menu & search

21〜40件 / 全628件

< Back   Next >

VARIOUS ARTISTS - DIGITAL KABAR - Electronic Maloya From La Reunion Since : 2LP

古くは隣国、音楽の宝庫マダガスカルからの奴隷移民も多かったという、インド洋のフランス領レユニオン島。マダガスカル同様特異なリズム感覚、高度な感覚が育成されたレユニオンの音楽maloyaから発展して、80年代に電子楽器と出会い特殊な進化を遂げたサウンドをINFINEがコンパイル。DIGITAL KABAR。ダブ、エレクトロ、テクノやレイヴから影響を受けているような現地の曲まで濃厚オススメの一枚!

レユニオン島の現行アーチストLABELLEをリリースしたINFINEがさらなるレユニオン島MAYOLAの進化計DIGITAL KABARをリリース。このコンピレーションにも収録されているTI FOCKが85年にリリースしたKom Le Longは、シンセサイザーが導入された記念碑的名曲で、90sのTB303を導入したアフロビートミニマルテクノや、ダブ、ディープハウスにMAYOLAのリズムを取り込んだような驚きのJ-ZEUS(すごい!)やレイヴィ・エレクトロKWALUD、NYEGE NYGE PAPESからカセットをリリースしているレユニオンのキーマンJAKO MARON, LABELLE等々驚きの音源がずらり。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CAPTAIN OVER - Deep Blue EP : 12inch

CAPTAIN OVER Deep Blue EP

DARKER THAN WAX (SGP)
12inch // DTW054
1790 yen (税込)

名門〈WAH WAH 45S〉からもリリースするニュージャズバンド”PAPER TIGER”の核・GREG SURMACZによるソロプロジェクトCAPTAIN OVERデビューEPがローンチ!LAビート、グライム、ブロークンビート、ハウスをまるっと内包したビートマジック内で繰り広げるモダン〜スムースジャズ。

シンガポールのG-FUNK/ニュージャズライン〈DARKER THAN WAX〉カタログ54番。フリーフォームなビートの導入から柔らかな鍵盤が撫でる「4D」は808カウベルやサイレンシンセのおかずがユニーク。とりわけグライミーな揺れを魅せる「Deep Blue」(sample2)や、トライバルなパーカッションを取り入れた「New Life Forms」(sample3) など、進化系ビーツ/クロスオーバーなサウンド。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JULIE COKER - A Life In The Limelight (Lagos Disco & Itsekiri Highlife 1976-1981) : LP

ナイジェリアで最初のTV放送局「WNTV」のプレゼンターとして知られ、アフリカ人としては初のノーベル文学賞を授与した詩人・ウォーレ・ショインカ書き下ろしによる映画「DINNER WITH THE DEVIL」にも女優として出演していた国民的スターともいえるJULIE COKERが、'76年から'81年のあいだにリリースしていた2枚アルバムからのレア音源が、<KALITA>の編纂コンパイルにより再発です!

EMIナイジェリア支部の伝説的プロデューサー・MR ODION IRUOJEのプロデュースの元、MONOMONOのリーダー・KENI OKULOLO、SJOB MOVEMENTのJOHNNY WOODEといった布陣をバックにつくり上げた'76年のサイケデリックなハイライフ・アルバム「Ere Yon (Sweet Songs)」からの4曲、MIXED GRILLEDの”A Brand New Wayo”やORLANDO JULIUSの名曲”Disco Hi-Life”でギターを務めたJAMES EYEFIAやFUNKEESのJAKE SOLOが参加する「Tommorow」から3曲をコンパイルした<KALITA>からのリイシュー盤!ナイジェリアン・ブギーに注目するTYLER THE CREATORと同様に、ANDERSON PAAK.も「Oxnard」に収録の”Saviers Road”でサンプリングしたという”Ere Yon”、土着的な電化ハイライフ”Re Hese”も素晴らしい、そしてやはり、JAKE SOLOの敏腕ベース・プレイがグルーヴを生むディスコ〜ブギー”Gossiper Scandal Monger”(sample3)あたりも最高すぎる!ナイジェリア70'sのモダンな音楽性をデュアルに堪能できる1枚となっていますいます!大推薦。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LEO JAMES - INFINITY : LP

