menu & search

201〜220件 / 全1036件

< Back   Next >

UKOKOS & JABCO - Keep Rising All Night Long (Sunday Service Mix) : 12inch

KANYE WESTのゴスペル・プロジェクト/イベント”SUNDAY SERVICE”において、KENI BURKEや MARY JANE GIRLS 等の古典ソウルをメドレーカバーしたものを再録音(!?)した危険なワンサイドプレス!〈LOCAL TALK〉からもリリースするENVEEの変名・UKOKOSと鍵盤奏者・JABCOのタッグが〈G.A.M.M〉より登場!

毎度ユニークなリリースで賑わしてくる〈G.A.M.M〉のBATTLEシリーズの新作がこれまた危険。スティーリーダンやナンシー・シナトラをそのまんまネタ使いするなど、大胆なサウンドメイキングでお馴染みUKOKOS!KANYE WESTが毎週日曜に開催しているゴスペルソウルイベント”Sunday Service”を再現カバーした攻めてる一枚。Sunday Serviceが行なったクラシックソウルメドレーを、そのまま再録音です。 (Akie)

RECOMMENDED再入荷

DANILO BRACA - OH MY LORD REMIXES PT.1 : 12inch

DANILO BRACA OH MY LORD REMIXES PT.1

THE SOUND OF NYC (US)
12inch // TSONYC-SG001-P1
---- yen (税込)

ニューヨークを拠点にするウェブラジオ「TSoNYC-The Sound of New York City」によるレーベルの第1弾リリース!

その知識と確かなスキルでプロデューサー勢からの信頼も厚いエディット専科〈BUSTED〉のボスであり、ブルックリンの人気ラジオ「TSONYC (THE SOUND OF NEW YORK CITY)」も運営する仕事人、ブルックリン在住のイタリアン・プロデューサー・DANILO BRACAによる、LEE PERRYからCHIMP BEAMSまでコラヴォレーションしているサキソフォン奏者・TROY SIMMSが全面参加したトラック”OH MY LORD”(sample1)を、DJ SPINNAにASHLEY BEEDLE、DJ ROCCAの3人がリミックス!いつもながら安定感抜群のギャラクティックなディープハウスを聴かせるDJ SPINNAファンにはたまらない”Oh My Lord (Dj Spinna Journey Mix)”(sample2)や、X-PRESS2のDARREN MORRISとのユニット・MODERN ARTIFACTSに近いオーガニックな志向性とチャンティングのループ、さすがの職人技で美しくスピリチュアルな次元へと昇華させた”Oh My Lord (Ashley Beedle’s Aom ‘Trane Chant Rework)”(sample3)など、レコメンドな1枚です。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CHUKS EJELONU - Inner Vision : 12inch

CHUKS EJELONU Inner Vision

MONTE CRISTO (HOL)
12inch // MOCR 004
1850 yen (税込)

ナイジェリア80S、盲目のシンガーCHUKS EJELONUの再発。

Chuks Ejelonuの唯一のアルバム84年の「Let's Make A Memory」から3曲セレクトした12インチ。イーブンでキックをうつアフロビート、ルーディーなベースライン、鍵盤ワークも独特にかっこいいプロトハウスなアフロ・ディスコ「Inner Vision」筆頭に、ハイライフ+ファンクな「Revelation (Ibo)」や、ファンカラティーナみたいな「Let's Make A Memory」どれもキラーなシンセサイザー・アフロ。エレクトロニックを通過したアレンジも魅力。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

BUSCRATES - Main Thing / F.T.F (Freak The Funk) : 7inch

ポートランドのBUSCRATESによるMARY JANEリワーク。

East Liberty Quartersへの参加やBusCrates 16-Bit Ensemble名義で人気を得たポートランドのOrlando Marshallによるリワーク。マリファナのスラング Mary Jane、俺を愛してるか?と問いかける「Main Thing」。シンセワーク、ハイなエネルギー伝えるヴォーカル、スローグルーヴ。B-SIDEもフェンダーローズやヴォコーダー、シンセが織りなすエレクトロニック・ファンク、ブギーグッドトラック。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

FRANC SPANGLER - Next To You EP : 12inch

FRANC SPANGLER Next To You EP

DELUSIONS OF GRANDEUR (UK)
12inch // DOG74
---- yen (税込)

JIMPSTERが変名FRANC SPANGLER名義で〈DELUSIONS OF GRANDEUR〉からリリース。sample3 !

