menu & search

Experimental

  • 大阪を拠点にカセットレーベルとしてリリースをしてきた〈Scaffolder recordings〉、ind_firsが初のワールドワイド・アナログリリース!Dorian, Okadada, Nutsmanから祝リリースのコメントも届いております!【最終ストックになりそうです】

    LP+DOWNLOAD CODE

    DOMESTIC / CHILL HOUSE / ELECTRONIC MUSIC

  • 2002年作の作品を再発したばかりのAKIRA RABELAISがBOOMKATが運営するレーベル〈BOOMKAT EDITIONS〉から新作の発表です。それもコラボレーターがBEN FROSTをはじめ、BIOSPHERE、GRMのKASSEL JAEGER、STEPHAN MATHIEU、HAROLD BUDDなど豪華メンツ!

    2LP

    BOOMKAT / ELECTRIC / MODERN CLASSICAL

  • THE BUG aka KEVIN MARTINとROGER ROBINSONの二人によるプロジェクトKING MIDAS SOUNDの大ボリュームなディストピアダークアンビエントアルバム。奥の見えないような長く霧に包まれたドローンと低い声とディレイエフェクトのかかったポエトリーリーディングで精神世界の奥深くに沈んでいく。

    2LP

    BOOMKAT / EXPERIMENTAL / ELECTRONIC

  • 〈DIAGONAL〉の新作はPROSTITUTESの変名STABUDOWN PRODUCTIONS!Strange Rabbitsというタイトルとジャケの雰囲気から想像できるようにミュータントさもありますが、可愛くてちょっと気持ち悪い爽やかさもある多種多様な曲たち。

    LP

    BOOMKAT / ELECTRONIC

  • キック,ハイハット,パーカッション個別ダブ処理による暴力的な音の圧力、差込まれる慰めの旋律とヴォーカルに鳥肌。ブレイクでステッパーに切り替わるリディム展開にも注目です。スウェーデン〈IDEAL RECORDINGS〉のDUB支流として始動する〈DUB ON ARRIVAL〉のスターターに現行ダブサウンドの開拓者JAY GLASS DUBSが登場。

    7inch

    BOOMKAT / DUB / ELECTRONIC

  • 大推薦CDとさせていただきます。1998年ジム・オルークのレーベルMoikaiよりひっそりと再発された、当時は謎に包まれたミステリアス・リリースでもあったポルトガル音響ミニマル/アンビエント1988年の名作「Plux Quba」、その作者コンポーザーであるNUNO CANAVARRO(ヌーノ・カナヴァロ)の1991年のマドレデウスのキーボード奏者カルロス・マリア・トリンダーデとの共作による秘宝名作が遂に全世界初CD化が成されました!!!

    CD

    NEW AGE / AMBIENT / ELECTRONIC

  • 乗りに乗っている〈SHELTER PRESS〉、次のリリースはオーナーであるFELICIA ATKINSON関連作!!尖った電子音楽などリリースするレーベル〈ROOT STRATA〉主宰JEFRE CANTU-LEDESMAとの2回目となるコラボレーション作。

    LP

    BOOMKAT / ELECTRONICS

  • ロンドンのレーベル〈SLIP〉から好リリースが続きます。〈THE TRILOGY TAPES〉、〈PAN〉、〈IDLE HANDS〉などからリリースし、特にここ数年のリリースが良いBASS CLEFがダンスではないエレクトロニック、アンビエントな方向へチャレンジした意欲作。限定100本で配給元のBOOMKATでは即ソールドアウトとなっていたカセットをなんとか数本確保できました。

    CASSETTE

    BOOMKAT / ELECTRONIC

  • こちらリプレスされました!伝説のイギリスBBCの女性録音技師DAPHNE ORANの偉業にスポットをあてたユニーク電子音楽集!しかも4LP。短編から長編まで44曲収録。(電子音楽通信11/5/2010)

    4LP

    ELECTRONIC MUSIC

  • Daft Punkにも通じるロボティック・ヴォイス、Boards Of Canadaのスケールのでっかいサイケデリック・サイエンスな世界観、Rhyeのような内省的エレクトロニック・ソウルにも通じる、エレクトロニック名門Kompaktから届けられた、あたたかで安らぎのヨーロピアン・シューゲイズ・エレクトロニカ・ダンテンポ・ソウル秀作。

    2LP

    DOWNTEMPO / SOUL / ELECTRONICA

  • ディープ・アンビエント。瞑想的電子音の世界。素晴らしいアルバムのご紹介です。東京のレーベル『不思議な庭』よりリリースされた、Haiti from Limboのドラマーでもある“Masafumi Sato”のアルバム「scapes」。

    CD

    AMBIENT / NEWAGE

  • DIYなミニマル・ミュージック。メキシコのギタリスト、シンセサイザー、アンビエント・アーチストEBLEN MACARIの87年のアルバムを〈SEANCE CENTRE〉が再発!

