menu & search

81〜100件 / 全5448件

< Back   Next >

VAUDOU GAME - Otodi : 2LP

VAUDOU GAME Otodi

Hot Casa (FRA)
2LP // HC59LP
3690 yen (税込)

フランスのアフロファンク&ディスコ・レアグルーヴ名レーベルHOT CASAが自信を持ってレコメンドする、JB、フェラ・クティ、そしてカリビアン・ヴードゥーからの影響も強く感じさせてくれる西アフリカ・トーゴ共和国のフレンチ・アフロ現行ファンク・バンド、VAUDOU GAME、先行7インチに続いて待望のデビューアルバム「Otodi」到着いたしました!!!レコメンド!!!

いい意味でショボ・ファンキーなシャウトに最高にグッとくる!!!A1「Not Guilty (feat. Roger Damawuzan)」(sample1)にはじまり、先行7インチでもあったA2「Anniversaire」(sample2)、A3「Tata Fatiguee」と続き、ヴードゥー・ディスコのB1「Pas La Peine」、カリビアン・ディスコ・ファンクB2「Lucie」、レアグルーヴ・ブレイクビーツ感覚、ハイライフなギターも激かっこいいC2「Something Is Wrong (feat. Roger Damawuzan)」(sample3)、エチオピアなD4「Tassi」などなど2LP全13曲をばっちりと収録。ライブ見たい!!!トラックリストからもぜひ!!!ジャケもかっこいいぞ。フィーチャリング・ヴォーカルのRoger Damawuzanいい声&ファンクしてるなー!!! (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MOP MOP - Kiss Of Cali : 2LP

MOP MOP Kiss Of Cali

INFRACom ! (FRA)
2LP // IC1451
---- yen (税込)

2013年AGOGOからのアルバム「Isle Of Magic」が当店で大ヒット&ロングセラーを記録した、EXOTIC VOODOO. AFRICAN PERCUSSION & LATIN JAZZ FUNK & SEXYイマジナリー・クロスオーバーなイタリアのAndrea Beniniを中心としたジャズファンク・バンドMOPMOPの2008年のセカンド名作「Kiss Of Cali」が発売10年を記念して初アナログ化・祝!!!

ラテンピアノ、ヴィブラフォン、ジャズシンガーも交えたエクレティックでキャバレー・スウィンギン・ラテンジャズファンクとでも呼ぶべきスリリング且つ艶艶で粋な2LP全11曲。トラックリストからもぜひともどうぞ。限定500枚。レコメンド。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRANÇOIS BAYLE - ELECTRUCS ! : LP

1958年にフランス音楽研究グループGRMが創設されて60年、INA-GRMにて22年間所長を務めたFRANÇOIS BAYLEの未発表作品がめでたくリリースされました!!

16台以上の多種多数のスピーカーを使った特殊な音空間を作り出すシステム/演奏法である「アクースモニウム」を作り出したことで知られるフランソワベイル。これまで〈INA-GRM〉や、自身のレーベル〈MAGISON〉から数々のリリースをしてきましたが、ロストテープ発掘やレアなレコード再発を手がける〈TRANSVERSALES DISQUES〉から貴重な未発表音源が発売される事となりました。このレコードには多数の短い曲が収録されていますが、大まかに言うと4つのパートに分かれています。まずA面は「Electrucs (1974)」[20:41]、B1-B5は「Cinq Dessins En Rosace (1973)」[13:41]、B6「Foliphonie」[3:19]、そしてBERNARD PARMEGIANIに捧げられたラストトラック「Marpège」[3:15]。説得力のある、空間を意識した電子音楽に脱帽。スピーカーで聴くほうが効果的であるかと思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD PARMEGIANI - Memoire Magnetique, Vol. 1 (1966 ? 1990) : LP

フランス音楽研究グループGRMでも最も重要な人物の一人であり電子音楽の巨匠であるBERNARD PARMEGIANIによって1966-1990年の間に作られた曲群で構成されたアルバムです!!

