ(当時は行方不明だったらしい)からの完全復刻版盤。自身によるコメントやインタビュー、シュトックハウゼンにまで言及する34pに渡るライナーノーツ。コジマ録音盤オリジナル・ジャケ。愛情溢れる素晴らしい復刻です。
これほど聴きこむほどに驚き、感動できて楽しい実験音楽は、なかなか見当たりません。アトム・ファン、電子音楽ファンの域を超えてぜひとも手にしてほしい一枚です。 (サイトウ)

『...これが当時の「音」なのだ。どうか「昭和のアナログ・サウンド」を楽しんでいただきたい。そして40年前に、こんなバカバカシイことを「大まじめ」にやった連中がいた・・・・・・と笑っていただけたら、幸せです。....(大野松雄)』-ライナーノーツより

RECOMMENDED再入荷

CHILLY GONZALES - A very chilly christmas : CD

CHILLY GONZALES A very chilly christmas

GENTLE THREAT LTD (UK)
CD // GENTLE022CD
1890 yen (税込)

作曲家、ピアニスト、稀代のエンターテイナーとして活躍する天才音楽家チリー・ゴンザレスから届けられた、ちょっぴり切ないとっておきのクリスマス・アルバム。クリスマス定番スタンダードからワム!「Last Christmas」、マライア・キャリー「All I Want for Christmas is You」まで、ファイスト、ジャーヴィス・コッカーの歌声3曲も沁み入る珠玉プライベート・クリスマスとっておき名盤の誕生。CDも入荷いたしました。贈り物にもぜひ。

彼の代名詞である『ソロ・ピアノ』シリーズや、趣向を凝らしたステージ・パフォーマンス、グラミー賞も受賞したダフト・パンクとのコラボレーション、iPadのテレビCMへの楽曲提供などで世界的人気を誇り、昨年はその破天荒かつ感動的な魅力に迫るドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』も大いに話題となった。いつでも我々に驚きと幸せを与えてくれるゴンザレスから、遂にクリスマス・アルバム『A very chilly christmas』が到着!本作に収録されているのは、「Silent Night (きよしこの夜)」「Silver Bells (シルバー・ベル)」「Jingle Bells (ジングル・ベル)」など誰もが知っているクリスマス・ソングのクラシックスや、ワム!「Last Christmas(ラスト・クリスマス)」、マライア・キャリー「All I Want for Christmas is You(恋人たちのクリスマス)」といったポップスを選曲。
ピアノを中心にしたシンプルなアレンジ、繊細なニュアンスを大切にした短調の演奏は、これまで3作発表している『Solo Piano』シリーズの流れを汲むもの。
アルバムはインストゥルメンタルが中心だがヴォーカル曲を3曲収録。ゴンザレスが信頼する二人のシンガー、ファイストとジャーヴィス・コッカーがゲストで参加している。なかでも、ファイストがヴォーカルを務めた「The Banister Bough」は、本作で唯一のオリジナル新曲。洗練された美しいメロディーにゴンザレスのメロディーメイカーとしての才能が光っていて、ファイストの温もりに満ちた歌声も絶品。クリスマス・ソングの新しいクラシックスになりそうな名曲だ。ジャーヴィス・コッカーは「In the Bleak Midwinter」「Snow Is Falling In Manhattan」の2曲でヴォーカルを担当。ダンディな歌声を聴かせているが、なかでも2019年に亡くなったUSインディーの孤高のシンガー・ソングライター、デヴィッド・バーマンがパープル・マウンテンズ名義で発表した「Snow Is Falling In Manhattan」のカヴァーでは、ファイストもコーラスで参加。チェロやフルートも加わって、映画のワンシーンのように詩情豊かなで感動的なアレンジとなっている。コロナの影響で予定していたツアーが中止になり、自宅にこもって本作を作り上げたゴンザレス。誰もが大変だったこの1年の終わりに束の間の安らぎをもたらしてくれる本作は、ゴンザレスからの心を込めたクリスマス・プレゼントのようである。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ALVIN LUCIER - Music On A Long Thin Wire : CD

ALVIN LUCIER Music On A Long Thin Wire

LOVELY MUSIC (US)
CD // LCD 1011CD
---- yen (税込)

祝!来日公演!アメリカ実験音楽/電子音楽巨匠であり、音の物理学と自然過程との関係性を調査するレジェンドAlvin Lucierによる1972年のワイヤー・インスタレーション記録作品(長さ50フィートのワイヤーを貼り、その両側に大きな磁石を設置、そして、空気の揺れによって生じるワイヤーからの微々たる振動を発信器によって増幅発声される音を記録したもの。)でありスケールでっかい瞑想的ミニマル・ドローン音響大名作「Music On A Long Wire」2017年・祝!リプレス。(電子音楽通信2017.8.10)