LEO JAMES INFINITY

PATIENCE (US)
LP // PTNC002
2590 yen (税込)

NYCに新設された謎の長尺トラック専科〈PATIENCE〉カタログ2番は、〈BERCEUSE HEROIQUE〉〈NEUBAU〉からリリースするメルボルンの若き才能LEO JAMES!ドローン瞑想を土台としたAサイドと4/4マシンビートを土台としたBサイド。それぞれを展開づけるクラリネットやアナログシンセの旋律。各20分をかけて味わうロングストーリー!

自身が運営するレーベル〈BODY LANGUAGE〉を拠点に、WAVE/EBM影響下のレフトフィールドテクノを展開してきた新鋭LEO JAMESの試み!重みあるシンセドローンを切り開くクラリネットのフリーキーな旋律と開放的シンセラインが美しい「Desert Nightflower」(sample3)、そしてミッドテンポに刻まれたビートをクラリネットやクラシックピアノ、打楽器が彩る「Infinity」(sample1&2)。両面とも構成自体はミニマルながら、じっくりと時間をかけて一音一音を記憶に残す音展開が素敵。 (Akie)

RECOMMENDED新入荷

KILLER-BONG - Sax Blue 9 : CD-R

KILLER-BONG Sax Blue 9

BLACK SMOKER (JPN)
CD-R // ABCD-R045
---- yen (税込)

ジャズを主題にしたKILLER-BONGのMIXシリーズ『SAX BULE』人気シリーズ第9弾。KILLER-BONGによる2019年第1作目となるCD-R。

超クールなフリージャズと、電子音も実験的なエクスペリメンタルジャズも印象的。各曲のビートも素晴らしくかっこいい。要所要所にグッと来るフレーズを挟んで来るから、そこにまたシビれて堪らない。K-BONGのSax Blue シリーズ。今作も最高です。 (ヤマ)

「街を歩いている
8は突然終わってしまったね
と誰かが俺に言った
え?
8は終わってない
9は始まりで続きなんだ

2018が平成最後のって言う人がいる
だけど2019だって平成最後じゃないか」
(KILLER-BONG)

RECOMMENDED再入荷

KILLER-BONG - Sax Blue 8 : CD

KILLER-BONG Sax Blue 8

BLACK SMOKER (JPN)
CD // BSMX-082
---- yen (税込)

KILLER-BONGによるサウンドコラージュ『SAX BULE』人気シリーズ第8弾

K-BONGのMIXはホントに人気ですぐに無くなってしまうのでお早めに!JAZZのクールな面やグッと来る感じとかにガッツリやられる選曲も最高で、実験的なビートものも交じえてコラージュされていく様は見事としかいいようがありません。いつもだけど、、今作もカッコ良過ぎです。 (ヤマ)

青森の弘前に行く時にはたいがい
前の日に秋田に行くんだ
秋田のなじみといっぱいやって
次の日ホテルのロビーには
青森からの風が吹いて 迎えの車に竿を持って乗り込む 秋田から弘前までを釣りながら行く
会話と音と外
その車中のBGMなんだ
(KILLER-BONG)

RECOMMENDED再入荷

RIMARIMBA - The Rimarimba Collection : 4LP

RIMARIMBA The Rimarimba Collection

FREEDOM TO SPEND (US)
4LP // FTS005, FTS006, FTS007, FTS008
---- yen (税込)

【極少入荷!】限定250部のみのボックスセットが即SOLDOUTしましたが、カバーを新しくして再発されました!宅録ユニットRIMARIMBAが83年から88年にかけて作った4作品を〈RVNG INTL〉傘下のレーベル〈FREEDOM TO SPEND〉からリリース!!