一般的に想像するようなドエクスペリメンタルな電子音楽とは少し変わり、このリリースではパルメジャーニのポップな一面が聴けるもの。それもほぼ1分から2分の曲、長くても4分の曲から成り立っていて、心地よく聴けてしまう。とは言ってもやはり実験的ではあるんですが、手弾きのシンセ(陶酔しながら弾くシンセのジャケットも良い)やパーカッションなどの生楽器もとても効果的に響いていて素晴らしい。こちらシリーズ1作目のようですが、続く作品にも期待です! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LA TÈNE - Tardive, Issime : LP

LA TÈNE Tardive, Issime

BONGO JOE (SWI)
LP // BJR018
2390 yen (税込)

〈BONGO JOE〉より生楽器のドローン/ミニマルトリオLA TÈNEのアルバムがリリース!スピリチュアルで呪術的なミニマルサウンドが脳内麻薬を分泌!!このトランシーサウンドはハマる!

手回し器具のついた弦楽器のハーディガーディ、ふいごを付けたオルガンのハルモニウムというドローン楽器2台、そしてドラムというミニマルなトリオであるLA TÈNE。Tony ConradとファウストのOutside The Dream Syndicateを思い起こさせるような、ひたすら続くゆっくりでシンプルな楽器のレイヤーが重なっていく。LA TÈNEとはラ・テーヌ文化というヨーロッパの鉄器時代の文化を意味しており、実際鳴らされているのもトラディショナルな楽器音。しかし音楽的には実験的で、時代に左右されない強さを持っていると感じます。後半の盛り上がりから前触れ無く突如終わる感じも素晴らしい。両サイド約16分の1曲づつ、じっと集中して全部を通して聴いてほしい作品です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRIPP & ENO - Evening Star : LP

FRIPP & ENO Evening Star

DGM PANEGYRIC (US)
LP // DGMLP2
2750 yen (税込)

キング・クリムゾンROBERT FRIPPとBRIAN ENOによる2作目となるコラボアルバムEvening Star。FRIPPはクリムゾン解散初めての作品であり、ENOもROXY MUSICから離れて数年、1st albumのNo Pussyfootingに続く精力的な実験が実った名盤!200gのヘヴィーヴァイナルとして再発です!

まずやはり素晴らしいのがアルバムの最初を飾る名曲「Wind On Water」。煌く滝の光の反射のごとくFRIPPのギターのテープループが美しく、そこにそっと添えるENOのシンセやギターの上モノが彩を加えています。続くタイトル曲Evening Starもギターのハーモニクスとピアノの延々としたアルペジオループを基盤とし、タイトル通り太陽が沈む前の穏やかな時間のようなスピリチュアルさを持つ素晴らしい曲。この2曲を長編にしてA面B面に1曲ずつ収録しても素晴らしいものになりそう。しかしその後のアンニュイに、そしてじんわりと良さを噛み締めるようなEvensong、そしてA面を締めくくるWind On Windの流れも完璧。因みにそのWind On Windは同年にENOが発表したDiscreet Musicを短くアレンジした曲となっているようです。そしてB面を丸々埋める大作An Index Of Metals。A面と対照的にマイナーな音階と明るめな音色を組み合わせが後に来る夜を表現しているようなサウンドであり、この曲があることによってアルバム全体の趣を深いものにしていると感じます。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRIPP & ENO - No Pussyfooting : LP

FRIPP & ENO No Pussyfooting

DGM PANEGYRIC (US)
LP // DGMLP1
2750 yen (税込)

アンビエント前夜。名盤として歴史に残るBRIAN ENOとROBERT FRIPPの初めてのコラボレーションアルバムNo Pussyfooting。メディテーティブなイーノのシンセサイザーにフリップの伸びのあるギターが自由に動きながらも溶け合い浸透していく。200gヴァイナルでのリイシューとなります!