    LP

    SEANCE CENTRE

  • GLENN ASTROの変名による電子音楽。レコードからのサンプリングを使用せず、シンセサイザー、電子ピアノ、バイノーラルのマイクロフォンによるフィールドレコーディング、サンプラー、エフェクターなどフィジカルなハードウェアのみで製作されています。

    LP

    ELECTRONIC MUSIC

  • シドニー注目の〈KEN OATH〉から、LO-FIアンビエント。シンセサイザーダンス。LOW FLUNGのアルバム「Blow Waves」。

    LP

    AMBIENT / LO-FI

  • 東京のアンダーグラウンドクラブFORESTLIMITでIN HAというイベントを行い、昨年はNYでAURORA HALALやPENDANTなどと共演した東京ベースのULTRAFOGが初となるレコード作品をリリース!

    12inch

    AMBIENT / ABSTRACT / EXPERIMENTAL

  • SECOND WOMANの片割れでもあるTURK DIETRICHとMICHAEL JONESの二人によるユニットBELONGの2006年作が〈EDITIONS MEGO〉傘下の〈SPECTRUM SPOOLS〉からリイシュー。エレクトロニクスでシューゲイザーをしているような崩壊していくエモーショナルアンビエント。

    LP

  • Stones Throw次世代を代表するシカゴ出身ソフト・サイケデリック・ポップ鬼才Alexander BrettinによるユニットMild High Clubの2015年のデビューアルバム「Timeline」の隠しトラックだった名曲「Rolling Stoned」を、共演含め親交の深いオーストラリアのサイケロック・バンドKing Gizzard & The Lizard Wizardによるカヴァー含めて待望の7インチ・カット!!!

    7inch

  • ポートランドの〈NU VISIONS〉というインディペンデント・レーベルから1989年にCDとLPでリリースされた「Art Takes A Holiday」をVISIBLE CLOAKSのリリースでお馴染みの〈MUSIQUE PLASTIQUE〉が再発。90sニューエイジ、シンセサイザー・ミュージック、オブスキュアな名盤!

    LP

    NEWAGE / SYNTHESIZER

  • ベースプレイヤーのMASSIMO PUPILLOとギターやコントラバスなどマルチな才能を魅せるSTEFANO PILIAによるユニット? ╋ ?。イタリアの素晴らしい発掘リリースを続ける〈SOAVE〉の、現行の音楽にフォーカスを当てたサブレーベル〈GRANDANGOLO°〉からのリリースとなります。

    LP

    ELECTRONIC MUSIC / EXPERIMENTAL

  • テレックスのマスターピース「My Time」のオリジナルで知られるイタリアの鬼才ロベルト・カッチャバーリアによる1979年のミニマル電子音楽のひそかなる珠玉の名品が再び重量盤アナログ・リイシューです。(電子音楽通信2013.05.02)

    LP+CD

    MINIMAL / ELECTRONIC MUSIC / CLASSICAL

  • 舞台音楽の提供、映画のサウンドトラックやミニマル音楽の作曲を行ってきたPIERO MILESIとDANIEL BACALOV。そのふたりが実験的舞台作品でのコラボレーションワークを通じて出来上がったのがこの作品となります。アカデミックな教養を持ちながらも、それに囚われず自由に音楽を楽しんでいるように感じる素晴らしい作品。

    LP

    SOAVE / ELECTRONIC

  • ROBERTO MUSCIとGIOVANNI VENOSTAによる三度目のコラボレーションアルバムが初めてのヴァイナルリリース!オリジナルはHENRY COWのドラマーでも知られるレジェンダリードラマーCHRIS CUTLERのレーベル〈RER MEGACORP〉から92年にCDリリース。これまでの作品に比べるとフィールドレコーディングよりも楽器演奏の部分が多めなじっくりと作りこまれた作品となっています。

    2LP

    SOAVE / WORLD

  • イタリアのベテランシンセサイザー奏者RICCARDO SINIGAGLIA、同じくイタリアのギタリストMAURIZIO ABATEによるニューエイジ/実験的エレクトロニクス作品の最新作が〈SOAVE〉よりリリース!

    LP

    SOAVE / EXPERIMENTAL

  • 1985年に発表され、以後コレクターによって長いあいだ探されてきたScorieが〈SOAVE〉より待望の再発!ライヒやグラスにも繋がるイタリアミニマル音楽の隠れた名作。要チェックです。

    LP+CD

    MINIMAL / ELECTRONIC MUSIC / CLASSICAL

  • イタリアのマルチメディアグループO.A.S.I.の唯一リリースされた作品をイタリアの極上レーベル〈SOAVE〉がリイシュー!清水靖晃にもリンクできそうな音楽。素晴らしいです。

    LP

    NEW AGE / MINIMAL / ELECTRONIC MUSIC

  • フルクサス創始者のメンバーの一人であり、アランカプローのパフォーミングアーツ「ハプニング」の扇動者であったというキャリアを持つヴィジュアルアーティスト/作曲家であるWOLF VOSTELLの1982年作のアバンギャルド電子音楽アルバムが〈SOAVE〉より再発!