今最も注目しているレーベルのひとつである〈FREEDOM TO SPEND〉からまたまたすごい作品がリリースされました。イギリス出身ROBERT COXを中心に80年代に活動していた知られざる宅録ユニットRIMARIMBAの作品が4枚組LPとなり再発!!!このボックスセットは83年リリースの1stアルバム「Below The Horizon」、84年2nd「On Dry Land」、85年3rd「In The Woods」、そして88年に作られた曲群をコンパイルした「Light Metabolism Number Prague」から構成されています。心地よいマリンバサウンドを基調に、歌心あるギターやシンセサイザーが相性よく絡み合っていく。ミニマルに構成されている曲や、突拍子の無い驚きのサウンド/展開の曲だったり、他にもドローンやサンプリングを使ったような実験的な曲など意欲的に作られています。1st、2nd、3rdはそれぞれ〈FREEDOM TO SPEND〉で一枚ずつ再発されましたが、4枚目の「Light Metabolism Number Prague」はこのボックスセットのみで販売されるようです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RIMARIMBA - On Dry Land : LP + Download Code

RIMARIMBA On Dry Land

FREEDOM TO SPEND (US)
LP + Download Code // FTS006
2190 yen (税込)

RIMARIMBAの4枚組限定ボックスセットが即完売となっていましたが、その中に収録されていた84年リリースの2ndアルバム「On Dry Land」が単発リリース。〈RVNG INTL.〉傘下の素晴らしい再発レーベル〈FREEDOM TO SPEND〉より!

イギリスの知られざるアーティストROBERT COXを中心に宅録していたユニットRIMARIMBA。日々の日記をつけているような、プレッシャーのようなものとは無縁であるかのように思える心地よさのある曲たち。RIMARIMBA特有のエレクトロニックなチープなマリンバのシーケンスはもちろん、コラージュ的に音が重なったエクスペリメンタルなものや、一つのハイライトであるB2(sample)ではドラムマシンにプログレ的にも聴こえるギターを重ねた曲などを収録。名作1stアルバムBelow The Horizonをさらに深く探求していったアルバムです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RIMARIMBA - In The Woods : LP + Download Code

RIMARIMBA In The Woods

FREEDOM TO SPEND (US)
LP + Download Code // FTS007
2190 yen (税込)

RIMARIMBAの4枚組限定ボックスセットが即完売となっていましたが、その中に収録されていた85年リリースの3rdアルバム「In The Woods」が単発リリース。〈RVNG INTL.〉傘下の素晴らしい再発レーベル〈FREEDOM TO SPEND〉より!

イギリスの知られざるアーティストROBERT COXを中心に宅録していたユニットRIMARIMBA。以前の作品に比べてデジタルディレイやプログラミングを取り入れた技術的にも進歩したというアルバム。特に1曲目(sample1)が素晴らしく、左右に飛び交うリズムにカラッとした音色での中東のようなスケールを用いたフレーズが良い。自分で演奏しようと試したものの、十分な演奏スキルが無かったためにプログラミングを用いたとのことですが、それでもどこか人間臭さがあり親しみやすいものとなっています。A面11曲、B面8曲の全19曲。Tracklistからも試聴可能です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SAM KIDEL - Silicon Ear : LP

SAM KIDEL Silicon Ear

LATENCY (FRA)
LP // LTNC015
2490 yen (税込)

現行の尖った実験電子音楽のリリースをしている〈ENTR'ACTE〉や〈THE DEATH OF RAVE〉から作品を発表し、EL KID名義やYOUNG ECHO、KILLING SOUNDの一員としてブリストルのクラブカルチャーの中心にもいるSAM KIDEL。エクスペリメンタルとクラブミュージックの橋渡し役として重要なポジションの彼にピッタリなレーベル〈LATENCY〉から納得のリリースです!