73年にリリースされた今作はA面B面に長編一曲ずつ収録された実験作。72年に録音されたA面「The Heavenly Music Corporation」は当時のKING CRIMSONのライブオープニングにも流されFRIPPのお気に入りでもあったよう。イーノのサウンドはアンビエントの先駆けである瞑想的な深いサウンドであり、それに乗るフリップのギターはロック的でありながらもオープンリールを2台使った特殊なテープループを使う録音方法を使っているようで変わった空間的エフェクトが印象的。それも丸くサステインの伸びがあるギターサウンドがシンセサイザーとの相性がバッチリで素晴らしい。B面のイーノはアバンギャルドなシンセサイザーですが、フリップのギターアルペジオと一緒に聴くことでラーガのような雰囲気になっているのも面白い。これが発売された同年はKING CRIMSON「太陽と戦慄」の発売、そしてENOがROXY MUSICを脱退する時期であり、LA MONTE YOUNGの「The Theatre Of Eternal Music」やTERRY RILEYの「Persian Surgery Dervishes」もリリースが近い年代であるという事の関係性のことなども考えてしまう。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - The Black Book : 3LP

VARIOUS The Black Book

IDEAL RECORDINGS (SWE)
3LP // iDEAL175
4590 yen (税込)

祝20年!気の狂ったスウェーデンの愛しのレーベルiDEALの20周年を記念して作られた約3時間にも及ぶ超豪華な3LPコンピレーション「黒本」!!JIM O'ROURKE、JASSS、ROBERT AIKI AUBREY LOWE、JOHN DUNCAN、STEPHEN O'MALLEY…数々のすごいアーティストがそれぞれのiDEALへの想いを乗せて曲を寄せた変態作品です。

レーベルオーナーJOACHIM NORDWALLがこれまでブレることなく独自の美学を通し続けて重要作を世に送り続けてきて20年、180作リリース。実験的でありながらもシーンの第一線をいき、尚且つ長命なレーベルは世界にいくつあるだろうかと思ってしまう。どこから内容を伝えたらいいのか分からなくなる超濃厚な作品ですが、一つのハイライトとして特筆すべきは約17分にも及ぶJIM O'ROURKEの曲だと思います。所謂ドローン、アンビエントとは言わせないようなもので、曲の中であまり常套句が使われない異質な大作。他にも一曲目のJASSS(sample1)の快楽的サウンドや続くゴリゴリなPACT INFERNAL(sample2)、JOHN DUNCANのピロピロとした音の遊びも良い。iDEALが行ってきた功績を凝縮したような名コンピです!!!(MIKA VAINIOが生きていたらどんな曲を提供していたんでしょうか…) (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SPACE AFRIKA - Somewhere Decent To Live : LP

SPACE AFRIKA Somewhere Decent To Live

SFERIC (UK)
LP // sferic002
---- yen (税込)

【BOOMKATのBEST OF 2018に選出!!】CHAIN REACTION好きには堪らない!〈WHERE TO NOW?〉からのリリースではアンビエントテクノ、ディープハウスにも近いサウンドを作り出していましたが、今作ではさらに実験的方向へ歩みを進めています。

BOOMKATがベストに入れるのもわかる、MONOLAKEのアンビエントやJAN JELINEKなどの路線に自然とリンクするもの。深い霧の中でポイントポイントでピントがあったりするリズムの躍動。しかしダンスに向けられたものではなく、もっと自然なリズムに感じます。今後HUERCO S.の〈WEST MINERAL〉とかからリリースしそうな予感も。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

