menu & search

41〜60件 / 全932件

< Back   Next >

ABSTRACT ORCHESTRA - Madvillain, Vol. 1 : CD

ABSTRACT ORCHESTRA Madvillain, Vol. 1

ATA (UK)
CD // ATACD012
---- yen (税込)

全編J DILLAの楽曲の生バンド・カバーで知られる現行UKジャズ/ヒップホップ名レーベルATAを代表する名手ピアニストGeorge Cooper率いるジャズ・ヒップホップ・ビッグバンドAbstract Orchestraの待望新作は、全編MADVILLAINへのトリビュート・カヴァーアルバム!!!CDも入荷いたしました。

J Dillaのカバー作で大注目を集め、Gilles Petersonのサポート&プレイ、Jamiroquai、Corn Bailey Rae、Mark Ronson、Martha ReevesJohn Legend & The Roots、Roots Manuva、Amy Winehouse等々錚々たるアーチスト達と共演歴のあるイギリス北部を代表するインストゥルメンタル・ジャズ・バンドAbstract OrchestraによるMadvillainの名曲群の品格ジャズ・ヒップホップ、ダウンテンポ秀作カヴァーアルバム。ビバップ且つアーバン・メロウ&ムーディーな全9曲。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ABSTRACT ORCHESTRA - Madvillain, Vol. 1 : LP

ABSTRACT ORCHESTRA Madvillain, Vol. 1

ATA (UK)
LP // ATALP012
---- yen (税込)

全編J DILLAの楽曲の生バンド・カバーで知られる現行UKジャズ/ヒップホップ名レーベルATAを代表する名手ピアニストGeorge Cooper率いるジャズ・ヒップホップ・ビッグバンドAbstract Orchestraの待望新作は、全編MADVILLAINへのトリビュート・カヴァーアルバム!!!

J Dillaのカバー作で大注目を集め、Gilles Petersonのサポート&プレイ、Jamiroquai、Corn Bailey Rae、Mark Ronson、Martha ReevesJohn Legend & The Roots、Roots Manuva、Amy Winehouse等々錚々たるアーチスト達と共演歴のあるイギリス北部を代表するインストゥルメンタル・ジャズ・バンドAbstract OrchestraによるMadvillainの名曲群の品格ジャズ・ヒップホップ、ダウンテンポ秀作カヴァーアルバム。ビバップ且つアーバン・メロウ&ムーディーな全9曲。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TAKAO - Stealth : LP

TAKAO Stealth

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1180LP
2484 yen (税込)

何よりも鮮烈なエレクトロ・アコースティック・コンポジション。ネット空間に生成された音楽土壌に育まれた新世代の才能、Takaoが発表する脅威のデビュー・アルバム。

ニューエイジや日本産のアンビエント・ミュージックが脚光を浴びる中、京都発ネット上での自主リリースが話題を呼んだ若き才能TAKAOの「Stealth」がEM RECORDSからフィジカル・リリース!素晴らしい世界観。 (サイトウ)

濱瀬元彦、武満徹、新津章夫、芥川也寸志、ヤン富田、Sean McCann等々に影響を受けたと率直に語るタカオだが、これら先達に新旧有名無名の区別はなく、ただアクセスした特定の作品が作家の創作意欲を突き動かしたのみで、そこから得たインスピレーションを衒いなく定着させたのがこの『Stealth』だ。ゆえに『ステルス』は作曲の楽しさと想像性に溢れ、心地よい美しさと、聴き込めば現れる意想外の深さが同居している点で近年まれに見る(感じる)存在感をもつ。1年半かけて仕上げたという『Stealth』は13曲で33分(!)この流儀の作風にしては異端的な短さで、かつ、ひとつとして同じ体裁の曲がないにもかかわらず、シームレスな環境音楽的体験ができる。それは装丁にあるような晴れた日の海の表情を映し出しているかのようだ(※写真はTakao自身が湘南で撮影したもの)。控えめだがこだわり抜いたタカオの音感覚にも注目。この末恐ろしい才能には今後も目が離せない。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MIGHTY SPARROW & BERT INNISS NATIONAL RECORDING ORCHESTRA - Slave / The Slave : 7inch

カリプソ・キング、Mighty SparrowのJAMWAXからの秘宝名曲復刻シリーズ「Under My Skin」「Tour Of Jamaica」に続く待望の第三弾は、マイティー・スパロウ関連音源はおろか、貴重カリプソ音源の中でも激レア中の激レアな1963年のお宝音源「Slave」が登場!!!