A面B面1曲ずつ収録された作品であり、A面は「Mimetic Hacking(擬態のハッキング)」とSAMによって名付けられた手法によって行われた東京のライブを収録されています。ランダムに打ち鳴らされるグロッケンシュピールや控えめなキック、そしてパーカッシブなシンセが完璧に配置された長く聴き続ける事ができる強度のあるパターン(sample1)。それはBEATRICE DILLONやMARK FELLなどを引き合いに出したくなる素晴らしさです。A面後半(sample2)は引き続きパーカッシブなシンセを基調にしながら印象的なシンセのフレーズを聴かせていく。一方B面はメルボルンで開発されたという盗聴イベントのパッチを元に音楽的要素を加えてプログラミングして作られたもので、電子音楽の未来に見える過剰なデータが入り混じったようなディストピアコラージュ、そしてエモーショナルなシンセがカオスを音楽的にまとめあげた秀作。やはり〈LATENCY〉は今回もバッチリです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MARIA SOMERVILLE - All My People : LP

MARIA SOMERVILLE All My People

NOT ON (UK)
LP // SOM01
---- yen (税込)

かなり不思議なことになってます。震えるベース、ロウファイな音響、こだましながらねじれる音像。イマジナリーなドローン。夢のかなたなフォークロア。歌。THE CARETAKERの横に並べて売りたい。

カセットでのリリースのみだったミステリアスな女性アーチストMARIA SOMERVILLEのデビューアルバム「All My People」。INGA COPELANDなんかにも近い白昼夢のようなドローン、LO-FI、サイケデリック・フォークポップ。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HANS OTTE - The Book Of Sounds : 2LP

HANS OTTE The Book Of Sounds

BEACON SOUND (US)
2LP // BNSD 029LP
4190 yen (税込)

ドイツの作曲家、ピアニストであるHANS OTTEが84年に発売した12曲で構成されたピアノ集The Book Of Soundsをアメリカ〈BEACON SOUND〉がライセンスを取得して再発。ジャケットから名作感が溢れていますが、期待以上の素晴らしさです。CORNELIUS CARDEWのピアノ作など好きな方などにお勧めしたい名盤。

早くからJOHN CAGEやTERRY RILEYをドイツに紹介し、STEVE REICHのDrummingのドイツ初公演を行うなどアメリカの実験音楽をヨーロッパに広げた重要な人物としても知られるHANS OTTE。この作品の前作となる「On Earth」では震えるような音の繊細で素晴らしいノイズ、ドローン作品で、Discogsでも高騰しほとんど手に入らないような人気作ですが、こちらはもっと生活に身近な印象の全曲ピアノのみで構成されたアルバム。優しく美しい響きがじわっと体に染み込んでいくような不偏的で素晴らしい曲たち。推薦です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MAHBUNZI NAHGO PIHNDI - D Ebando : 12inch

MAHBUNZI NAHGO PIHNDI D Ebando

GOOD MORNING TAPES (US)
12inch // GMV01
2090 yen (税込)

トランス・リチュアル、ヴィジョナリー・メディテーション・ミュージック。〈GOOD MORNING TAPES〉からアフリカ、ガボンのピグミー、ファン族の伝統儀礼BwitiにインスパイアされたMAHBUNZI NAHGO PIHNDI「D Ebando」。

ANTHONY NAPLES, GEORGIAたちからTAPESもリリースしているフランスのカセットレーベル〈GOOD MORNING TAPES〉から、COMMEND NYCでのハンドプリントの限定10枚のダブプレートでデビューしたMAHBUNZI NAHGO PIHNDI。〈GOOD MORNING TAPES〉初のオフィシャル・アナログリリース。WILL BANKHEAD、HONEST JON'Sサポート。すごい世界観。推薦! (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

WOLF MÜLLER MEETS THE NILE PROJECT - Wolf Müller Meets The Nile Project EP : 12inch