RAS MICHAEL & THE SONS OF NEGUS - None A Jah Jah Children : LP

RAS MICHAEL & THE SONS OF NEGUSを代表するスピリチュアル・ナイヤビンギ meets ルーツレゲエの傑作2枚、土着的ファンク&ダビーな75年作「RASTAFARI」、アナログシンセの響きも宇宙に木霊するエキゾチック・アフリカンジャズな77年作「KIBIR AM LAK」に、ボーナスとしてダブ・バージョン5曲を追加し、職人KEVIN METCALFEがマスタリングを担当&16Pブックレットを付属した豪華版2CD全22曲から、それぞれのアルバムから4曲を厳選セレクトしたAB面合わせて8曲を収録したアナログ盤LP。

アフリカン・ルーツのシンプルな土着的パーカッションとスピリチュアルで崇高な想いに満ちた歌声とチャント。美しく力強い音楽。大地と自然との調和。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CROTOCOSM (WILLIE BURNS & JORDAN GCZ) - SETTING THE SCENE FOR AN ISLAND BATTLE : 12inch

WILLIE BURNSとJUJU & JORDASHのJORDAN CZAMANSKIによるデュオCROTOCOSMの2枚目となる12”がRUSH HOUR傘下の〈NO 'LABEL'〉より4年ぶりのリリースです!

いつも絶妙に奇妙でアンダーグラウンドなリリースをしているセンスある謎レーベル〈NO 'LABEL'〉ですが、今回もとても面白いリリース。L.I.E.SやTTT、UTTUなどからのリリースや他名義でも数多くのリリースをしているWILLIE BURNS、そしてJUJU & JORDASHのJORDANのタッグと聞くとテクノ方面の音を期待してしまいますが、こちらは湿気のあるエキゾチックなサウンド。B2での控えめなリズムとシンセの絡みなど素晴らしく、カリンバの音やニューエイジ的なシンセの音などで構成されていてリスニングに最適。〈MUSIC FROM MEMORY〉周辺を好きな人などにもお勧めします。 (日野)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

FELICIA ATKINSON - Hand In Hand : 2LP

FELICIA ATKINSON Hand In Hand

SHELTER PRESS (FRA)
2LP // SP081
---- yen (税込)

Joan La Barbara、Robert Ashley、Delia Derbyshireなどに影響を受けたというフランス人作曲家のFélicia Atkinsonの素晴らしいアルバムが自身のレーベル〈SHELTER PRESS〉より発表!こちらはセカンドプレスとなります。

SergeやBuchlaといったシンセの素晴らしい音を活かしたシンプルでミニマルなシーケンスやドローンや、ガムランや鐘の音、エレクトリックベースを点のように置いていき変調した声での詩の朗読をしていく。音を詰め込みすぎずに慎重に空間を作り込んでいく、禅の精神にも繋がるような美しく深いアルバムです。彼女は世界各地のギャラリーや現代美術センターで様々な個展や公演を行っていて、伝説的なフランスの音楽研究グループGRMのフェスティバルでもこの作品を16チャンネルでプレミア公演したようです。〈SHELTER PRESS〉好きはもちろん、Leyland KirbyやPauline Oliverosを好きな人にもお勧めしたい。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TSEGUE MARYAM GUEBROU - Ethiopiques 21 : Piano Solo : CD

エチオピークシリーズでも異色の名作、ニュートーンでもずっと壁にディスプレイしてたんですが、BEATRICE DILLONや DJ SHHHHH, たしかレナたちもこのアルバムに反応してました。みんな彼女の大ファン。エチオピアの修道女EMAHOY TSEGUÉ-MARYAM GUÈBROU(エマホイ・ツェゲ=マリアム・ゴブルー)。ピアノソロ。

63年、67年、70年のアルバムからのセレクトと、96年にリリースされたコンピレーションからセレクトしたTSEGUE MARYAM GUEBROUのピアノ・ソロ。音に霊性が宿ってしまうような純粋ピアノサウンド。圧巻の素晴らしさ。ひたすた美しい。感動の音の軌道。28pageのブックレット付き。〈MISSISSIPPI RECORDS〉もこれをライセンスしてリリースしていました。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - An Anthology of Mongolian Khöömii : 2CD

モンゴル音楽、ホーミー&口琴+∞の強烈なアンソロジー!