1963年の名作アルバム「The Slave」に収録された同名タイトル曲である、マイティー・スパロウの歌うSide-B「Mighty Sparrow - The Slave」(sample1)、バック演奏の楽団BERT INNISS NATIONAL RECORDING ORCHESTRAによる名演のSide-A(sample2)も収録した、1960年代のカリビアン・トロピカル・エキゾチック・ジャズの貴重な記録にして、永遠の名曲の嬉しい復刻。JAMWAXの名仕事。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PETER KARDAS - I Saw You : LP

PETER KARDAS I Saw You

YOGA/ECHO OCHO (US)
LP // Y17/E01
3490 yen (税込)

80年代のUS西海岸、アンビエント、ニューエイジ、電子音楽、オブスキュアな一枚。〈NUMERO GROUP〉のA&RでもあるDOUGLAS MCGOWANによる再発専門レーベルYOGA RECORDSと、サンフランシスコのニューレーベルECHO OCHOの共同でノース・カリフォルニアのアーチストPETER KARDASの86年と87年にカセットオンリーで製作した音源をリイシュー。

ロバート・フリップに影響を受け、ハンドメイドのギターやシンセやヴォイスを使ったミニマルなアンビエント。西海岸のニューエイジ。カセットオンリーで製作した86年の「Right Belief」と87年「Right Action」音源からコンパイル。アルバムタイトルにもなった「I Saw You」(YOUTUBE)の圧倒的な美しさ! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

DUP SYS - cистема : CD

DUP SYS cистема

DUP SYS (JPN)
CD //
1200 yen (税込)

大阪を拠点に活動する二人組のユニットDUP SYSによる、アンビエント、ドローン、辺境、エクスペリメンタルな世界。

細やかなサウンドデザインにぐっと引き込まれていくディープアンビエント。静かに沸き起こる美しさ、実験的に立体的に構築されていく空間的サウンド構成も見事。じっくりと聴き込みたい全8トラック。これからの活動にも注目したいDUP SYSです。 (ヤマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Something In The Air 3 : CD

COMPUMA Something In The Air 3

MPM/SOMETHING ABOUT (JPN)
CD // MPM-001
1728 yen (税込)

再入荷!!! COMPUMAのライフワーク的MIXCD「Something IN The Air」シリーズ最新作Vol.3は、空想登山MIXとでも呼ぶべき、深い呼吸の間合いと共に静かに音楽するイマジナリーでメディテーショナル・アンビエントでスピリチュアル・ブルージー・フォーキー・エレクトロニックな山登りの為のBGMサントラ的ミックスCD!!!

COMPUMAのアンビエント/ディープ・リスニングなミックスシリーズ、「Something In The Air」の新作がリリースされました!2018年7月4日-7月25日の期間、代官山蔦屋書店2号館1階ブックフロアにて開催された、グラフィックデザイナー/イラストレーター、ジェリー鵜飼「ジェリー・マルケスSHOW」にて、氏の新作小説「ジェリー・マルケスと一緒に観たあの景色のことは忘れない」のサントラ的な役割として同時展開された、Compumaによる新作MIXCD「SOMETHING IN THE AIR 3」が好評につき、ジャケットアートワークを新たに装いMIXCD単体として発売される事になった。 (サイトウ)

「ジェリー鵜飼さんからの当初の依頼は、”山登り、登山の為のBGMミックス”という事で、ほぼ登山経験のない自分でしたが、参考資料として鵜飼さんから送られてきた登山写真の数々が、あまりにも素晴らしく壮大で美しく、そこから大きくインスパイアされて、勝手ながらの想像力と妄想力を広げて 作ったミックスとなります。矛盾してるようですが、圧倒的自然の美しさと驚異を目の前にする中 で、自然との調和、そして、まったく音や音楽など必要ない無の世界と子供心ワクワクする冒険心を くすぐられるようでいて平穏な何でも無い境地を目指してみました。自分にとってのライフワーク的MIXCDシリーズ「SOMETHING IN THE AIR」の新たな仲間入り最 新作として、そして、今までになくシンプルでありながらイマジナリーに奥深く、ミックスとサウン ドトラックとの間、といいますか、聞き手の様々な距離感でひっそりと存在できたらと思っております。もちろん小説のお供にもぜひ。どうぞよろしくおねがいいたします。」by Compuma

