menu & search

1〜10件 / 全10件

< Back   Next >
  • 1

"BLUE" GENE TYRANNY Out Of The Blue

UNSEEN WORLDS (US)
LP // UW24LP
2490 yen (税込)

First-ever LP reissue. “Blue” Gene Tyranny’s debut album Out of the Blue — newly remastered with original cover art — which was among the first to releases on Lovely Music in 1978 alongside Robert Ashley Private Parts, David Behrman On the Other Ocean, Jon Hassell Vernal Equinox, Meredith Monk Key, and Peter Gordon Star Jaws. Disarmingly direct, funky, and profound, Out of the Blue is an equanimous, wide-open exploration of Tyranny’s musical world: equal parts song cycle, tone poem, keyboard fantasia, and avant-garde pop record. Recorded and mixed by Tyranny at Mills College, this album emerged following the legendary 1976 Trust in Rock concerts, where Tyranny and collaborator Peter Gordon presented New Music for rock band. “Next Time Might Be Your Time” and “For David K.” were co-produced by Gordon, and also feature Mills’s Maggi Payne on flute as well as Oingo Boingo’s Steve Bartek on guitar; “Leading a Double Life” is sung by Lynne Morrow and Jane Sharp, accompanied by Tyranny on piano and polyMoog synthesizer; “A Letter from Home” is a half-hour electro-acoustic narrative meditation on “the Doppler effect as a metaphor for the development of consciousness.” Out of the Blue lives up to its name: it is both surprising and familiar, revealing for the first time something that was always already there.

CARL STONE - Electronic Music from the Eighties and Nineties : 2LP

2016年にリリースされた「Electronic Music From The Seventies And Eighties」から2年。その続編としてリリースされる2LP「Electronic Music from the Eighties and Nineties」は、80年代-90年代に制作された曲を集めた全4曲の作品となります。1曲に持つストーリーが深く、それぞれが独立した大曲なので、4曲で1枚のアルバムというよりは4枚のアルバムを聴いているような感覚となります。

LAURIE SPIEGEL/DON CHRISTENSENやJACQUELINE HUMBERT & DAVID ROSENBOOMなどのリリースをしている〈UNSEEN WORLDS〉からCARL STONEが再登場です。最初に奏でられるループから少しずつ10〜20分かけて構築していき、次第に音がより複雑に、そしてエモーショナルに展開して引き込まれるように聴いてしまうような感動的大作アルバム。A面では一聴して奇妙な響きの声のようなサウンドのループが続いていき、次第にそれに合わせたオルガンのコードが重なり合って気づけば最初の声のループが意味を成していくのが後になって分かります。続くB面では響きを抑えたオルガンのループにさらにオルガンが足されていき、ディレイ処理やドローンが加えられたり倍速になるなどの展開が加えられ、最終的に壊れたクラシックのサンプリング音が入り込んでこれまで構築したものを破壊するようなもの。C面は弦楽器の弓の細かな重なりに笛の音が足され、それがループしさらに重なり合ってエフェクトがかけられていき、その後ループが無くなりまた弦の響きに戻って静かに曲が終わっていく。最後の曲はガムランの音を電子ノイズが入り込んだ荒いカットアップがされ、そこにわざと邪魔するような電子音が入り込んでいく。そしてそれが連続的に重なりドローンになり、最後の最後で入ってくる女の人の歌う声に感動を与えられアルバムが終わります。CARL STONEのエモーショナルな方面が詰まったような、凝縮された内容の一枚。推薦です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LAURIE SPIEGEL - Unseen Worlds : 2LP

LAURIE SPIEGEL Unseen Worlds

UNSEEN WORLDS (US)
2LP // UW22
3890 yen (税込)

電子音楽家LAURIE SPIEGELの名盤1stアルバムのThe Expanding Universe(1980年)が再発され再度注目される中、91年に発売された作品が初のレコード化リリース!1stに比べ、宇宙空間を漂うような抽象的でありつつカラフルさのあるサウンド。Philip Coner、David Rosenboom、Carl Stoneなどのリイシューなど手がける信頼の〈UNSEEN WORLDS〉による仕事です。