JIMPSTERを中心にリリースするベテランJamie OdellOdellがFRANC SPANGLER名義でDELUSIONS OF GRANDEURからリリース。実験的な電子音楽、モダン・エレクロニックフュージョンを追及してきたアーチストらしいサウンド構築、ヴォーカルもフィーチャリングしたA-SIDE。インストのB1「Somewhere Else〉。メルティングポット、アフロ・サンバ、カリビアン等入り混じったドリーミー・ファンク、ミッドテンポの「Dreamworld」(sample3)(試聴右端)も是非チェックお願いします。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TAPIOCA DISCOS - Preto Velho/Tartarugue : 7inch

TAPIOCA DISCOS Preto Velho/Tartarugue

KAMPANA (UK)
7inch // KMPN005
1990 yen (税込)

BEBETO、GILBERTO GIL.ブラジリアンなキラーエディット!

AROOP ROYを中心にCAOTAIN PLANETやPeter Croceも参加してきたリエディット・レーベルKAMPANAから7インチ。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

UTHEO CHOERER - FORSTE GIR/STIV KULING : 7inch

UTHEO CHOERER FORSTE GIR/STIV KULING

LYSKESTREKK (NOR)
7inch // LYSK-45003
---- yen (税込)

ノルウェーのアフロビート・シーンから届いたレコード。ドープ・ダブ、アフロ・トライバルなUTHEO CHOERERの7インチ。

SOTOFETTもヨーロッパでも見つけるの難しいといっていたオスローの現行アフロビートバンドFLAMMER DANCE BANDのアルバムリリース、アフロ、ダブ+ムーグファンクのLEOPARDENリリースでカルト的な人気になりつつあるオスローのレーベル〈LYSKESTREKK〉のニューリリース。アフロトライバル、ダブなドラム、RAWなエレクトリックシンセ、ルーディーでドープな「Forste Gir」。B-SIDEもエチオピークあたりの影響も伺えるようなフェンダー+ダブ・アフロ・ビートかっこいい。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LITIA=LOE - Each Dawn Every Dawn : 12inch

LITIA=LOE Each Dawn Every Dawn

MIXED SIGNALS (CAN)
12inch // MS03 / LER 1022
2990 yen (税込)

世界各地の80s、90sのオブスキュアなレコードを発掘してきたカルフォルニアのレーベル〈SMILING C〉のHenry JonesとBrandon Hocura (Séance Centre)が組んで送るオブスキュアレコードの再発レーベルMIXED SIGNALS一挙3作入荷してます。第3弾!

MIXED SIGNALSこれもすごい。MIXED SIGNALSと、さらにオーストラリアのLEFT EARが組んだ第3弾。シカゴ産89年のアメイジングなレコード!RON HARDY、Frankie Knuckles、ロバート・オーエンズたち、Nitzer Ebb 、BAUHAUSやCHRIS & COSEY等のヨーロッパのEBMの影響や反映した4人のシカゴ第2世代によるロスト・ハウス・アンセム!当時のOfficial 1989 Film (YOTUBE)が彼らの魅力を伝えています。経済的不況、ゲイ・カルチャー等のバックグラウンドと当時のシカゴのハウスシーンの隆盛の感じがRAWに伝わるDIYないいレコード。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

HAROLD LUCIOUS - Reconnected : 12inch

HAROLD LUCIOUS Reconnected

MIXED SIGNALS (CAN)
12inch // MS02
2990 yen (税込)

世界各地の80s、90sのオブスキュアなレコードを発掘してきたカルフォルニアのレーベル〈SMILING C〉のHenry JonesとBrandon Hocura (Séance Centre)が組んで送るディスコ/ブギーの再発レーベルMIXED SIGNALS一挙3作。第2弾。

ブルックリンのハウス、ニュージャック・スィングがミックスされたUKストリートソウルのに先駆けるようなUS産のオブスキュアなレコード。90年に自主制作されたレアなアルバム「Connections」から4曲をセレクト・リマスターしてMIXED SIGNALSが再発。HAROLD LUCIOUSは70年代初頭からミュージシャンとして活動しており、ブラック・アバンジャズのマスターピース、Brother Ahhの「Move Ever Onward」に名前がクレジットされているそうです。リズムマシーン、シンセサイザーのアメイジングな演奏、ヴォーカル、ミックスワーク。 すごい音源。45回転でフロアでの効果を最大限に引き出しています。値段張りますが驚くべきサウンド、MIXED SIGNALS完璧な仕事。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