何も起こらない18分ほどの自然現象によるゆるやかな至福の心地よさが続くエレクトロニクス・ドローン・トラック「Wire」が4パターン収められている。US電子音楽/実験音楽を代表する老舗名門LOVELY MUSICより1980年にリリースされていた作品で、同レーベルより1992年にCD化されつつも長らくメーカー切れ廃盤かと思われ入手困難だったものが何十年?ぶりに2017年、奇跡のリプレスが成されました。祝祝祝!!! (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

KAITLYN AURELIA SMITH - Mosaic Of Transformation : CD

説明不要、KAITLYN AURELIA SMITHの新作。前から凄かったが今回はさらにオリジナルなオーラを纏っての新作。

マジ凄い。。木の幹が地中から水を吸い上げる音が幾何学模様で迫ってくるみたい。 (Shhhhh)

ウェストコーストを拠点に活動しているコンポーザー/アーティスト/プロデューサー、Kaitlyn Aurelia SmithがGhostly Internationalへ移籍してのニュー・アルバム。桃源郷へ誘う至高のスピリチュアル・アンビエント・ミュージック。

米国ワシントン州のオーカス島出身で現在はLAを拠点に活動している、プロデューサー/コンポーザー、Kaitlyn Aurelia Smith。ソロとして正式にデビューした2015年以降、多くの傑作をリリースしてきたが、2017年の『The Kid』のリリースの後、彼女は自身のエネルギーを様々な方向に向け始めた。学際的・創造的環境のプラットフォームであるTouchtheplantsを立ち上げ、「Electronic Series Vol 1 : Abstractions」「Tides: Music For Meditation And Yoga」や詩集などをリリースした。彼女は、電子楽器の無限の可能性と、身体と音や色との関係に見られる形、動き、表現を探求し続けている。

「一言で言うと、このアルバムは私の電気への愛と感謝の表れだ」と彼女は言う。制作中、日々の運動の際に、電気を身体に通して動き、モジュラー・センセを介して電流をスピーカーから空気中に送り込むオーディオの実践を反映した。いわゆる既存のダンスではなく、柔軟性と強さに加え、人の体に由来し、振動の形で構成される「視覚的言語」(映像作家であるSean Hellfritschが彼女に教示した)を実現する、即興運動を独学で習得し、それは「周波数を視覚化する方法のリファレンスとして」、まるでモザイクのようであると感じた。

そして変容していくこの9つのモザイクが完成した。
モジュラー・シンセを駆使し、シンフォニックなフレーズ、キラキラと輝く電子音、ノスタルジックなオルガン、ビブラフォンなどが幻想的なヴォーカルのタペストリーと融合し溢れ出るように描き出す、神秘的な夢幻のアンビエント・ミュージック。否応無しにその世界観に引き込まれる。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

KHRUANGBIN - LATE NIGHT TALES : Khruangbin : CD

クルアンビンが世界中で愛される大人気コンピレーション”Late Night Tale(夜聴き)”シリーズに満を持して登場!このコンピのみ収録となる彼らの新曲、噂のエクスクルーシヴ・トラック、Kool & The Gang「Summer Madness」カヴァー(sample1)ももちろん収録。アジア〜アフリカ〜アメリカに至る彼らのルーツとなる世界各地のとっておきのジャズファンク、レゲエ、異色ディスコ、エキゾチック・ガレージ等々の世界中の秘宝楽曲が収録されている。お求めやすいCDも入荷です。

日本からは故・萩原健一主演ドラマの主題歌、柳ジョージ「祭りばやしが聞こえるのテーマ」(sample2)までもが収録されている。世界中の時代も超えた様々な楽曲がセレクションされているにも関わらず、彼らならではのエキゾチック・ソウルフルな心地よさ、ちょうどよさが伝わってくるのが流石で素晴らしい。CD+ミックス/アンミックス音源DLコード付き。トラックリストからも是非ともどうぞ。14曲それぞれの音源もDLデータ付いているのも嬉しいかぎり。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

大野松雄 - 茶の木仏のつぶやき : CD

大野松雄 茶の木仏のつぶやき

宇治香園 (JPN)
CD // UJKCD5185
---- yen (税込)