2010年にモンゴルのホーミーがユネスコの無形文化遺産に登録されたのを受け、そのレファレンスワークたるべく編まれたものとのことで、この伝統芸術を巡る多様性にも配慮しつつ、口琴やトブショール、馬頭琴、ヤトガ、オーケストラ、伝統楽器アンサンブル。そして、1950年代や60年代のアーカイバルな録音、ホーミーの現代的展開の背景ともなる都市の環境音/フィールドRECも収録。ロングボックス2枚組CDに全43トラック、1954年から2016年までの録音(28トラックは未発表)を収録時間150分以上にわたって集成。写真も綺麗です。ワールド・ミュージック名門BUDAからの贈り物。DONATO DOZZYも口琴でアルバム一枚作ってましたね・脳の奥底 / 記憶を刺激するこの音色は、ダンス・ミュージックリスナーにも瞑想アンビエントとして使えそうです。フロアでも試してみてっください。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - L’orage / Soundscapes Of Storms : CD

フィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、Bernard Fortの2016年新作が、フランス信頼の民族音楽・世界音楽レーベルFREMEAUX & ASSOCIESから届けられた。今作のテーマは「雷鳴」。細部にわたる繊細緻密な驚異と迫力の音響、優雅で気品に満ち満ちた夏の午後や夜の雷を伴う夕立(嵐)の情景をサウダージな世界観までもを感じさせてくれながら、ひとつの音響作品として完成させた秀逸なるサンダー・サウンドスケープ集。天然自然の超絶エレクトロニック電子音楽。ご期待ください。

彼自身が長年にわたり魅了され続けてきた雷をテーマに、技術と機材の粋を尽くして集音採取録音した入魂の11トラックを収録。夏場の夕立前の遠雷と虫のセッションの1曲目「Distant storm, insects’ song(5:26)」にはじまり、少しずつ雷が近づき雨が降り出す様子を臨場感溢れる音響作品として秀逸に作り上げた2曲目「Approaching storm, insects’ song(4:37)」3曲目「Close storm, beginning of rain(7:35)」(sample1)、そして、涼しさまでもが伝わってくるかのようなどしゃぶりの雨とサンダー!!!な4曲目「Distant storm, heavy rain(5:17)」(sample2)、そして、雨がやみ雷も遠く離れて行く5曲目「Distant storm, end of rain(7:47)」6曲目「Receding storm without rain(5:55)」、更には、情緒あふれる雷鳴と虫の音の淡い情景を優雅に記録した傑作7曲目「Approaching storm, no rain(9:53)」(sample3)雷鳴をミュートしたような不思議でユニークな音響効果の8曲目「Muted strom, returning rain(7:45)」、森の奥深く徐々に激しくなり雨雷共にピークを迎える臨場感溢れるスコール的な9曲目「Close storm, beginning of rain(8:49)」10曲目「Close storm, heavy rain(4:58)」11曲目「Very close storm, very heavy rain(6:57)」の全11曲を収録。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションの粋が三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング傑作。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからの2016年最新リリース。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JEAN CLAUDE ROCHE - Whale Songs -Recordings From The Deep- : CD

信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの本命盤「クジラの歌(深海レコーディング)」の登場です。深海での味わい深く電子音楽にも通じるような美しい驚異のクジラ達の交信音の記録を収録。リラクゼーション・サウンドとしても効能抜群。

IMPORTANTレーベルからの臨場感迫力の逸品CD「New Songs of the Humpback Whale」と聞き比べするのもオススメです。あちらも臨場感zふれる音像含めて壮絶凄いですが、こちらは、全体に遠景からの録音が多く収録されており、より大きなスケール感と絶妙な心地よさも漂い心地いい&アザラシ交信音にも通じる唯一無二の自然科学的電子音楽が堪能できます。そして、哀愁さえ感じさせてくれる自然の驚異とロマンも感じれてしまいます。甲乙付け難い傑作です。同レーベルを代表する音響作家・録音技師 Jean Claide Roche監修。素晴らしき全8トラック。もちろん大推薦。フィールドレコーディング殿堂入り名作。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JEAN-LUC HERELLE - Le Monde Des Dinosaures : CD

フランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズのタイムマシーンな空想科学「恐竜サウンドスケープ」編。ガオー!!!アギャー!!!ゴゴゴゴゴゴ。

同シリーズの「波の音/波の歌」編で知られるJean-Luc Herelle制作の想像力と音効力の賜物である壮大な恐竜達の息づかいまでもが伝わってくるかのような臨場感と壮大なスケール感が伝わりまくる1989年のシンセサイザー電子音楽的恐竜サウンドスケープ集傑作の復刻。「ジュラ紀・初期」「ジュラ紀・後期」「白亜紀」「先史時代へのタイムスライド」の4トラック。なぜか落ち着く&夢がある。ロマン。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRANCOIS JOUFFA - Tibet - Le JokhanG De Lhassa : CD 

チベットのラサ、フィールドレコーディング。

標高3658Mの"神の大地"こと、チベットはラサ録音のフィールド・レコーディング。マッド・フィールドレコーディングを録らせたらこの人、 FRANCOIS JOUFFA が2009年に録音したもの。最初の数曲は仏教僧によるディープなチャントが収録され、そして後半からは光が射すような庶民の素朴な労働歌に既視感が。。この人は録音も素晴らしく、フロアで聴くと当てられます。一編の物語を見るようなカルトかつ感動的な一枚。ブックレットの写真も綺麗です。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

ZOV ZOV - Fata Morgana : LP + 7inch

ZOV ZOV Fata Morgana

BERCEUSE HEROIQUE (UK)
LP + 7inch // BH045
2690 yen (税込)

テクノプロデューサーであるOliver HoとTommy GillardによるエクスペリメンタルなユニットZOV ZOVが〈BERCEUSE HEROIQUE〉よりLP+7インチをリリース!

普段バリバリテクノを鳴らす二人が、内にあるエクスペリメンタルな一面を放出するZOV ZOV。パーカッションや声などの生音を積極的に使い、ディストピアとは少し違う、もう少し宗教的なドローンを鳴らしていく。全体の半分はダンスにもいけるトラックですが、西洋とはかけ離れたオリエンタルな響きが良い。特にB3(sample1)のピュアなシンセのシーケンスと笛、リズムの絡みは絶妙。〈BERCEUSE HEROIQUE〉ならではと言える作品。Oliver Hoの別プロジェクトであるDesert Burialsの7インチも付いてくる太っ腹仕様。SoundCloudで全曲試聴可能です。 (日野)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Goombay! Music From The Bahamas 1951-59 : LP

キューバ、マイアミの中間に位置するカリブ海、西インド諸島バハマの50年代のJUMP UPな音楽「GOOMBAY」を〈BONGO JOE〉が再発!

古くはカリブの海賊拠点であり、黒人奴隷の玄関口でもあったバハマ、ナッソーで50年代に隆盛したナイトクラブ・シーンで熟成された、カリプソやメント同様、アメリカのリズム・アンド・ブルース、ポップスとアフリカン・カリビアンの音楽を融合した音楽「Goombay」。その代表的なスターBLIND BLAKEやFREDDIE MUNNINGSといったアーチストの音源をコンパイルしたアルバムが〈LES DISQUES BONGO JOE〉 から。トロピカル、華やかな音の中にアフロ・カリビアンな歴史がにじむ素晴らしい音楽。ちなみにsample2個目のGEORGE SYMONETTE 「Goombay」の音、市長録音しながらこちらでエフェクトかけている訳ではありません。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

81〜100件 / 全5448件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×