EROS - Go For It : 12inch

EROS Go For It

MIXED SIGNALS (CAN)
12inch // MS01
---- yen (税込)

世界各地の80s、90sのオブスキュアなレコードを発掘してきたカルフォルニアのレーベル〈SMILING C〉のHenry JonesとBrandon Hocura (Séance Centre)が組んで送るMIXED SIGNALSの第1弾。ニュージャージーのディスコ/ブギー、プライベートリリース。

第1弾は、ニュージャージーの89年のプライベートリリース。貼った試聴よりもYOUTUBEのフル尺を聴いてみてほしんですけど、3分35秒あたりからの展開が素晴らしすぎる。最高な一枚。「Go For It」は85年頃にMOTOWNからのリリースのために制作されたがMOTOWNと意向が合わずお蔵入りになっていた曲で、のちに再アレンジをして89年に自主リリースした曲だそうです。B-SIDEにはその「Demoバージョン」を収録。レア・レコード・ディグの最前線の人たちによる信頼の再発仕事。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CLIVE FROM ACCOUNTS - The Trouble With Clive EP : 12inch

CLIVE FROM ACCOUNTS The Trouble With Clive EP

OUTPLAY (HOL)
12inch // OUPLW012
2190 yen (税込)

ブルージー70sレイドバックな感じと、シンセ、コンピューターライズドな感じがミクスちゃーされた「Keep Movin」筆頭にブレイクビーツ、レイヴ等々、ストレートじゃないユニークなセンスが垣間見れるオススメの一枚。

JUNKTION、DANIEL LESEMANとKRISTOFFER LJUNGBERG3人によって設立されたオランダのディープハウス・レーベルOUTPLAYから、〈NO BRAINER RECORDS〉からデータでアルバムデビューしたロンドンのミステリアスアクトCLIVE FROM ACCOUNTSの初のアナログ・リリース。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

THE OWL - Pure Heat EP : 12inch

THE OWL Pure Heat EP

OWL (UK)
12inch // OWL006
---- yen (税込)

今回はJAMES BROWNやROSE ROYCEを調理!大ネタをデンジャラス&キラーに調理することで人気の高い職人・THE OWLのカタログ6番がドロップ!原曲のファンクネスとソウルを丁寧にハウスグルーヴに落とし込んだ一枚。

”イケナイ”サンプル使いで攻めてくるスタンプラベル〈OWL〉の新作!2PAC「TRAPPED」ネタとしてもお知られるキング・オブ・ソウルJBのスパンク名曲をピッチアップしハウスマナーに落とし込んだ「Spank No Mo」(sample1)や、NORMAN WHITFIELDプロデュースのL.A.ファンク・グループROSE ROYCEのディスコソウル「Is It Love You're After」の印象的なシンセ&ストリングスを抜き出した「Hots For You」(sample2)など、危ない選曲とリスペクト感じるエディット仕事を披露! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

IDEOGRAMA - Prayers For The Long Life 05 : 12inch

タフなマシンビートと相対するシンセアルペジオの美しさ。JOSE RICOとの共作でも知られるスペインのプロデューサー・DJ Fが自身の〈PRAYERS FOR THE LONG LIFE〉からIDEOGRAMA名義で新作発表!ウエイト重めのドラムマシンに差し込む幻想シンセサイザー、音の広がりも神秘的。

カリンバのように甘美なシンセアルペジオがチカラ強いビートにコントラストする「Obey」(sample1)や、歪みを帯びたブレイクビートを基調にアトモスフェリックなシンセパッドが差し込む「Partícula Móvil」(sample2)。浮遊感のあるシンセのレイヤーが魅惑する「Korg Trojano」(sample3)。試聴に選べませんでしたが、ブギーなマシンビートの「Ra」も良いです、トラックリストからもぜひ! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MASSEY vs SIR HORATIO - Music Control : 12inch

MASSEY vs SIR HORATIO Music Control

SPRECHEN (UK)
12inch // SMV002
1990 yen (税込)

80s FACTORY、マンテェスター、ハシエンダ・レジェンド A Certain RatioがワンオフでリリースしたSIR HORATIO名義で、El Diablo's Social Club、CHIRS MASSEYとのVSコラヴォレーションでの新作のようです!