RECOMMENDED再入荷

BARBATUQUES - Baianá (Brasingles Vol.2) : 12inch

好調OptimoのKeith Mclvo主宰Optimo Musicのブラジリアン・エクスペリメンタル・コズミック・バレアリック秘宝発掘&リコンストラクト”新シリーズ“Selva Discos”待望の第4弾!!!前作「MARLUI MIRANDA/Tchori Tchori」も最高だったBrasinglesシリーズ12インチ第2弾!!!リリース後即レーベル完売してしまったようでしばらく入手困難となっておりましたが、このたびめでたくリプレス完了したもようです。祝!再入荷!!!

今作は、数年前にnewtone他一部のレコードショップでも南米面白パーカッション・ミュージックとして一部の好事家を中心に人気&注目を集めたブラジル・サンパウロの総勢14名からなるユニーク・ボディパーカッション・パフォーマンス集団BARBATUQUES(バルバトゥッキ)にスポットを当てた、2005年のアルバム「O Seguinte E Esse」からの彼らの魅力が爆発したヒューマンビートボックス含めた身体を駆使した面白音満載のオーガニック・ブラジリアン・ボディパーカッション・ヒップホップ感覚バレアリック・コズミック名曲「Baianá」のオリジナルバージョン(sample1)をA面(45回転12インチでモーレツに音がイイです!)に、BPM95ほどのブレイクビーツ・ダウンテンポ・リミックスのB面「Baiana (Wolf Mueller's Drum Drop) 」(sample2)を収録したナイス・リリース盤。今作もレコメンド!!! (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SAD - Super Sounds II : LP

SAD Super Sounds II

UDACHA (RUSSIA)
LP // UDACHA 014
---- yen (税込)

おとぎ話に潜り込んだような夢現の世界観、カセットテープ音源から紡ぐサウンドコラージュ。VASILY STEPANOVこと P_SHとVLAD DOBROVOLSKIのデュオSADが,モスクワのUDACHAよりリリースしたセカンドアルバムをストック!ハープやヴィブラフォンの輝き、打楽器の乾き、モジュラーの歪み。。アコースティックインスツルメンツと電子音がパズルのように形作るサウンドアート。

DICESやPJOTR、a5、CUISINE DUB等ユニークな作品を送り出す〈UDACHA〉の2017年リリース作品。カセット音源エディット&コラージュで作り出すサウンドスケープ。A1やB1のニューエイジだけでなく、A2のようなエスノダンスも。片割れVLAD DOBROVOLSKIが沖縄民謡にも精通していることが伺える一言に電子音楽とは括れない音。旋律楽器は美的、しかしヴォイスサンプルやモジュラーシンセの埋め込み方がかなりネジれてる。UDACHAはアートワーク・装丁も個人的に愛おしい。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JULIUS EASTMAN - Evil Nigger / Gay Guerrilla : LP

JULIUS EASTMAN Evil Nigger / Gay Guerrilla

BLUME (ITA)
LP // BLUME15
---- yen (税込)

JULIUS EASTMANの作曲作品ニガーシリーズが記念すべき初ヴァイナル化!!同時発売の「Crazy Nigger」と同様にピアノ4台使って演奏されたミニマル作曲。「Evil Nigger」、「Gay Guerrilla」、「Crazy Nigger」…曲のタイトルから察すると、黒人でありゲイであったJULIUSの差別や弾圧への反発の気持ちが込められた曲であると思われます。

聴衆の多くは白人/異性愛者だったというJULIUS EASTMAN。80年代のアメリカで現代音楽作曲家としてやっていくには肌の色が黒いだけでも弾圧があっただろうと思います。邪悪にも聞こえる不協和音と異常なまでの淡々とした打鍵、そして掛け声と共に弾かれる力強いユニゾンフレーズが迫力ある「Evil Nigger」。貼り付けられている動画を見ると面白いですが、時間軸で進行を設定され、静かに始まりながら次第に複雑、重厚になっていく壮大な鎮魂歌のような「Gay Guerrilla」。作曲/演奏方法も面白いですが、魂が乗っているような気迫ある演奏に心動かされる。心して聴くべし! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JULIUS EASTMAN - Crazy Nigger : LP

JULIUS EASTMAN Crazy Nigger

BLUME (ITA)
LP // BLUME14
---- yen (税込)

JULIUS EASTMANの4台のピアノを使ったミニマル大作「Crazy Nigger」が初のレコードでのリイシュー!それもイタリアの素晴らしいレーベル〈BLUME〉より。300枚限定カラーヴァイナルです!