LAURIE SPIEGELの2作目となるUnseen Worldsは、前作で使っていたGROOVEというシステムから離れ、自ら制作したプログラム「Music Mouse」を使用して制作したアルバム。因みにこの「Music Mouse」はブラウザ上(https://teropa.info/musicmouse/)で音を鳴らすこともでき、MIDIに変換もできて今でも面白いシステムです。キューブリックの2001年宇宙の旅や、大野松雄の「そこに宇宙の果てを見た」などを連想するような果てしない空間の広がりを感じるような作品。アバンギャルドな方向でありながら、前作のようなカラフルさも感じれるところはLAURIE SPIEGELならではだと思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LAURIE SPIEGEL - The Expanding Universe : 3LP

1980年に発売されたLAURIE SPIEGELのデビューアルバムであり電子音楽の一つの金字塔であるThe Expanding Universeが再発!DAPHNE ORAMやDELIA DERBYSHIRE、他にもANDREW PEKLER & JAN JELINEKによるフェイクプロジェクトURSULA BOGNERなどのポップサイドな電子音楽を好きな人、またはDON'T DJのようなポリリズミックなサウンドを好きな人もハマりそうな作品です!推薦盤。

80年に発売された後は2012年に〈UNSEEN WORLDS〉から一度再発されたのみであったLAURIE SPIEGEL(ローリーシュピーゲル)のデビューアルバム!電子音楽のパイオニアの色褪せる事のない大名盤がこの度嬉しい再再発です!!初期電子音楽の脈絡からはもちろん、NEW AGE/AMBIENTや現代のポリリズミックなダンスものにもリンクするもの。中のたっぷりなライナーノーツには、実際に使用されたGROOVEというシステムについての解説もあり(英語)。まだ持っていない人は是非ゲットすべし作品です。推薦!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LAURIE SPIEGEL - The Expanding Universe : 2CD

LAURIE SPIEGEL The Expanding Universe

UNSEEN WORLDS (US)
2CD // AMIP-0156
2592 yen (税込)

1980年に発売されたLAURIE SPIEGELのデビューアルバムであり電子音楽の一つの金字塔であるThe Expanding Universeが再発!DAPHNE ORAMやDELIA DERBYSHIRE、他にもANDREW PEKLER & JAN JELINEKによるフェイクプロジェクトURSULA BOGNERなどのポップサイドな電子音楽を好きな人、またはDON'T DJのようなポリリズミックなサウンドを好きな人もハマりそうな作品です!推薦盤。

80年に発売された後は2012年に〈UNSEEN WORLDS〉から一度再発されたのみであったLAURIE SPIEGEL(ローリーシュピーゲル)のデビューアルバム!電子音楽のパイオニアの色褪せる事のない大名盤がこの度嬉しい再再発です!!初期電子音楽の脈絡からはもちろん、NEW AGE/AMBIENTや現代のポリリズミックなダンスものにもリンクするもの。中のたっぷりなライナーノーツには、実際に使用されたGROOVEというシステムについての解説もあり(英語)。まだ持っていない人は是非ゲットすべし作品です。推薦!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BLUE GENE TYRANNY - Trust in Rock : 3LP+DOWNLOAD CODE

BLUE GENE TYRANNY Trust in Rock

UNSEEN WORLDS (US)
3LP+DOWNLOAD CODE // UW018LP
---- yen (税込)

UNSEEN WORLDSがクラウドファンディングを募り製作した76年の"BLUE" GENE TYRANNY & PETER GORDONのグループ76年のライヴ音源。アナログ入荷しました。SHAGGS Meets PARA的な変拍子ミニマルロック。

Lovely Music, Ltd.からのデビューアルバム、Love Of Life OrchestraやARTHUR RUSSELLのDinosaur Lはじめ、NYCの70s前衛、ディスコシーンを出発点に様々な作品に携わってきたNYCの奇才先ソフォニストPETER GORDONと、彼の盟友でROBERT ASHLEYの重要な数々の作品にもピアニストとして関わり、 LOVELY MUSICからソロアルバムもリリースしている"BLUE" GENE TYRANNYのコラヴォレーション「Trust in Rock」。脱力したLO-FI、SSW/フォーク、ギターロックの感じから、徐々に変則的なグルーヴを反復し、トランス化していくような20分にわたるミニマルロックはPARAのファンにも是非聴いてもらいたい。もう一曲プレビューされている「Intervallic Expansion」も緩やかなホーンメインの対位法で展開していくような壊れたミニマルロック、じっくりユニークな演奏。アナログは3枚組、ダウンロードコード付き。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JACQUELINE HUMBERT & DAVID ROSENBOOM - Daytime Viewing : LP