WOLF MÜLLER aka JAN SCHULTEとナイル川に接する国々から集まったミュージシャンで構成されたナイルプロジェクトのコラヴォレーションEP。

〈SOFRITO〉のHUGO MENDEZと〈HEAVENLY SWEETNESS〉からのカリビアン・ズーク、「Digital Zandoli」のコンパイルで知られるフランスのNICO SKLIRISがスタートしたニューレーベルNOUVELLE AMBIANCE。エジプトでスタートしたミュージシャンのコレクティヴ、ナイルプロジェクトに集った様々なミュージシャンをJAN SCHULTEがプロデュースとアレンジを担当し音源化。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HORACE TAPSCOTT - The Call : LP

HORACE TAPSCOTT The Call

OUTERNATIONAL SOUNDS (UK)
LP // OTR009
3190 yen (税込)

PAN-AFRIKAN PEOPLES ARKESTRAの首謀であり、70〜80年代スピリチュアル/フリージャズ界のレジェンドHORACE TAPSCOTTが、本山〈NIMBUS〉に残した大作「The Call」初のレコード再発盤をストック!精神的スリルが反映されたピアノ・インプロヴィゼーション、ビッグバンドグルーヴの肉体的躍動の両者が一体となったスピリチュアルジャズ真髄とも言える作品。

KAMASI WASHINGTONが自身に影響を与えた人物として公言したことからも再評価の眼差しが向けられているHORACE TAPSCOTT。78年にリリースされた本作、HORACE TAPSCOTTのピアノの鬼気迫る旋律美、JESSE SHARPのソプラノサックスの奔放なライン、ダイナミックなアフログルーヴが渾然。”解放”としか形容しようのないそのドライヴ感に身を預けてみて頂きたい不朽の名作。少量入荷です! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ARIEL KALMA - Nuits Blanches Au Studio 116 : LP

これまでBernard ParmegianiやPhilip Glass、François Bayleなどの未発表曲を収録したアルバムなどをリリースし、重要なレーベルとなってきた〈TRANSVERSALES DISQUES〉が次に紹介するのはARIEL KALMAの未発表曲集!GRM在籍時に録音した膨大な曲の中から選曲したものとなります!

パリで生まれ育ったARIEL KALMAがインドでの長い旅を終え、GRMのレコーディングアシスタントとして働いていた時に暇を見つけては録音を溜めていた70年代中期〜後期の曲を集めた未発表アルバム。ディレイするサックスにオルガンのベースをオーバーダブしたまさにARIELサウンドのA1、フィールドレコーディングにシンセや声を重ねた幻想的な幻想的ドローンのA2、遠くで鳴っているようなドンカマリズムに哲学者/ライターの友人のポエトリーが乗るA3など様々な手法を試しています。B面ではピアノを土台とした構成になっており、B1では約14分にもおよぶ長編の爪弾かれるピアノ曲、そしてB2ではピアノとサックスが幽玄に絡んでいく神秘的な曲でアルバムを締めくくられています。知られざるGRMの歴史が垣間見える1枚。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LAURIE SPIEGEL - Unseen Worlds : 2LP

LAURIE SPIEGEL Unseen Worlds

UNSEEN WORLDS (US)
2LP // UW22
3890 yen (税込)

電子音楽家LAURIE SPIEGELの名盤1stアルバムのThe Expanding Universe(1980年)が再発され再度注目される中、91年に発売された作品が初のレコード化リリース!1stに比べ、宇宙空間を漂うような抽象的でありつつカラフルさのあるサウンド。Philip Coner、David Rosenboom、Carl Stoneなどのリイシューなど手がける信頼の〈UNSEEN WORLDS〉による仕事です。