JOHN CAGEやMORTON FELDMANなどの現代音楽曲を演奏するUSの重要なグループであるS.E.M. Ensembleの創設メンバーであったり、MEREDITH MONKやARTHUR RUSSELLなどの曲に参加するなどもしている作曲家JULIUS EASTMAN。注目されるべき才能を持ちながら不運にも生前はあまり注目されることなく90年にこの世を去ってしまいましたが、フィンランドのレーベル〈FROZEN REEDS〉から素晴らしい曲「Femenine」がCDで発売され瞬く間に世界へ広がっていきロンドンなどでその曲が再演されるなどしていきました。そのCD発売から約2年、イタリアの〈BLUME〉より待ちに待ったレコードでの再発がされることとなりました。JULIUS EASTMANの盟友でもあるMARY JANE LEACHの感動的名作「Pipe Dreams」(それも彼女の初のレコード!)もこの〈BLUME〉がリリースしており、恐らくJULIUS作曲作品のレコード化も今回が初。〈BLUME〉の再発に脱帽です!! ピアノ4台が横並びになり、4人の演奏者が同時に演奏していくトータル55分の「Crazy Nigger」。決められた音階とリズムが同時に鳴らされることによってあえてきちんと同期させない流動的な作曲となっており、音階がぶつかり合いながらも同期する瞬間があったりと自然のような大きい周期の律動を感じる曲です。不協和音と音の連なりであった曲はラスト10分になると雨音のような点の集まりのようなシーンに入っていきます。動画を見るとわかりますが、最後は一台のピアノにつき3人の演奏者が演奏し、トータル12人に。そして演奏は一人のピアニストの合図で進行していき、リズム的にはわざと曖昧に、そして回数を決めないで(手元にストップウォッチがあるので恐らく時間で進行)演奏されているのだと思われます。70年代に作曲され、録音は80年。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SARAH HENNIES - Embedded Environments : LP

SARAH HENNIES Embedded Environments

BLUME (ITA)
LP // BLUME012
---- yen (税込)

BRUCE NAUMAN、MARY JANE LEACH、JOCY DE OLIVEIRAなどの素晴らしいリイシューをしていくと同時に現行のミュージシャンのリリースもしているイタリアの極良レーベル〈BLUME〉が次にリリースするのは、アメリカのミュージシャンSARAH HENNIESの作品。

SARAH HENNIES含む4人がヴィブラフォンやパーカッションを使い、NYバッファローの田舎にある工場跡地Silo Cityという場所で録音された作品。Silo Cityのライブ空間にはコンクリートで吸音するものはなく、各部屋の仕切りもないために長いリヴァーブがあり、それを十分に活かした作品だと言えます。ティンパニを使っているのか、低い音程のマレットのロールによりアタック音が消え低いドローンのように聴こえるような音(sample2)だったり、ヴィブラフォンの弓弾きドローンに各自ウッドブロックでテンポがバラバラな演奏を重ねたもの(sample1)などが部屋鳴りと相まって特殊な音空間に。昨年から重要作を次々にリリースし、重要レーベルとして成長してきている〈BLUME〉の今後の展開も要チェックです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARY JANE LEACH - Pipe Dreams : LP

MARY JANE LEACH Pipe Dreams

BLUME (ITA)
LP // BLUME011
---- yen (税込)