1960年代初頭にテープ変調・電子DIY音響アイデア加工によって作りだされたエポックメイキングな音作りのマスターピースとなった手塚治虫アニメ「鉄腕アトム」効果音集「鉄腕アトム・音の世界」で知られる、戦後テレビ放送の黎明期から現在に至るまでの多岐に渡る活動が後進に大きな影響を与え続けているレジェンド御大、今年90歳を迎える音響デザイナー・大野松雄が“茶”に挑んだ意欲作!!!”茶の木仏のつぶやき”をテーマに制作された次元を超越した驚異の音響世界。大推薦盤とさせていただきます。

1865年(慶應元年)、京都山城で創業した茶問屋 宇治香園が、創業155年の記念の年に、同社が取り組んできた音と光で茶を表現する” Tealightsound”シリーズでの制作を大野松雄に依頼し実現。 「茶と光と音の統合」を探求する同社の思いを受け止め、大野自身が実際に体験したまだ仄暗い夜明けの茶園、過去に大野が宇治を訪れた時 に出会った、木の枝そのままでプリミティヴな「茶の木彫の人形」などからインスピレーションを得て、このオリジナル作品が誕生した。フィールドレコーディングとオープンリールによる様々な音響加工エレクトロニクス、そして、日本の原風景的な祝祭伝統音楽とによる、原始的精霊的というか、どちらかというと神に近い領域から司り放たれる重力波の波動が木霊する5章から成る驚異のサウンドデザイン音響世界。生き生きとした音と音像の躍動感も素晴らしい。過激でありながらも和の調和が整った心地いい珠玉唯一無二の音世界に圧倒される。凄いです。Yasuto Yuraさんによる”みどり、ざわめく「とき」”映像作品も必見! (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SVEN WEISEMANN - Inner Motions : 3LP+CD

SVEN WEISEMANN Inner Motions

MOJUBA (GER)
3LP+CD // Mojuba lp3
---- yen (税込)

よりフロアに直結したアルバムも年内にリリースされるという噂のSVEN WEISEMANNによる、自身の内なる動向を捉えたかのような澄み渡るアンビエント・ダブ/ハウス作品集「INNER MOTIONS」!

国内アーティストSTEREOCITIが所属していることでも知られる、DON WILLIAMS率いるベルリンのヴァイナル・レーベル〈MOJUBA〉を軸に、ダブテック好きにはオナジミの〈Meanwhile〉や〈Telrae〉などにも作品を提供してきた、DJとしても定評のあるドイツのプロデューサーSVEN WEISEMANN。〈MOJUBA〉傘下の〈WANDERING〉からのディープリスニングな特殊ブック仕様でのファースト・アルバム"Xine"から、さらに深化させ発展させるようにオーガニックなエレメンツを取り入れ、繊細に紡がれたアンビエント、ダブ、ディープハウスなど、透明度も高く神秘的な気配も薫り立つ豊潤なサウンドスケープ・アルバム「INNER MOTIONS」、同内容のCDもプラスされた限定の3LPパック!くり返し再生してしまいそうな幻想的なトーンで紡がれたクールなスタジオ作品です。お早めにどうぞ。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

ROBERT WYATT - His Greatest Misses : CD

ROBERT WYATT His Greatest Misses

DOMINO (UK)
CD // REWIGCD73
2050 yen (税込)

2004年にストレンジ・デイズ誌の選曲・監修で日本限定独自企画盤としてCD発売されていたロバート・ワイアットによるコンピレーション作品がDominoから初のヴァイナル・リリース!!ソロ活動30年の歴史の中から「歌」に主眼を置いてセレクトした楽曲全17曲を収録。お求めやすいCDも入荷いたしました。

プログレッシヴ・ロックバンド、ソフト・マシーンのドラマー兼ボーカリストとして活躍したのちにソロ活動をスタートさせ、ブライアン・イーノ、坂本龍一、ビョークといったアーティストとの共作も行う生ける伝説、ロバート・ワイアット。本作は、2004年にストレンジ・デイズ誌選曲・監修により独自企画盤CDとして日本限定リリースされた作品であり、ソロ活動30年の歴史の中から「歌」に主眼を置いてセレクトした楽曲を収録。
2010年には英国でもリリースされていた本作が〈Domino〉から初のヴァイナルとしてリリースされる。『Rock Bottom』 (1974) から『Cuckooland』(2003)まで、ソロ活動30年の歴史の中からヴォーカリストとしてのロバート・ワイアットの魅力にフォーカスした選曲で、シック「At Last I Am Free」の名カバーC2(9曲目)(sample3)、言わずもがなエルヴィス・コステロ「Shipbuilding」の名カバーD2(13曲目)といったカバー曲ながらオリジナル曲を超えるかのような存在感にして彼を象徴する2曲も含めた永遠の楽曲群全17曲が収録されている。アートワークには彼が6歳の頃の描いたというイラストを用いられている。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SLY5THAVE - What It Is : CD