A Certain Ratioが82年に「Abracadabra」をリリースしたときに、ワンオフで使用したSIR HORATIO名義の12インチ登場!2018年に A Certain Ratio名義でバリー・アダムソンをフィーチャリングしてCHRIS MASSEYがリミックスした「Dirty Boy」に続くニューシングルということでしょうか?そうならかなりの事件ですが、情報が少なすぎる。パストパンクなスピリッツ。マンチェスターのSee Thru Hands、Sink Ya Teethのリミックスを搭載して限定12インチ。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MR RAOUL K & PABLO FIERRO - African Paradigm EP 3 : 12inch

MR RAOUL K & PABLO FIERRO African Paradigm EP 3

COMPOST (GER)
12inch // CPT569-1
1690 yen (税込)

Baobab Music主宰アフリカ出身ベテランMr Raoul Kと、アーバン・トロピカル・トライバル・ディープハウス職人である北西アフリカ沖、スペイン・カナリア諸島出身の才人アーチストPABLO FIERROとの素晴らしいコラボレーション12インチが名門COMPOSTより到着。エレクトロニック・アフリカン・モダンディープハウス・ミニマル・ソウルフルなキーポン高揚感が美麗秀逸。

両者のタッグによるロングストーリーA1「Pablo Fierro & Mr Raoul K - Ancestral」(sample1)、Pablo FierroのよるリミックスのAA1「Mr Raoul K & Manmo - Bara(feat. Ahmed Sosso) - Pablo Fierro Remix」(sample2)、ダブ・リミックスのAA2「Mr Raoul K & Manmo - Bara(feat. Ahmed Sosso)- Dub」(sample3)どれもそれぞれに完璧に素晴らしい名仕事。Pablo Fierro やはり最高です。強力レコメンド。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ROBERT BERGMAN - S/T : 12inch

ROBERT BERGMAN S/T

L.I.E.S. (US)
12inch // LIES149
---- yen (税込)

〈BREW〉主宰者にして、盟友TBZと共に台湾(?)拠点のミステリアスレーベル〈R=A〉に作品を残す、RAWテクノ異端・R.BことROBERT BERGMANがソロでは初となる〈L.I.E.S.〉からニューリリース!土台にはクラシカルジャッキンハウス。エフェクトやリズム裁きで、独自の混沌アナログサウンドに!

LEGOWELTとのスプリットシングルでデビュー以後、アムステルダムアンダーグラウンドで活躍してきたROBERT BERGMANがセルフタイトルでRON MORELLI率いる〈L.I.E.S.〉に登場。オールドシカゴに根付いたチープなドラムマシンを高濃度なエコーで揺らしてカオティックに仕上げた「The Sleeziest」(sample1)、シンセサイザーとハイハットがヒステリックにループする「Whats on Yr Mind」(sample2)、アナログシンセがドラッギーに螺旋を描く「Quick Escape」(sample3)など、やはり〈R=A〉ラインで活躍するプロデューサーは癖が最高です。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PATRICE RUSHEN - Posh : LP

PATRICE RUSHEN Posh

STRUT (UK)
LP // STRUT220LP
2890 yen (税込)

20周年を記念してのベスト・コンパイル版も素晴らしかった名門STRUTからのPATRICE RUSHEN復刻最新作は、全盛期1980年のLAの風も心地いいメロウソウル&ディスコ傑作「Posh」のリマスタリング・アナログLP復刻。

ジャズ名門プレスティッジからの神童デビュー、18歳にしてモントルー・ジャズ・フェスティバルへの出演、数々の名作へのピアニストとしての参加を経て、1978年にが満を辞してエレクトロへ移籍し、その後はヴォーカリストとしても華を咲かせ、ソウルジャズ、ブラジリアン・ディスコ/フュージョン、ディスコ&ブギーの傑作を多数産み出したPATRICE RUSHEN全盛期1980年のメロウソウル&ディスコ傑作「Posh」のリマスタリング・アナログLP復刻。シングルにもなった人気曲A1「Never Gonna Give You Up」(sample1)、A2「Don’T Blame Me」(sample2)はもちろん、NasサンプリングでおなじみB4「This Is All I Really Know」(sample3)にもスウィートにトロける。安心の音質音圧バッチリです。貴重写真ライナー付きLPサイズ4Pブックレット、DLコード付き。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

IAN WILLSON - Straight From The Heart : LP

IAN WILLSON Straight From The Heart

BE WITH (UK)
LP // BEWITH085LP
3390 yen (税込)