これは大推薦です。70年代からNYでミニマル作曲家として活動するMARY JANE LEACHによる作品。瞑想的なドローンが震えるほど素晴らしい。

JULIUS EASTMAN、ARTHUR RUSSELL、ARNOLD DREYBLATTといったそうそうたる作曲家達のパフォーマンスに参加してきたMARY JANE LEACH。この作品は素晴らしいリリースを続ける〈BLUME〉の中でも一際輝くものです。A面のPipe DreamsはSt. Peterというドイツケルンにある教会にあるオルガンの為に作られたもので、教会内で対に設置されたパイプオルガン同士が面白いパルスの波の効果を与えている事を利用して演奏されたらしいです。それも即興演奏ながら構成が完璧。B面は4本のバスクラリネットを使った曲で、1984年に録音されたもの。シンプルな演奏で芳醇な倍音が響き渡っていて、A面とは違った美しさがあります。とにかく素晴らしい。大推薦です。 (日野)

RECOMMENDED再入荷

ALESSANDRA NOVAGA - Movimenti Lunari : LP

ALESSANDRA NOVAGA Movimenti Lunari

BLUME (ITA)
LP // BLUME004
---- yen (税込)

女性ギタリストALESSANDRA NOVAGAによるエレクトリックギターを斬新に使った作品を〈BLUME〉よりリリース。

ピュアで美しい作品をリリースするレーベル買い推奨の素晴らしいレーベル〈BLUME〉が紹介するのはイタリアの女性ギタリストALESSANDRA NOVAGA。A面、B面共に1曲ずつのロングトラック。エレクトリックギターを弓を使ってパーカッシブに奏でるA面(sample2)の作曲はMARK FELLと共作7インチをリリースしたチェリストSANDRO MUSSIDAというのがまた面白い。B面(sample1)はルーパーを使ったとてもシンプルでピュアなドローンが素晴らしく、不協和音に重ねながらも美しさはそのまま。外れ無しなこのレーベルは今後も要チェックです。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

JOCY DE OLIVEIRA - Estórias Para Voz, Instrumentos Acústicos e Eletrônic : LP

ブラジルのピアニスト/作曲家であるJOCY DE OLIVEIRAの1981年にリリースされた作品がイタリア〈DIE SCHACHTEL〉傘下のレーベル〈BLUME〉より再発!

70年代のブリジリアンエレクトロシーンの中でも最重要な作品の一つであるJOCY DE OLIVEIRAの81年作「Estórias Para Voz, Instrumentos Acústicos e Eletrônic」が〈BLUME〉から記念すべきリリース。声や電子音、そしてパーカッション類を使って作曲されたA1のEstória II(sample2)。続くA2ではハープシコード、ピアノやエレクトリックピアノ&オルガンを順に弾き変えていく断片的な曲。Wave Songと付けられたA3(sample1)は、低い電子音の瞑想的ドローンの波にアタックの無いパーカッシブな電子音とピアノの旋律が乗って息を飲むほど美しい。B面のEstória IV(sample3)ではA面を足し合わせたようなベースのミニマルな響きにアバンギャルドな声やパーカッションが重なっていくロングトラック。少量入荷ですのでお早めに。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HERMANN NITSCH - Das Orgien Mysterien Theater. 25. Aktion - WiederaufgefÜHrt : LP

過激なパフォーマンスで知られるウィーンの代表的アーティストHERMANN NITSCHによる82年のパフォーマンスの記録。磔にされ血を浴び子羊/山羊の肉片が飛び交いながら演奏される音楽は美しくカタルシスをも覚える。これぞスピリチュアル、宗教の音楽。

Orgien Mysterien Theaterという場所にて82年に行われたパフォーマンスが、初めてレコードとなって発売されました。そのシアター(HERMANNを扱うギャラリー?)によって運営されているレーベル〈O. M. THEATER〉から当時発売されたカセットをリマスタリングしたものとなります。同時に行われているパフォーマンスの生々しい音も収録されていて、音質も相まってカルト感が滲み出ています。ライフワークでもあるそのパフォーマンスは100回を超えており、恐らくこれは25回目のパフォーマンスだと思われます。叫び声も聞こえる恐ろしくもなるサウンドですが、最後に奏でられるオルガン演奏に昇天…。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ARKE SINTH - Arke Sinth : LP

ARKE SINTH Arke Sinth

DIE SCHACHTEL (ITA)
LP // DS32LP
3490 yen (税込)

1972-73年の僅かな期間でしか活動していなかった、当時若く先端な4人組によって結成されたグループARKE SINTHの貴重な録音を〈ARKE SINTH〉がリリース。