SLY5THAVE What It Is

TRU THOUGHTS (UK)
CD // TRUCD389
---- yen (税込)

Princeにその才能を見出され、Prince & The New Power Generationのサックス奏者にしてマルチプレイヤー、Stevie Wonderも認めたNYの才能、デビューアルバムにしてDr.Dreカバーアルバムが各所で話題となった天才SLY5THAVEの3年ぶりのニューアルバム2nd傑作「What It Is」お求めやすい価格CD皿も遅ればせながらnewtoneにも入荷いたしました。

Prince直系の内省的宇宙を浮遊するかのようなR&Bソウルフル・ジャジー&ファンキーでヒップホップ、クロスオーバー・フュージョニック・クラシカル室内楽的要素もセンスよく取り込まれたSLY5THAVEならではの唯一無二のエレガント心地よいソウルフル・グルーヴ個性が、コラボレーター達の様々な音楽性も調和されて見事なまでに美しく完成している。前作『The Invisible Man: An Orchestral Tribute to Dr. Dre』(2017年作)以来となる、2枚目のアルバム全13曲。DLコード付き。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JEE JEE BAND - Glass Fish : CD

JEE JEE BAND Glass Fish

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1138CD
1980 yen (税込)

アジアン・ポップとオルタナ・ロックの融合!?! 米・韓・カンボジア混合のLo-Fi/DIYゆるふわポップ、ジー・ジー・バンド初フィジカル版アルバム!

ジー・ジー・バンドは2013年に釜山にて、マサチューセッツ出身の画家、マット・ジョーンズと釜山生まれのジー・ユン・リムによって結成されたバンドで、メンバーを固定しない流動的な編成をもつ。初のフィジカル版アルバムとなるこの『グラス・フィッシュ』の収録曲は、iPhone、ベッドルーム、スタジオと環境も場所もバラバラで制作され、録音に顔を出す面子はセバドーのボブ・フェイやYod Tapesのジョン・モロニー等のマサチューセッツ人脈。「マサチューセッツといえば、われらがKレコーズの所在地であるオリンピアと並ぶ、インディー/ロウファイの聖地」(解説より)。彼らに宿るDIYインディー魂が北米圏を飛び出し、東アジア文化を飲み込んで一層くだらなくパワーアップし、最新鋭のゆるふわ脱力感を供給する。

解説は織田一弘氏(VOX MUSIC)とByron Coley先生!

RECOMMENDED新入荷

STAR SEARCHERS - Avatar Blue : 2CD

SPENCER CLARKのニューアルバムSTAR SEARCHERS名義での「Avatar Blue」。ストックしました!映画『アバター』続編のオルタナティブ・サウンドトラックとして構想された2CD。

ここ最近だとMONOPOLY CHILD、TYPHONIAN HIGHLIFE等。古くはまだVAPOURWAVEなんて言葉もなかったカルフォルニア時代はJAMES FERRAROをパートナーにTHE SKATERS等々多数のカセット、、DucktailsとのEGYPTIAN SPORTS NETWORK、 TOMUTONTTUとのTARZANA、VODKA SOAP etc...現在はベルギーでLIEVEN MARTINSたちと、振り返るとすごい経歴だけど、本人はマイペースに活動続けているSPENCER CLARK。STAR SEARCHERS名義でのCD2枚組のアルバムです。一緒に来日したROMAN HIELEが全面的に参加しています。ニューエイジ、レトロでサイファイなサウンドヴィジョン、本人は「チルドレン 's」、「Neo Trance」などと茶化していますが、Roman Hieleとのヂュオで披露したライブも素晴らしく会場にいた人たちの心を深く揺さぶった素晴らしい内容。 (サイトウ)

『Spencer Clarkの最新プロジェクトStar Searchersは、Spencer自身が運営するレーベルPACIFIC CITY SOUND VISIONSより2枚組2時間超の大作『AVATAR BLUE』を2019年末に発表。2021年より順次公開予定だというジェームス・キャメロン監督のメガヒット映画『アバター』続編のオルタナティブ・サウンドトラックとして構想されたという本作は、バイオスフィアプロジェクト、先カンブリア紀、宇宙生物学などにもインスパイアされた、まるで海洋生物の遊泳運動を想起させるような催眠的で未来的なサウンドにより、(あり得たかもしれない)もう一つの地球・もう一つの海を描いている。』
from AVYSS

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

121〜140件 / 全395件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×