    LP

    MUSIC CONCRETE / EXPERIMENTAL

  • CLUSTERやHARMONIAとして言わずと知れたレジェンドROEDELIUSのメディテーティブな壮大なピアノ作。

    2LP

    CLASSICAL / AMBIENT

  • 名門〈CRAMPS RECORDS〉傘下のFluxusなどのアヴァンギャルドアートムーブメントにフォーカスを当てたレーベル〈MULTHIPLA RECORDS〉から77年にリリースされたアルバムTwo And Two。音楽家とは少し違う方面から鳴らしているリズミックな音の揺れやドローンなどが素晴らしく良いミニマルな名作。

    LP

  • またも素晴らしいイタリア音楽の発掘です。演奏されている内容は必要最小限に抑えられつつも、効果は最大限発揮されたダイナミクス溢れる素晴らしい作品。オリジナルは名門〈CRAMPS RECORDS〉から79年に発売され、これまで際立って注目を浴びることがなく今回が初めての再発であることに驚きです。デュシャンやロバートラウシェンバーグなどの歴史的アーティストなどのアートと音楽の交差するところなどの発掘をしている注目のレーベル〈SONG CYCLE〉より。

    LP

    CLASSICAL / AMBIENT

  • ボディアートやコンセプチュアルアートの第一人者でもあるTERRY FOXによる音に関する作品。音に魂が乗っているような霊的なサウンドで怖さと美しさが混在しています。

    LP

    EXPERIMENTAL / SOUND ART

  • 生活と芸術の狭間に焦点を当てた「コンバイン」という手法でアート作品を発表し、JOHN CAGEにも影響を与えたROBERT RAUSCHENBERGらによる作品。オリジナルはCDで発売され、こちらが初めてのレコードでの発表となります。

    12inch

  • アヴァンギャルド映画で知られるカナダトロントのMICHAEL SNOWによる架空のサウンドトラック。もっともらしく「古代文化音楽の最後の録音」と題されたレコードですがすべてでっちあげ。しかしながら、ふざけながら作ったと思われる録音がどれも面白く素晴らしい作品。これは大推薦です!!

    LP

    EXPERIMENTAL / FIELD RECORDING

  • ソーホーのGreene Street Recording Studioに所属するJEFF GORDONによって監修された82年リリースの実験的でスカムなアルバム。シンプルだからこそ音の力は強い。

    2LP

    EXPERIMENTAL

  • 細野晴臣もリリースに関わった世界的に再評価が高まっている日本の環境音楽、黎明期を代表する日本のアンビエントの先駆者「イノヤマランド」1983年のデビューアルバム「Danzindan-Pojidon」復刻に続いて、今度は長らく入手困難となっていた1997年リリースのやわらかな2ndアルバム傑作「Inoyamaland」が遂にリマスタリング+ボーナストラックを追加して待望の再リリースがなされた。

    CD

    JAPANESE AMBIENT / KANKYO ONGAKU / INOYAMALAND

  • VLEKからのEP「Les Horizons」も面白かった、ベルギー・ブリュッセルのコンポーザー Aymeric de Tapolによるフィールドレコーディング、ドローン、エレクトロニックをアーティスティックに融合したムーディーなサウンド・アート・エレクトロニカ・プロトテクノ4トラックEP!!!7インチ2枚組。

    7inch×2

    ELECTRONICA / FIELD RECORDING / EXPERIMENTAL

  • エレクトロニック鬼才・実力者AUXILIARY主宰ASCと、同レーベルを代表するシネマティック・ドリーミー才人SAM KDCの二人のコラボレーションによる2012年リリースのイマジナリー幻想的なエレクトロニック・アンビエント・サウンドスケープ名作「Decayed Society」が初ヴァイナル化!!!半透明クリアヴァイナル12インチ2枚組。

    12inch×2

    AMBIENT / ELECTRONICA / SOUNDSCAPE

  • カナダのデジタルアートパフォーマンスのアーティストであるMARIAM BLEAUの恐らく初めてとなる音原作品がロンドンの〈WHERE TO NOW?〉からリリースです。MARK FELLや池田亮司的な質を持ちつつ、フィジカルな要素も含まれたオーガニックなリズムがハマる。

    LP

    EXPERIMENTAL / ELECTRONIC

  • 音響名門Touchからの数々の名作で知られる、ノルウェー、アンビエント才人BIOSPHEREことGeir Jenssenが、The Higher Intelligence Agency(HIA)とコラボレーションした1996年の自然科学フィールドレコーディング・エレクトロニック・アンビエント名作「Polar Sequences」が自身のレーベルBIOPHONよりリマスタリング復刻。CDも入荷いたしました。

    CD

    AMBIENT / ELECTRONIC / FIELD RECORDING

  • YPY(日野浩志郎)のリミックス(sample3)収録です!イタリアのエクスペリメンタルなアプローチのリズム&ベーストラック。

    12inch

    EXPEIRIMENTAL DANCE / BASS

  • マニアックな電子音楽/オブスキュア音楽の発掘を続けるBRANDON HOCURA主宰のSEANCE CENTREからUSカンザス州のシンセサイザートリオSHORT-TERM MEMORYのカセット音源。

    12inch

    SEANCE CENTRE

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×