SOUL FUNK、レゲエ、AORからバレアリックまで鉄板の内容ばかりのセレクションが間違いのないBE WITHから。拙さと、情熱の奇跡的なとこに突入する感じ、魅惑のプライヴェート・ブギー。

85年カリフォルニア産のモダン・ファンク、ブギー、AOR、プライバートリリース、ディガー垂涎の一枚を再発。生ドラム、スキのあるサウンドプロダクション、ヴォーカルのオーバーダブ、絶妙な「Four In The Morning」はJACK JやBENNY BADGEあたりのファンはぜひ。女性シンガーを迎えたジャジーなメロージャム「If I were You」、アメイジングなシンセサイザー、「Sequel, Baby Let's Play」等々PARAOAH SANDEARSの名盤Rejoiceにも参加しているギタリストPETER FUJIIや仲間たちと録音した魅惑のサウンド! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CHRIS MOSS ACID - Righteous Acid Beats : 12inch EP

DMX KREWが変名・EDMXで参加しています!〈VUKZID〉〈ACID WAXA〉などからリリースする”TB303”の名手・CHRIS MOSS ACIDの人気作ストック。マシンブレイクビートとアシッドベースを跳ねさせて躍動感を出した共作ジャッキン・アシッドハウス「What Size is Your Jack?」がやはりすごい。

デトロイトとシカゴスタイルのRAWアナログサウンドに特化し、DJ OVERDOSEやCIGNOLの作品を放出している〈COMPUTER CONTROLLED RECORDS〉の真打・CHRIS MOSS ACIDによる一昨年作品。ミステリアスに揺らめくアンビエンスにハイプレッシャーな4/4ビートを貫いた「Spatial Dimensions」(sample2)や、ノイジーなハイハットラッシュと303を掛け合わせた「Righteous Acid Beat」(sample3) のソロ曲はもちろん、ドラムマシン&シンセサイザー共に軽快に活用したDMX KREWとの共作「What Size is Your Jack?」(sample1)の疾走感はピカイチ。この曲、休符やリワインドなどの仕掛けも隠してます。*ジャケットに背割れがあるため値引きでの提供です。予めご了承ください。 (Akie)

soundcloud
RECOMMENDED

VARIOUS - Tarantismo: Odyssey Of An Italian Ritual : 2LP

Bjorn Torske & Trym Søvdsnes、LNS、Don’t DJらによるREMIX収録の豪華2枚組!病気を癒すために長時間倒れ込むまで歌い踊るイタリアのカルトな儀式のフィールドレコーディング(1954年-1960年)と、その音を使ったREMIXとなりますがどのREMIXも対照的な多幸感あるポジティブさがすごく良い…。何度も針を落としたくなるようなとても良いレコードです。

謎の病気に苦しむ人たちに向け、文字通り倒れるまで踊り歌い祈りを捧げるというイタリア辺境のミニマルなカルト儀式にフォーカスを当てたコンセプチュアルアルバム。1面が当時の現地録音、残り3面がREMIXとなっています。現地録音の面ではリミックスで多くサンプリングされた女性の歌声、脳を空っぽにしてミニマルに騒ぎ立てる熱狂的な祭りの一部を切り取ったようなものと高速ヴァイオリンソロ。この面も味わい深く1番ドラッギーでもあります。他REMIXは本当に甲乙付け難くいい曲ばかり。Bjørn Torkse & Trym Søvdsnesは湿気が漂う深いベースのグルーヴに過剰なリバーヴのサンプリングが添えられる温度高めなミニマル曲。SotofettとのWaniaからのコラボ作品などで知られるLNSはそれぞれピッチを外したパーカッションとベース、サンプリングの歌声、シンセが絶妙に絡み合い現地感も漂うリアルなダンス曲(sample3)。最も王道なアプローチのBottinのハウスREMIX(sample1)は、LNSとは逆に完全に調和されたものでじわじわと良さを感じていきます。一番の驚きはDon't DJのトラック(sample2)。スッカスカなシンプルなベース、スティールパンと歌声の完璧なコラボ。そしてそこに入り乱れるクラップの連打。聴いているとつい笑えてくるコントラストがくっきりした展開もいい。偶然ではありますが現在の状況とリンクするようなレコード。今は混乱と怒り、不安が充満していますが、こんな時だからこそこういうレコードを聴きたいと思うのは自分だけじゃないはず。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

201〜220件 / 全1036件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×