アメリカ実験音楽巨匠であり脳波を電子音に変換したバイオ・フィードバック・ミュージックの第一人者デヴィッド・ローゼンブームの1982年の当時カセットのみ自主でごく少数流通した幻のキュート・エレクトロニクス・ポップスの珍作にして芳醇なアザーズ・ミュージックの金字塔が祝リイシュー!!!(電子音楽通信2013.08.23)

学校の先生のような優しくキュートなテキストと歌声、ヴォイスを聞かせるのは、Robert Ashleyの作品でもおなじみJaqqueline Humbert嬢。当時のテレビドラマの音楽で、1979-1980年に、ブックラー・シンセとドクター・リズムのエレクトロニクス・パーカッションを駆使した電子音楽家デヴィッド・ローゼンブームのまさかのポップなアナザーサイドを発見することができる、しかもその音楽が珠玉でファンキーで最高すぎるという、裏電子音楽マスターピースの誕生。祝リイシュー。レイモンド・スコットや、ブルース・ハークとも通じる世界観も確認できるはず。アナログ盤は800枚限定。ダイレクト・メタル・マスタリング。ポスター&リリック・シート付きの愛情溢れる丁寧な装丁も素晴らしい。ダウンロード・カード付き。トラックリストからもぜひ。全6曲。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JACQUELINE HUMBERT & DAVID ROSENBOOM - Daytime Viewing : CD

アメリカ実験音楽巨匠であり脳波を電子音に変換したバイオ・フィードバック・ミュージックの第一人者デヴィッド・ローゼンブームの1982年の当時カセットのみ自主でごく少数流通した幻のキュート・エレクトロニクス・ポップスの珍作にして芳醇なアザーズ・ミュージックの金字塔が祝リイシュー!!!(電子音楽通信2013.08.23)

学校の先生のような優しくキュートなテキストと歌声、ヴォイスを聞かせるのは、Robert Ashleyの作品でもおなじみJaqqueline Humbert嬢。当時のテレビドラマの音楽で、1979-1980年に、ブックラー・シンセとドクター・リズムのエレクトロニクス・パーカッションを駆使した電子音楽家デヴィッド・ローゼンブームのまさかのポップなアナザーサイドを発見することができる、しかもその音楽が珠玉でファンキーで最高すぎるという、裏電子音楽マスターピースの誕生。祝リイシュー。レイモンド・スコットや、ブルース・ハークとも通じる世界観も確認できるはず。こちらはCD。ミニ・ポスター&リリック・シート付きの愛情溢れる丁寧な装丁も素晴らしい。トラックリストからもぜひ。全6曲。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

CARL STONE - Woo Lae Oak : CD

CARL STONE Woo Lae Oak

UNSEEN WORLDS (US)
CD // UW03
---- yen (税込)

アメリカの電子音楽家CARL STONEのファーストアルバム

1983年にリリースされたファーストLPのリイシューCD. LP両面に収録されていた長尺作品が通して堪能できます。 (タカハシ)

RECOMMENDED

BLUE GENE TYRANNY - Detours : LP

BLUE GENE TYRANNY Detours

UNSEEN WORLDS (US)
LP // UW 007LP
---- yen (税込)

LOVELY MUSICからのリリースでも知られるBLUE GENE TYRANNY、UNSEEN WORLDSより250枚限定LPをリリース。

70年代から活動し、LOVELY MUSICからのリリースのみならず、ROBERT ASHLEY、そしてFLUXUSとも繋がる前衛音楽家PHILLIP KRUMMの電子音楽リメイクを2003年にリリースしていたりと、いまだ徹底した主義に基づく活動を展開するBLUE GENE TYRNNY。本作は2004年から2010年の間に録音されたピアノとほんの僅かなエレクトロニクスを使った作品(というよりもほぼピアノソロ作)。随所見られる静寂と昂ぶり、ニュートラル。鍵盤のノッキングひとつ取っても細部気が配られており、しかしフリージャズアーティストのピアノソロの緊張感のあるものでもなく、数学的でポピュラー、そして礼拝的ですらあるクラシカルな世界。電子音楽を通過した視点で奏でるこの世界観はただ強烈に美しい。250枚限定。 (住友)

RECOMMENDED再入荷

1〜10件 / 全10件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×