同じく〈DIE SCHACHTEL〉からリリースした電子音楽家TERESA RAMPAZZIの生徒であったALVISE VIDOLIN、GIOVANNI DE POLIの二人と、イタリアではまだ珍しかった実験的映像作家でもあるとMICHELE SAMBINとその兄弟であるMARCO SAMBINにの四人によって結成されたグループ。伝説的シンセサイザーEMS Synthi A、チェロやオルガン、サックスやクラリネットなどを使っていて、音がカオティックにはならずにうまく空間を活かしたものになっていますが、グラフィックスコアに則って演奏されているようです。インナー資料にはその手書きスコアやEMS Synthi Aのパッチのメモなどもあり、そちらもすごく面白いです!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TERESA RAMPAZZI - Immagini per Diana Baylon : LP

初期の女性電子音楽家としてDAPHNE ORAMなどがよく引き合いに出されるGRUPPO NPSという名義でも活動していたイタリアの女性実験的電子音楽家TERESA RAMPAZZI(1914-2001)によるアルバムが〈DIE SCHACHTEL〉よりリリースです!

ピアニストとして教育されるもJOHN CAGEと出会い、電子音楽やコンピューターでの音楽の可能性を広げる努力をしてきたTERESA RAMPAZZI。こちらの作品は1970年代初期に録音されたものであり、細かな粒子が震えていたり、短波ラジオのような音や、かすかにつぶれたようなハーモニーが聞こえてきたりと、音楽というかはひとつひとつの音にフォーカスし追及しているように思えます。しかしその中で、突然音楽的な響きが鳴ると無性にじわっと感動的でもあるのがすごく良い。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LINO CAPRA VACCINA - Antico Adagio : CD

LINO CAPRA VACCINA Antico Adagio

DIE SCHACHTEL (ITA)
CD // DS27CD
2450 yen (税込)

イタリア産NEWAGE、メディテーショナル・アヴァンギャルド屈指の名作!LINO CAPRA VACCINA「Antico Adagio」。CD盤も入荷しました!

FRANCO BATTIATOととも活動したイタリアン・パーカッショニスト、コンポーザーLINO CAPRA VACCINAの1978年の1STアルバム。インド、東洋の音楽のに影響を受けたスピリチュアルなミニマル・サウンド,メディテーショナル・サイケデリック極上の一枚。2014年に再発されるもそれ自体万越えの人気作となっていた一枚が嬉しいリプレスされました。リマスター。オリジナルのライナーノーツに加えてFOUR TET、キーラン・ヘブデンがライナーノーツを手がけています。VISIBLE CLOAKSのスペンサーもフェイバレット・アルバムと絶賛しておりました。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ROLAND KAYN - Simultan : 3LP BOX

ROLAND KAYN Simultan

DIE SCHACHTEL (ITA)
3LP BOX // DS36-ESZ1
---- yen (税込)

GRUPPO DI IMPROVVISAZIONE NUOVA CONSONANZAのメンバーであり、歴史的に見て最も重要な電子音楽家の一人であるROLAND KAYNによる1977年に発売された3LP BOXが初めての再発!!それもイタリアの名門〈DIE SCHACHTEL〉からのリリースとなります!とても価値ある作品です!!

JULIUS EASTMANやMORTON FELDMAN、THOMAS BRINKMANNのリリースをし、一気に世界的に広がったフィンランドのレーベル〈FROZEN REEDS〉により16CDという驚異的フォーマットでリリースされたのがまだ記憶に新しいROLAND KAYNですが、次はイタリア〈DIE SCHACHTEL〉からの77年作のトータル2時間を超える3LP BOXが新装、リマスタリングで再発!ミクロの世界を覗き込んでいるようであり、宇宙をも連想させるような大野松雄氏の音の感覚に近いものを感じます。ROLAND KAYNは自分の作っている音を「サイバネティックミュージック(人工頭脳学音楽)」と呼んでいたようですが、細胞がうねり生命を感じさせる有機的な音。これを聴いていると、先日の来日の際に行われたEle-kingでのオウテカのインタビューで、電子音楽が人間的ではないと言われる事に対する反論のくだり(http://www.ele-king.net/interviews/006477/)を思い出しました。16CD BOXとは曲の被りはなく、どちらも貴重で膨大な音の集合体。これぞ一家に1BOXと言いたい。〈FROZEN REEDS〉のボックスと合わせて推薦します。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

41〜60件 / 全932件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×