LAURIE SPIEGELの2作目となるUnseen Worldsは、前作で使っていたGROOVEというシステムから離れ、自ら制作したプログラム「Music Mouse」を使用して制作したアルバム。因みにこの「Music Mouse」はブラウザ上(https://teropa.info/musicmouse/)で音を鳴らすこともでき、MIDIに変換もできて今でも面白いシステムです。キューブリックの2001年宇宙の旅や、大野松雄の「そこに宇宙の果てを見た」などを連想するような果てしない空間の広がりを感じるような作品。アバンギャルドな方向でありながら、前作のようなカラフルさも感じれるところはLAURIE SPIEGELならではだと思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LAURIE SPIEGEL - The Expanding Universe : 3LP

1980年に発売されたLAURIE SPIEGELのデビューアルバムであり電子音楽の一つの金字塔であるThe Expanding Universeが再発!DAPHNE ORAMやDELIA DERBYSHIRE、他にもANDREW PEKLER & JAN JELINEKによるフェイクプロジェクトURSULA BOGNERなどのポップサイドな電子音楽を好きな人、またはDON'T DJのようなポリリズミックなサウンドを好きな人もハマりそうな作品です!推薦盤。

80年に発売された後は2012年に〈UNSEEN WORLDS〉から一度再発されたのみであったLAURIE SPIEGEL(ローリーシュピーゲル)のデビューアルバム!電子音楽のパイオニアの色褪せる事のない大名盤がこの度嬉しい再再発です!!初期電子音楽の脈絡からはもちろん、NEW AGE/AMBIENTや現代のポリリズミックなダンスものにもリンクするもの。中のたっぷりなライナーノーツには、実際に使用されたGROOVEというシステムについての解説もあり(英語)。まだ持っていない人は是非ゲットすべし作品です。推薦!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

YUTAKA HIROSE - Nova + 4 : 2LP

YUTAKA HIROSE Nova + 4

WRWTFWW (SWISS)
2LP // WRWTFWW028LTD
3890 yen (税込)

日本産、環境音楽の名盤。YUTAKA HIROSE(広瀬豊)がミサワホームのために製作した1986年の「Soundscape 2: Nova」に未発表の音源を加えた2LP。〈WE RELEASE WHATEVER THE FUCK WE WANT RECORDS〉から。

83年の「Pier & Loft」や、82年の「Music For Nine Post Cards」がアナログ再発されてきた吉村弘が製作した第1弾に続いて、ミワサホームのために広瀬豊が製作した「Soundscape」シリーズの第2弾。86年の作品をシンセサイザーと、住宅展示場でのBGMとしての使用目的だったそうで、自然音、雑踏などのフィールドレコーディングも交えながら、深いサウンドスケープ。未発表の4曲を加え、本人への日本語でのインタビューと当時の写真のインサートシート、内側に英語訳をのせた見開きスリーヴの2LP。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DAPHNE ORAM - Oramics : 4LP

DAPHNE ORAM Oramics

YOUNG AMERICANS (UK)
4LP // YoungAm001
6090 yen (税込)

こちらリプレスされました!伝説のイギリスBBCの女性録音技師DAPHNE ORANの偉業にスポットをあてたユニーク電子音楽集!しかも4LP。短編から長編まで44曲収録。(電子音楽通信11/5/2010)

オーラム・システムというフィルムを使用した図形楽譜の自動演奏の開発者として、1943年からBBCでのサウンド・エンジニアとして、1958年からは、かの有名なBBC Radiophonic Workshopで日々ラジオ・ドラマや数々の番組の音源を制作していた彼女のある意味でレイモンド・スコットにも通じるユニーク可愛い電子音楽からドローン的なサイケ作まで、そして面白い音源を基調にした幅広い多彩なミュージック・コンクレート作まで全44曲のダフネ・オーラム女史の偉業と功績をたたえたアンソロジー4LP。見開きジャケの内側には彼女のいい写真が満載すぎる。電子音楽ファンはお見逃し無くどうぞ。大充実の貴重な音資料。これがアナログ盤で聞けるのが嬉しい。イギリス電子音楽のお母ちゃんですね。sampleは3曲ずつ。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

21〜40件 / 全628件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×